PAGE TOP

2015年07月09日

発達障害児のからだづくり、自分が楽しめる運動で。




ちびぼん15歳そこそこスポーツできます



もちろん運動に苦手意識は残っています。
が、とりあえずそこそこは何とか楽しめるレベルにスポーツ出来るようになりました。

基本は一人で行うスポーツになってしまいますが、ジムへ行って一人でトレーニングしてきたり、一人でランニングしてきたり、家の中では軽くストレッチや筋トレをやったりしています。


球技は苦手なのと、焦ってしまうので、好きじゃないとの事。
それでも何とかこうとか…。

10年前を思ったらすごい成長です。

小学校入学前などは、保育園児たちの中でのドッジボールでもまったくダメでした。
ボールを取ることが出来ない、投げることが出来ない。
かろうじて拾うことは出来るw

自閉症児にありがちな、グニャグニャ君でしたので、走ったりするのもカッコウが余りよくない。

こんな感じでした。


何故スポーツがなんとか出来るようになったのか




二次障害が回復してきた小学校四年生から、空手とスポーツ家庭教師をはじめたからです。

小学校男子、やはりみんなで遊ぶとなれば運動ものが多いです。
もちろん、ゲーム系の遊びもちびぼんは大好きでしたから、得意になって遊んでいました。

なにより、母親のわたしが心配したのは、運動が苦手なまま成長したら体が弱くなる。このことを身を持って知っていたからです。

ちびぼんが好きなことといえば、絵を描くことと、ゲーム、当時はまだやっていなかったけれどネット、マンガを読むこと、レゴでものづくり。
つまりは全部インドアの遊びで、しかも、集中してやればやるほど、肩こりや頭痛のもとになるようなことばかり。

ラッキーなことに、「ドラゴンボール」にはまっていまして、格闘技に興味を持っていたようなのです。それで、一度見学に行って(あまりにも怖いところだったら、逃げて帰ってこようと思っていたのですが)厳しい中にも優しい雰囲気がたっぷりある道場で、就学前のお子さんから中学生くらいまでのお子さんと年齢に幅が広くて、それも何だかいい雰囲気をかもし出してて、母親のわたしはまあOK印でした。

息子のほうは、軽く参加させてもらって、パニックで動けなくなるんじゃないかと心配していましたが、ちゃんと見よう見まねで参加できたのです。
この、参加できたということがとても嬉しかったのでしょう。家族会議をして、その道場に通うことに決まりました。

*我が家では、幼い頃から物事を決めるときは必ず本人の意思を確認するようにしています。それは今でも続いていて、いろいろ役立っています。

高校生になった現在も大人の部で参加させてもらっています。

ただし、熱心で真面目な参加の仕方をしていないので、毎週きちんと通ったり、黒帯目指してガンガン稽古したり、などということはありません。
ゆったりとマイペースで通っています。

親としては、当初の目的、健康な体作りはクリアしているので、このままマイペースで通ってくれればそれでいいなあと思っています。


マンツーマンでの無理のない指導



そして、同時期にはじめた「スポーツ家庭教師」
マンツーマンで教えてくださるので、怖がることなく自然に運動が出来るようになって行きました。
教えてくださる先生はほかにも発達障害の子を受け持ってらっしゃるとかで、扱いは抜群でした。
きっと勘のよい方だったんだなあと思います。

ボールの扱いも、走り方も、ストレッチの仕方も、筋トレの仕方も、基本を全部教えていただきました。
小学校四年生から中学卒業まで続けました。

なんと言っても、学校にほとんど行っていないので体育などまったくといっていいほど授業を受けていませんし、この二つの習い事がなければ今ごろどうなっていたかと思うと…あまり想像したくないですね。

発達障害の子の例にもれず、息子も運動会が苦手でした。
小学校三年生から、卒業するまで、とうとう見学だけにおわりました。簡単な競技だけは参加したことあったような気もしますが、学校側の配慮で、保健室からの見学。つまりは大きな音も聞かなくて良い、太陽の光でまぶしがる必要もない。といった極楽状態での見学でした。
(息子一人だけじゃなく、ほかにも見学の子もいました)

こういう配慮ってとてもありがたい。
過度の配慮と思う方もきっといらっしゃるとは思いますが、こういう配慮はとても小学生という子どもには必要なものだったのです。この配慮があったおかげで運動会の日に学校にいくことが出来たんです。お友達と一緒にお弁当を食べたり楽しく遊んだりすることが出来たのです。
それだけでも、本人にとってはとてもがんばったことに繋がっているのです。

中学に入ってからは、運動会全部きちんと参加しています。
自然とそうなりました。
在籍している支援級ではなく、親学級での参加。クラス対抗のリレーなどもきちんと出て、それなりのスピードでちゃんと走って、次の走者にきちんとバトンをわたしていました。

スポーツ家庭教師のレッスンで、バトンのわたし方もきちんと習っていましたから。(小学校のときでしたけど)

親は焦らず、子どもが成長していくのを見守るだけ。
その成長に必要なものを準備して、手配して、あるいはお願いして、小学校中学校と義務教育期間を終えることが出来ました。


身体を動かすことは健康の第一歩



発達障害の子は、体が不自然に緊張したり、反対にぐにゃぐにゃだったり、大人になってもそれは続いていて、長時間たっていられなかったり、座っていられなかったり、本当に簡単なことすら出来なくなることは多いと思います。

我が家には、わたしという反面教師がいますので、身体を動かす大切さは痛いほど理解しているつもりです。

わたしの整形外科の主治医(線維筋痛症で通院しています)も、
一に運動、二に運動。痛みが多少取れてきたらどんどん動かす。どんどん筋肉を使う。筋肉は使わなくなったら衰える一方。
もちろん過度な運動じゃなくていいのですけどね、わたしはラジオ体操とヨガもどきのストレッチで毎日軽い運動をしています。

発達障害者にとって、自分にあった運動を見つけるのも、より暮らしやすい生活にするには必要なことかもしれません。

息子には、子どもの内に楽しいスポーツを体験してもらえてよかったと思っています。
これが、サッカーチームだったり、野球のチームだったりしたら、楽しく続けることは出来なかったと思います。

はじめた時期も、二次障害の回復期を待ってはじめたのも正解だったと思います。

体が出来てくると自分に自身もわいてくるんですよね。

息子の自己肯定感回復に、スポーツは大きな力を与えてくれました。


発達障害の子の脳を育てる運動遊び 柳沢運動プログラムを活用して (健康ライブラリー) -
発達障害の子の脳を育てる運動遊び 柳沢運動プログラムを活用して (健康ライブラリー) -


発達障害児者には運動は必要だと思っています。
体が楽になると、発達障害の特性も穏やかになるのは実感しています。
ですが、こどもに運動を強いるのはやっぱり危険だと思います。
親として、子どもにあった運動を、楽しく出来る運動を、外部で探したり、家でできるものはどんどん取り入れてもいいと思います。
とにかく、楽しくが大きなポイントじゃないでしょうか。


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
拍手する
posted by はるぼん at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

大きくなったからといって安心していてはいけなかった口腔内のお話



歯磨きの習慣



発達障害児のお母さんでなくても、歯磨きの習慣は早い時期から気になるもの。
乳歯が生えてきたら、そく、毎日歯を磨くという習慣づけをされたことと思います。

自閉症、発達障害児には、感覚過敏やそのほか諸々、細かな特性があって、歯磨きの習慣一つつけるのも大変な思いをされた方も多いのではないでしょうか。

我が家の場合、歯に知覚過敏がなかったことと、赤ちゃんのころから病院にはなれていた(喘息のため)のもあって、ほんとに小さな頃から歯医者に通うのも嫌がりませんでした。

親のわたしは、知覚過敏で歯医者には嫌な思い出しかなかったので、息子に関してものすごーく気を使って、歯磨きの習慣と歯医者が怖いところではなくなるように、あれこれ工夫したものですが、あんまり関係なく本人はいたって飄々として歯医者に通っていました。
自分から歯医者に行きたいなどと言い出すくらいでした。

ASD児としてはこれはかなりラッキーなほうですよね。


発達障害児の歯の健康のためのおすすめサイト(サンスター財団のHPです)
自閉症の子どものためのやさしい歯みがき指導




一度習慣さえつけばもう安心



わたしはそう思っていました。

一度ついた悪習慣を崩すことを問題視している方も多いです。
(誤学習がさも大問題のようにオウムのように繰り返している声が多いですね…)

たしかに一度ついた習慣を変えるのはとても大変。
でもせっかくついたよい習慣ならまったく問題なし。
こういう時くらい、ASD児の特徴の恩恵にあずからせてもらったっていいじゃない。

小学校の低学年も、二次障害でしんどいときも、高学年になっても、中学に入ってからも、歯磨きはそれなりにきちんとしていました。
ただ、過眠症のせいで、寝倒れる場合は、もちろん着替えもせずお風呂にも入らず、当然歯も磨いていない状態で朝を迎えることはたびたびありましたけど。

ところが、ところが、安心していてはいけませんでした!!!!!


高校の歯科検診で…



まずは軽い虫歯が見つかりました。

中学の間、一度も検診で引っかからなかったから、歯医者にしばらく通っていなかったのですよね。

この三年間は大きかった。

思春期、身体も具ぐっと成長しました。
声変わりもして、顔ににきびも出来ました。

いろいろな変化が体中に起こっています。

当然口腔内も変化が起こっていておかしくないのですよ。


わたしの行きつけの歯科医に一緒に行きました。

そしたら、そしたら、そしたら!!!!



なんと、歯周病でした〜〜〜〜


ものすごくショックでした。

顎が外れるかと思うくらい、ガーンとなりました。


まだ15歳なのに、中高年になってからかかりやすいお口の病気にかかってしまいました〜〜><



歯科衛生士さんにしっかりと指導を受けていました




わたしにも、歯磨きをしっかりするようにうながしてください。と指導いただきましたが、息子には、これぞというくらいしっかりと歯周病の知識とその予防法を教えてくださっていました。
ありがたいことです。

これで、母子で歯医者がよいが決定したわけでして、わたしは歯のかみしめと虫歯の治療。
息子は、歯周病と虫歯の治療(かみ締めもしっかりあるようですが、まずは歯周病の治療が優先みたいです)

歯医者ともなかなかご縁が切れません。

成果の上がる口腔ケア (看護ワンテーマBOOK) -
成果の上がる口腔ケア (看護ワンテーマBOOK) -
*いくつになっても歯、お口の中はきちんとしていたいです。


9年前の記事を引っ張り出してきました。
わたし「はるぼん」の子ども時代の歯科治療の話。嫌な嫌な思い出です。
2008年08月27日
歯医者で恐い思いをさせないために☆


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
拍手する
posted by はるぼん at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちびぼん〜高校生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

発達障害児の高校選び



不登校、発達障害児の高校選び



息子が高校生になってはや2ヶ月。
息子が選んだ高校は、通常の勉強科目の他に、コース別に選べる科目がある。
それが、高校選びの決め手となったところ。

自分の好きなことが学べる。
自分の好きこと、得意なことが伸ばせる。

このポイントが大きかったです。

2ヵ月たってみて、この「自分の好きなことのためにがんばる」ということがどれほど本人に勇気や力をくれるものなのか、実感できています。

小学校二年生からの不登校。
小中と丸一日学校にいられたことなど、もしかしたら片手もないくらい。
週に多くて二日か三日、遅刻をしていくか早退するかの形で、何とか形だけは学校に行くことができる日がありました。

それが、中三になって、出席日数が足りないと校長推薦がもらえない。
そのことを知らされ、週に四日から五日、なんとか(同じく遅刻か早退なのですが)通って、出席日数を稼いでいました。
それができたのは、行きたい高校がはっきりしていたから。

高校選びを始めたのは、中学二年生から。
いろいろな通信制の高校や、昼間定時制の高校など、多方面から探して、実際にオープンキャンパスに出向いて、本人に自分の高校生になったときのビジョンを考えてもらって、今通っている学校に、しっかりとターゲットが絞れました。
人気校だったので、校長推薦がいただけないと入学は無理だったと思います。
良くがんばって、推薦がもらえるところまでいったと思います。
(通っていた中学は、地元でもレベルが高い中学で、推薦をいただくことが、一つの大きな山場だったのです)

息子の場合、自分の好きなことやりたいことが、ハッキリしていたので、高校選びにはさほど時間がかかりませんでした。だから、二年生からでも何とか間に合ったかな?と思います。
自分の近い将来のビジョンが浮かべることの出来ない子、好きなことややりたいことがハッキリしない子の場合、中一からでも、どのどん説明会やオープンキャンパスに通うとよいと思います。
気持ちが上向きになってきます。
そして、やりたいことや興味を引かれることが見つかるかもしれません。

息子は、通常の勉強がなんともあっちゃっちゃ〜の状態でしたので、普通高校の受験はまず無理だったのですが(行きたくもない工業形の学校や定時制の学校なら行けたかもしれませんが)、勉強が得意な発達障害のお子さんだったら、早い時期からそれを目指して、がんばるのもとてもよいことだと思います。

特別支援級に在籍していると、受験に差しさわりのある地域もまだまだ多いかもしれませんが、いろいろな方法があると思うのです。
中二まで、支援級在籍にして、中三で通常級に移籍してもいいと思うのです。
それは親の意思で決められることですから。(もちろん本人の意思が一番大事ですが、対学校に関してのことです)

支援級での学びも、基本の教科は通常級で学びきちんと評価をいただき、支援級での時間は、疲れた身体を癒す時間に当ててもいいし、通常級の勉強をしっかりと学ぶ時間に当ててもいい。
それは、支援級の担任にお願いすれば充分に可能なことだと思います。

地域差もあるとは思いますが、支援級に在籍していると支援級独自の行事があり、それが結構大変。
息子は一年のときから全部パスさせていただいて、学校に通うという目標で、支援級独自の授業などはほとんど参加しませんでした。
じゃあ何故支援級にいるの?と聞かれそうですが、答えは簡単。通常級で交流(普通に授業を受ける)での疲れを取るため。と、支援級に在籍していることで、学校側に支援を求めやすくするためでした。

純粋じゃあないですよね〜
と、いま。、振り返ってみて思います。
それでも中学三年生の間の支援級在籍は、息子にとって、自分を成長させるよき時間だったと思います。


通信制サポート校



入学してみて分かったことをいくつかまとめておきます。

勉強の遅れはさほど気にしなくても大丈夫でした。
ただ、通信制に必須の「レポート提出」これがそこそこ大変です。
勉強になれているお子さんでしたら、ほとんど問題ない内容なのですが、息子のように長く不登校で、基本の勉強が不足していると、ちょっとつらいものがあります。
内容は自分で充分解ける問題なのですが、何せ時間がかかってしまう。
勉強というものはやはり慣れというものも大切なことで、問題を解くこと自体に慣れていないと、必要以上に時間がかかってしまい、息子は必死になってやっています。

自分の好きなことだから大丈夫なのですが、レポートには、通常の教科以外に自分のコースの課題提出があります。
全部で5科目の課題がありますので、仕上げるのが大変です。
何度も書いていますが、好きなことなので完璧を目指してしまいます。
(これも一種のこだわりといえばこだわりなので、何らかの形に変化してくれればいいなと見守っています)

提出は月に一度くらいの割合。
締め切りに遅れると、単位の修得が難しくなるから必死です。
おかげで毎日のリズムがいままで以上にきちんとしてきました。

もう一つは、年に一度のスクーリング。
これは通信制だからこそある対面授業を年に一度行うというもの。
サポート校なので日々学校に通って、対面授業は受けているものの、あくまでも通信制なので、このスクーリングは必須なのです。
だいたい一週間くらいだと思います。

発達障害の子で、ましてや不登校だと、家から一週間も離れるなど、結構ハードルが高い。
それでもたくさんある通信制のサポート校、かなり手厚く、支援してくれるようです。
息子が通っている学校も、いろいろな方法を提示してくださいました。

一つは親の同行。
これは親としてはかなり安心なことです。
同行される親御さんもそこそこ多いようです。

実はいま、息子はそのスクーリング中なのです。
遠くはなれた北の地で、がんばっております。
何せ、朝起きるということが出来ない体質なので。(過眠症のため)

我が家も、親の同行で…と当初は考えていたのですが、息子と家族会議をして、いろいろな計画を立てて、何とか一人でやってみることにしました。
本当はぎりぎりまで悩んでいたのですが、一人で行かせてよかったと思います。
親が思っている以上に子どもって成長しているんだなあと、感心もしました。

間もなく帰ってきますが、何とか一週間がんばりとおせるようです。
よかったです。
きっとさらに成長して帰って来てくれると思います。


学校選びのポイントとして、似たようなタイプの子が集まる学校がいい



と、わたしは思います。
それにはやっぱり学校見学をしっかりすること。

これは、通信制であろうと、通常の高校であろうと、定時制であろうと同じです。
似たような、というと同じ発達障害の子?というわけではなく、趣味とか、勉強のできる度合いだとか(秀才タイプか天才タイプか等も大きな違いがあると思います)勉強に興味がない場合、目立つところは服装や髪型。派手目が好きな子はそういう学校に集まりますし、地味な子は地味な学校に集まります。

息子の通っているクラスなど、男女の差は何とか分かりますが(わからない子もいる)男子でメガネをかけてるとぜんっぶうちの息子に見えちゃいます。(私がちょっと相貌失認の気があるので余計です><)

学校見学の際、在校生がお手伝いをしているところはとても好感が持てました。その上、在校生の雰囲気もしっかりわかるので、たすかりました。
在校生のお手伝いがない学校は、パンフレットやHPなどから、探るしかないのですけど、よほどの魅力がない限り、選ぶ基準からはずしてしまいました。

在校生の状態がまったくわからない学校には、こっそり、普通の日に登下校する生徒を見に行くしかないですね。(我が家はそこまでしなくても済みましたが)

同じような子が集まる学校。

これはとても大事なポイントだと思います。


夏休みくらいから、オープンキャンパスや学校説明会、体験授業などがはじまります



お子さんの状態にもよりますが、気軽に参加してみることをおすすめしたいです。
いろいろとたくさんの学校を見に行くことだけでも、お子さんの自主性が生まれてくるかもしれないし、自分の将来を明るい方向に考えられるようになるかもしれないです。

また自分が得意だと思っていたことが、井の中の蛙だったことがわかったりもします。
本当に好きだったら、もっと上手になるために努力しようという心が芽生えるかもしれません。ぜひともそういう方向に持っていってあげたいですよね。

発達障害の子だったら、一年生から準備を始めると良いと思います。
本人の状態が二次障害などで落ち込んでいるときは、無理して一緒に見学に行く必要はないと思いますが、親御さんだけで、情報集めとして、色々なところをまわるのがよい手段だと思います。

落ち込んでいるときは、将来のことなど少しだって考えること出来ませんから、無理に得た情報を知らせる必要もないと思います。ただ、自然に見れるところに、さらりと置いておくくらいでいいと思います。

元気な子は、どんどん引っ張り出して、たくさん見学していいところをみつけ、自分に合わないところも見つけ、親子でしっかり感想を話し合ってみてください。
気になるところは二度でも三度でも何度でも、見学に行くとよいと思います。
我が家は全部で両の手で足りないくらい、いま通っている学校の体験入学、説明会にいきました。
学校に顔を覚えてもらう目的もありましたし(ちょっとずるいですよね)何よりも体験授業がとても充実していたからです。
いつも満足して、参加し満足して帰宅していました。

後は校長推薦をいただく努力だけでしたから。
結果が出るまでは苦しかったですが、ちょっと違った形の高校受験が出来てよい経験になりました。


高校の先を考えるとしたら



やっぱり二次障害がない状態の元気な子じゃないと、そんな先のことなど一ミリたりとも考えることはおろか、想像すら出来ないと思います。

親としては、何らかの安定を考えてしまうのも理解できますが、まずはじっくりお子さんの状態を元気にしてから、将来のことを話し合ったほうがよいです。
お子さんを追い詰めてしまいますから。

元気なお子さんでしたら、自分の今も、近い未来も、そしてその先も、順を追って見つめることが出来るようになると思います。(発達障害でもちゃんと成長するのです)
お子さんの成長に合わせて、親も順を追って、先の進路を相談していくとよいと思います。

これはわたしがつよく思うことなのですが、ご家庭によって事情は異なってくるとは思いますが、療育手帳がもらえないレベルのお子さんでしたら、高校卒業と同時に就職という流れは、ちょっと横においておいたほうがよいと思うのです。
出来るだけ子どもが成長していく時間を、学生という社会人よりも支援を受けやすい場で、時間を過ごした方がいいと思うからです。

社会は厳しいです。
障害者枠で就職するならば少し話は違ってきますが、そうでなければ、支援を求めたくてもかなり難しいのが現状だと思うのです。
学生時代にのびのびと自己肯定感をあげるように勤めて、自分にあったこと、自分が好きなことを発見し、それに何とか近い形での仕事が見つかればめっけもん。
自分の好きなことだったら、厳しい社会でも、がんばることが出来るのじゃないかと思うのです。

そのためには、学生時代にしっかりと、心を肥え太らせる。
誤学習を恐れる方も多いようですが、自己肯定感がきちんと育っていれば、誤学習は正せます。
うちの息子の話ですが、自己肯定感が育ってくるとビックリするくらい素直になりましたよ。理解力も深まりました。(現在わたしよりも常識があります><)


こんな学校があったんだ!2015−16年版 -
こんな学校があったんだ!2015−16年版 -

通信制高校があるじゃん! 2015~2016年版 -
通信制高校があるじゃん! 2015~2016年版 -


我が家の経験を元にしてまとめて見ましたが、少しでも参考になれば嬉しいです。
それではまた〜

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村