PAGE TOP

2011年03月25日

5年生修了式、無事に登校できました☆





震災のあった11日から、ちびぼんはずっと不調です。

昔のように、いえ、昔以上に【眠れぬ時間】を過ごしています。

夜の闇が怖いのでしょうか?

朝方になるまで眠ることが出来ません。

今は無理をして、睡眠剤や安定剤のお世話になっても多分期待通りの効き目は現れないから、通常通りのロゼレムだけで過ごしています。

*過去記事
「我が名は「ロゼレム」偉大なる眠りの王」(2010年12月18日)


そんな毎日ですから、まあ私はちびぼんを置いて一人で寝てしまっているのですが・・・それでも普段以上に眠りが浅くなっているのか熟睡できているのか、そこのところわからないのですが、朝の目覚めが早くなりました。
ようするにちびぼんと交代して起きる・・・って感じです^^

途中で昼寝などは出来るかぎりするようにしていますので、なんとかもっているのかなあ〜と思っていますが。

さすがに、体がしんどくなってきたようです。

リウマチを患って11年。
ほとんどの症状が消え、寛解していたのですが、まずは手の第一関節、そして足首・・・この辺りに懐かしい?鈍い痛みが起きてきました。

出産後に起きたような強烈に進行していく痛みではないようなので、まだ気持ち的にのんびりしていますが、来週にでも病院にかかろうかなあと・・・



さて、ちびぼんですが、昼夜逆転の毎日を送っているのですが、決められた予定は何とか頑張ってこなしています。

昨日は無事に学校へ行って、修了式を終えてきました。

起きる時にかなりちびぼん自身もふんばりましたが私も根性を据えて、ちびぼんを上手く起こす事に専念しました。

3〜4時間しか寝てない状態で起こすのですから、確かに苦しいですよ。

それでもちびぼんは頑張りました。

ほんと、ファイト!のかけ声で起きた感じです。

おきてからもしばらく眠い状態でふらふらになっていましたが、登校時道を歩くにつれ気持ちもしっかりしてきたようです。
ずっと付き添わなければならないかと覚悟を決めていたのですが、「かえっていいよ」何ていわれまして気が抜けたというか・・・ちびぼんの成長を感じたというか・・・


いよいよ6年生です。

一年後には中学。

実はとても偶然とは思えないほどの出来事があったのです。


*過去記事
「一年後の未来。まず日常のわが家の問題。」(2011年03月17日)


この記事でも触れましたが、ちびぼんの希望は今のクラスメイトたち同じ学年のお友達たちと一緒の中学にいくこと。

今のちびぼんの状態ではとても通常級では難しいこと。

地元の中学は今年度まであった支援級が、次年度(4月から)はなくなること。

以上の事から、また再度支援級を新設?してもらうk¥ために根性出さねば!

と言うかなりハイテンションになっていた私の気持だったのですが・・・


今お世話になっている小学校の教頭先生から地元の中学校の教頭先生に連絡をとっていただいたのです。

そしたら・・・

地元中学の教頭先生。

ちびぼんが2年生のときに問題が出始めた頃にお世話になった方だったのです。

あまりの偶然にビックリ!

年度替りのお忙しい時なので、まだ直接あってお話はできていませんが、電話でのお話でまたちびぼんの別な道筋を教えていただけました。

事情はよく分かっていてくださる教頭先生。

まずは通常級にそのまま進学して、小学校の時のように通級教室に通う形をとればいい。

問題は高校進学。今はいくらでも高卒の資格が取れる学校があるから、ちびぼん君とじっくり相談して、決めていけばいい。

もしも、どうしても通常級がダメだったら・・・
その時に転校なり、支援級なりを考えればいい。

ポイントは中学ではなくて高校、そして、将来にあるのだから。。。



人に対する信頼度の問題もあるかもしれませんが、素直に聞き入ってしまいました。

システム的な問題で、大きな抜けも教えていただけました。

地元の中学にあった支援級は、知的な障害を持つ生徒のための支援級としてある。

との事。

新設と言うかたちで、頑張っても、先に「知的」な生徒の為の・・・と言うかたちが出来てしまっている学校ではちびぼん君にあった、支援級を作るのは難しいとの事。

なるほど・・・お役所的な考えではあるけれども、納得もしやすい。


ちびぼん自身の希望を通して、まずは普通級と通級で頑張ってみる。

こりゃあかん。とちびぼん自身が感じたら、自分の意志で転校が出来る。

小学校と違ってちびぼんは自分の事もわかっていますから、自己肯定感が下がるとか、そういうことを恐れていてはいけないのかもなあと。。。



まあ、この6年生でちびぼんがどこまで勉強を頑張るか・・・課題はそこだけなんですよね。

学校行事に参加できなくても、小学校のように週に一度くらいしか登校できなくても、何とか彼自身がやる気を出して取り組めるか・・・
これにかかっているのです。

まあ、これは親が勝手に思っていることで、ちびぼん的にはどうなのか・・・?

ですが、通級に通うようになってから、自宅でも勉強をほぼパーフェクトにこなしています。

もちろん、いままで拒否反応を起こしていたのですから、すごい低いハードルですけど、確実に伸びています。

自分の事を思い出して書くのも何なのですが、私も小学校5年生の時に不登校と入院とでほとんど登校していなかったのですよね。

でも、中学受験をこなして、楽ちんなエスカレーター式の学校に行く事が出来ました。

これ、自分の努力。

学校で教えてもらったからではなくて自分で勉強をしたから・・・


親としてちょっと間違っているかもしれませんが、やる気があるのなら何とかなる。と思っているのです。



と、こんなこと書いていて蓋をあけたら・・・・さあ大変!ってことも視野に入れながら・・・

これからのちびぼんをぬるい目・・・温かい目・・・?で見守っていこうと思っています。


ふふふ。

来年の今ごろ私はこのブログでどんな事を書いているのか・・・

ちょっぴり恐いけど楽しみでもあります。





震災から2週間。。。

まだまだ日常の日々には戻れていませんが、ゆっくりゆっくり少しずつ戻っていければいいなあと・・・



にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村



最後までお付き合いいただきましてありがとうございます。

なんとかこうとか、はるぼんとちびぼん楽しく日々を過ごしています。
次の更新は、私たち親子のおバカぶりを書いてみたいなあと・・・^^

みなさま、どうか、ご自愛くださいませ。


それではまた。


拍手する
posted by はるぼん at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校5年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

一年後の未来。まず日常のわが家の問題。





今日は日常の未来へ続くお話を。

ちびぼんは今小学5年生。

来年の今ごろには、中学進学を迎えます。


今、抱えている問題は。

地元の公立中学に、今年度まであった支援級がなくなるということ。

ちびぼんは本人自身が、地元の中学進学を希望しているということ。


さて、困った。

色々とちびぼんを支援してくださっている各所にこの問題点をたずねてみました。


結論としては、


一年でも空白があれば、もう一度新設と言う形で取り組まねばならないということ。



一時は、他校の支援級も考えたのですが、まだあきらめるのは早すぎる!

やるべき事をしてから、未来への道を少しでも増やしていく努力をしてから、考えること。



支援級新設に向けて、私は動き始めました。


まず力になってくださるのは今通っている小学校。

教頭先生に、地域の中学に「そちらの支援級に行く意思がある(新設を望んでいる)」という事を早めに、連絡していただきました。(今年度中に動く)

自分で動く事も可能なのですが、まず最初は小学校から話を通していただいた方が、スムーズにことが運ぶ。

これはちびぼんが通っている、特別支援教室の先生からも、教育センターからの相談員の方からも教えていただいたこと。

私はこれに素直に従って、小学校の教頭先生にお願いしてきました。


このブログには、PTAの活動で精神的に疲れるとかぶーぶー書いていますが、こういう時に、PTA活動で学校に足を運んでいると、ちょっとした間に、教頭先生や校長先生と立ち話する機会も増える。

一年間とても苦痛で苦しかったけれど、PTAをやってきた甲斐があったと今心から思います。

次年度もPTAの役員が順番制ではありながらも回ってきたのも、ただの偶然ではないかもしれません。

中学進学に向けて学校との連絡体制ももっともっと密になるかもしれないから・・・


そう思えば嫌な嫌なPTAの活動も、ふんばってよかった。と思えてくるからふしぎ。
まあ、単純な上に、現金なやつだと言われてしまいそうですが・・・^^


よ〜〜く考えてみたら、今年度PTAの役員を引き受けたのも、学校とより密になるため・・・だったなあと、ようやく初心を思い出しました。(あはは・・・

今年度は、ちびぼんの変化もあって、3年4年生時よりも登校回数が減ったので、PTAがなければ学校と立ち話程度の気軽さで(大事な事をさらりとお願いする)なんて技は取れなかったかもしれません。

自分の精神状態を考えたら本当にぎりぎりの状態でしたが何とかなったなあと。。。


PTA役員引き受けるなら5年生がいいポジションかなあと、自分の体験から自閉圏のお子さんをお持ちの親御さんにお伝えしたい〜〜ってところです^^


本日も午後から教育センターでもちびぼんはプレイセラピー、私は教育相談に行ってまいります。

6年生一年間の親がとる行動のスケジュールでも整理してみます。

一学期が勝負ですからね。



今年は踏ん張りどころです。

去年はものすごい変化の年だったけれど、今年はその変化の先にあるものへのためにふんばる時。準備を整える時。
そう思っています。






***************************




東日本大震災。


災害発生から6日、明日で一週間です。

張り詰めていた緊張もピークを迎えているでしょう。

これは、被災された方々はもちろんの事、そうじゃない、被災を受けていない地域の人々も・・・


私たち親子の住む地域は、被災地から遠くはなれています。

火曜日にあった、静岡での夜の地震。

その翌日、開店を待って大量の保存食やトイレットペーパー(何故でしょう???)ペットボトルの水、乾電池などを買い占めている人々を目にしました。

あまりにも普段と違ったその有り様に、目を疑いました。


いつも通りの買いたかったものが買えませんでした。

正直、とても辛かった。

即、頓服薬のお世話になりました。

たった、これだけの情景を見ても精神状態が苦しくなる・・・


自閉圏の方々、メンタルの病気をお持ちの方々・・・

大人の方も、今は普段以上に自分の状態を把握しなくてはいけない時だと思います。

親御さん、どうか子どもさんの状態をいつも以上に気にしてあげてほしいです。。。




わが家はちびぼんが、状態が変化しています。

地震から3日間は、寝逃げに徹していました。

一日の内起きていたのは最高で6時間でした。

月曜日からやっと落ち着いたと思ったら・・・

静岡での地震の揺れで、その日はそのまま寝逃げが出来たのですが、昨夜から眠れなくなっています。

初日にTVをたくさん見てしまったことを反省して、その後は、過激な画像はもちろんTV自体、ほとんど見ていませんが、(地震についての安心材料、被災地の様子など聞いてきたらきちんと答える・・と言うかたちは取っています)さすがに回復してきたと思ったら大きなゆれ(震度3でしたが)これで、また調子が狂っちゃいました。

昨夜はやっと寝たかと思ったら、昔の夜驚とまではいきませんが、うんうん唸って寝ているのです。
お腹の調子も崩して、トイレにも何度も駆け込みました。(胃腸風邪ではありません)

・・・弱い弱すぎる!

と、親としても思うのですが、叱咤しても仕方がない。

少しでも安心できるように、もうごまかしは一切聞かない年齢です、きちんと正確な話をしてあげることしか出来ません。
そして、いつも通りの生活を送ること。。。

だと思っています。



被災された方々、お見舞いお悔やみ申し上げます。
お天気さえも寒波で辛い方向になっていますが、どうか少しでも休めますように・・・
やっぱり祈る事しか出来ませんが、しっかりと、祈らせていただきます。。。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村




さて、日常の時間。
今からちびぼんと出かけてきます^^

皆様も、どうか平穏な時間が過ごせますように・・・・


それでは・・・



16:30追記

帰り道、地元の神社でお参りをしてきました。
被災された方少しでも安心が訪れますように。。。
拍手する
posted by はるぼん at 12:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校5年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

学校との対応が上手くいけば子どもは伸びる





3月がもうそこまで近づいています。

今年は、年度変わり前の面談、まだお願いしていなかったなあと思い出しました。

思い出したらすかさずメモメモ。


来年度、とうとう小学校最後の年度になってしまうのですね。

6年生です。


今年は、親の私、そこそこ精神的にゆとりを持って年度末の面談に挑めそうです。

それは・・・

ちびぼんの事を学校側がしっかりと把握してくださっている事。

どの先生が担任になっても、教務主任教頭校長の各先生方が、しっかりと目を光らせてくれているのがわかっているから。

今年度の内に通級指導教室に他校に通うようになってよかったことの一つでもあります。


「いじめ」の心配は同級生の様子を見ているとほとんどないのですが、ちびぼんが過剰に反応してしまう事はあると思うのでそこだけは注意したいところ。。。

現在のクラスも、女の子はもうしっかりと大人びてきていますし、男の子も声変わりがはじまった子モチラホラ。ニキビ面になってきちゃった子もチラホラ。

精神的にも肉体的にも・・・しっかりと思春期に突入してきている感じが見られます。

それはちびぼんも例外ではなく、ちゃんと成長の兆しをチラホラと見ることが出来ます。

声変わりはまだなさそうですが、顔のニキビみたいなフキデモノ・・・でてきました!

ちゃんと顔を洗って下さいね。

と、言ってはいるものの、もうすでにニキビつぶしを楽しんでいます・・・
(あとに残ると思うんだけどなあ〜〜やだなあ。。。)

6年生になったら、ちゃんと一人前の男子として対応するように家でもして行こうかなあと考えています。



さて・・・


わが家のお話はこれくらいにしておきます。

先日、教育センターでのちびぼんはプレイセラピー。私は教育相談。と言う時間をとっていただいて(毎月通っているのですけど^^)色々お話をうかがってきました。

ちびぼんに関して相談する事は、中学進学について・・・になってきてしまうので、見学や相談・・これがいつ頃がいいかなどと言う時期的なことを教えていただきまして、あとはその時期を逃さずに、進学準備をスタートすること。
そして、ちびぼん本人との話し合いをしっかりしていくこと。

こんな感じで、相談は終りました。

担当してくださった相談員の先生、2年間でしたが今年度でお別れという事で、お世話になったお礼などを私が口にしつつ、相談員の先生は、時間も余っていたので色々な雑談をしてくださいました。






学校との対応が上手くいけば、子どもはその分伸びるし精神的にも落ち着いてくる。

問題があったときには親は、学校に怒りを向け安いが、その度を越してしまうと、子どもが安心して学校に通えなくなる。

どんな問題が起きても出来るだけ冷静に対応し、お願いする姿勢をとる方が今後の事を考えたらはるかに楽になる。

学校は文句などを言われたら(クレームが着たら)必ず頭を下げるが、下げられたことで親は勝ったと思っていてはいけない。勝ち負けではなく、これから自分の子どもをどうして行くのか、学校と相談して進めていくしかないのだから、一度や二度学校が頭を下げたからと言って、親の思うとおりに学校が配慮してくれることはないと思っていてもいい。

「話が違うじゃないか!」と怒鳴り込んでいっても、また、頭を下げられて自然な言い訳をされるのが落ち。

学校と上手くやっていく方法は、子どもの存在を知ってもらう。
担任だけでなく学校全体に・・・

養護教諭の先生は、大体どこも相談役になってくれるような性格の人が多いから、そこからスタートしてもいい。養護教諭の先生は学校内のシステム、組織からはちょっと違った位置づけなので、気軽に相談にも乗ってくれるはず。
味方につけ、色々な情報をもらおう。

学校にお願いする事は一つに出来るだけまとめる。あっても3つまで。
(小出しにすればいい事であるし、大切なお願い事と言うものはそうそうないものだ。親側の願いをまとめた方が学校には伝わり安い)

面談を取ってもらったら、面談の時間は長くて30分。
ダラダラと話しても、前進はない。





こんなお話をしてくださいました。(以前にうかがった話も含めて書いてみました)


教育相談なので、発達障害のお子さんばかりではないから色々な細かな事は違ってくるかもしれませんが、学校に支援をお願いする時の方法を私はこの教育相談で教えていただきその通りにやってきて、運もよかったんでしょう。学校との結びつきはとてもしっかりしていると、自分でも思います。

学校職員、全員ちびぼんの事もそして私の事も知っていてくださって、ちびぼんのちょっとした様子なども立ち話でして下さいますから・・・

このメリットはとても大きいです。

学校にいる大人たち全員がちびぼんの事を見ていてくれると言う感じ。

チラッと見ていてくれる気にしてくれるだけで十分ではないですか^^



今年度、疲れに疲れてヘトヘトになりながらも、PTAの仕事を勤めて良かったと思っています。

ちびぼんよりも圧倒的に私が学校に通っている方が多いのが少し笑えますけど^^

教頭先生校長先生との繋がりが更に密になったこと・・・

苦手な仕事を引き受けて得たものは大きかったと思います。

(PTAの仕事は出来るだけ計画的にやられた方が良いと思います。子どものために頑張らなくちゃ・・・じゃなくて、いつのタイミングで引き受けるのが、良いのか・・・しっかり観察と情報収集ですね.この話も近々記事に起こしたいと考えています)



まあ、来年度もまさか役員が回ってくるとは思いませんでしたけどね。とてもショックでした〜

まあ来年の仕事は学校外でする少々地味なお仕事で、今年度の仕事内容に比べたらはるかに楽ですから良いのですけど^^
(数少ないですが学校にいく機会もありますしね)



学校とのお付き合い方法の情報。

私だけにとどめておくのはもったいないので、記事にさせていただきました。

中学もこの方針で行くつもりでいます。

万が一、いじめなどの問題が中学で起きたら・・・

多分転校を視野に入れると思います^^

そんな感じで地元の中学からそのほか色々、情報集めておかないと・・・

こういう時に、ママ友とかから情報を引き出せる人がうらやましくなりますね。

私は無理だなあ。

いくら子どもの為とはいえ、ママ友としてのお付き合いは最小限にしたい〜〜〜〜〜〜です☆




<過去記事>
「学校との信頼関係〜上手なかかわり方」(2010年06月09日)



教頭のホンネ―学校組織の理想と現実 [単行本] / 全国高等学校教頭・福校長会 (著); 全国高等学校教頭・福校長会 (編集); 学事出版 (刊)
教頭のホンネ―学校組織の理想と現実 [単行本] / 全国高等学校教頭・福校長会 (著); 全国...


学校組織の書籍なども読んでおくと良いかも〜
この「教頭のホンネ」読んでみたいなあ。図書館で借りよう^^

ポケット図解 最新小学校の仕組みがわかる本 (Shuwasystem Beginner’s Guide Book) [単行本] / 吉田 典史 (著); 秀和システム (刊)
ポケット図解 最新小学校の仕組みがわかる本 (Shuwasystem Beginner’s G...




☆参加しているブログランキングです☆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。

今週はよく眠った週でした。すぐ疲れてすぐに寝て〜の繰り返しでした^^

ちびぼんも少々睡眠時間が多めになっています。。。これは春の兆しですかね???

では、また〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 11:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校5年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

ちびぼんの誕生日とこれから




1月30日。ちびぼんの誕生日☆

楽しくお誕生会(身内だけ〜ですが^^)を執り行い、ちびぼんの好きな料理と待望のバースディケーキ(不二家さんが作ったケーキ)で、ジュースと珈琲(大人)で、延々4時間!

なかなかな贅沢な時間の使い方をした、一日でした〜〜


わが家は、プレゼントも料理も全部前もって相談して決めます。

だから、誕生日に、はっと驚かすような企画!

なんてものは存在しません。

初めからちゃんとわかっているものをその通りに執り行う。

これがいいのです〜〜

特別な安心感があるみたいです^^


初めからプレゼントもわかっていてはドキドキ感やワクワク感がないのでは?

なんて思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、特別な日だからこそ、決まったとおり、自分で描いた頭の中の通り・・・がいいのです。

ほしいものはちゃんと準備ができるように前もって聞いておく。

食べたいものもちゃんと相談しておく。

これ、誕生日の鉄則☆



今年ちびぼんが望んだプレゼントは・・・


テイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士 / ナムコ
テイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士 / ナムコ


今まで好んでプレイしていたゲームとは、ちょっぴり毛色の違ったもの。

ちょっとお兄さんぽいゲーム?と言ったらいいかな〜?

どこでこういう情報を仕入れてくるのか…

たぶんNETで動画で見て、だと思うのですが、新作じゃなく古いソフトと言うのがミソですね〜〜



他には


別冊コロコロコミック増刊 ペンギンの問題 新公式ファンBOOK 2011年 01月号 [雑誌] [雑誌] / 小学館 (刊)
別冊コロコロコミック増刊 ペンギンの問題 新公式ファンBOOK 2011年 01月号 [雑誌]...


本人が望んだのはこれが第一希望で

第二希望が

毛糸のカービィ かんぺきサポートガイド (ファミ通の攻略本) [単行本(ソフトカバー)] / ファミ通書籍編集部 (著); ファミ通書籍編集部 (編集); エンターブレイン (刊)
毛糸のカービィ かんぺきサポートガイド (ファミ通の攻略本) [単行本(ソフトカバー)] / ...


第一希望も第二希望も両方とも勤め先にあったので、ダブルでプレゼントしちゃいました^^
(両方とも値段が安かったから〜〜ですが)


誕生日から今日で2日たったのですが、「テイルズ オブ シンフォニア ラタトスクの騎士」このソフトにはまって、やらなければならない事、眠る時間、ちゃんと守りつつ(初日は眠る時間をオーバーしてしまいましたが・・・特別な日なので少々甘めに^^OKOK)すごい集中力でプレイしています。

行き詰ったら、NETで攻略を探したり…

もうしっかりゲーマーかなあ。。。

こういう集中力、他にも役立てて欲しいなあと言う親の希望はありますが、急には無理。

自分がやりたい!好きだ!と感じないと、何も身につきませんからね〜

ちびぼんにはちびぼんの時間で、生きていって欲しいなあと思います。


世の中の「ふつう」と言われる時間ではなくて、ちびぼんなりの時間ですすめばいい。

勉強も、人との付き合いも。。。

もちろん、マナーやルールを覚えていかないとダメですが。


自閉圏だから、人の気持ちがわからないとか、場の空気を読めないとか、そういう気遣いではなくて、人として、自分の側にいる人の事を大切に思う・・・その気使いで十分だと思うのです。


卑屈になるよりも、ニコニコしていた方が、まわりも和むんじゃないかな〜なんて思うんですけど^^


二次障害だけは、もう二度と味わせたくない。

心が崩れるということは、本当に恐いです。


もちろんこれから先ちびぼんが生きていく上でたくさんの壁にぶち当たると思うのですが、親として絶対に無理はさせたくない!

無理ではなく、ムチャではなく、工夫と知恵と無理のないわかり安い努力だけで、何とかクリアして行きたいなあ。

楽しく人生を歩む為にね。


これも一種の親のエゴなんでしょうね。

もちろん無理やムチャをせずに生きていけるはずのない事もわかっているのですけどね。

せめて、家の中だけはくつろげる安心の場でいたいですね。



来年の今ごろは、中学進学の準備でちびぼん自身も色々な事を考え決めていかねばならないでしょう。

12歳の誕生日の頃はどうなっているのでしょうか・・・

あと一年。

ちびぼんの成長とやる気・・・

そういうものを計算しつつ、親として準備だけはきちんとしておかないとね。







☆参加しているブログランキングです☆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



最後までお付き合いくださいましてありがとうございます^^

ちびぼん、今週もいいスタートを切りました。通級教室もちゃんと登校できました。
カウンセリングでも、今までよりもたくさん自分の気持ちを自分の口から言えました。

これからの成長が楽しみです^^
タグ:自閉症育児
拍手する
posted by はるぼん at 22:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校5年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

人生なんてこんなもん♪




今日の記事はタイトルどおり^^

これ、ちびぼんのセリフなんですよ。

小学5年生にして、何を達観しているのか・・・


ちびぼん流の怒りの静め方なんですって。

イライラした時やビックリした時は、


「人生なんてこんなもん♪」


と唱えると静まるとか・・・。



なんだかっすごいぞちびぼん!

まあ、この発言をマイナス思考と取るかプラス思考と取るか・・・

親としては要観察?

かもしれませんが、私も根っこが楽天的なので、ちびぼんのこういう考え大好き!


人生なんて死ぬまでのひまつぶし〜〜



みうらじゅんさんの言葉ですね〜〜

ちびぼんも、明るく言ってますので、OK何じゃないかな〜〜

もちろん、社会人になって職場でそれ言ったら、ちょっとまずいかもしれませんが、キャラ次第では、周りの人のやる気を向上させることにもなるかもですね^^
(ちびぼんが会社勤めしている姿、全く想像できませんが・・・^^)


ちびぼんが言うにはね、頭の中が沸騰したり、自分で抑えられなくなったときに、


人生なんてこんなもん♪


と唱えて、考えるのをやめるんですって。そうすればイライラもおさまるとか・・・

私もまねしてみようかな。同じようなことでは、ま、仕方ないか。とか、ま、いっかとかありますけどね。

人生なんてそんなもん♪

には、負けるなあ〜〜〜



そんなちびぼん、三学期に入ってから、週一の通級。週一の本学級への登校。ちゃんとクリアできています。

本学校へ登校する前後に、睡眠が崩れがちになりますが(ちなみに昨日本学校に登校したら、夜眠れなくなって朝までコースでした)それでも、以前と比べたら比でない。

きちんと週によって組まれたスケジュールだと、自分の気持ちの管理もしやすいようですね。

親の側も、子どもの不調の原因がわかりやすくていい。


学校は毎日行かねばならない。



この縛りから抜け出る事ができました〜〜ばんざ〜〜い☆

って感じです^^

あとは本人の気持ち、そして体力ですね。


この週に一度登校を・・・

と勧めてくださったのは本学級の担任のA先生。

すごくさっぱりとした先生なのですが、よく子どもたちを見てらっしゃる。

ちびぼんのことも上手く特性を見ていてくださる。


ホント、ちびぼんはラッキーだなあ〜〜〜


自閉圏の人、子どもも、物事を深く深く考えすぎる事が多い。

私なんかも、恐がりだから、動く前に起こりえることの一番最低の事まで想定してから行動する。

こうしておくと多少のトラブルが起きても、自分が考えていた一番最低な出来事よりもだいぶマシだから、驚きも少なくて済むし、パニックも大きくはならずにすむ。

まあとても、夢のない思考パターンなのですが、これからは、もう少し気楽に何が起こっても人生こんなもん♪
と、考えられるような人間になりたいなあ〜〜


ちびぼんに先を越された感じですよ^^




さよなら私 [単行本] / みうら じゅん (著); 講談社 (刊)
さよなら私 [単行本] / みうら じゅん (著); 講談社 (刊)





☆参加しているブログランキングです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村





最後までお付き合いくださいましてありがとうございます^^

そうそう、ちびぼんの足が大きくなって、学校の上靴が合わなくなりました。
今日はこれから、ちびぼんの通院とカウンセリングなので、帰り道購入してきます^^

人生なんてこんなもん♪

こんなお気楽な親子ですが、なんとかなるでしょ〜〜

それではまた〜
拍手する
posted by はるぼん at 13:58 | Comment(7) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校5年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする