PAGE TOP

2012年03月10日

もうダメだと思ったら、物でも人でも助けてもらおう!

もうしつこいくらい書いていますが、わたし、はるぼん、自分でもビックリするくらい健忘がひどいです。
う〜〜ん。
何て言ったらよいのか・・・単純な計算力とか、ちょっとした判断力とか、そういったものもものすごく低くなっていて、本気で認知症を心配しておりました。
(この事は主治医にテストしていただいて、無事、認知症ではない事がわかりました^^)

一応主婦なので、家の中のあれこれ、家事仕事は山のようにあります。
私が何とかこなせているのは、洗濯と、ごはん。だけ〜〜
最近はその二つも、怪しげになってきて・・・
(洗濯したのを忘れていて放置してカリカリにしてしまうとか・・・炊飯器のスイッチを間違えて押してしまうとか・・・)
もうなさけないやら、自信ゼロになるやら・・・
(それでも、自己肯定感を失わないのがわたしの良いところ!と自分で自分を慰めております><)

一番苦手なのがお掃除と片付け・・・
ADHD系が自分にあるとは一度も診断もされていないし自分でも聞いたことがないのですが、片付けられない女ってまさにこんな感じかなあと...
子どものころからその傾向はあったから(鞄の中グチャグチャとか、机の中がきれいに整った事がないとか・・・)今更なんですけど。
狭い我が家、各部屋にところどころ、ブラックホールが出来てしまいまして・・・
まあ何と言うか、ダークマター的な、開かずの間のミニ版と言うか・・・あまり使わない化粧台の回りが、どんどん物置き場になって、じわじわとそれが広がっていく・・・
そこには得体の知れないもの(実際には洋服とかバッグとか何故かプリントとか紙袋とか・・・)であふれてきて、もう一度触ったら、片付けに時間がかかってしまう〜〜〜と言うのがわかっている空間。。。
そんなブラックな空間がいっぱいできてしまって・・・
そういう空間があるとしっかりとした掃除なんて出来ないし(見て見ぬふりをして、掃除機をかけることくらいはできる)埃はどんどんブラックホールに吸い込まれていくし・・・ついには大事なものまで、ブラックホールに!!!!(リモコンスイッチとかメガネとか・・・実際に紛失してしまいました)

うううう・・・・
これはもうお手上げです。

とうとう福祉のお世話になることを決断し、このたびヘルパーさんの業者さんと実際に部屋を見ていただいて、お話が出来ました。
ここまでが長かった〜〜
自分の事を怪しいなと疑い始めて(ちょうど去年の今ごろ・・・3.11から急激におかしくなったのです。弱いですね・・・)家事補助をしてもらえるように手続きの相談にお役所に行き、ラッキーなことに優しい丁寧な担当さんにあたって、素直にお話が出来。
家に来ていただいて、現状を視察?していただき、数ヶ月待って、手続きがおりました^^
何件か業者さんを紹介していただいたのですが、毎日の予定をこなすだけで、バテバテ状態になって業者さんに連絡もせず・・・せっかく手続きした家事補助・・・放置してしまったのです。

お手上げ状態になって、やっと自分でも動けたというか、電話しただけなのですが(それがなかなか出来なくてねえ)何とか面談の日を決めて、今、に行き着いたのです^^

私が欲している助けは、いっしょに掃除をしたり、食事の用意を手伝ってもらう事ではなく、私の頭の変わりに、片付けや掃除の段取りをとってもらいたい。片付けのスケジュールを組んでもらいたい。少々の部屋の模様替えだったら、それに必要なものをリストアップしてもらいたい。
と言う頭の部分。

この話をそのまま業者さんにお話したら、すんなりわかっていただけました。
気になさっていたのは「こだわりがあるかないか」だけでした。
私自身、こだわりはあるけれどもたいしたことない。
問題はちびぼんで、前もって相談と言うかたちをとっていけば、なんとかなるだろう・・・とお話をしました。

理解していただけたようで、よかったよかった。


もう一つ、自分でもあきれるくらい、時間のすっ飛ばしが多くて、約束事をすぐに失念してしまうのです。これはどんな小さな狭い社会であっても、なかなか許されるものではありません。
人間失格になるのも間近・・・

これには私もさすがに恐怖感を覚えて、何とかせねばと、タイマーや予定表やあれこれあれこれ〜〜〜〜

今までは、あれこれ使うとすぐになくしてしまって探すことになるので、なんでも1冊の手帳にメモをするという形をとっていました。
A5サイズの持ち歩くのにぎりぎりサイズ(わたしにとって)の大きさ。
去年までは何とかこうとかなっていたのですが、
現状の、この次何をしたら良いのか忘れてしまう。
確認したその日の予定を忘れてしまう。
と言うところまでくると・・・
もう、手帳では何の役にも立ちません。

精神科の主治医に教えていただいたのは、ミニホワイトボード(100均によく売っているサイズの)に、二日間の予定を記入して、見えるところに貼っておく。
これは即役立ちました。
息子ちびぼん用と、私用の二つ用意しまして、並べてはってあります。
記入するのは私の役割なのですが、ちびぼんもボードを見て確認する用になりました。

そしてもうひとつと言うかたくさんと言うか・・・

自閉圏のお子さんの為のグッズとして多数のお役立ちグッズを用意されている「おめめどう」さんのグッズを購入しました!
(*NETショップはこちら⇒おめめどう
それもね、
自分でHPを見て判断する事が出来ないから、このブログにもリンクさせていただいている、kingstoneさんに相談して決める事が出来ました!(本当に助かりました。ありがとうございます!)

自己管理のためとちびぼんの時間感覚を自分のものと通常の流れとの差を意識してもらう為に・・・
と言う思いもあり、どどんと、おたすけメモのセット(本当のネーミング忘れました)と巻物カレンダーを二種購入しました。

おすすめしているのかどうだか、おかしな事を書いちゃいますと、自分の頭がと言うか、能力とか気力とかがちゃんとあったとしたら、多分購入まではしなかったと思います。
自作したり、しないまでも普通のメモ用紙やカレンダーを少し工夫するだけで何とかなっちゃうと思うから・・・

今回自分で購入して使ってみて(と言ってもまだ1週間未満ですが)まず一番に思ったのは、とにかく紙に印刷されているだけなのに、その大きさといい印刷具合と言い使いやすい!
(きっと考えに考えられたデザインだからなんでしょうね)

私のようにぼ〜〜っとした頭でも、えんぴつを持って書き込むことが出来る。
その日一日を頭の中で計算したり組み立てたりしなくても、思いついたまま書き込んでいけばいい。
通常のTO DOリストでも、それで良いのですが、印刷されている甲斐ないかでこんなにも書き安さが違うのかとビックリしました。

なんとね。
私、時間や時計が読めない自閉ちゃん用なのかな?時計のメモを最大限に自分用に使い始めました!
今一番苦手な時間の組み立て・・・これを考えるのに、その日12時間分(時計だから〜^^)線を引くだけで、どのくらいの時間で次の用事までこなさなければならないか、一目瞭然!
これは無理だと思ったら、他の時間に回すか、翌日に繰り越すかすればいい。

息子を起こさなければならない(起こしても良い)時間まで、この時計メモで計算するようになりました。
改めて、自分が時間の計算に弱い事が判明しました。数字としてはすぐに計算できるんですが実感が伴わないんですよ・・・はい。

まだ使っていないメモもたくさんありますが、息子とお話メモで、ケンカなんかしちゃったり^^
思った以上に役立っています☆


忙しいお母さんや、お疲れ気味の当事者さんにも、こういった工夫されたグッズって役に立つかもしれません。
小さい子ばかりに使うのはもったいない!と思っちゃうほどです。

巻物カレンダーのミニ版、巻物手帳。
これ、現在持ち歩いて使っています。
予定はすぐにその場で書き込みます。
今まで使用してきたA5サイズの手帳は、予定の確認の為家で再度記入。これは週単位で一月分見ることが出来る、ごくごく普通の手帳。
週としての感覚をここで再確認ですね。(時間、当日まであと何日・・・的な見方は巻物が一番)
後忘れないように細かな事柄をメモしたり・・・
手帳は手帳で役立てています。

大きな巻物カレンダーは、ちびぼんの予定表として使っています。
気になる予定・・・
今だったら卒業式のリハーサルまであと何日かすぐにわかるように、張り出しています。
(巻物なので、過ぎ去った日、そして未来の日も自由自在。巻いてしまえばいいのです)
次は卒業式当日ですね^^

これも見やすくて、こんなにも時間感覚が変だった・・・って、やっと自覚しました。

ほんのちょっとの事で、世の中と通じ合えた気がしちゃってる私ですwwwwww



「おめめどう」HP
詳しい説明や感想などが盛りだくさんです。とにかく使い心地が知りたい方はまずこちら。
「おめめどう」NETショップ
実際に購入する時はこちら。こちらもわかりやすいサイトです。



お子さんのために、色々なグッズを手作りされているお母さんお父さんもいらっしゃいますよね。
それをフリーでNETで配布してくださっていたり、安価で販売されていたり・・・
せっかく生み出された知恵は、何かの形で次の人へと繋いで行きたいですものね。



発達障害のある子とお母さん・先生のための思いっきり支援ツール―ポジティブにいこう! [単行本] / 武蔵 博文, 高畑 庄蔵 (著); エンパワメント研究所 (刊)
発達障害のある子とお母さん・先生のための思いっきり支援ツール―ポジティブにいこう! [単行本]...






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


今回思ったのは、心のそこから素直にヘルプが出来るのって、専門家や支援者・・・
つまり、血の繋がった身内ではなく、他人。

まあ遠くの親戚より近くの他人・・・に似た感じでしょうかね?

と言うよりも、何らかの仕事・・・経済として回る・・・と言うのが肝心なのかもしれません。

ただより恐いものはない・・・と言う事ですね^^
(身内にたのみごとなど恐くて絶対に出来ませんからね〜〜あはは)



他にはちょっとPRみたいになってしまいましたが(元気だったら他に紹介できるところなども探したりするのですが・・・)どうかご勘弁を。
実際に現在使用中で、とってもたすかっているので^^


それにしても、二次障害で気力も体力もなくなると、人間の能力ってどんどん落ちていくんだなあと・・・
自分のことを振り返ってみてつくづく・・・
やっぱり二次障害は恐いです。


ちびぼん、あと何日で卒業!と言うのを意識しだしてから、根性で学校へ行っております。
(あらかじめ決められた曜日のみですが)
なかなかやるなあと、誇らしい目で見ております、母はるぼんです^^

それではまた〜
拍手する
posted by はるぼん at 21:22 | TrackBack(0) | 発達障害について〜これが楽かも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

歯を食いしばって笑顔を作っていた・・・




忘れないうちに書いておこうと、久しぶりに連続更新です^^

昨日更新した記事に、前歯のマウスピースを作っていただいた。と書きましたが、そのおかげで、自分がいかに歯を食いしばって生活していたかがやっとこさ理解出来ました。

笑顔を作るのに、奥歯をかみしめて口角をあげていましたから・・・

だいたい表情を作らないといけないと言うのが、辛いですよね。まあ、社会に馴染む為に否が応でも取得したスキル。なんですけどね〜・・・

マウスピースをつけて眠るわけなのですが、奥歯がかみしめられないように作ってあるのです。
もちろん口の中違和感ありありで、少々辛いのですが、マウスピースをつけて眠ると、見事なまでに顎の痛みがなくなる!!!

口の中で、ちゃんとかみしめていないとだらけた表情になると思い込んで、鏡の前で一生懸命練習などをしてきたのですが、どれもみな、きちんと歯をかみ締めて練習していたのです。

かみ締められないと言う体感。マウスピースで得てから、少し表情の作り方に変化がありまして・・・
頬の筋肉だけで、口角をあげれば、何も思いっきりかみ締めなくても笑顔が作れることに気がついたのです!
もしかしたら、ごくごくふつうの事を書いているのかもしれませんが・・・
いい年をしてやっと気がついたこと。

歯を食いしばって口角を上げるというのは、そりゃ、顎の関節いためますよ。
眠るときだけではなく、起きている時から、歯をかみしめ続けていたら・・・私のように歯はボロボロ、顎の関節もいかれてしまう!

下顎はダランと力を抜いて・・・頬の筋肉だけを使って、口角を上手にあげる!
ちょっと練習してみましたが、とても楽^^
今までどうして気がつかなかったんだろう・・・と自分でも不思議。
こういうことが多いんですよね〜

もしかしたら、私と同じように歯を食いしばって、表情を作ってる方がいらしたらと、書きとめてみました。
ストレスかかると、自然に食いしばっちゃう事が多い私。。。

奥歯は健康の為にも大切ですから、自閉圏のみなさん、もし、ギュッとかみ締めて生活してらしたら、下顎をダランとさせた生活・・・一度おためしを〜〜





過去記事に、私なりの表情の作り方をまとめたものがあります。
どれも長文でダラダラ書いてますが、よかったらご覧になってください^^

「顔の表情声の表情を取得するには1」(2010年07月23日)
「顔の表情声の表情を取得するには2」(2010年07月27日)
「顔の表情声の表情を取得するには3」(2010年08月02日)




ブラキシズム歯ぎしり・咬みしめは危険 [大型本] / 牛島 隆, 栃原 秀紀, 永田 省蔵, 山口 英司 (著); 医歯薬出版 (刊)
ブラキシズム歯ぎしり・咬みしめは危険 [大型本] / 牛島 隆, 栃原 秀紀, 永田 省蔵, ...





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



お付き合いくださいましてありがとうございます^^
ダラダラ長文じゃなければ、更新できることに今気がつきました☆
相変わらずアホなはるぼんです。

それではまた〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 19:27 | TrackBack(0) | 発達障害について〜これが楽かも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

ASD者(自閉圏)の働き方の工夫。ちょっと力をセーブしてみませんか?




ようやく頭の中がまとまってきたと言うか、多少はマシになってきたと言うか・・・

先日アップしたダラダラと時系列で喋っただけのような記事、

「私にとってのハードスケジュール。」(2011年05月08日)


その中でいかに自分のエネルギーをセーブしつつ働くか。

ここをポイントに、今日は少し書いてみようと思います。




**********************************



ASD者(自閉圏)にとって働くという事は、一般の人が何ともないようなところから、工夫をしていかないと、長くは続かないと思う。

がむしゃらに根性だけで働いていたら、体が悲鳴を上げて倒れるか、心の状態がおかしくなるか・・・どちらにしても何年も同じ職場で働くという事が不可能になると思う。

とても環境に恵まれて・・・あるいは運が良くて、


@職場の人間関係が楽である(ようするにいじめなどがない。と言うレベル)

A自分の得意とする部分が少なからず仕事に活かせる職場である。

Bカミングアウトするしないに関わらず、ASD者の特徴的な部分をある程度認めてくれる(あの子は天然だから〜のレベルであっても)

C時間的に長く仕事をしなくてもすむ。つまり残業などがほとんどない。(アルバイトやパートなら十分可能なはず)



人関係と自分の肯定感と自分の凹んだ部分を出せるかどうか、
過敏ゆえか疲れ安い身体の為に決められた時間を守れるか。


このあたりが、長く努める事が出来るかの大きな境目になるんじゃないかと・・・

と言ってもこれは土台の部分で、あとは当事者本人の努力が必要。

努力といっても、ひたすらにがんばるとかではなくて、いかに楽に仕事をこなすかの努力。

これはもう自分自身の観察と工夫しかないだろうと思います。


二次障害が出ていない状態でなら、ある程度の無理がきくので、ついつい頑張ってしまう。
(二次障害があっても頑張りすぎてしまうASD者も多いようですが・・・)

頑張りすぎると、それが「ふつう」になり毎日それを要求されるようになる。

これは周りからも、そして自分自身でも無意識にそうしてしまう事があると思います。


それじゃあ、がんばることをやめたら?

と、両極端に考えてしまい安いのがASD者なのですが・・・(私の場合少なくてもそういう傾向大いにあり)


そこで、ちょっと待てよ。

と考えてみると・・・


まず環境の整理を自分でする。

いわゆる構造化ですね。

職場によっては、マニュアルでぎちぎちの所もあるかもしれませんが(それはそれできっと楽であろうと私は思っていますが)

大概の職場と言うのは、暗黙の了解と言う名の「空気」で仕事の内容もそのやり方も、決まっているような気がします。

これ、非常にわかりづらく、気がつくのはまだマシで、そんな存在に気がつかずにどんどん突っ走っていって、気がついたら倒れてる〜〜〜

なんて展開もありそう。

職場に限らず、人が多い場ではほとんどの場合、自然発生的にマイノリティにそった「空気」が存在しますから、それをちょっとでも意識するかしないかで、仕事が苦しくなるか楽になるか・・・

たとえば、その「空気」を意識しつつ完全無視!と言う方法もあります。
(小さな職場などでは、何となくそれが許される場合もあります。出すぎた杭状態ですね)

「空気」の中味はわからないけど、何かあるなあ〜程度で、回避できることも多いと思います。

職場って仕事だけではすまない、人と人の関係の上に成り立っている。と頭の片隅に置いておけば、わからぬまでも巻き込まれたりする事は少なくなるでしょう。


その上での工夫。


@まずは自分の体力を把握する。これは長期的、短期的両方の目で

A得意点、苦手な点を職場の業務内容に照らし合わせてしっかりと把握しておく

B仕事内容で、力を抜いていい部分を早めに把握する



自分の体の調子を毎日意識して、調子の悪い時は、無理をしない工夫が必要・・・
多少ずるさを感じるけど、こういった言葉が周りの人にきくと思う。

「頭痛がひどくて・・・」
「朝からお腹の調子が・・・」
女性なら「生理痛で・・・」
(私はこれ、自分の育ちの関係で、ものすごい嫌悪感・抵抗感があって使ったことありませんが・・・たとえ通勤前に点滴をうちにいっていても・・・)

*嘘や誤魔化しが苦手なASD者多いと思いますが、体調が悪いのは本当なのだから、報告する義務があるというくらいに考えるとよいかも。

これ、一言、言っておくか言っておかないかで、周りの目も全然かわってくるから不思議。


日々の調子の凸凹をいつも通りに調子にしようと頑張ると、お休みの日に寝込むことになりますので、そんな生活はあまりお薦めしたくないです。

調子の悪い時はちゃんと力を抜けるように、前もって工夫ですね。

上記の「一言」作戦よりももっとよい方法があるかと思います。


次は、仕事に対して肯定感をもつ為にも、自分の得意なこと得意な点を使える仕事を見つける。

既存の仕事内容から根性で見つける^^与えてもらうんじゃなくて、今あるものの中から見つけるのが大事。

この癖をつけておくと、どんな仕事内容でも何か一つくらい自分の凸ったところと合う仕事ってそこそこあるものなのですよ。


そして不得意な部分。

これのお陰で、苦しむASD者話を聞いていても、見ていても辛いです。

これは割り切るしかない部分もありますが、苦手な部分を懸命に取り組んでいくことで、何とかなっちゃう事もあります。

周りが空気を読んでくれて手助けしてくれるからです。

このときに意地を張ったりせずに、大いに助けてもらいましょう。
(これができるようになると本当に楽になります)

私の場合、20以上も年下のバイトさんに助けてもらっていますよw

ようするにヘルプが出せるかどうか、苦手な事をやるのは明らかなタイムロスであると周り(上司)が判断すれば、苦手な仕事は回ってこなくなるでしょう。

苦手でもないけど得意でも無い。この中間地点の仕事はそこそこあるわけで、そこのところを大切に丁寧にこなしていけば良いのです。

ポイントは自分の得意な事は手を抜いても、中の上の出来でOKにしておく。
自分の得意なことで力加減を調節すれば、よいのです。

得意な事だからといって、やりすぎてしまったりこだわりを持ってしまったりもあるかと思うのですが、そこはぐっと辛抱して、中の上の出来で止める。

そうすることで、過集中もまぬがれますし、一日の疲れが変わって来ると思うのです。



8時間勤務だったら、自分のリズムに合わせて、午前中は5割の力で働く。午後からは8割で働く。

と言うように、自分自身のコントロールを意識すると良いような気がしています。

これは、この年になって、そして二次障害やら何やかんだで、体調がボロボロになって気がついたことなんですけど・・・(もっと早く気がついていたら・・・)

ASD者って、基本とても真面目なんでしょうね、仕事で手を抜く=さぼる(仕事中に私事をする)くらいに思っちゃう人も多いでしょう。
私もそう思っていた節がかなりあります。

だから、疲れてしまって、お休みの日は寝て過ごす・・・

あるいは、同じ所に長く努められない・・・

などと言う結果が待っているんじゃないかと。


仕事は自分のエネルギー100%出さないとダメ!

仕事をなめたらあかんぜよ!


くらいにワーカーホリック時代は思っていましたし、実際にそう働いてきていました。

職種によって変わりますが、まずは一日と言う単位で見て、総合的に合格点が出せたらOKと言う考え、これでいいのだなあと。。。

朝から夕方まで、フルパワーで仕事をしていたら、そりゃ疲れますわ。

なまけるんじゃなくて、自分の力の配分を考えよう!結果が合格点だったらOK!


これなんですよね。

フルパワーで働いていると、時にはプッシュ〜〜っと止まってしまうことあります。(私はこれがそこそこ多い)
こんな時に、アクシデントやトラブルがあると頭が付いていかなくなりますし、たとえ数秒であっても、止まっている状態が多いと、それこそ、他者から見ると「なまけている」と思われてしまう。

これ、自分にとって損ですし、職場にとっても損。

フルパワーじゃなくて、6割から8割くらいの力で働いて、余力を残しておくと、アクシデントやトラブルにも対応できるんじゃないかなあと。



長々と書き連ねましたが・・・

ASD者って、常に全速力で働かないといけない。何ていう思い込みがあるのですよね・・・

これは、自分で勝手に作り上げたものなのか、そう育てられたからなのか、何となくの同調圧力なのか・・・

そのあたりはわかりませんけど、

自分のエネルギーをセーブしながら働く。このコツをつかむと、楽になるんじゃないかなあと・・・
私は思いました。

今まで色々な仕事をしてきましたが、(基本何故か長く一箇所で働かせてもらっています)

どの仕事もやめる原因は体を壊して・・・というもので、職場にも迷惑かけるし、自分も辛いし、根性なしの自分を許せなかったりして、そうやって二次障害をひどくしていく・・・

と言うパターンでしたから。

体壊したり二次障害を起こしたりするより、楽に楽しく働く事を目指した方が、よかったなあ〜〜〜と。

今頃になってしみじみと過去を思い出しております。。。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村




最後までお読み下さってありがとうございます^^

上手に仕事や社会と関わる・・・って、それだけでエネルギーが必要。

仕事も省エネで、効率よく〜〜なんて事を書いちゃったようですね。

でも自分の体がいちばん大切ですから。。。


それではまた〜








拍手する
posted by はるぼん at 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害について〜これが楽かも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

なまけもののススメ(炊事偏)




今日はわが家の「家事」を紹介しようかと思います。

いかに日々なまけるか・・・それだけを考えて生活をしている私。

毎日きちんと家事をされている方から見たら、信じられないようななまけ方だとは思いますが・・・

この際、恥ずかしいと言う思いもかなぐり捨てて、私のなまけもの具合をご披露させていただきます!


実はね、ツイッターの会話で「家事の手の抜き方の極意伝授して下さいよ。」と言う問いかけを受けまして、そうか、手の抜き方って、自閉圏の人には難しいかも・・・と気づきまして、書こうと決心したのです☆



1・なまけものの買い物の仕方。

毎日買い物に行くではなく、週に多くて3回までと決めておく。出来れば週一に出来ると完璧。
 

毎日買い物に行かないことで、体力が温存される。
(車を利用している方なら可能かも。私は徒歩+ガラガラカートなので週一体力面で難しい)
よけいなものが目に付かないので(その確率が減るので)家計にもよい

広告などの情報を頭に入れない。

お安く購入しようと徹底的に比較しても、食品の場合そんなに目玉が飛び出るほと金額が違う事はない。広告を見ると言う事で脳を疲れさせる事はしない。

買い物する場所は出来るだけ小さなスーパーを選ぶ。

これは目的買いがしやすいことと、目玉商品の陳列が大概決まっていてそこに目を向ければその日のお得な商品がわかる。
また、小さめのスーパーは、店内放送がうるさくない所が多い(ような気がする)
大きなスーパーは、照明の明かりで商品をチカチカ照らしている所が多いので、目が痛くなるから出来るだけ避ける。


買い物リストは作らない。

冷蔵庫になくなりそうなものを記入できるメモを貼っておく。
それをそのまま持って買い物をする。
あとはその日の目玉の商品で2〜3日分の食材を買い足す。
肉2種魚1種のわりで購入する事が多い(わが家の場合)
お野菜だけは新鮮なうちに使わねばならないものは、1種類にとどめ、あとは数日持つ野菜で料理をする。
(なんとかなる)



2・なまけものの料理方法



ワンプレート式か丼物をこよなく愛する事

買い物に行った日には、すぐ使わねばならない野菜をメインにして、メニューを考える。
頭が回らない時は、おひたしにすればいい。
メインの蛋白源料理を作って、大皿に盛り、その飾り的に後2品あったら完璧じゃ!
疲れている時は汁物はインスタントでも可に、頭の中を変換しておく。
元気な時は汁物も作ればいい。

二日め三日目になると新鮮野菜じゃなくなるので、丼物が大活躍!
豚でも牛でも鶏肉でも味付けさえ変えていけば・・・
(鳥のトマト煮丼も美味しいよ^^)
あきられる事はめったにない。

もっとしんどい時は、鍋物!
これは、冬限定だけど、こんな楽なものはない。
冷蔵庫のいらないものを全部使おう闇鍋。的なものでも、美味しいのだ!



3・なまけものの後片付け


食器は溜める。

一日一回しっかり洗って片付ける。

夕食後でもいいし、朝余裕のある時でもいいし、その日の予定にあわせてやる。

これは、汚れ物を見るとストレスを感じる人にはお勧めできませんが、洗物を溜めるようになって本当に家事が楽になった。
さっとすすいでシンクの中につけておくだけで良いのだから。

お茶碗1つ、カップ一つ、使ったらすぐに洗うと言う方法もあるが、それさえ面倒な時は、一気に溜め込んで自分を追い詰める。
意外と大量の洗い物をするって、ストレス発散が出来て楽しい(私の場合ですけど^^;)




**********************************************



こんな感じでしょうか?

大量の食器を洗っている間に、出汁をとっておいたり、麦茶を沸かしたり・・・単純な事を同時進行可能ならば、もっと楽になるような気もします。

家事は完璧にこなそうと思うときりがありませんから、自分の体調に合わせてできるだけなまける!

なまけものバンザイ!

と叫んだり歌ったりしながら家事するのも楽しいですよ^^


現在、どうしてもしんどいときなどはちびぼんが料理を作ってくれるので更に私のなまけもの度がアップしています!

彼が調理したあとはキッチン周りとんでもない状態になっていますので、片付けを教えつつ・・・一緒に荒いものも出来たりして、楽しいです。

家に常備しておく簡単素材も工夫してバンバン使えるといいですよ。

レトルト・冷凍食品。

冷凍食品などは、もちろん自分で作るよりも高めですが、自分の体調と計算したら多少高くついても冷凍食品などお助け素材を使って調理した方が、医療費などを考えたらずっとお得なはずです。

なまける事に罪悪感を感じますよね。

私も感じていましたが・・・

ある日、倒れて仕事も行けなくなったり、医療費がたくさんかかるとどれだけの損失かと考え、家事はなまける事にしました。
元気なときに、しっかり作ればいい^^

と言う感じですかねえ〜〜

これでも私、料理は好きで、キッチン周りが大事なマイスペースなんですけどね。。。


好評の「フライパン一つでできる」レシピを集めました。 (ORANGE PAGE BOOKS 創刊25周年記念BESTムック v) [大型本] / オレンジページ (刊)
好評の「フライパン一つでできる」レシピを集めました。 (ORANGE PAGE BOOKS 創...

こういった楽チンレシピとか・・・

炊飯器でラクラクおかず―スイッチポンで、あとはおまかせ! [単行本] / 村田 裕子 (著); 永岡書店 (刊)
炊飯器でラクラクおかず―スイッチポンで、あとはおまかせ! [単行本] / 村田 裕子 (著);...
炊飯器を利用すると料理の楽チンさもアップしますよ〜

ちなみに昨日の夕食は、炊飯器でキチンライスを作り、帰宅後に卵を焼いてサラダを作っておしまい^^
15分料理で完成でした^^






☆参加しているブログランキングです☆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます〜

なまけものにも程がある・・・とは思いますが、
自分の体調に合わせて楽をして調理する、片付けをする。と言うのは良いこととだと思うんです。

お惣菜を買ってきても、いいじゃないですか。
盛り付けをちょっと工夫したりするだけで楽しくいただけますし^^

なんて、自分のなまけものを無理やり肯定しているんですけど〜〜〜w



あ、コメントのお返事が遅れています!
ほんとにごめんなさい〜〜

今日の夜か明日・・・!

インフルちゃんが流行りだしていますね。
どなた様もお体心ともにご自愛くださいね。

それではまた。
 
拍手する
posted by はるぼん at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害について〜これが楽かも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

怒りと言う感情をどう変換するか。4




「怒りについて」今日は書こうと思います。

もう何度か書いていますが、何故か書かずにはいられない。

自分の中で、すっきりしないものがあるんでしょうね。



*過去記事
「怒りと言う感情をどう変換するか。」(2010年03月06日)
「怒りと言う感情をどう変換するか。2」(2010年03月08日)
「怒りと言う感情をどう変換するか。3」(2010年10月21日)



ちびぼんも独特の怒り方をします。

ぽんと飛び出て、しばらく続き、おさまる。

その間彼の脳内で、色々な葛藤があるのでしょうが、詳しい事は口に出してくれません。

*過去記事「人生なんてこんなもん♪」(2011年01月27日)



今現在の彼の怒りの静め方は、上記にリンクした「人生なんてこんなもん♪」のようです。

諦めとも取れますが、自分のこだわりに気がついてそれを少しだけギャグっているのではないかなあと思ってみていますが。

この静め方、私にもむいているので時々使わせてもらっています。


先に紹介した過去記事にも幾度も書いていますが、【怒り】のエネルギーはものすごい!自身をも傷つけてしまう。周りにいる人たちもそれに巻き込まれたら無傷ではいられない・・・

芸術や何か他の事に昇華できる人、本の少数かもしれませんが少しうらやましいし、真似したくない。
その昇華までの間、自分の怒りと真剣に向き合って対峙していかなければならないのですから・・・

一般発達障害者は真似したら大変なことになりそう〜〜

(だから私、芸術方面に秀でている人とかに憧れを持つんだろうな〜)





さてと、じゃあ一般自閉圏の人間としてどうすればよいのか・・・

一番最初にとる行動は、クスリ、頓服を飲む。ですね。

私はリスパダール液を頓服にいただいているので、即効性があって、何とか落ち着けます。
(怒ることもそんなの多くはなくなってきたし、怒りの地雷原も理解しているので心積もりや準備ができるし)


*お薬は効果があるものだという自分自身への思いこみも大切だと思うのです。実際に効果があるものをお医者様は処方してくださるわけだし、初めての処方してもらった時には多少の疑いや様子見は必要ですけど一度でも効いた!と思ったらそのクスリを信じることって大切じゃないかなあと。何が書きたいかと言うと一種の信頼感の中にプラセボ効果も入ってより効き目がすんなり現れると思うのです。
(変てこな理屈ですが・・・私はそう思います)




怒りの感情って、恐怖がバックヤードに控えていて、だから少々厄介なのですが・・・

お薬や、深呼吸(これも馬鹿にせずにやってみるとちょっとは効果があるような気がします)で少し落ち着いたら次の怒りの波が来る前に・・・


紙に書く!



怒りの対象に向かってでもいいし、自分自身に書いてもいい。

文字だけでなく落書き程度の絵など入れて・・・

思いっきり書く!


その内に怒りの原因が、恐いながらもハッキリしてくる・・・

ここまで行けば、一息つけますね。

原因がほんわかでも見えてきたら、あとはどう対処すれば一番効果的か。

これから先は自閉圏の人お得意の方が多いのではないでしょうか・・・?

分析して、計算して、自分が一番スッキリする方法をいくつか考えればいいだけ。



原因が見えるレベルまで行き着かなかったとしても、紙に書いてそれを見るということで、もしかしたら怒りが増幅してしまうかもしれませんが、他の行為。。。

他者を巻き込む・・・・という事は避けられると思います。

何よりも、自身の精神状態がよくないときには大事な事は決めてはいけない

ここまで行きつかなくて済むと思うのです。



私もよくやっちゃいましたよ、怒りのエネルギーに乗っかって、仕事をその場で辞めて帰ってきたこともあります。

怒りを我慢しすぎて、暴力を振るったこともあります。(妹ぶん殴った〜〜〜心は晴ればれですけど、周りの人には申し訳なかった)

今でもよくやるのが、対自動車。。。

その内に轢かれてとんでもない事になるんじゃないかなあと思っていますが、自動車と戦います!

道をゆずれ・・・ですね^^

大概負けますけど。

今はやらないように心がけていますが、ボンネット叩いたり、警察に通報(もちろん相手にされるレベルではないです、警察にとってはただの迷惑電話)したりしていました(あはは・・・



【怒り】に支配されてしまうと、台風のような感情の嵐になりますから・・・

じっとそれが過ぎるのを待つ。

と言うのも一つの方法でしょう。

怒りの感情が渦巻いている間は、それを外側に向かわないように癖をつけた方が良いと思うのです。
取り返しのつかないことにもなりかねませんから。

ですが、うちに向かいすぎて、すべてが自分のせいだ!

と言う極端な考えになってしまうと、恐怖が広がって結果よろしくない。

怒りの感情はじわじわ、長い目でゆっくり対応していくという方法もあるなあと・・・

とにかくまずは怒りを静めて冷静になること。

これが一番ですけどね・・・



ん〜〜〜〜。

結局、参考になるようなアイデア思いつかないままですが。。。

色々試行錯誤していって、自分の怒りと上手に付き合う方法を、自閉圏の人は学んでいくんじゃないかなあと思います。

私が車に対して非常に怒りをあらわにするのも、その他の怒りの代替かもしれません。



まとまらないまま、終わりにします。

何かいいアイデアなどありましたら…

自分はこんな方法で抑えているよ。などありましたら、ぜひ教えてくださいませ。


よろしくお願い致します。




☆参加しているブログランキングです☆



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



最後までお付き合いくださいましてありがとうございます☆

【怒り】の対処方法・・・ぜひ教えてくださいませ。
コメントでも拍手ボタンでもメールフォームでもなんでもOKですから^^

少し真剣に取り組んでみたいと思っています。
(いつのもごとく、ゆっくりですけど・・・)


^^今日は「毎日かあさん」を観に行きます〜〜〜

それではまた〜〜






拍手する
posted by はるぼん at 11:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | 発達障害について〜これが楽かも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。