PAGE TOP

2010年03月31日

ちはやふる〜百人一首




四年生の三学期、ちびぼんたちは百人一首を少しだけ習ったようだ。
来年度5年生に本格的に習うらしい・・・。

まずは百人一首に気軽に慣れてもらう・・・
という事で、毎日少しずつ、読みだけ習ったようです。

音読の宿題として、1月くらい続いたかな〜〜〜?

そのころ、ちびぼんは、あまり調子がよくなくて宿題はパス!
と言う感じだったのですが、夜眠る前の、私の朗読に百人一首を詠んでみました。

歌の説明なども交えて・・・

なかなか興味を惹かれたらしく、しばらく続きましたね〜〜



ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

  • 作者: 末次 由紀
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/05/13
  • メディア: コミック




この講談社隔週で発行されている「BE・LOVE」で連載されているのですが・・・
(ちょうど晴れときどきアスペルガーが連載されていたころ、連載が始まって少し足ったくらいじゃないかな〜〜〜?)

いや〜、主婦用のマンガ雑誌じゃなくて、少女期の子どもたちにも読んでもらいたいようなコミックですね。

主人公が小学校からお話は、はじまるし・・・

などと私などが訴えなくても、このコミック去年度のマンガ大賞と、今年度の「このマンガがすごい!」オンナ編1位を受賞していますからね〜〜超メジャーマンガ。。。ですね♪




私が百人一首が好き♪

と言うだけでご紹介したのでなく、このコミックの主人公・・・
耳がいいんです。
かるたの詠まれる「音」が敏感に分かる。

他の登場人物たちも、場に置かれた札を視覚で記憶する能力・・・
がすごかったり。。。

まあ、別にそのあたりを強調したコミックでは全然ないんですが。
なんだか、こういった凸凹と言われている能力って、色んな発揮場所があるんだな〜〜〜なんて思って読んでおります。

コミック誌らしく、恋愛ごともありそうなのですが・・・
主人公にその気がない?
感じない?
かるたに夢中?
で、その展開はなかなか進みそうもありませんが・・・^^

百人一首好きの私としては、このコミックを読んでいると歌が詠まれている音が聴こえてきて、心地よいんですよね〜〜〜

初めて、百人一首が競技である事を知った時はビックリしましたが、(確か小学校のころ・・・)
ああいう競技は特別の人・・・のものだ。と何故か思いこんでいました。
(やんごとなき方々がお正月に詠まれる歌のように・・・)

私の頭の中では蹴鞠と同じ時代に位置されてしまっていたのですね〜〜


そうそう、このかるた競技・・・意識していないとTV放映など見ることも出来ず・・・
はるかな昔に見た、そのときの映像だけが私のイメージ。。。

その時に聞いた、歌の詠み方だけは、張り付いたイメージがあるので、百人一首の授業は、楽しかったな〜〜〜
それはそれは上手に読めましたから。
(中学生にしては・・・ですよ)


大人になってからも、百人一首の本があるとついつい購入したくなったり・・・
でもたいてい値段が高いので・・・そのまま棚へもどして〜〜〜

が続いていたのですが、書店づとめをしていて、こんなすごい本を見つけたのです!



百人一首 (マールカラー文庫)

百人一首 (マールカラー文庫)

  • 作者: マール社編集部
  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 1994/11
  • メディア: 文庫




これ文庫本なのですが、中味もしっかりしていておすすめです〜〜〜
(何と、306円!)

ちびぼんにもこの本で百人一首を詠んであげました。


ちはやふる。


実は勤務先のバイトさんからお借りして読んでいるのですが、読んでよかったな〜〜〜
貸してくれて本当にありがたい!

自分用の本代って、捻出するのがちょっと苦しいんですよね。
ちびぼんが好きな本がどんどん増えていって・・・
ほとんどがコミックなんですが、それでも、本代をケチるのは子どもによくないと思ってて。

興味を引かれたものを自分の肥やしにする。
そこから次の興味へと繋がる。

やっと、色々な刺激に対応できるくらいエネルギーがたまってきた感じ。


ちはやふるの主人公たちも、いろいろな悩みなどを抱えながら、かるたにむかってアツイ情熱を!
って、なんか、少年ジャンプのような「友情、努力、勝利」の展開なんですけど〜〜〜〜^^
このアツサが、たまらなく面白いです!

元気が出ますよ〜〜〜

百人一首のお好きな方ならたまらないと思います〜〜〜




*参考サイト*
講談社プラス・BE・LOVE
全日本かるた協会
かるたネットワーク





☆参加しているランキングバナーです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


お読みくださいましてありがとうございました。




昨日少し書きました、ブログデザインの変更ですが・・・
こんな感じになると思います。
何よりも自分がビックリしないように・・・心構えを〜〜〜
変化に弱いですからね・・・(あはは。


blogseep01.jpg
(クリックで大きくなります)
拍手する
posted by はるぼん at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り〜コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

コミックを買って元気になろう!





昨夜は右腕の筋肉痛で、がっしり氷シートと、ロキソニンとお世話になって、(+いつもの眠剤〜)眠る事が出来ました。

中途覚醒もなんのその・・・
ひたすら、氷シートを交換して、眠りましたよ。。。

朝、おきなければならない時間になったとき・・・

右手を開いたり閉じたり・・・ギュッパ!を何度かして見ました。

おお!痛くないぞ〜〜^これなら何とか仕事に行っても大丈夫!


あちこち痛いけど、手のひらと手首さえ動けばそれなりに仕事は出来るので、少々ふんばりました〜〜〜


まあ、今日の雑誌類の多さにはカンベンしてくれ〜〜〜と、めまいがしましたが、いっしょに入っているスタッフの子がガンガン仕事をしてくれて大変助かりました。

ありがたやありがたや〜〜〜〜


まあ、正直言いまして・・・
普段よりも私の作業時間がかかって迷惑かけちゃったんですけどね〜〜

あまりに悲惨な表情の私をみて、だいぶ助けてくれたんですよ。
もうボロボロでしたからね・・・

でも途中で倒れることなく、無事修了〜〜〜〜〜〜


そしてね、コミックスの新刊を3冊購入してニコニコで帰ることが出来ました!



FAIRY TAIL(20) (少年マガジンKC)

FAIRY TAIL(20) (少年マガジンKC)

  • 作者: 真島 ヒロ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/03/17
  • メディア: コミック




ペンギンの問題 初回限定版 映画DVDつき 8 絶対合格ベッカム!編 (プラスアン・コミックス)

ペンギンの問題 初回限定版 映画DVDつき 8 絶対合格ベッカム!編 (プラスアン・コミックス)

  • 作者: 永井 ゆうじ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/03/19
  • メディア: コミック




この二冊は、ちびぼんが楽しみにしているコミックス。
両方ともアニメから入ったのですが、もう夢中ですね〜〜〜
不条理ギャグマンガと、ドラゴンもの・・・。
ちびぼんの大切な世界の一つ。

「ペンギンの問題」は、特別版を買うことが出来ました。
映画にもなったアニメのDVD付♪
すっごく喜んでいましたね〜〜〜〜

三冊目は・・・

ちびぼんがコミックスを読むきっかけになった、「金色のガッシュ」この作者、雷句誠先生の新しい連載作品。

連載当初は、雑誌を購入して毎月楽しみに読んでいましたが、母親の私が途中でギブアップ。
コミックスだけで読もうと、ちびぼんと約束をしていたのでした。


どうぶつの国(1) (少年マガジンKC)

どうぶつの国(1) (少年マガジンKC)

  • 作者: 雷句 誠
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/03/17
  • メディア: コミック




このコミック・・・
かわいらしいどうぶつたちが出てきたり自然の中の環境・・・弱肉強食・・・しっかりと描かれていたり・・・
ちびぼんの心にもしっかりとしっかりと、生きる事の重要さを語ってくれているようなのです。

先が楽しみなコミックス。

雷句先生のマンガは、エネルギッシュで好きです。
押し付けがましくないし、信じる心や仲間を思う心や・・・
なかなか、重要なテーマを挑戦していてくれて・・・

読んでいると心が元気になります。

以前記事にもしたのですが・・・
漫画と言う文化・・・

コマとコマの間の意味を読み取る。
登場人物たちの心が、分かりやすく描かれている。(もちろん作品によって違いますけど・・・)

発達障害児の人とのお付き合いに助けになるような気がするんですよね〜〜

へ〜〜こんな風に考えるんだ。とか、この子はどうしてなきそうな顔になってるんだろうとか・・・

面白い作品ほどどんどん登場人物の心理を知りたくなるでしょ?
そして、自分で考えたり、先を読んだりするでしょ?

マンガとか苦手じゃない子ならば、是非是非たくさんの作品を読んでもらいたいな〜〜^^と思います。
(もちろん親が先に読まなきゃダメですよ〜〜〜ブラックな子供向けの作品もありますから・・・)

絵本の次はマンガ・・・その次に小説などにはいっていったら良いと思うんですよ。

まあ、これはわが家の方法ですけどね〜〜
わが家の場合、これにプラスして、漢字の勉強にもなっていますから〜〜^^
子ども向けのコミックスって、全部フリがなついてるから、学校で習う習わないに関わらず、たくさんの漢字を読める用になります。
ちびぼん、漢字3年生レベルですが・・・
読みだけは大人並・・・!


今日は身体はとってもしんどいけど・・・
ちびぼんのうれしそうな顔が見れて、なんだか幸せです〜〜〜

昨日の反省で、今後、同じようなことがあったらどうするか・・・
そのあたりの心構えも出来ましたし。。。

今日も早めに眠って、ゆっくりさせてもらいます〜

うん。なんだか元気です!

元気が出るコミックスはやっぱりいいな〜〜〜〜




*過去記事*
漫画本のススメ(2008年09月27日)

*参考*
雷句誠先生のブログ「雷句誠の今日このごろ。」




☆参加しているにほんブログ村のランキングバナーです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


ついつい雷句先生のブログ、読みふけってしまいました〜〜〜(あはは。
ちびぼんに声かけてもらわなかったら、まだぼ〜〜〜っと読んでたかも・・・
最近、ちびぼんの方が、色々な面でちゃんとしているな〜〜〜

お読みくださいましてありがとうございます〜〜〜





拍手する
posted by はるぼん at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り〜コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

雷句誠先生はすごいな〜〜




今日の記事は昨日の「〇肉〇食」の裏記事です。(大袈裟な表現だ・・・)

あんまり感動したので、どうやって記事にするか悩んでいたのです。

なんと言っても漫画ですから〜
しかも、さらりとギャグしてても内容は濃い。

レビューと言うかたちに書くには、私の文章力が無さすぎ〜〜
あらすじならとも書くオチまで書いてしまいそうなので、ここはじっと我慢。。。



雷句誠先生の作品といえば、ちびぼんが幼い頃から大好きな、

金色のガッシュ!! 33 (少年サンデーコミックス)

金色のガッシュ!! 33 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 雷句 誠
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: コミック




全33巻のこのコミックを彼は何回読んだ事でしょう・・・。

魔物の子どもと本の持ち主となった人間と、が共に成長し、様々な同じ立場の者たちと戦いながら、仲間、友だち、そんな少年漫画っぽいでも大切な物をつかみながら戦っていく・・・
主人公のかわいらしさと、もう一人の主人公人間のパートナーがどんどんステキに成長していく様を見ているだけでいい気分にさせられた。


この雷句先生が、出版社とのトラブルでしばらくの間執筆されなかったのだが、この秋から、連続して5誌(3社)に作品を発表!

どの作品も心がズンと来る子どもに読ませたくなってしまう作品ばかり。。。
ちびぼんも全部の作品を大切にしっかりと読みました。

その中の一つが別冊マガジンと言う講談社から出た新漫画雑誌に、連載されている「どうぶつの国」
(ついつい「どうぶつの森」といってしまい何度ちびぼんに怒られたことでしょう〜〜〜)


子捨て・・・と言う衝撃的なシーンから始まるこの漫画は、雄大な大自然の中に捨てられた赤ん坊と共に読者共々放り込まれていきます。

まさに弱肉強食の世界で、弱き者たちが力をあわせて、工夫していく様。
そして・・・
一緒にこの世界にやってきた、赤ん坊の存在・・・
これからどう展開していくかとても楽しみなのですが、「心と心をつなぐ」・・・
言葉という手段で阻まれたものたちを繋ぐ存在・・・

毎月の発売を楽しみにしています。



この他の4作品も・・・

子ども時代の夢をワクワクした感覚を友人と言う大切な存在から思い出し、自分の今に希望を失わず、生きていく姿。(アオソラ)

言葉と言葉の中にある間の部分・・・
大切なのは言葉そのものじゃなくてそれに込める心なんだ!
すごいホラーで恐かったけ熱い気持ちが伝わってくる作品。(Class Room)

たの作品に比べ対照が大人向きのコミック誌なので、主人公は何を屋ってもダメちゃんのOLが主人公。
オフロードバイクを初体験して、自然を体感する事、体中で体感して受け入れるエネルギー・・・
さわやかに描かれていました〜(おやじゅ〜ライダー)

「どうぶつの国」のエピソード0(ゼロ)として描かれた作品は、涙なしじゃ読めなかった。
身体弱きものが生きる為には強きものにしたがわねばならない・・・
それを覆してまでも自分の心を守った、弱き猫・・・
メロディという一つのしあわせを強き猫に残して・・・・・


雷句先生の作品、全部読んでいるわけではないけれど、とってもアツクて、心がずんずんと来る。

繋がろう手を差し伸べよう勇気を持って・・・・
自分に嘘をつかず、自然に生きよう・・・
弱者は弱者で出来る事がある。


どの作品も勇気をもらう事が出来ました。

いつの日か、コミック化されると思うけど・・・講談社でない、発表作品はどうなるのかな???

漫画雑誌・・・大事にとっておこうと思うはるぼんとちびぼんでした〜〜〜






☆参加しているブログランキングです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


お読みいただきましてありがとうございます!
相変わらず、ちびぼんとゆったりとしています〜
拍手する
posted by はるぼん at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り〜コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月09日

母子で夢中!雷句誠先生〜どうぶつの国サイコー☆




昨日は、ヘロヘロ状態になって、マンガも読めずにちびぼんの面倒も見ずに寝てしまった私・・・。

そのツケが、朝に待っていましたが、その事はまた次回に書くとして、今日は、懲りずに雷句先生の新連載のお話を〜〜〜〜!!!!!!


別冊少年マガジン!新本格ファンタジーとキャッチがありますね〜
作家のみなさんもなかなかのお人がそろっています。

と言っても、まだ私、雷句先生の作品しか読んでいないんですが・・・あはは。

別冊少年マガジン(講談社コミックプラス)
『別マガ』班長は今日も困っている。(編集者・班長?さんのblogです面白いです!)


雷句先生の新連載。ビックリしました!
ものすごく惹きつけられました!

すごいエネルギーの固まりです!
力強い何かを感じます!

ああ、少年誌にこんなすごいお話を載せてくれてありがとうございます!
と叫びたくなるくらい!!


”どうぶつしか、いない国にたったひとり流れ着いた人間の赤ちゃんの物語”


きもかわ・・・と表現するのがピッタリのたぬきさんたちが登場します。

そして、笑う事しかできなくなっている赤ちゃんが登場します。

『このお話は、子育てのお話』

生きる事の厳しさや尊さや・・・
こころ・・・

まだ第1回だと言うのに、ビンビン伝わってきます!

今日発売の週刊少年マガジンに、このお話のエピソード0としての短編が載っています。

この短編でも、号泣〜〜〜〜〜〜(母子で立ち読み・・・恥)

本編は、もちろん涙と、ついほほえましくて笑ってしまう部分と・・・
苦しいくらいの、感情・・・・に襲われます。

ちびぼんは、完全に夢中・・・!

私もかなり入れ込んでしまいました!!

ハガレンのためにあの分厚い雑誌をうれしそうに抱えて変える人たちの気持ちが少しわかるようになりました。

私もこれから毎月9日には、別冊少年マガジンをうれしそうに抱えて帰ることとなるでしょう〜〜〜〜〜
(ハガレンが載っている雑誌より薄いから持ちやすいです^^)


ううう・・・

漫画って良いな〜〜〜〜


色々な人にお勧めしたい漫画です。
立ち読みで良いから〜手にとって見てください。

もし、震えが来たら・・・380円です。買って帰ってください。

ちびぼんもうすでに10回くらい読み込んでいます。

私も3回読みました。

何度も何度も読みたくなるのです。。。。。


なんか、手放しでほめていますが・・・!

ブルブル震えるくらい良いのです!!


あ、そうだ。

雷句先生の漫画のほかに最後のページについている、「詩」も読みました。
これもよかったです。
イラストが大好きな萩尾望都先生だったから、活字を追ってみたのですが・・・

なんともいえない、感覚がわいてきました。

この雑誌。

良いです。

最近創刊した少年漫画雑誌・・・

集英社のジャンプスクエアくらいしか成功していないけれど・・・

この、講談社の「別冊少年マガジン」かなり良いと思います。

書店員としての勘でも、一読者としてもそう思います。

(新刊の雑誌で、予約が入る雑誌はたいがい成功しますね〜〜別冊少年マガジンも、予約が入ってましたからね。。。)


あああ、続きが気になる!


雷句先生!復活してくださって本当にありがとうございます!

そして、あのすごい漫画を書いてくださって、はるぼん母子・・・
ものすごく感激しております!!!!


先の記事にも書きましたが、大袈裟でもなんでもない。

今この瞬間に生きてて良かった〜〜〜〜と、思ってしまいます。



多くの少年たちに、じっくりと読んでもらいたい。
多くの人たちに、じっくりと読んでもらいたい。

そんなお話です!

講談社さん、ありがとうございます〜〜〜〜〜〜


昨夜はヘロヘロでしたが、今日は別冊少年マガジンと週刊少年マガジンのお陰で・・・
ちょっとハイテンション!


今日一日にあった出来事は、明日まとめて記事にします〜〜

少し考えさせられる事がありました。




☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございました!

ハイになっててすみません〜〜〜〜!




拍手する
posted by はるぼん at 22:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り〜コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

雷句誠先生、久々の作品「アオソラ」よかった〜〜〜〜




人間やってて良かったな〜〜

と思う瞬間。


私とちびぼんの思いが通じました!!!!!


雷句誠先生の新作が、とうとう発表されました〜〜〜〜〜〜!
しかも、5誌連続発表ですって!



雷句誠、5誌を股に掛けて怒濤の新作ラッシュ


「金色のガッシュ!!」の雷句誠による新作が、月刊少年マガジン(講談社)を皮切りに、週刊少年マガジン、別冊少年マガジン(ともに講談社)、ヤングキングアワーズ(少年画報社)、ジャンプスクエア(集英社)と立て続けに掲載される。

まずは9月6日発売の月刊少年マガジン10月号の「アオソラ」からスタート。その後9月9日発売の週刊少年マガジン41号に「どうぶつの国〜エピソード0〜」を掲載し、同じく9月9日発売の講談社の新雑誌、別冊少年マガジン創刊号から新連載「どうぶつの国」を開始する。

さらに「おやじゅ〜ライダー」が9月30日発売のヤングキングアワーズ11月号に掲載され、10月4日に発売されるジャンプスクエア11月号に読み切り「Class Room」を執筆するとのこと。

「金色のガッシュ!!」終了後、その動向が話題となっていた雷句。この怒濤の新作ラッシュでさらなる注目が集まることは間違いない。

コミックナタリーより引用させていただきました



雷句先生との出会いは、やっぱり「金色のガシュベル」から・・・
TVと言うよりもレンタルビデオでの出会いでした。
何と、このブログはじめた頃、ちびぼんの買ったお菓子にも登場しています。
金色のガッシュベル!!ウェファーチョコ(2005年09月01日)過去記事です。
毎週見ていましたね〜(ビデオ)

だから、つい、「金色のガシュベル」と書いてしまうのですが・・・
漫画のタイトルは「金色のガッシュ」が本当です。

去年の夏、ちびぼんと二人で貪るように、読みました!
大好きになって、何度も何度も読みました!

こんなに好きになった漫画は、「ドラゴンボール」以外には初めてだったかな?


それから、
雷句先生と小学館とのトラブルも知りました。

もう、雷句先生のマンガが読めない可能性もあるかも〜〜〜〜
なんて、悲観的に考えていたのは・・・(わたしひとり)

ちびぼんは、ずっと願っていました。

そして、ここ最近。

ちびぼんと私の中で、ガッシュ熱が再発!

昨日など、現実逃避したい私と、ちびぼん二人でガッシュのアニメを見ながら・・・大泣き!
(youtube・・・)

楽しいシーンは大笑い。
登場人物みんなに魅力があって、グイグイ引きこまれる。

人のやさしさや強さ、友情、なんか、言葉にしてしまうと、薄く感じてしまうのですが・・・
ズゴンズゴンあっつく感じられる!

発達障害児が発達障害者が、人の心がわからない・・・
なんてこと、絶対にないと確信するくらい、ちびぼんも私も夢中になっていました!

だって、とっても熱くて、すごくやさしいのだもの!

喜怒哀楽・・・

すべての感情が感じられる。

それも、嫌な部分じゃなくて、人間っていいな〜〜
人と人の繋がりっていいな〜〜〜って思わせるの・・・



ちびぼんと、早く雷句先生の新しい漫画読みたいね〜〜〜〜
と、二人で話題にしていた所だったのです!





雷句先生の新作第一号。

アオソラ


実はこっそり、読んできました。
(立ち読みか〜〜〜〜〜〜!)
一応職場の書店で購入しようと思って・・・





と、感じました。

心が



と、なりました。

いい作品です。

サミシイ心や傷ついた心にも、きっと何かをうったえてくれます。

雷句先生・・・

やっぱりすごいや〜〜〜



掲載雑誌は、月刊少年マガジン。トップページでのっていました!
*正式発売日は9月5日なので、地域によってはまだ読めないところもありますね。



ちびぼんにも、このお話・・・
買って、読ませてあげたいと思っています。



ぐうんと落ち込んでいた気持ちが、きらりと上向きになってきました。

すっごくうれしかった!

雷句先生ありがとうございます〜〜〜!!!


雷句誠の今日このごろ。(雷句先生のブログです)




☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございました。
いきなり気持ちが浮上している、はるぼん&ちびぼんでした〜〜〜♪
拍手する
posted by はるぼん at 21:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | お気に入り〜コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。