発達障害のいま

杉山登志郎先生の新しいご本。 発達障害のいま / 杉山 登志郎 (著); 講談社 (刊) 今年の7月に講談社現代新書から発行されたご本です。 この本は発達障害の子どもたち / 杉山 登志郎 (著); 講談社 (刊) の第二段のようですね。 「発達障害の子どもたち」と同年に発行された、 子ども虐待という第四の発達障害 (学研のヒューマンケアブック…

続きを読む

「親子アスペルガー・ちょっと脳のタイプが違います」おすすめ本☆

久しぶりに本の紹介です。 書く書くと言って、やっとですね^^ 今日紹介したいのは、今年の春3月に出版された、親子でアスペルガーの本。 もう色々な方がレビューなど書かれていて今更~かもしれませんが、私なりの感想をまとめさせていただきます。 親子アスペルガー―ちょっと脳のタイプが違います [単行本] / 兼田 絢未 (著); 合同出版... …

続きを読む

『6さいのきみへ』佐々木正美先生の絵本

久しぶりに本の紹介です。 今回は絵本です。 2011年3月22日初版発行の絵本。 ブログを更新するたびに、震災の事、なかなか平常心に戻れない自分の事、息子の事、それらばかりだたらだら書いてきてしまいました。 そんな状態でもこのブログを読みに来てくださる方、感謝です。 少しこの事は記事で触れたかもしれませんが、震災から私、感情がおかしくなりまして、「泣…

続きを読む

発達障害って何だろう?本人告知後の子どもへのおすすめ本

本人告知後に、障害の事を、自分の事を、ふんわりと知る手助けになるための本。 探していたのです。 小学生つまりは子ども向けの発達障害本を… ちびぼんの本人告知は、自然な形でできました。 発達障害を紹介するTV番組を見たのがきっかけです^^ 自分で気付き、そしてそれを私に尋ねるという形… *「ちびぼん。主治医からの告知(お話)」(2009年…

続きを読む

杉山登志郎先生の新刊紹介~発達凸凹。二次障害を防ぎましょう~~~

今日の記事も新刊書籍の紹介です! 出たてのホヤホヤ! 実は今日仕事の日でして・・・ 新刊の箱を開けていたら、この本が飛び出してきたんですよね~ 1500円也・・・ 普段なら、ちょっと購入するかどうか少し考える金額なのですが。 即買いをピピンと決心!迷いは無かったです。 (これはとても珍しいのです~~~私にとって・・・既刊本は別ですよ) 講談社から出版された、杉…

続きを読む

人気記事