PAGE TOP

2014年02月23日

ちびぼんは、母親に困っています。




また更新に日数がたってしまいましたね。
ご無沙汰しております。はるぼんです。

今日はちびぼんとわたしについて書いていきたいと思います。

息子ちびぼんは、背丈もぐぐぐんと大きくなってあっという間に私を追い越して今では見上げないとなりません。もうちびぼんというネームは恥ずかしくて使えないのですが、このブログではおなじみなのでそのまま使っていきますね。

彼は今中学二年生。年齢も14歳になりました。
いろいろな面で反抗期だろう(ASDの子は反抗期もうまくあらわせない子もいるでしょう。うちの息子もちょっと変わった反抗の仕方をします)お年頃。
要するに不安定な年齢なんですよ。

そして、わたし、はるぼん。
いい年こいて現実にしっかり足がついていないというか、ふわふわしているというか、存在感がないというか…?
精神的に幼いところが多すぎて自分でもあきれ果てています。
何より、はじめはうつの治療で通っていた精神科も今では診断名が別物になっています。
今は「解離性障害」。
主な症状は、記憶の欠如(健忘)、人格の交代らしきものがある。
らしいです。
記憶の健忘は自覚症状がもちろんあります。
時間がすっ飛んでいたり、記憶にないことがおきていたり、買った覚えのないものが冷蔵庫にしまってあったり。
正直言っていろいろ不便ですし困っています。

つい最近、ちびぼんに「おかんのことで誰かに相談したい。」
と申し出られまして、わたしではいけないの?
という会話から、何とか数日たってですが話してくれたのです。
そうしたら私自身記憶にないことが数々あって、それにちびぼんは困っていたというか腹を立てていたのです。
まだぜんぜん受容ができていないわたしですので、認めたくないのですが、人格の交代の問題なのです。

馬鹿みたいにうるさい幼いわたしがウザイ。
真顔でキレて真顔で怒るわたしがむちゃくちゃはらが立って殴りたくなる。

主なものはこの二つ。

ほんとに息子に申し訳ない。
何とかキレるわたしの状態にならないように響きをつけているのですが何を動機をつけたらいいのか当然わかりません。
怒りの状態にならないように頓服のお薬を飲むとか…それくらい。

今のところ大丈夫なようです。
が、心配です。
わたしの精神科の主治医は息子にそういう状態になったら冷静に情報を集めてほしいといっています。
息子にもそのとおり伝えました。
ああ、ちびぼんには、この病気のことは以前から話してあったので理解はしっかりしています。
息子にとっても、冷静に情報を集めるというのは感情の渦に巻き込まれずに住むかもしれないので、よいことと思いますが。それでも心が痛みます。
何より、ASDの子どもは、敏感でいろいろなことを深く記憶に刻んでいくところがあるので、今の段階の大きくなってからのことは理解できるかもしれませんが、もし小さなころからそんなわたしがいたのなら、彼の成育にどれだけ悪影響を与えただろうと心配で仕方がないのです。

解離性同一性障害
息子は、いつごろからこのわたしと付き合っていたのでしょう。
生まれたときから?
たぶんそうです。
解離性の健忘だけではなくて人格の交代があるのならば。
いい加減、認めてしっかりと現実に足をつけないと、とは思うのですが、どうやったらいいのかまずそこからはじめなきゃいけないのでお話になりません。
主治医を信じてゆっくりと治療していく。
というスタンスでいいのだと思いますが…。
ちびぼんが、息子が心配なのです。

なんとかしてあげたいです。

最近のちびぼんは、学校に行くのがとてもしんどいらしく、週に二回がやっとです。
それもそれ以外の日は開いている時間ほとんど寝ているという、自分の好きなこともやれないちょっと悲しい状態になっています。
たぶん試験前だからというのもありますが、心配です。
試験は一夜漬けで挑むそうです。
なかなか度胸があります。
まあどうせ底辺だからという気持ちもあるのでしょうが。

自分のことはこのブログには書かないようにしようと決めていましたが、このことは息子に大きな影響を与えることなので、書いてみました。

もしかして?
と思っていたときは、ふわふわしているだけでこんなに心配ではなかったのですがいざ診断されるとこんなにも不安になるのかと、自分で悲しくなります。

母親がしっかりしていないととか笑顔でいないとか、そんな言葉が頭の中をぐるぐる回ったりします。
そんなの無理に決まっているのに。
無理をしない状態で、楽しく息子とは付き合えるように、適切な距離を置いて(親としての)接していたんですけどね、ほかのわたしがそのルールを守ってくれていたのかどうか、心配なことだらけで、だめですね。

解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書) [新書] / 柴山 雅俊 (著); 筑摩書房 (刊)
解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書) [新書] / 柴山 雅俊 (著);...

解離性障害のことがよくわかる本 影の気配におびえる病 (健康ライブラリーイラスト版) [単行本(ソフトカバー)] / 柴山 雅俊 (監修); 講談社 (刊)
解離性障害のことがよくわかる本 影の気配におびえる病 (健康ライブラリーイラスト版) [単行本...
本やNETで知識を入れるのはあまりよくないそうですが、気になることがあったら調べてみたいものです。
上の二つしっかりもっています。
なぜか新書のほうは何度か読んでいるにもかかわらず記憶に残っていないので、なんともいえませんが、同じ先生の書かれた下の「よくわかるシリーズ」の本はほんとによくわかりました。
自分と同じところには付箋を貼ってみました。
それでもまだ受容できていません、困った母親です。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村



またこちらのほうには息子ちびぼんの様子を書いていきたいと思います。
あぁ、そうだ、高校(サポート校)見学のことを書かなきゃ。

最後までお読みくださいましてありがとうございます。
それではまた。







拍手する
posted by はるぼん at 15:43 | Comment(10) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

新年そうそうやらかしてしまいました!!!!




明けましておめでとうございます。

今年からこのブログには子育て(もう中学三年になりますが)息子尾のことを中心に書いていくつもりでしたが、
新年そうそう、私あまりにも恥ずかしいことをしでかしてしまったので、こちらのブログにも書いておきます。

今年の初仕事、見事に時間ボケを起こしておりまして、大遅刻をしてしまったのです。
もう、仕事仲間に大迷惑をかけてしまって、どどど〜〜〜〜〜んと凹んでいます。

朝早起きして優雅に洗濯をし、その間tiwtterなどしたりして…。
で、で、そこでツイートしていて気がついたのです!
今日の仕事は朝一からの時間帯だって!
もうもうあわてましたよ、化粧も目元だけにして後はすっぴん!
服も思いっきり普段着。(まあいつも普段着でOKなのですが…)

公共の交通機関では超特大遅刻になってしまうので、贅沢にもタクシーで通勤!

涙涙です。。。

何故、時間を大きく勘違いしていたのか?
前日に翌日の予定を確認する癖もついていたのに…
携帯にアラームもつけていたし実際になっていたのに…

自分の頭の中を新品に交換してもらいたくなりました。
ほんと、実際にそうできたらまだましかもしれない。

こういった失敗を自分の障害や疾病のせいにしたくは無いのですが、(実際に仕事の場ではそんな理由はききませんから)ここの場でだけほんの少し…

わたしの時間軸、いつの間にかボロボロになっていて、健忘と呼べる状態も多々あるし、ASDの特徴とはまったく別の症状。
こんな失敗、ASDの人なら絶対といって良いくらいしない失敗。
時間を誤るなんて、自分がちゃんとできるところで人に迷惑かけるなんて、ASDの特徴から大きく外れている。

どうか、自閉症スペクトラム(ASD)の人々が時間にルーズだと思わないでくださいね、
これは、わたしの多分PTSDからおきている解離性健忘のあらわれだから。

なさけない。


どどーんと落ち込んだ新年。
今年はこういう出来事これ以上無いようにしっかりと自分を持っていなければ。
自分にこういう特徴があることをきちんと認めて、失敗の内容に何とか自己管理しなければ。

ふううぅ・・・。

明るくがんばりまーすといえたら楽なのになあ。

どどんと落ち込んだままですが、こんなヘタレですが、無理せずに多少無理して自己管理していきます^^



解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書) [新書] / 柴山 雅俊 (著); 筑摩書房 (刊)
解離性障害―「うしろに誰かいる」の精神病理 (ちくま新書) [新書] / 柴山 雅俊 (著);...





こんなわたしですが、前回の最後にお知らせしたとおり、こういった自分のことを書くブログを新しく作りました。
はてなで書いています。
「ファンタジ頭へようこそ!」

もう始めっから見事なへたれっぷりを前面に…
このブログよりも毒があるかも・・・みたいなことも書いていますが、今の所毒っけゼロです^^;
よろしければ足を運んでやってください。




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



冬休みも今日を入れて後一日。
宿題もまだ終えておりません。

午前中に勉強をする予定でしたが、出来ていません。
まあ、今日はゆっくりして、明日必死になってやってください。


それではまた〜




拍手する
posted by はるぼん at 16:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

今年のおわりと来年のはじめ。




えっちらこっちら、今年は多少の大掃除と(多少の大掃除っていうなれば普通の掃除かも)おせち料理を適度に作ることが出来ました。

なかなかとお疲れ様の晦日でした。

ちびぼんは、この年の瀬になって睡眠リズムが急に狂って、この時間にお昼寝をしています。あまり良くない傾向です。
でもまあ、冬休みですしね、大目に見ないとね^^


ちびぼんは散々な年でしたが、わたしのことだけを考えたらまあまあの年。
うつ状態もフラッシュバックも毎度おなじみなのですが、いいお薬にめぐり合えて、気持ちよくパニックも受け流す(とまでは行かないけど、自分で処理できる)ようになれました。

あとは、今年は過食に悩まされました。
食べたいので買っちゃう=よけいな出費
その上、太って服が着れなくなる=よけいな出費
ほんとに困りました。

現在ラジオ体操とスロトレで、ゆっくりダイエット中。
口が寂しいときはバナナを食べています。
まあ、バナナダイエット(確か少し昔に流行りましたね)です。

体重は徐々に下っています。
何せ15キロオーバーしたのですから、こりゃフツーじゃない。
来年夏までに、元に戻る〜〜〜???のは無理でも、5キロオーバーくらいにもどしたいですね。

過食は依存のひとつの現われとか…
主治医に言われて何でも良いから他ごと、出来れば趣味を持つようにと。
で、はじめたのがガーデニング。
どちらかというと土いじりは好きじゃなくて(土の感触が苦手)ずっと避けて通ってきた道なのですが、何故かすんなりいきましてですね、色々な花をベランダに飾ることが出来ました。




viora01.jpg
viora03.jpg
minibara01.jpg
arenji01.jpg


写真下手ですね〜毎回思う。
ミニバラさんなのですが、一番良いときに写真とって上げられなくて残念。
このミニバラさん年のころで言うと50後半ってところでしょうか…勝手に年をばらすなと怒っています。
健気にこの寒さの中がんばって咲き続けてくれている。
本当のところどうしてあげるのがバラにとっていいのかわからないからそのまま放置してあるのですが、咲いたまま年を越しそうです^^



さて、わたしharubonの年始ですが、毎年おなじみの一人元旦と決まっていまして、ゆっくり誰にも気を使うことなく、「蟹」をいただきます!
これがまあ幸せでねえ〜一番の好物を、ほぼ好きなだけガツガツいただける!
この甘い時間を堪能させていただきます^^

親たち(機能不全だもので、沢山親がいるのでございます)に合わないと決めてからもう何年になるのかなあ?
ずいぶんと楽になりました。現実から逃避している部分は否めないのですが、今は無理。
もう少しこのままでいたいです。
もちろん、万が一の不幸にも出席する気は毛頭ありません。
なんて、馬鹿娘っぷりを恥ずかしげも無く書いたところで、今年のブログは終了とさせていただきます。


アダルトチャイルド物語―機能不全家庭で育った成人した子供たちへ リカバリー日本版 [単行本] / 大越 崇 (著); 星和書店 (刊)
アダルトチャイルド物語―機能不全家庭で育った成人した子供たちへ リカバリー日本版 [単行本] ...


毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫) [文庫] / スーザン・フォワード (著); 玉置 悟 (翻訳); 講談社 (刊)
毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫) [文庫] / スーザン・フォワード ...



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



今年はなかなか更新できなかったブログをこうして更新することができるようになりました。
書いていることすべて息子の学校のことばかりだと気がつきまして、調子に乗った私は自分のためだけのブログを新しく作ることにしました。
まだ記事などは公開していませんので、来年になったら(年の初めに〜なんていい感じのスタートなので)このブログにもリンクしようと思っています。
もしよければそちらにもお立ち寄りください。
但し、このブログよりももっと毒前面に出すかもしれません。

欲張りが出来るほどに元気になった。これは感謝しても感謝しきれないくらい。
色々と沢山たくさん、みなさんありがとうございました。


viora02.jpg




それでは皆様よいお年をお迎えください。










拍手する
posted by はるぼん at 10:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

過食について、あれこれ…




ここのところ更新頻度が上がっております。
でも一応…ご無沙汰しております^^


今日書きたいことは過食について。
最近ひどくてとうとう破ってはいけない壁を破ってしまいました(体重)
過食も一種の依存で、何かしらのストレスをそれで解消しているのだそうで(精神科主治医談)なるほどなあと…。

自分を振り返ってみて、過食がひどくなったのはNETをしなくなってからだ…!というのに気がつきまして、だからこうして少しがんばって更新頻度を上げてみたりtwitterも頻繁につぶやくようになったりしているのです。
これが出来るようになったのは体の調子も良くなってきているからなのですが、「依存」という面で(ストレスとしてもいいけれど)NET依存という別の依存を作ってやれば、食への依存が少しはましになるんじゃないかという狙いもあるのです。

今のところ、あまり効果はないようです…。
これは私が勝手に考えたことなので全く意味がないかもしれません。
他のものに依存させてあげれば少しはましになる…なんてお気楽すぎるでしょうw

それでも、私の勘がこれはいい!といっているので、このまま続行したいと思います。
前のように、日課としてNETをするようになれば、もっといいのかもしれませんが、そこまでは体力が回復していないのでぐっと我慢。せいぜい二日に一度PC触れたらOKとしたいと思っています^^


さて、過食なのですが…
過食症経験なさった方はご理解いただけると思いますが、
おなかが気持ち悪いよう、食べすぎだようと訴えているのに、手が止まらない。食べ続けるのを止められない。
食べるものがなくなるまでまで食べ続けてしまう。
気持ちをしっかりとして何とかストップさせても、夜中に知らないうちに食べてしまう。

去年など、メロンパンに凝ってまして、メロンパン過食だったのですが、夜中無意識で布団の中で食べているもんですから、片づけが大変でした。
何せメロンパンですから^^;

今年はチョコレートから始まり、何とか脳内で変化させて(欲するものをイメージで変化させる)
あんこまでに落としたのですが、(油分だけでもクリアしたいと思って…脂肪肝になってしまったので)これ効き目が弱くて他の食べ物まで大量に食べるようになっちゃって、余計体重が増えるように!
一日で2キロ3キロ変化ありで、10Kオーバーの壁を越えてしまいました〜〜〜〜

何とかヘリはしないでも現状維持って感じで体重を保っていたのですが、胃の調子が良くなったら急激に太りだしまして(食べているからなんですが)このしまつ。

こんなことなら、胃が痛いままでいればよかった。
とはさすがに思いませんが、食べることを止められないって、辛いですね。
はくまで食べても、また同じように食べちゃう!
胃のほうも新しいお薬が効いているから、今はいいですがこのお薬でもだめなくらい痛めちゃうと、自分自身の体本気で心配になってしまう。
一種の自傷と同じですもの。

自傷とも元は同じなのかもしれませんね。




体重・体調管理として、ラジオ体操とウォーキングとストレッチをやっているのですが、今のまま食べ続けたらこれらももっと増やさなければなりません。
やっぱり食べるのを少しでもいいから抑えるほうが先決かもとこれを書いてて思いました。
我慢できるかなあ…
少なくともPCしている間は、間食できないからこれもいいかもな〜

これ以上食べ続けて胃腸に負担をかけ続けないようにしたいです。
ちょっと怖くなってきた。
ただでさえ、胃腸、弱いのですから。
ピロリ菌保持者だし。
過敏性腸炎だし。慢性胃炎だし。

本気で気をつけます!!!!!



食べ過ぎることの意味―過食症からの解放 [単行本] / ジェニーン ロス (著); Geneen Roth (原著); 斎藤 学 (翻訳); 誠信書房 (刊)
食べ過ぎることの意味―過食症からの解放 [単行本] / ジェニーン ロス (著); Genee...


書くことで決心も強くなるかもしれません。
食べ過ぎないように気をつけます。
私の大事な胃腸さんのためにも。


最後までお読みくださいましてありがとうございます^^

また近いうちにお会いできたらいいな〜と思っています。






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



タグ:過食症
拍手する
posted by はるぼん at 12:17 | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

更年期なるものを考えてみた。




ご無沙汰しております。には少し短い期間に更新できそうです。
今日は、自分の悩み「更年期」について考えてみました。

まあ悩みと言うほどの悩みでもないのですが、体調の変化と言うのはしんどいことがいっそうしんどくなる場合もあるので、ASDの女性陣のために少しは参考になればと、書こうと思ったしだいです。

先輩女性のお話が伺えたら私もうれしいのですが、更年期の話と言うのはそれなりの年齢になっていないと出てこないお話なわけで、数も少ないかな〜と…

ASDの女性陣、自分の身体的生理について語るのってどうでしょうか?
全く気にしないか、気になって出来るだけ触れないようにしているか…だと思うのです。
私は、自分の生理が気持ち悪くて絶対に触れたくないタイプでした。
こうして書いている今も、嫌なほうがだいぶ勝っているのですが、がんばります。


更年期かなあと感ずいたのは2.3年まえからなのですが、ものすごく汗をかくのです。
少し歩いただけで、顔から汗が吹き出てる〜
真夏はもちろんですが、涼しくなっても汗だけは出てました。
動くと汗が出るなんて健康的になったことかとはじめは思っていたのですが、汗の量がはんぱない!
夏場などはタオルがびしょびしょになるくらい。運動系の部活やってる男の子みたい!

あーこれが更年期ってやつですか…と、やっと気づいたのですね。
(これに気づくまでにだいぶかかりました、健康になったのだと信じ込んでいたので…こういう思い込みが多すぎます〜)

他にのぼせや動機がするとか血圧が上がるとか、よく知られている更年期の症状はなかったので気づかなかったと言うのもあります。

多汗
と言う項目、更年期の症状にちゃんとあるんですね。


自律神経失調症様の症状、脈が速くなる(頻脈)、動悸がする、血圧が激しく上下する、腹痛、微熱、そのほか女性の場合はホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)、多汗、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、不眠、疲労感、口の渇き、のどのつかえ、息切れ、下痢、便秘、腰痛、しびれ、知覚過敏、関節痛、筋肉痛、性交痛、生理不順など。

wikipedeia更年期障害より引用させていただきました


のぼせや動機系の心臓系の症状はないですが、そのほかの症状は少女時代から(いやもっと前から)フツーにありましたから、あって当たり前でしたし、なんと言うか持病で頭痛も筋肉痛も関節痛も体質的(ASD的に)に知覚過敏、耳鳴りもありますので、私にはひどい更年期障害はないだろうと思い込んでいました。
昔からある症状が多少ひどくなっても対処法はちゃんとわかっているし〜
と、まあ高をくくっておりました。

思ったとおり、はじめの2、3年は多汗のみで、顔がすっぴんになってしまうこと以外困ったことにはならなかったのですが、今年に入って、下痢、便秘といった腸の不調がひどくなりまして(これもまた大昔から症状があるので何をいまさら…なのですが、どちらかと言うと過敏症で下痢の方が多かったので…)おなかの水分がどんどん蒸発しているような、そんな感じの便秘。に陥りまして。、ただいま苦しんでおります。

多分、通常の更年期だけだったらまだましだったんだと思うのですが、そこに精神的なものからくる過食症が加わりまして、胃が膨張しきるまで食べるものだから、便秘で下に下りないし、後は吐くだけ〜〜
腸が今どうなっているのかわかりませんが、少し食べると妊娠8ヶ月くらいの体系になってしまいますw
通常の1食分食べてしまうと、前述のあとは吐くだけ〜になってしまうのでじっと耐えていると、胃液が上がってくるあの妙な感触があって、ああ、これ胃も荒らしてるんだなあ…と実感できてしまう。

このままではただでさえ偏っている栄養がさらに偏るしもしかしたら食べられなくなる????

と、もう内科医の漢方薬と西洋薬のW処方に頼るしかなくって、いろんな意味で踏ん張っています!!!


今までは更年期というものに鈍感で、ほとんど無意識で気づかないようにしていたのですが、これから数年はまだまだ意識して体やその他の変化に敏感でいないとなあと思ってしまいました。

今日、この記事を書くにあたって軽く調べただけで、思い当たる節が色々と出てきまして、それらを放置せずに専門家にちゃんと聞いたほうがいいかなあと思いました。

検索のトップに来ているサイトだいたいは、開いてすぐにサプリメント系の営業HPだなあとすぐわかっちゃって辟易しちゃいます。
そのうちで、これならOKというサイトリンクしておきますね。

メディカルiタウン「更年期障害症状チェック」
ドクター’Sコラム「更年期症状と更年期障害」


更年期の治療もちゃんとあるのですから、昔のように数年我慢すれば治るってがんばるのもなんだしなあと。
と書きつつ私の場合放置しちゃうんだろうな〜治療したい優先順位が下過ぎて…^^;
だけど、がん検診だけはちゃんとうけていきたいな。私の場合大腸と胃の両方検査していかないとな〜
肝臓くんも脂肪が溜まりすぎちゃってるし…血液も脂肪が多いようで…

う。。。更年期過ぎて老人化しているなあ、わたし。


ASDの女性は特に無自覚な部分でもあるかもしれませんのでひどくなる前に心構えだけはしておくといいかもです。
体調が悪いのは当たり前。とせずに微妙な変化を見逃さないように…


調べていく中で&自分で購入した本(ちょっと自然食品に偏ってる)の中から、これならいいな〜という簡単レシピをご紹介。


オリーブオイルココア


お湯150cc
ココアパウダー小さじ2杯
オリゴ糖小さじ2〜3杯
オリーブオイル小さじ2杯(exバージンオイル)

お湯を沸かしている間に、ココアパウダー以下を混ぜ合わせてよく練りましょう。
練っている間楽しく練りましょう。出来ればぐるぐるぐるぐる♪などと歌っても楽しいです。
そうするといらいらせずにお湯が沸く時間も楽しめます^^;
お湯が沸騰したらゆっくりとカップに注ぎ込みながら混ぜながら…
ふうふうして召し上がってください。
少しオイルの苦味が勝るかもしれません、苦手な方はオイルの量を減らしてみてください。
もっと甘くなきゃ〜という方はオリゴ糖を増やしてみてください。
このオリーブオイルココア。胃にもやさしいし腸にも優しい(らしい)です。
私が現在2週間続けているのですが、胃液の苦しさから守ってくれているような気がします、そして、腸のほうも完全にとは行きませんが、まあまあ調子よくなったかなあ〜?という感じです。
よかったらチャレンジしてみてください^^
このレシピは私用の分量です




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


50歳前からのココカラ手帖 (Sanctuary books) [単行本(ソフトカバー)] / 高橋陽子 (著); サンクチュアリ出版 (刊)
50歳前からのココカラ手帖 (Sanctuary books) [単行本(ソフトカバー)] /...


最新版 更年期障害これで安心―つらい症状と不安を解消! (ホーム・メディカ安心ガイド) [単行本] / 堀口 雅子 (監修); 小学館 (刊)
最新版 更年期障害これで安心―つらい症状と不安を解消! (ホーム・メディカ安心ガイド) [単行...





それではまた〜あらら、日付が変わってしまった。
寝ましょ寝ましょ。
それではまた。
皆様良い夢を、おやすみなさい〜〜






拍手する
posted by はるぼん at 00:07 | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする