PAGE TOP

2012年03月23日

小学校卒業しました〜☆




小学校、卒業しました!

式にも参加しました!

翌日の謝恩会にまで参加できました!

母は疲れました・・・!!!!!!


式に参加するかどうか・・・
三学期がはじまったころから、担任の先生に問われ・・・
(もっと上手な言い回しですけど・・・参加することを前提にした問い方で・・・)

ちびぼん自身は、式典大好きな子なので(終業式も始業式も何故か今まで休んだ事ない、、、はず)卒業式ももちろん出席するつもりらしいし・・・

それならば、
式の練習に出なければならないよと、朝一番に行っている練習に、3回、参加できまして、無事、卒業式本番〜〜〜
その間、母は一人で勝手に、練習に参加できるのかどうか、朝起きられるのかどうか、本番も大丈夫かどうか・・・ものすご〜〜く心配して、自分でストレスの元を作っておりました。

実際は心配する事もなく、練習も予定日にほぼきちんと行け、本番に強いちびぼん、式もスルリと終え、翌日の謝恩会にも、(なんとボーリング大会だったのですが)不慣れな事も、いやがらずに何とかでき、その上、立食パーティ?(単なるバイキング・・・?)も楽しそうにしっかりといただいて、友人たちとの歓談もゲームと言う武器を使って、自然と会話ができたようですし・・・(ありがとう、モンハン!)
母は、そろそろ緊張のネジが緩み始めて、体中が悲鳴を上げだした頃・・・
無事に解散の時間となりまして、ちびぼんとそのお友達と一緒に家路に・・・

家についたらもう完全にダウンで、そのまま寝倒れ〜〜
ちびぼんは、卒業式の前日、眠れなかったのに、何故か普通に元気で・・・やっぱり男の子で、若さもしっかりあるわけで、寝倒れるまでの緊張ではなかったようで・・・翌日の行事後も、家についてからは自分の時間をしっかと楽しんでいました。

まあとにかく無事に終ったので、ホッとしております。

春休みの期間は、次に始まる緊張の嵐にたえられるよう、しっかり充電しておかねば!!!
あああ、中学生になるんだなあ〜〜



**************************************


何故かちびぼんは式典が好きで、卒業式にも自分から参加すると(と言うよりも参加するのが当然とばかりに・・・)練習にも嫌がらずにいけましたが。

式典やら行事の嫌いな自閉圏のお子さんや、不登校のお子さん。

こういう時期は耐えられないほど苦痛が待っているんでしょうね。

それは親御さんも同じで、自分で参加すると言っているちびぼんでさえ、親の私はヘロヘロになってしまいましたし・・・

なんでもそうなのですが、こういった学校行事。
みんなと一緒に参加できなくても、他の方法はあります。
それから参加することを強制するよりは参加しない道を選んだ方が、親も子も楽しいです。

ちなみにちびぼんは・・・

*始業式終業式など式典は参加しました。(自分が好きだから)
*運動会は小3から保健室で見るだけ参加。機嫌の良い年は一つくらい競技に参加していました。
*学芸会は3回目の小5はちょっとしたことで躓いて、参加できなくなりました。(本人は劇は好き)
*造形展はこれはあらかじめ作っておくものなので、全部参加できていました。(手が早いので、一度学校に行けさえすれば完成できちゃうようで^^)
*校外宿泊学習これには、母親付で参加しました。が、前日からまったく寝れない状態が続いていて、一日目の終わりに、倒れ寝してしまい。そのまま帰宅・・・
*修学旅行は1泊だった事もあり、する〜〜っと参加して帰ってきました。母親が黒子になってついていこうかと思っていましたがそれをしなくてもすみました。

まあこんな感じですかね。
その年年にある遠足などはそのときの調子で行ったり行かなかったり・・・でした。

結果として学校に行っている日数の割りに行事に参加した数が多くなっていますが、甘い親の私のこと、一つも無理をさせてはいません。
本人に参加の意思を確認してから、じゃあどういう風に参加できるか、選択肢を考えて(学校ともよく相談をして)最終的に本人に選んでもらう形式・・・
この形だと無理やり参加させられた、という思いもなく、行事に参加することが出来るので、中学にいっても、この形を守って行きたいなあと思っています^^

これも、私自身が不登校で学校行事が大嫌いで(正直、ちびぼんがこれだけ行事に参加したいというのも、私には理解できない所・・・休んでいいなら迷わず不参加!と言いたかった子ども時代の私^^)参加するのが当然と言った、おまけに、参加できないなんて「かわいそう」と言ったよけいなものまでついてくる〜そういった、無言の圧力から逃れる為、当日、お腹が痛くなって休んだ記憶が・・・(もちろん、仮病です)修学旅行も一度も行っていません。でも小学校も中学校も友人いましたよ。現在でも何らかの形でつながっているレベルの友人。


学校の行事って、もっともっと参加しなくてはならないと言う縛りがなくなるといいのになあ・・・
不登校の子にも、その行事を目標にさせたりするの、止めた方が良いと思うのだなあ・・・

これも、行事には「参加させてあげたい」という学校側や親の希望もあるんだろうな・・・





感動をよぶ入学・卒業式辞集 (小学校・中学校例話集) [単行本] / 学校例話研究会 (編集); 学事出版 (刊)
感動をよぶ入学・卒業式辞集 (小学校・中学校例話集) [単行本] / 学校例話研究会 (編集)...

↑そうそう、卒業式は感動しなくちゃいけないんだよねwww(わからないよぅ!!!)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


やっと更新できました。
卒業式・・・自分で甘く見積もっていました。
ここまで疲れ果てるとは・・・

次に迫る、入学式にばてないように対策を練ろうかなあ・・・


調子があまり良くないのであくまでも予定ですが、
不登校についての小学校まとめ・・・と、
自閉圏の中での差・・・についてなど、書いていきたいなあと思っています。

それではまた〜です^^
拍手する
posted by はるぼん at 10:46 | TrackBack(0) | ちびぼん小学校6年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

気分は春休み〜〜♪




地元中学に支援級が新設されることが決定してから・・・

ちびぼん、すっかり気の抜けた状態になってしまいまして、面白いくらいふわふわしています。

学校へ行くにもあわてずゆっくりマイペースでしたくして、で、行く予定の時間に間に合わないのだけど、それさえ平気で、歩くのもしっかりiモード!自分の世界に入りきって楽しそう!

塾やお稽古事も、楽しそうに出かけることが出来ている。

ほんと、彼の中から焦りが消えちゃいましたねえ〜〜



通級には週に二回。
本学級には週に一度。

今現在はそのリズム。

本人が言うには、


「気分は、春休み〜〜〜♪」


ですって。

ほんとそんな感じで気が抜けちゃっているというか、主治医に言わせればそれが良いとの事なんですけどね。

まあ私も、親としてホッとして気が抜けているところなので(私の場合、先の記事にも書いたように、ひどいですが・・・また月曜日、大事な用事すっぽかしちゃいました〜〜〜ぎゃー)
助かるのですけど^^


先が見えない・・・

と言う状態は、それだけでストレスなんですよね。

ちびぼん、自分の思いをあまり口にしないから、そこまでとは気がつきませんでした。


就学通知も届いて、もうあとは、制服を購入する事、通学鞄を購入する事。
間もなくあるだろう、特別支援級の生徒たちとの顔合わせ・・・


親としても本学級の担任の先生としても、卒業式の練習に一度くらい出てほしいという願いはあるのですが、(卒業式には本人も出る気でいるんですけどね)どうもその気がないみたいで、多分ぶっつけ本番になるんじゃないかなあ。。。

一度くらい見ておいたほうが良いと思うんですけどね・・・




そうそう、私の読書友達。

ちびぼんの同級生の女の子。

いつの間にか受験していまして、私学の中学に進学が決まったそうで。
ビックリとおめでとうと、ちょっぴりさみしいと、複雑な心境でした。

でも彼女にとって、私学進学はとても似合った選択だと思いますし、中高と良い6年間過ごせるような気がします。

通常の公立中学では、どうしてもういてしまう所があったから(彼女の場合知的に高すぎるんじゃないかと推測しています)同じ年の女の子と仲良くグループを作るのはストレスが大きかったんだろうなあ、と。

彼女は自閉圏ではないけれど、自閉圏の知的に高いお子さんも、きっと同じだろうなと思うんですよ。

同じ年の友だちと、仲良くする。仲良くしているように見せる。
という事は、本人にとってストレスはかなり大きいだろうし、特に女の子だと、グループを作るのが好きだから、よけいに大変だろうなあと・・・


子どもたち・・・

それぞれに皆、何か抱えて大きくなっていくんだろうけど、環境を整えてあげる事で回避できることならば、できるだけ何とかしてあげたいですよね。

自閉圏の子どもたちって、生きていくだけで、学校生活と言うものを送るだけで、多大なストレスに犯されているのだから・・・

と、私は思います。

子どもの内から、二次障害にならないように・・・
できるだけすくすくと、育つといいなあ。。。

一度起きてしまった二次障害って、なかなか回復しないですからね。。。

ちびぼんも、よくはなっているものの完全に回復したわけではない。まだまだお薬の力も、助けてくれる専門家の力も必要。

多分一生必要。

私はそう思っています。


見る人から見たならば、私の考えや行動はかなり甘いお母さん。なのだけど・・・

子どもがね、弱っていくのをもうみたくないんですよ。

成長しきるまで、20歳になるまでは、人から甘いといわれようがなんだろうが、ちびぼんの環境を整える事。ずっとしていきますよ。

彼が助けてほしいというならば、助けてあげますし・・・

過剰には関わらないようにしますけど。(私がそういうの嫌いだから)


あまあまお母さんで、この先も行くつもりでいます。




気分は春休み〜〜〜♪

何て言ってるんだったら、その気持ちを十分味あわせてあげますよ。

中学から、どうして行くのか、自分でわかっているから、今、気分は春休みなのだから。




教室でできる特別支援教育のアイデア 中学校編 (シリーズ 教室で行う特別支援教育) [単行本] / 月森 久江 (編集); 図書文化社 (刊)
教室でできる特別支援教育のアイデア 中学校編 (シリーズ 教室で行う特別支援教育) [単行本]...




ちびぼんが進学する中学の教頭先生。
新しい考えの支援教室を作りたいと思ってらっしゃるようで、知的におくれのない発達障害の生徒たちが、高校受験に不利にならないような仕組みを特別支援級に在籍していてもできるようにしたいとか。

席は支援級でも、生徒たちがとく意図する科目はどんどん交流でふつう学級で勉強してもらって、きちんと評価対象として扱うように・・・

と狙ってらっしゃるようです。
この仕組みが出来上がったら、知的に高いけれど、全部普通級ではしんどかった生徒たちもかなり楽になるはず・・・

高校受験を普通に・・・と考えている生徒たちにも支援級に在籍できるようになる。

まあちびぼんには、高校受験を普通の生徒たちと一緒になって・・・と言うのは考えられませんが、この考えはとても素敵だと思いますので、在籍中はどんどん応援しようと思っています。

色々な支援級の形があってもいいんだよ。

と言う感じで・・・^^





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




最後までお読みくださいましてありがとうございます^^

少しずつですが、私の調子も上向き!ちびぼんもいい感じ!

そろそろ、はるぼん家も浮上する時期がきたのかな?


それでは、また〜〜
タグ:自閉症育児
拍手する
posted by はるぼん at 22:45 | TrackBack(0) | ちびぼん小学校6年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

自閉症児から自閉症者へ





明日から三学期です。

今年の冬休みは、ゆったりとした時間の流れで、ちびぼんも私もとても助かりました。

やっぱりゆっくりっていいですね〜


今月、ちびぼんの予定は結構びっしりあって、こなせるだろうかと不安になるくらい。

もちろん中休みなどを計算していれてありますが・・・

上手く突っ走っていければいいのですが、ちょっと不安かな。



今月はWISCの検査もあります。

学童の関係者で行くスキー1泊ツアーもあります。

どちらもちびぼんには負担が大きい。

WISCは本人の意志とは関係なしの予定ですが、スキーに関しては本人が望んで決定した事。きっと無事にこなすとおもいますが・・・

その前後は、ゆっくりとなるだろうなあと予測をしておかないと、親である私がまいってしまう・・・。


親と子のバランス。

最近やっとつかんできた感じです^^


なんと言っても私が寝てばかりで、決して子どもに良い影響を与えていませんから・・・

お互いの時間、お互いに無理をしてしまってはいけませんし、家族が干渉しあってもいけない。

気にしなくてもだいじょうぶなように、安心のできる家庭でありたい。

個人の空間と時間をきちんと整えて上げられるよう、工夫をしていきたい。



この春には中学生・・・

小さくてかわいらしいまるで女の子のような男の子だったちびぼん。

もうすっかり変化して、立派な男子。

今まではちょっと変わった子。ですんでいたけれども、もう、立派な自閉症者。

歩き方や雰囲気で分かる人にはすぐわかると思います。

このあたりはちゃんと自覚しないとね。

でも、だからといって、自身が醸し出す雰囲気まで努力して「ふつう」にすることなどしません。

ちびぼんにはちびぼん独自の雰囲気があって、それが彼らしさの源なのだから。

自閉症者としての彼はそのほんの一部なのだから。

それは親の私も一緒。


別個の人間として、自閉圏の人間ではあるけれどもそれがすべてではないということ。

自閉症者の親であるし、自身も自閉症者ではあるけれども、それだけではない。キチンとした個がある人間。



その為に努力するし、自身の希望や夢のためにがんばるし・・・

それはノーマルな人たちと同じ。





まあ、自閉症者としての部分・・・

生きていく上で、簡単には語れない部分ですけど・・・



自力でがんばる人、

支援を受けてがんばる人、

人によって異なりますが、いずれにしてもがんばらないと生きていけない・・・


ため息をつきながらも、歩いていかないとね。



個人的に思う事は、出来るだけ福祉のお世話になったりして、何らかの支援を受けて行く生き方を選択する事って、軽度と呼ばれる自閉症者にも必要何じゃないかと・・・

これもバランスで、支援にどっぷりと、ではなく必要に応じて上手に選択できる、そんな支援になっていければなあと、思うわけなのです。

まあ私自身が支援を受けてみてそう感じているのですけど・・・^^




思春期のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版) [単行本] / 佐々木 正美, 佐々木 正美 (監修); 講談社 (刊)
思春期のアスペルガー症候群 (こころライブラリー イラスト版) [単行本] / 佐々木 正美,...





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




軽度自閉症児者と福祉について・・・

もう少し色々と考えたいと思っています。

ああ、頭もう少しハッキリするといいんだけどな・・・

まだなかなか立ち直れないです^^


それではまた〜〜



拍手する
posted by はるぼん at 19:57 | TrackBack(0) | ちびぼん小学校6年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

サンタクロースが来てくれるのも今年でお終い。




2011年も残すところ、後二日。
こんな日にクリスマスの話もなんですが、忘れないうちに・・・(書くのを忘れていたのですが・・・)記事にしておきます。どうかお付き合いくださいませ^^

ちびぼん。
新春すぐに誕生日で12歳になります。
春には中学生です。

男子ってこういうものなんでしょうか?
サンタクロースの存在を信じているようなのです。
ごくごく自然に・・・
信じているような・・・

自分の都合の良いように脳内で書き換える癖のある自閉っ子ではありますが、自分の子どものころを考えると、うらやましいくらい純情?純粋?で、驚きです!


12月24日イヴの夜中・・・(25日の早朝ですね☆)

そうですね〜2時ごろだったかな、サンタ用のクリスマスプレゼントを枕下に置いたのは・・・
それから、わずか90分くらいで、早朝覚醒したちびぼん!

ごそごそと探るように枕元を見つめ・・・
プレゼントを発見すると、ガバッと起き上がって、プレゼントの中味を確認!
(この間の描写、すべて物音から起こしております・・・・・・)

そして!(これ何とかしなくてはと思うのですが・・・)

夜中にもかかわらず、私を起こす!


「母ちゃん!サンタさんきたよ〜〜〜〜!!!!」


今年はあきらめていたのでしょうか、サンタのプレゼントがあるとは思わなかったのでしょうか、かなり興奮気味!

ううう・・・図体ばかりでかくなってもまだまだがきんちょだなあ〜
と可愛くなるものですね〜ただでさえ睡眠状態のよろしくない私の睡眠を分断するような事をされているのですが、怒れないのですよ。

夜中に起こされる時は、大体が暗いのが恐いとか、恐い夢を見たとか・・・、なんだか可愛い理由ばかり。

そうすると、怒れなくなっちゃう!

夜中に起こされると大変!という事は日中にしっかりと話したほうがいいかな。



ペンギンの問題ザ・ウォーズ / コナミデジタルエンタテインメント
ペンギンの問題ザ・ウォーズ / コナミデジタルエンタテインメント


サンタさんにお願いしたのはこのソフト。
相変わらず、ペン問大好きですね〜

コロコロ(小学館の小学生くらいの男児を対象とした漫画雑誌)に載っているマンガが大好きだとか。
コミックスで買うマンガはジャンプマンガが多いんですけどね〜

で、コロコロはいつまで買うのかな?

と質問してみたんですよ、今年の秋頃に・・・

そしたら・・・

「永遠に読み続ける」

と返事が・・・・・

今は、私が買ってあげているのですが、中学からは自分のお小遣いで買ってね!と約束をしておきました。

永遠って・・・
永遠って・・・

永遠って・・・

そんなに好きなんだ、コロコロコミック。。。



あ、話がそれましたが、こんな感じでサンタの話も、

今年が最後かなあ・・・とか、
小学生しかもらえないよね〜とか・・・

まあこの発言に、私も乗っかりまして、

うん、今年が最後かもねえ〜

と言っておきました^^



何せクリスマスプレゼントはサンタさん以外にも、身内からそれぞれ・・・と言うパターンが、赤ちゃん時代から出来上がっておりまして、
ここ数年は、父と母。からだけになってはいますが、それでもまあ、一人っ子ならではのクリスマスですね。



RPG ツクール DS(通常版) / エンターブレイン
RPG ツクール DS(通常版) / エンターブレイン


RPGツクール・・・
DS版。
これを中古の店で発見しておりまして、店、指定付で、父親に頼んでおりました。

さて、ちびぼんこのゲームどんな風に楽しむのでしょう・・・?
謎です謎です!!!


私からは、JOJO本。

実家にとりにいけなくて(もう売られてしまった、捨てられてしまった、可能性のほうが高いと考えて・・・)

まとめ買いをしてしまいました〜〜〜

しっかり中古で^^

まあ、第5部までいっき買いですから、これは半分以上私のためのプレゼントでもあるんですけど^^


ジョジョの奇妙な冒険 1 (ジャンプ・コミックス) [コミック] / 荒木 飛呂彦 (著); 集英社 (刊)
ジョジョの奇妙な冒険 63 (ジャンプ・コミックス) [コミック] / 荒木 飛呂彦 (著); 集英社 (刊)

1〜63巻まで買っちゃいました^^

その他、

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day [単行本] / 乙一 (著); 荒木 飛呂彦 (イラスト); 集英社 (刊)
The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another d...


も、買っちゃいました!

12月はすごい出費☆いてて〜〜〜〜〜〜と言うくらい!



それでも、サンタクロースの存在を信じている息子のため、+自分にもたまには息抜きを〜(って、寝てばっかりですが^^)で、散財してしまいましたが、心の栄養になっている!と信じております^^



自閉圏のお子さん、サンタクロースの存在をそこそこの年齢まで信じている子が多いような感じがするのですが、いかがでしょう・・・?







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



クリスマスからずっと食べ過ぎの状態が続いています。
このままで行くと、かなり体重オーバーになってしまいそうです。

少し控えめ・・・にしたいなあ。

年末。もう一度更新しますね〜☆


それではまた〜〜







拍手する
posted by はるぼん at 23:00 | TrackBack(0) | ちびぼん小学校6年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

眠り王子の優雅な日々???




今日はちびぼんのお話を・・・

まずはうれしいお知らせから〜

息子、ちびぼんが通う予定になっている地元の中学に「特別支援教室」が新設されそうです!

あくまでも、さ れ そ う。なんですけどね^^

新設されない可能性は限りなく少ないだろうという事で、もうバンザイなのです!


地元の中学の教頭先生。

この特別支援教室、今までの概念を吹き飛ばしたいと言う感じで取り組んでいらっしゃいます。

ふつう級に席を置いていないと、なかなか評価してもらえない、学習・・・

これを、支援級から得意な科目はどんどん普通級で学んで、テストも受けれれば受けて、ちゃんと評価をもらいましょう!

と言う形にしていきたいようで・・・

これは、もしこの形が支援級の「ふつう」になれば、軽度発達障害の子どもたちにとって、将来の選択の幅が広がる大きなチャンス!

ですね^^



私たちの住んでいる地域は、特別支援教育が進んでいるのか遅れているのかよくわからない地域。

軽度の子どもたちにとって、早くからインクルーシブ教育なんでしょうか?根付いていて、普通級で学ぶということが大前提でした。

ですから、小学校はもちろん中学校などは、支援級も通級もどちらも人口比を考えるととても少ない。

つまりは軽度の子が通える場所と言う選択肢がとても少なかったのです。

それが、ちびぼんが小学校を卒業して次年度中学に上がる今の時期・・・

きちんと増えてきました。

歩みは遅いかもしれませんが、軽度の子にあった教育も徐々に進んでいます。

他の地域はどうなんでしょう?

色々なブログを見せていただく限りでは、あれやこれや問題ばかり・・・少し悲しくなりますね。

親の側にも、教育に対しての意気込みがありますから、そういったものが学校との意思疎通を難しくさせるということもあるようですね。

学校とのコミュニケーションはとても大切です。そして難しい。

わが家の場合、問題が起きたのが2年生と言う低学年の時でしたから、早くから色々な支援者に中に入っていただきましたので、卒業をまじかにした今ごろなど、職員室で、全教員の中で、校長先生や教頭先生と、息子ちびぼんの事を話せるくらいの状態になっています。
学校全体に個人情報(息子のこと)知って知って〜〜〜って感じです。はい。

学校には、早めに告知しておかないとダメですね。
担任だけでは、いざという時に誰も手を貸してくれません。
教頭先生に早めに・・・できれば進学前に・・・です。




*************************************




さてさて・・・

中学校の事はほぼ、99.9999%くらい、できることに決まりだよ。と息子ちびぼんには言ってあるのですが・・・

もう親としてこれは笑うしかないでしょうというくらいな状態になってしまいました!

今週火曜日から眠り続けています。

意気込みからか毎日週間になっている勉強だけはしているのですが・・・

基本睡眠。

起きるのはご飯とお風呂と(あ、昨日入ってないですね〜)何故か勉強。

ゲームもPCもほとんどやっていません。

おかしなくらい寝ています。(ちゃんとドクターに相談します・・・^^)

それも、すごい幸せそうに、ほほ笑みながら寝ているんですよ。

いい夢見ているのかなあ〜〜〜

などと想像しちゃうくらい。

優雅ですねえ・・・


親としては、学校に通う予定の日だったら、無理にでも起こして、意思確認しているのですが・・・ね。

(こういうのがとてもしんどいのですよね・・・わが家もほんと長らく続いています)

しっかり、はっきり「無理」と宣言されて・・・

起きたついでにご飯を食べて・・・

何かしているなと思ったら、気がついたらまた寝ている。。。

(布団を干したり隠したりしても同じです〜〜持ってきて敷いて寝てますから)


昼夜逆転しているわけではなく、昼夜とも寝ている?と言う状態なので、寝るなとも言えません。

母親の私自身が、もう少しマシですが似たような睡眠状態なので・・・



そろそろ、この睡眠パターンから開放されるといいなあと思っていますが、どうなることでしょうか?



中学の事がよほど、ストレスになっていたんだなあと・・・わかるくらいしか、ちびぼんに対してしてあげられませんけど、こうやって少しずつ体験を積んでいって、ストレスにも耐性が出来るといいんだけどなあ・・・

勇気が出なくて負けそうになるときに、そっと背中を押して上げられるくらいのちょうどいい親になりたいなあ・・・


なんて思っています^^



ちびぼん、最近、3DSを手に入れまして・・・
熱中していたのですけど、それもしばらくやっていませんね〜

彼にとっては、リアルのこの世界時間が飛んだように感じちゃうかもしれませんね。

夢ばかりしっかり見ているようなので・・・ちょっと内容を覗いてみたいくらいですよ〜〜

多分ゲームとマンガの夢なんじゃないかなあ〜〜




ニンテンドー3DS アクアブルー / 任天堂
ニンテンドー3DS アクアブルー / 任天堂

モンスターハンター3G / カプコン
モンスターハンター3G / カプコン
 ↑このソフト予約してました〜〜〜
(好きな事はちゃんと一人で出来ちゃうんですよね、不思議君ですわ)




☆参加しているブログランキングです☆


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



また週に一度の更新ペースになってしまいました。
これ以上遅くならないように、したいとおもいます。

書きたいことはいいっぱいあるんですよ・・・
あ、これっていい傾向かも!

それではまた〜〜

最後までお読み下さってありがとうございます^^
拍手する
posted by はるぼん at 18:50 | TrackBack(0) | ちびぼん小学校6年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。