PAGE TOP

2015年05月17日

二次障害にならないために温室育ちにする必要はないけれど



二次障害を未然に防ぐには親の務め



と、わたしは思うのです。
こんなことを言うのは、息子をそうそうに二次障害にしてしまった過去があるからです。

小学校二年生です。
楽しい盛りの七歳児です。
毎日が輝いている七歳児です。

担任の間違った指導を見逃してしまった。
担任の偏見を感じつつも信じてしまった。
息子の変化を気がつきつつも時間が解決すると思ってしまった。

気がついたときには、もうしっかりと小児うつ。
身体的なストレス症状もそれはそれはひどかった。
抜毛、夜驚症、そして記憶障害。

少し落ち着いた頃うけたWISCで、発達遅延の数値が出たくらい。
(一度受けた脳の傷はなかなか復活しません、6年かけても元の数値には戻っていません)

二次障害は甘く見るものじゃあないのです。

とは言っても、すべてを回避する方法などない。

親ができることは、子どもの変化を見逃さないこと。
そして、子どもだからこそ、義務教育期間だからこそ、学校にはしっかりとした支援をお願いすること。

これがとても大切なことだと思うのです。

そうすればたとえ二次障害になりかけても早目に気がつき、早目の対応が出来ます。
何年も何年も、子どもの苦しむ姿を見なくても済みます。
当然、本人も楽に生き生きと生きられます。


二次障害についての考え方



twitterで二次障害についての考え方がいろいろ語られました。

二次障害は治るものだからなったら考えればよい?
こちらはまとめです。

当事者や専門職の方、親御さん、いろいろな方の意見です。

人間が成長するためには、経験が必要。
わたしもそう思います。

ただ違うのは、発達障害児にはその経験も注意して丁寧に見守りながらしてもらうということ。
(成人したら別です)

二次障害が治るというのが事実かどうかは別として(わたしは40年以上抱えたままです)確かに生まれつきのものではないので、寛解することはあるでしょう。
特に早めに気付いて専門家の力を借りたときには、その苦しみも短くてすむかもしれません。

二次障害を恐れるあまり、温室で育てるようなことまではしなくていいと思ってはいます。

しかし、子どもの内は、本当に丁寧に見守ることはしつこいようですが必須ではないでしょうか。

二次障害を経験した親御さんほど、子どもに関しての二次障害を恐れるのは当然と思います。
だから、どうすれば二次障害を防ぎつつ、その子の成長を促していくか、そのバランスがとても大事ですし、やっぱり丁寧な子育てというのが発達障害児にはぴったりだと思うわけなのです。


発達障害児者にありがちな誤学習



よく成人当事者の誤学習について、問題定義される方もいらっしゃいます。

成人になってから誤学習を正すのはとても時間がかかるので、早めに(子どものうちから)誤学習をさせないように育てていかなければならない。

そのとおりだと思います。

ただ、誤学習について、今、問題になっているのは、発達障害を発見されずに育って、成人してから診断を受けた大人の方がほとんどではないでしょうか。(わたしもそのうちの一人です)

今の子どもたちは早めに専門家の力を借りている子がたくさんいます。
誤学習についても、親御さんが丁寧にその時その時で、きちんと指導していると思います。
我が家では、そうしています。

大げさに話題になる、「支援を受けるのが当たり前」といった誤学習(果たしてそれが誤学習かどうかは置いておきます)等に関しては問題ないように思うのです。
たとえ、支援をお願いするにしても、お願いするからには感謝の気持ちを忘れずに、ちゃんと言葉にして。というマナーのレベルでの学習で充分だと思うからです。

誤学習を恐れるあまり、普通の人々普通の子どもたちが自然と覚えられる、一般社会の細かい常識まで教え込む必要はないと感じています。

それをするには、よほど自分がきちんとしてから、つまりは自己肯定感がしっかりと育って、自分の生きる希望もきちんと芽生えて、自らの気持ちで社会とかかわりを増やして生きたいと感じてからで充分だと思うのです。

でないと、二次障害になるリスクを増やすだけです。
しかも、自分自身に脅迫的な「ふつう」という観念をも間違って育ってしまう恐れもあります。
これは大きくなってから、成人してからひどい二次障害に陥る元になると思うのです。

障害受容にも関ってきますが、自分が普通と呼ばれる人々とは違うことをちゃんと知っていることで、生まれる肯定感からは反対のベクトルにあるのではないでしょうか。

病識がない人。と同義ですね。

ちゃんと障害受容できて、自分の歩く道を想像できて、それから社会についての細かいことを覚えていったほうがうんと覚えるスピードも早くなると思います。
それにリスクもほとんどありません。

子どものうちには、丁寧に、一般社会のルールとマナーについて、その時々にきちんと教えていけば、充分だと思います。
多くを望みすぎるのは欲張りだとわたしは思います。



自己肯定感を育てるには



まとめとして。

二次障害を防ぐにも、誤学習を防ぐにも、自己肯定感が育っていないとお話になりません。

まずはその子その子にあった、自分の良いところを伸ばすこと。

これがとても大切だとわたしは切に思います。

自分の好きなことが増えれば増えるほど、自分の得意なことが上手になればなるほど、自己肯定感は育ちます。

普通の子と同じに出来たって、普通の子はそれを何の苦労もせずに出来てしまうのです。
それを精一杯の努力で追いついたって、自己肯定感があがるとは思えません。

だからその子にあった、その子がもって生まれたものを大切にしてあげたい。

わたしはそう思って息子を育てています。

いい子に育っていると思います。




DSM-5対応   神経発達障害のすべて (こころの科学Special Issue) -
DSM-5対応 神経発達障害のすべて (こころの科学Special Issue) -



最後までお付き合いくださってありがとうございます。
それではまた〜。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
こんばんは(^ω^)

発達障害の子供たちの二次障害を防ぐために、、
出来ることって何だろう?
本当に私もそう思います。

あの時気づいてこうしていたらよかったの?とか
今でもやっぱり思うこともあるけれど、
そこを啓発し続けていくことが抑止に繋がるのなら
私も書き続けようと思います。

はるぼんさんの記事に勇気をもらいました。
リツイートも多くて驚きましたが、
それだけ多い現実があるんだろうとも感じました。
Posted by むーに at 2015年05月19日 22:11
♪むーにさん♪

コメントありがとうです^^

発達障害の子どもたちって、何気ないことで躓いてそれが悪く転がると二次障害になってしまう。

二次障害を恐れるあまりすべてを肯定して育てるわけにはもちろんいきません。だからこそ、丁寧に慎重にはぐくんでいくしかないのかなあと今回特に感じました。


むーにさんも今真っ只中だと思います。
アレコレ考えすぎてしまうこともあるかと思いますが、わたしたちにできることって、おっしゃるように、少しでも啓発啓蒙していくことなんだろうなと。

いろいろな情報があふれている中で、大切なことって一人ひとりをきちんと見つめることだと思うのです。

治るといわれると飛びつきたくなる気持ち、親ならありますよね。難しい世の中です。

毎度の事ながら遅いお返事になってしまいましたが、すみません。
Posted by はるぼん at 2015年05月27日 21:02
うんうん、と思いながら、読ませて頂きました

2次障害を想定して、先回りして、動いてしまうところが今の私にはあります

社会環境、学校環境もここ数年で変わってきた昨今
親の考え方も随分、変わってきたなと周りをみて感じます
支援は手厚い今
学校任せのところも多い気もするし
それで、成り立っているのですよね

やれることはやっていきます

高校入学して1年過ぎたら、本当に将来的な進路を見据えて、考えなきゃいけない、
息子も2年になり、ここが、一番大事なところかなと思って、考えています
親の考えではなく、本人の考えと合わせるところが、ここ、2年の、課題と、将来に繋がることだなあと思っています

Posted by まめこ at 2015年05月29日 18:59
♪まめこさん♪

こんにちは。コメントありがとうございます^^

読んでくださって嬉しいです。
二次障害の怖さを知れば知るほど先回りしてしまう親の心はやはりありますね。

ここ十年で発達障害に関する考え方、支援、教育などどんどん変化していってますものね、昔のように親が全部を背負って走り回る。ということもなくなりつつあるような感じがしています。
これはいままで苦労して来た親御さんたちのおかげであるのですよね。

うちの息子も高校入ったとたん進路の話がやはりありました。
将来に向けて、いろいろ考えていかなければなあと。

またお話聞かせてくださいね。
Posted by はるぼん at 2015年06月02日 16:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。