PAGE TOP

2015年04月24日

発達障害児が不登校になりやすいのは何故なのか?とても理解しやすい本を紹介いただきました



学校コワイ



発達障害児が何故不登校に陥りやすいのか、とてもわかりやすく教えてもらえる本の紹介がむーにさんのブログにありました。

むーにさんには、時々コメントをいただいたり、ブログ記事で、不登校という共通の悩ましいことでいろいろ教えていただいたり、考えさせていただいたりしています。
最近twitterでもお世話になっています。

そのむーにさんの記事で、とてもいい本が紹介されていました。

ワガママで「学校がコワイ」と言ってるわけじゃない。ーなきむしでいいじゃん

読んでみてビックリしました。
息子と同じ感じなのだろうか?と想像していたら、何と、わたし自身の小学校の記憶と重なる部分が多くて軽くフラッシュバックしてしまいました。

時間割って何?
黒板って何を書くの?
給食当番は何をすればいいの?
学校は迷路みたいですぐに迷子になっちゃう。
学校に行きたくない。


これ、わたしの小学校低学年時代とほとんど同じ。
違うところは、私の性格が自信過剰だったということ。
何をしても許されると思っていた鋼の心臓の持ち主だったこと。
(事実は分かりませんが、わたしの小学校時代はそういう性格でした)

そのためいじめを受けても、いじめという認識がまるでなく、結果放置された。という過去です。
わたし自身としては放置されたことによって、自分の好きなことが出来るので、良しとしていたと思います。
ただ、学校には行きたくなかった、隙さえあればお休みしていました。(親の目を盗んで勝手に帰宅して隠れている)

やっぱりわたしASDだわ〜と痛感いたしました。

ASDの子どもが感じる学校というわけの分からない恐怖。
何故怖いのか?が、この本は丁寧に書かれています。

むーにさんも書かれていますが、残念なことに一般書として通常の書店やAmazonでは購入できないようです。

絵本の形で手に入れるならば、下記リンク。
(株)From A Village書籍購入のページ

直ぐに読みたいのであれば、下記リンクからダウンロード(無料)
NPO法人 NaD (ナディー 旧奈良DAISYの会)のダウンロード可能な図書のページ

わたしは、DLして読んだのですが、これはできればちゃんとした本の形で読んだほうがいいなと感じました。特に発達障害の子どもさんが読むにはぴったりだと思います。

むーにさんも、記事の中でおっしゃっていますが、支援者の方々にぜひ読んでいただきたいと、わたしも思います。


この作品は、
大阪市教育委員会 第13回「はーと&はーと」絵本原作コンクール 奨励賞 受賞作品
作者 よつば もこ
挿絵 かしだ あゆみ
発行/ASDヴィレッジ出版



今日はいい本との出会いがあって、よかった。
むーにさん、ありがとうございます^^


すべての不登校の子どもたちが、学校という(鎖?檻?恐怖?苦痛?)から、どんな形でもいいから逃れられるといいなあと願います。

特に幼い子どもたちの恐怖を何とか除いてあげてほしいと切に思います。
小さな子どもの二次障害はとてもとてもつらいものがあります。
教育関係者の皆さん、どうかよろしくお願いいたします。


それではまたー。最後までお付き合いくださってありがとうございます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
拍手する
posted by はるぼん at 13:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 不登校に関して・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^ω^)

『学校コワイ』の紹介と、リンクを貼って頂いてありがとうございました。
さすが、はるぼんさん♪出版元などの情報もしっかり貼って頂いて、こちらこそありがとうございました。

定型発達の人がどんなに想像しようとしても理解し難い特性を持つ子どもたちの感覚や認知の問題を、当事者の言葉で、しかも分かりやすく表現できた絵本だなぁと、私も・・今でも読み返すたびに思います。

で、、この絵本を購入したのは3年前なので、初版分がどのくらい残ってるか・・本当は分からなんですよね。。。
でも、発達障害と診断されるお子さんが増えてる現状と、実際に小学生の不登校児が増えているのは事実なので、出来たら重版してもらいたいくらい『良い絵本』だと思うんです。

リクエストが増えて、いつか学校図書になるといいな〜、なんて野望がふと浮かんでしまいました。笑
こちらこそ、ありがとうございました(*´ェ`*)ノ
Posted by むーに at 2015年04月24日 14:42
♪むーにさん♪

コメントありがとうございます^^

本当に学校図書になるといいですね。
通常の出版流通に乗らないのももったいないほどいい絵本だと思いました。

久々に自分の心もスッキリしました、いい絵本を紹介してくださって本当にありがとうございます。
Posted by はるぼん at 2015年04月24日 19:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417847483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック