PAGE TOP

2015年04月20日

睡眠障害・朝どうしても起きられない子を親が起こす方法はあるのか?




ASDの子は睡眠リズムが乱れやすい



息子には睡眠障害があります。
つい一年前までは、その障害は「既日リズム障害」と親も本人もドクターも思っていました。
ある時期睡眠表を付けてみて、その睡眠表の結果からドクターが専門医に紹介してくださって、一日入院して調べる「睡眠ポリグラフ検査」をして始めて正式な障害名が下されました。
「非器質性過眠症」です。

既日リズム障害(wikipedia)
睡眠ポリグラフ検査(wikipedia)
非器質性過眠症(過眠症ランド)


10年以上悩んだ睡眠に関しての問題が一気になるほど〜〜となった瞬間でした。
とはいえ、診断名がついて新たなお薬でその程度のほどは調節できるとはいえ、昔から抱えている、朝起きられないという問題はまだまだ続いています。


息子の朝起きの過去の話



小さなうちは、無理やりにでも起こして保育園に連れて行くことも可能でした。
(本人の脳は寝ている)
要するに担いで通園させるというわけです。

今から考えると自閉症の子どもにとって目覚めたら保育園にいたなんて、さぞ毎日がパニックだったろうなとは親として反省項目です。

子どもは当たり前ですがだんだん大きくなります。
上記の方法は小学校に入る頃には当然出来ません。
それでもまだ、身体を無理に布団から離すということは出来ましたので、息子は起き暴れしつつも、何となく小学校低学年の内は何とか起きて通っていました。
(毎朝大泣きでしたが…)

一年生のときは、担任に良い先生に恵まれ朝はしんどそうでしたが学校へは楽しく通っていました。
ところが、二年生になって、担任が代わり、学校=しんどい所となってしまいまして、朝起きることを拒否しだしました。
そんな折、学校である事件が起きまして、このまま息子を通わしていたら大変なことになると気がつきまして、登校するのを拒否することにしました。

その頃には、息子は夜驚症になり、抜毛もはじめ、完全に二次障害を患ってしまっていたので、本人をゆっくりさせるためにも必要な休み時間でした。

約半年間、家での生活をしていましたが、親として出来るだけ朝起きて日中は何か活動して、夜決まった時間に眠る。
ということを進めてきてはいましたが、それもとても難しかった。
何よりも、夜眠ることに恐怖を覚えていて、家中の窓を全部カーテンで覆った上、部屋の明かりを全部つけていないと怖くて眠れないという、睡眠にとってはあまりよくない状況でしか眠ることは出来ませんでした。
日中でもカーテンを開けることが怖くて、息子がいるときは締めっきりになっていましたし、日中日光を浴びてメラトニンを増やして〜などという、通常の睡眠リズムを整えることからはかけ離れた生活になっていました。

三年生になって、母同行の登校となりましたが、なんとかこうとか朝起きて登校することが出来ました。
それはまたもや担任の先生と、クラスメイトに恵まれたことが一番の原因だったと思います。

とは言っても、朝一番に登校できることはほんとに数少なくて、遅刻して学校に行くことがメインでした。
もちろん毎日は登校できていません。週に3日登校できれば御の字でした。

10歳くらいからだんだんと、息子なりの睡眠リズムが出来上がってきました。
それは普通からはとんでもなくかけ離れたリズムでしたが、それでも安定してきた証だと感じました。

24時間眠り続ける。
夜中中起きていて朝学校に登校する→早退して帰ってくる
また、長時間眠る。


こんな感じでしょうか。(このリズムの名残は今でもあります)

さて、この当時の起こし方です。

脳は寝ていますので、いくら声かけしても当然起きません。
水でぬらしたタオルを顔においてあげても目覚めません。
ほっぺたパチパチ軽くたたいても起きません。
腕や肩を動かしても起きません。
身体を垂直に起こしてもおきません。

高学年になる頃には力もついてきますので、眠りながらも睡眠をジャマすると手足を振り回してそれを拒みます。あたると結構痛いです。

つまり、起きる時間ではなく本人が起きられる時間に起きないと起きられないということです。

もうこの頃にはわたし自身の体調も悪くなっていましたので、息子に付き合ってずっと起こし続けることは精神面にも体調面にもよいことは何もないので、私のカウンセラーさんの助言に従って、一時間か二時間おきに息子を起こすことに決めたのです。
起こして起きそうもなかったらそのまま眠らせておきます。
一時間後にもう一度起こします。
起きそうもなかったら、そのまま眠らせます。

こんな感じで、本人が自然と目覚めるまで繰り返していました。

当然昼過ぎまでかかってしまうこともありましたが、なんとかなりました。

わたしも、付きっきりで起こしていたときよりぐっと楽になりました。

起きない子を起こすには、一時間か二時間おきに起こす。

これおすすめです。


社会のリズムに合わせていく



睡眠科の主治医から聞いていることをまとめます。


・夜の食事時間を守る
  一定の時間を決めて毎日その時間に食事を済ませる。
  このことで、夜眠る時間も自然と安定し、朝おなかが空いて目覚めるようになる。

・眠る前のゲーム、PC、スマホなどは禁止
  良く聞かれていることとは思いますが、目に刺激を与えることで眠りにつきにくくなる。

・日中できるだけ光を浴びる
  これもメラトニンの関係ですね。朝起きたらベランダに出てぼーっと座らせているだけでもいいようです。


・睡眠リズムを正すお薬「ロゼレム」は四分の一程度の量でよい
  何故かはわかりませんが、主治医の指示に従って一錠飲んでいたところを四分の一にして見ましたら、そちらの方が効果が上がったように思えます。
  (もし、このお薬を飲まれていて量の加減をする場合ドクターとご相談くださいね)


睡眠科の主治医から聞いたことで、これは睡眠障害の人だけじゃなく、自閉圏の子どもたちにも大人にも納得いくことだなあと思ったことがあります。

それは、

睡眠に障害があろうと、社会はそれにあわせてくれることはない。
だから、睡眠に障害があっても、何とか社会に合わせるようにしていかないといけない。
そのために、薬の力を借りて、生活のリズムを整えてやっていくしかない。
その代わり休みの日は丸一日寝ていてもいいじゃない。
(過眠症のお薬も土日は飲んでいません)



多数派の社会にあわせて生きていく。
それはとても大変なことですが、すべてをパーフェクトにあわせる必要はないし、今出来る事を基準にしてその部分をあわせていくことで、無理なくあわせられるように、お薬や専門家の力を借りて生きていくって事は大切なことだなあと、思ったわけです。

今、自閉症だけでなく色々な障害も社会のほうが少しずつあわせてくれるようになって来ています。
その部分を上手に利用させてもらって、社会の一員として暮らしていければいいんじゃないかと思うわけです。

学生の内は、まずその一歩として、少しずつでも学校に通えればOKと思っています。
遅刻しても早退してもいいじゃない。
完璧にこなす必要はないのですから。

そんな風に思っています。


今回の記事は、いただいたコメントのお返事として書かせていただきました。
睡眠に障害のあるASDのお子さん、もちろん大人の方も多いと思います。少しでも参考になれば幸いです。

あ、最後になりましたが、睡眠表を付けることも、自身のリズムを見つけるための大切な手段の一つです。
最近はアプリなどでも、良いものがたくさん出ています。



熟睡アラーム-目覚ましと睡眠記録でスリープ&リラックス!

Screenshot_2015-04-20-10-24-05.pngScreenshot_2015-04-20-10-23-49.png
このアプリはわたしが使っています。
正式な睡眠表にはなりませんが、自分の短時間覚醒がどのくらいのものかを知りたくてはじめました。
良く押し忘れをするので完璧ではありませんが、なかなか調子がいいです。

ぐっすり〜ニャ/睡眠記録
ねこさんがなかなかかわいい^^
快眠ノート

手書きで行う睡眠表はなかなかとめんどくさくて付けるのも大変です。(それでも正確な睡眠障害の診断には必要なものではあります)まずはためしにこういったアプリを利用するのもいいかもですね。


睡眠障害のなぞを解く 「眠りのしくみ」から「眠るスキル」まで (健康ライブラリー) -
睡眠障害のなぞを解く 「眠りのしくみ」から「眠るスキル」まで (健康ライブラリー) -

*自閉症と睡眠について=参考サイト=
自閉症と睡眠障害−眠りを助ける方法〜セニハラハカエラレヌ
自閉症児の睡眠についての研究pdfファイルです
自閉症と睡眠障害〜ファンタジーがいっぱい(自サイト)

光で目覚める朝。睡眠に悩む方々、子どもたちへ〜光目覚ましと睡眠リズム〜2016年05月03日 ファンタジーがいっぱい。
光目覚ましについての記事です。


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。
また近いうちに〜

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
拍手する
posted by はるぼん at 16:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 睡眠について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とてもわかりやすい文章でためになります。
プリントアウトして何度も読み返したいと
思います。ありがとうございました。
Posted by sizuku at 2015年04月21日 15:38
♪sizukuさん♪

読んでくださってとても嬉しいです^^

うちの息子の症状なので、お子さんに当てはまるか分かりませんが、一つだけ共通して言えることが、起こす側が疲れてしまわない工夫が必要。だと思います。

ただでさえ、保護者として発達障害の子の育児(思春期迎えても)は何かと大変。
親が疲れきってしまわないように、適度にゆるゆる育児するのも大切なことだと思いました。
Posted by はるぼん at 2015年04月24日 19:25
我が家の中一の息子も今まさに同じ状況。

朝がとにかく起きれないです。。
ずっと不登校だったというのも手伝って、早起きをするというのが、とてつもなくしんどい行為というのは親としても分かるのですが💦😅

起こしに行っても、覚醒がされてないと不機嫌全開で叩かれて、布団をかぶってしまいます。
後で起きてから聞くと、「覚えてない」と言われる💧

本人は起きたい気持ちがあっても、自己コントロールの弱さから、難しくって。
起きてからが、「なんで起こしてくれんかったん!」と八つ当たりの逆ギレ。。。

数時間ごとに声かけて、覚醒した時は会話も穏やかに出来るし、起きてこれます。

成功体験を積み重ねるのが大事な中、ちゃんと起きれなかった、学校に行けなかったっていう自分を許せない気持ちも溢れて、八つ当たりが始まり家中の中がピリピリ😱

休んだっていいんだよ。
遅刻したっていいんだよ。って伝えても、本人が人と違う事をする事も嫌なのでしょうね。
難しいです。

私も毎日「起きれるか?」という事が気にかかり、熟睡が出来なくなりました。

数時間ごとに起こす。ってのを同じようにしてる方がいると知って、少し気が楽になりました。
Posted by 花 at 2016年04月14日 08:34
花さん>
お返事遅くなってしまいました。ごめんなさい。

睡眠科の主治医のお話で思春期が一番大変だとか…
我が家の息子現在高2になりましたが、だんだんと寝起きの大変差が落ち着いてきました。

息子さんご本人が自分を責めてしまうのは親としてつらいですよね。
大人になるにつれだんだんと、朝起きのつらさも落ち着いてくるはずですので、それを安心材料にしていただけるとうれしいです。

母親としてきちんと起こしてあげたい気持ちと自分の体力と気力とで、ご自身が参っちゃうのですよね。
お母さんこそ多少手を抜いて、ご自分を労わってあげてください。

今日は書けないと思いますが、次の記事は「睡眠障害の朝起き」についてお役立ちをご紹介しようと思っています。

もしまたこちらを覗いてくださったらぜひご覧になってください。

コメントありがとうございました^^
Posted by はるぼん at 2016年04月26日 14:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。