PAGE TOP

2014年07月30日

非器質性過眠症〜モディオダール服薬開始です




ナルコレプシーの検査の結果がようやく出ました。
ナルコレプシーの検査を受けることになりました
この記事を書いてから三ヶ月弱。
検査を実施したのが6月の中旬でしたから、結果がこの頃になってもおかしくはない。
検査待ちがすごいのです。
昔、発達検査を長く待ったことを思い出してしまいました。

検査の内容は
 PSG(終夜睡眠ポリグラフ)検査
 MSLT(睡眠潜時反復)検査


PSG(終夜睡眠ポリグラフ)検査は、
脳波やら眼電図、筋電図(頤、下肢)、口・鼻からの気流、胸腹部の運動、心電図、血液の酸素飽和度を夜中一晩かけて調べる検査です。
MSLT(睡眠潜時反復)検査は、
終夜睡眠ポリグラフ検査を施行した翌日に行い、日中の眠気の程度、レム睡眠の出現の有無を評価することです。
いくつかの終夜睡眠ポリグラフ検査の測定項目を省略して、1日に4〜5回の睡眠検査を行います。
その中でレム睡眠と入眠までの時間を調べます。


結果を書きます。

完全なるナルコレプシーの診断ではありませんでしたが、そのお隣の過眠症との事。
正式には非器質性過眠症と診断を受けています。
成人して年をとっていくにしたがって改善されていくだろうとのこと。

治療としては。

やはりモディオダールが処方されました。
週に二日飲むのをお休みするようにと言われています。
通常のお休み、土日に休むようにと。
今週の月曜日から飲み始めて今日で三日目です。

普段なら日中昼寝をしたり、朝からずっと寝たきりだったりの診断名以上の過眠症そのものだったのですが、薬を飲み始めてから日中、眠気が来なくなったとかで昼寝も横になることもしていません。
(問題は朝スムーズに起きられるかだけです)
心配していた初期段階に現れるだろう副作用もなにもなし。
息子にはぴったりの良いお薬をいただいたと喜んでいます。

もちろん、このモディオダール。
今まで飲んできたどのお薬よりもきついと言う表現があっているかどうか、強いお薬?だと思います。
薬だけに頼ることなく、日中元気でいられるように今まで以上にいろいろ工夫をしていきたいと思っています。

最後に、
本当におまけみたいな感じなのですが、
わたしも同じ検査を同じ日に受けて、結果まで同じに出ました。

主治医は遺伝ですねえと、何故かにこやかにそういってくれました。
そして、遺伝子検査も軽く勧められたのですが、何と言っても自費の検査、検査自体には興味はありますが懐の痛さには変えられません。
どうしても必要になったときに受ければよいと心に決めました。

今後、このモディオダールと息子の状態のこと、出来るだけ書いて残しておきたいと思っています。
幸いなことに、わたしも息子と同じく、このお薬の効果で日中の自分時間を長く取れるようになりました。
上手くいけば、ちゃんと記録できると思います。

子どもの睡眠外来―キーワード6つと国際分類活用術 (小児科Wisdom Books) -
子どもの睡眠外来―キーワード6つと国際分類活用術 (小児科Wisdom Books) -


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



最後までお読みくださってありがとうございます。
また、近いうちに。
拍手する
posted by はるぼん at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちびぼん〜中学三年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。