特別支援教育について、今日も書きます。




昨日「他者を困らせる、自身が困っている」をアップしたばかりですが、また特別支援教育について書こうと思います。

それは、少々ショックなブログ記事を読んでしまったから。
現実をちゃんとみつめて今後も歩んでいかねばならないから。

参考ブログ
 うちの子流~発達障害と生きる
 特別支援教育の地域格差について考えてみた。

特別支援教育についての地域格差を主題で書かれているのですが、わたしがショックだったさわりを引用させていただきます。


私は今年度、通級指導教室の親の会役員をさせていただいており

先日行われた総会のディスカッションであるNPOの方に伺った話によると

国の方針は今後、支援学級や通級教室を増やすのではなく

支援をつけて通常学級に共存する方針だと。

その場には市の発達障害支援センターの方や

市議会議員の方も同席していたということは間違いないんだろうなと思います。

つまりは特別支援教育自体の縮小ということでしょうか。




つまりは特別支援教育自体の縮小ということでしょうか。

って、うそでしょ。
教育まで逆行させてしまうものなの???

ここに引用させていただいた文だけですと、噂の域を超えないと思いますが記事全体としてきちんと資料を打ち出した上でのお話。
信憑性が増します。
(それでもまだ、信じたい自分がいるのです)

このことをきちんと受け止めて、国が今、逆行していく考えならそれをまた元にもどしていく努力をしなければと思いますし、
子どもたちにはできるかぎりそれぞれにあった教育を受けてもらいたいし、学校に無理せず通える環境にしてもらいたい。
親の努力で出来るものならば、子どものために努力するでしょう。

うー
nanaioさん、現実を受け止められずにうろたえているわたしがここにおります~~



どうすればいいのでしょうね?

今まで、これからの子どもたちこれからの障害児たちのために少しでもなればと思いつつ、支援が不満足であっても根気よく丁寧に学校と話してきたのは何だったんだろう。
次年度入学してくる子が少しでも楽しく学べるように、
息子と同じタイプの子が入ってきたときに少しでも参考になればと、
余計な話しもしてきちゃったじゃありませんか。
(決して余計は話ではなかったと思いますが)


こういうときにやっぱり自分もしっかりと発達障害ASDだなあと痛感する瞬間です。
変化はあるだろうけれど、まさか逆行するとは。

普通級しか選べない子どもたち。
居場所はちゃんと作れるのでしょうか。

勉強が苦手なタイプの子やLDの子はどうなってしまうんでしょう?


と、凹んでいても始まりませんし、今、急に変化するわけではない。

今から義務教育を向かえる発達障害児たち親御さんたちは、普通級か支援級と選ぶ機会が減ってくるかもしれないけれど、そこのところは丁寧に、学校側と話し合いを続けていくしかないですね。
それは入学前からはじめてほしいと思います。

出来るだけ丁寧に、根気よく。
わたしは苦手で出来なかったことですが、同じ地域の先輩たちの話も情報としてちゃんと仕入れておく。
こういう動きがより大切になってきますね。




昨日も同じこと書いていますが、今年で義務教育を終えるちびぼん。
過去のこと冷静に見つめなおして、情報として発信していきたいと思います。


通常学級での特別支援教育のスタンダード -
通常学級での特別支援教育のスタンダード -



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村


最後までお読みくださってありがとうございます。
それではまた。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

人気記事