顔の表情声の表情を取得するには1




昔も少し記事にしたのですが、表情についてこの機会にきちんとまとめようと思い立ちました。

まあ、私が取得してきた程度のものなので、大したものではありませんが、顔(声)の表情でお悩みの方がいらしたら、割と簡単に出来るという方法をまとめてみようと思います。

まあ簡単といっても、

1、表情は感情の表現ではなく、一種の技、ツールとして使うという意識を持つ。
2、顔の筋肉トレーニングです。
3、自分の顔とある程度の時間見つめあうことが耐えられる。

と言う事が必要になります。


いわば、お正月の福笑いのようなもの・・・をイメージしていただければOKです。
筋トレとしては、少し難しいかもしれません。
女性だったら、美容の為とか思うと少し楽かもしれません。


さて、ここまで書いて・・・

何故この記事を書きたくなったか・・・

はじめににばらしておきます^^



色々と参考にさせていただいております、狸穴猫さんのブログ「アスペルガーライフblog」
2010年07月21日 (水)の記事『 定形発達者は「態度・口調・表情」を通して「気持ち」が「伝えられた」気分になる』

こちらを読ませていただいて・・・

表情のスキルアップ!
これを書きたくなったのです~~~~

めんどくさがりでも、何でいちいち表情で人の心境を判断するの?と不快な方も、少しでも社会に馴染もうと思ってらっしゃる方も、知識として覚えておいて損はないと思ったことを書かせていただきます。


3回くらいに分けての記事になると思います。



*********************************



まずはじめに・・・


気持ちと表情は同じでなければならないという定型発達者の常識は無視しましょう。

そしてそれを逆手に取り、さらに日本人である事で有利になる表情を覚えましょう。




私の表情を例に出させていただきます。
 ↓
default.png
髪の毛ありませんが、表情をわかりやすくするためですので・・・誤解のないように^^

注目していただきたいのは、3点。

『まゆ』 『目』 『口元』

表情はこれだけで十分です。(日本人でよかった~~)

上の顔は私のデフォルト常態の顔です。
目は半開き。まゆにも力はありません。口元もやっと閉じている程度。



それでは、このデフォルトの表情。口元だけ変化させて見ましょう。
default-koukaku.png
口角を上げてみました。

近所の方と会釈するにはこの程度で十分。
使うのは口元のあたりの頬の筋肉のみ!

鏡を見ながら、口もとだけ見つめて、口角を上げる練習をして見ましょう。
なれないと少し引きつる感じになると思いますが。
たくさんでなくていいから少しだけ口角を上げる筋肉の使い方を覚えると・・・感情に関係なく、不快感のない程度の笑顔になれます。
default-koukaku2.png
この程度の口角の上げ方でも大丈夫です。男性の場合はこちらの方がベストかも。

馴れるまでなりやすいのが・・・
default-koukaku-ng.png
どうしても、噛み癖とかふだんの使っている筋肉の関係でアンバランスな口角の上げ方になってしまうことがあります。
これは出来るだけ避けた方がいいです。

お子さんに表情を覚えさせるのは早いですが、噛み癖などは注意してあげた方がいいかもです。

もうひとつは、これ。
default-egao-ng.png
笑顔を意識すると、どうしても歯を見せて笑う・・・と言う幼児の絵本に出てくるような顔になってしまいます。
これは日本人としては大袈裟で、不自然な表情とされがちです。(誤解を招きやすい)
唇は閉じて口角だけあげることに集中したほうが良いと思います。

どうしても歯を見せて女優やモデルさんのような笑顔が必要な場合は・・・
それこそ、ファッション誌や女性誌を真剣に見て、学びましょう。

歯は前歯が少しくらい出る程度、口を大きく開けない。
default-egao2.png
こんな感じかな~~目が半開きでも、なんとなくいい感じに見えちゃう!
これ不思議。
面接用に練習してもいいかもですね。


default-koukaku-ng2.png
緊張すると、への字口に・・・これは使い道があります。

気づいたら、まわりから笑顔が消えていたとき。
誰かが仕事を失敗したときや、マイナスとされる情報を聞いたとき。
口角を下げるだけで、「ああ、コイツはこの件に関して何か共感、又は考えているんだな~」と定型社会は勝手に思ってくれます。(はるぼん経験より)

もっと深刻そうなとき、あるいは謝罪を要求された時は・・・
default-mayu.png
まゆを寄せましょう!

まゆ一つで表情は苦しげに、悲しげに、悩んでいる風に、申し訳なかったと思っているように・・・見えてしまいます!




いかがでしょう?

今日は口元を中心に、書いてみました。
頬の筋肉は、毎日の食事で使っているので、そんなに難しくないと思います。

ストレッチとしては、「あいうえお」をゆっくり、声を出さずに口だけを動かして、形を作るのがいいですよ~~

あと思いっきり大きな口をあけて、次に梅干婆さんのようにくちびるをつぼめる。

これ、3回やるだけで顔が痛くなります・・・^^;;



ちびぼんもなのですが・・・
子どもの内に表情を作ることを覚えると、色々二次的な苦しみを産んでしまうことがあります。

ですからこの表情のツールは、大人の方に・・・

と私は思っています。

思い込んでこだわりの表情にさせてしまったら、取れない仮面になってしまいますから・・・
お子さんはやめて欲しいです。




次回は、まゆと目の表情を中心に書かせていただきます。

顔の表情声の表情を取得するには2(2010年07月27日)



尚、この表情の顔は・・・「似顔絵イラストメーカー」さんを使用させていただきました。ありがとうございました^^




☆参加しているランキングバナーです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


最期までお付き合いくださいましてありがとうございます^^

今日はちびぼんの通院とカウンセリングでした。
またちびぼん関係の話もたまってきています~~~
おいおい記事にしていきますのでよろしくお願い致します。

しっかし、今年の夏は暑さが厳しく感じてしまう・・・
もうバテバテの私でした~~~


この記事へのコメント

  • ぴぃたろー

    笑うのが下手で
    こっそり、鏡を使って練習しました。
    思ったより「上」の位置に
    力を入れないと、笑った顔に
    ならないのですよね…。
    2010年07月25日 21:18
  • はるぼん

    ♪ぴぃたろーさん♪

    ぴぃたろーさんも笑うのが苦手だったのですね~
    そうそう、以外に力を入れないと上手く行かないのですよ。緊張しすぎるとまた力が入りすぎて変な顔になっちゃうし・・・
    鏡とはお友だちになるのが一番!

    絵を書かれる方は、ちょっとしたしぐさや表情で何かを表したりしますよね~
    私は、ぴぃたろーさんの絵の色使いと、何と言っても目が大好きです♪
    2010年07月28日 22:44

この記事へのトラックバック

人気記事