PAGE TOP

2009年07月30日

ちびぼん。主治医からの告知(お話)




今日はちびぼんの通院日でした。
児童相談所です。

先日のTV世界仰天を二人で見た〜から、何となく告知。
名前だけははっきりと告知。
マイナス面もちょっと告知。
プラス面を山ほど告知。

という形になっています。

ちびぼんの中では、自分の障害名「アスペルガー症候群」の事を、色々知りたくて、たまらないと言う状態になってきているようです。

日常の会話の中で、ふとしたことで尋ねてくることがあるので、その度に丁寧に話をしている〜〜〜(つもり)と思います。

が、やはり、母親よりも、専門家の言葉で何かを伝えてもらった方が良いと思い、
ちびぼんにも相談してみました。

ちびぼんは自分から先生にいろいろ聞いてみたい。

と言いました。


という訳で・・・

ドクターにはほんとに急で申し訳なかったのですが、いきなり本人告知のフォローをお願いしてしまいました。


先生には、アスペルガーを特集したTV番組を見てしまったこと。
それで、何となく説明はしたこと。

をお伝えし、後はちびぼん自身と先生の会話・・・


D「そうか〜TV見たんだね〜どう思った?」

C「ハイ勉強になりました」

D「ほ〜どういうところが勉強になった?」

C「よくわかりません。でも、他の番組も見ました」

えええ〜〜〜〜〜っ!私がこっそり録画した、成人当事者の問題を扱った番組まで見ていたのか〜〜〜〜〜〜
(その番組は、しっかりとした番組で、当事者を生かす方法、支援のあり方、などをきっちりとらえていました)
さすがに、大人の当事者の話は、よくわからんだろ・・・


D「そうか〜よくわからないか〜、そうだよね、先生だってよくわからないから、色々勉強しているんだよ。」

C(うんうんとうなづく)

D「他のお友達が出来てもちびぼん君が苦手な事もあるよね〜でも好きなこともいっぱいあるでしょ?得意なこととか・・・何が得意かな?」

おもむろに、DSを取り出して・・・
C「今はこれです!自分のおこづかいで買ったんです!」

と、DSを威張って取り出して先生に見せます。



ん〜〜〜〜〜〜〜〜

先生に褒めていただき、まんぞく。。。?

よくわからないけれど、まんぞくしたようです。

ただ、児相の待合に貼ってあった、発達障害の傾向をわかりやすく描いたポスターや、小冊子を、じっと見ていました。。。
そして、私に・・・

「ぼくこんな感じだったよね〜〜」

と、ちゃんと自己分析していました。
(自傷タイプの絵でした・・・ううう。)


これから、自分でわからないこととかあったら、きっとどんどん聞いてくるんだろうな〜〜〜と思ったわけなのです。



ただ、こうして曲がりなりにも本人告知できたことで、生きていく上でのスキル・・・として、対人関係の事、教えやすくなりました。

たとえば、母ちゃんにはデブとか言っても、母ちゃんは傷つかないけど・・・
クラスのお友だちや、お友達のお母さんに「たとえ本当にことでも」デブと言うと、聞いた人は悲しい気持ちになるんだって〜
だから、言わないほうがいい。

ちびぼんが面白いと思ったことが、他のお友達も面白いと思わないときもあるし、その逆で、他のお友達が面白いと思ったことがちびぼんがつまらないと思うこともある。

これは、ちびぼんが他の多数派の人とは違うから。

多数派と違ったからと言って、それはいけない事ではない。

多数派と違ったアイデアや、面白いこと、を考え出す事も出来るんだよ。

だから、このまま自分の良いところを伸ばしていって欲しいよ〜〜〜

と言う感じで、話しています。


告知前よりも、理由がわかっただけで、スムーズに心に響くようです。


今ちびぼんは、苦手な事もやらなきゃな〜〜〜って感じになっています。

まずは勉強・・・宿題、早起き・・・

でも、しんどい時はサボってもいい・・・

こういうバランスでゆれていますね〜〜〜〜〜

だけど不安定なゆれではなく、ちびぼんなりに地面に足をつけている感じがします。


今日、主治医と少し話して、何らかの形でも褒めてもらった事で、自信もたっぷりいただいたようです。


う〜〜〜〜ん。

母はるぼんは緊張しました。

あとで、ドクターに・・・

本人告知はマニュアルどおりには行かないものですよ。
こういった形でも、ちびぼん君が元気でいる。という事は良かったんですよ。

しっかり様子を見て、やっぱり褒めてあげる事と自信を持たせてあげること、これを中心にしていけば良いと思いますよ。


こう言って頂けました。



ちょっと肩の荷が下りた感じです。

でもこれから・・・ですよね。


明日は、私のカウンセリングです。
あ〜〜頭まとまってないな。


☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 読んでいただいていると思うとうれしいものです♪

fc2ブログランキングへ

お読みくださいましてありがとうございます。

本人告知の問題は、またあらためてまとめて見たいと思います。


拍手する
posted by はるぼん at 21:16 | Comment(5) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校4年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

ちょっと抱いたイメージなんですけど
ちびぼん君って言葉の受け答え…というか、
前からも思っていたんですけど、
結構頭の回転速いんですよね。

小3年レベルだと大人から聞かれても
「う〜ん…」と次の言葉が出てこなくて、
つまり言葉の受け答えがあやふやで
結局大人が結論づけるなんてよくありますし、
自分の事を考えるって
僕の中では一つ抜けた感性だなと感じてます。
Posted by junseok at 2009年07月30日 21:49
本人が納得して受け入れてくれたのでまずは一安心ですね。

これで教育のしかたに幅が出たと思います。
以前よりも対応の方法が大きく増えるはずですから、これからが大切ですね。
自分が発達障害だと理解している人間は強いですよ。
気づいていない人に比べて、精神的なストレスの大きさが全く違いますから。
これからは、障害をマイナスに捉えないように注意する必要もありますね。

最終的に「この障害を持って良かった」と思ってもらいたいですね。
Posted by 刈人 at 2009年07月31日 01:14
はるぼんさんお疲れさまです。
本人への告知、親は緊張しますよね。
息子は小3の時に突然不登校になり、その時障害の事が分りました。
本人は、何故学校に行けなくなったのか、自分の頭が壊れたと混乱状態が続いたため、主治医の助けをかり告知となりました。
その時は、怖かったな〜
告知により落ち着きは、取り戻しましたね。
最終的には、自分の特性と上手く付き合ってもらいたいし、自分を好きでいて欲しいと思います。

中学になり今また不登校ですが、彼なりにいろいろ考えているなかな?
ちびぼん君と、夏休み楽しんで下さいね!



Posted by サクラ at 2009年07月31日 06:25
本人告知良い方向に進んでいるようでよかったです。最近のちびぼん君(ブログで拝見する限りですが)ぐんぐん成長というか、吸収というか、を感じますね。うちは、王子が少し反抗期?!みたいな感じで、やりたい事とやらなければいけない事の優先順位が、どうしてもやりたい事1番になってしまって、なかなかうまくいかず、つい怒ってしまう事が多くて・・・王子が寝てからいつも反省・・・
Posted by MYU at 2009年07月31日 14:31
♪junseokさん♪

ありがとうございます!
ちびぼんは、文章でまとめたり、考えてきた事を話したりするのは得意?と言えるかもしれません。
会話の方は、安心できる人限定なんですが・・・(笑
お手紙も好きですね〜
これも、色々な人が温かく迎え入れてくれたお陰だと思っています。

今日はマイクで一人喋りの要領で別館のほうに、アスペルガーについて語ってくれました。
録音したらギャグばかりでしたが〜〜〜^^
よろしければ聞いてあげてください。


♪刈人さん♪

ほんとに一安心です。
親が思っている以上に子どもは大人なんだとも感じました。
今まで以上に、ちびぼんに関する事は隠し事をせずに、なんでも話して行こうと思いました。

アスペルガーに関して、色々と自分で知りたい気持ちが多いようなので、マイナス面での情報は出来るだけ避けていきたいと思います。
まだ、人間の負の面を見るにはやっぱり早いですから・・・
NETは注意が必要ですね。

>最終的に「この障害を持って良かった」と思ってもらいたいですね。

ほんとですね。すべてのこの障害の方にそう思ってもらえるような、世の中になるといいな〜〜


♪サクラさん♪

サクラさんありがとうございます!
緊張のしまくりで・・・三叉神経痛になってしまいました〜笑えますね〜〜〜
息子さん小3で診断が降りたのですか・・・
いろいろと大変でしたでしょうね〜(お子さんもサクラさんも)
本人告知に関しては、恐い部分が多かったのですが、この時期にいい形で出来た事、良かったと思っています。
ずるずると、成人するまで黙っているわけにも行きませんものね。

夏休み楽しんでますよ〜〜〜


♪MYUさん♪

MYUさん、そうなんです。ここ急激に成長している感じがします。
夏休みは子どもがぐんぐん伸びる時期。と言うのはどの子にも当てはまるのかも・・・と感じました。
自分以外の友だちに関心を持ち出した・・・
と言うのが始まりだったと思います。
ちびぼんも去年の夏休みは、反抗じゃなくて自分に押し込める感じで、それが少しずつ人形から心が戻ってきた感じになっていました。

優先順位は、自分でなかなか決められないと言うのもあるかもしれません。
かと言ってお母さんに言われるとイヤ!と言う自立心が育ってきているんでは??

ちびぼんはタイマーを使ってしぶしぶ嫌な事をこなしていますよ〜〜〜
Posted by はるぼん at 2009年07月31日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124634726
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。