PAGE TOP

2000年01月30日

ごあいさつとお礼とこのblogへの想い



ファンタジーがいっぱい!!


ようこそ、お越しくださいました。

少し長めですが、ご挨拶とこのblogについての想い、そして、来てくださった皆様へのお礼の気持ちを書かせていただきます。
よろしければお読み下さい。



このブログをはじめたのは、息子(ぼん君/chibibon)が*アスペルガー症候群の診断を受け、1年とちょっとたった、2005年8月です。
診断のショック?(気持ちの整理?)から立ち直った頃・・・だったと思います。
息子へ、その時々の思いを正直に伝える為の、息子にあてた日記のような感じでスタートさせました。
(観察日記とも言いますね〜笑)

好きな事、好きなものの話でいっぱいにしようと思っていました。

でも、やっぱり、色々現実ではあります。
時には愚痴っぽくなったりしながら、いつしかこのblogを通じて、NETだけのコミュニケーションで、リアルには真似できない繋がりを感じるようになりました。
同じ発達障害のお子さんを育てていらっしゃる方たちとも、感じ方考え方も、人の数ほど違いがあることも理解してきました。その中で共感したり、学んだり、理解できなかったり・・・と色々な事もありましたが、そんな中で、発達障害(自閉症)当事者の声に興味を惹かれるものが増えてきました。彼(彼女)等の声の中から、息子へそのまま移行できるものもあり、カスタマイズして使わせてもらったり、アレンジして考えたりと、息子へのメッセージとして精一杯耳を傾けてきましたし、これからも・・・
そして、息子が一人で発信できるようになったら・・・
後輩たちに、自分の思いを綴れる、自分の思いを発信できる人になって欲しいと思っています。

私は、息子を通して気付いた、自閉症の「何か」を、こうやって少しずつ綴っていくつもりでいます。私たち母子が、色々な方から得たものをまた、他の誰かに少しでも伝える事が出来たら・・・少しでも心の助けになれば・・・そう思っています。

それは、私の人としての思いであり、息子への想いでもあります。

そしてこのblogで知り合う事が出来た、リアルではきっと発達障害との接点が殆どない方々・・・
お世辞にも付き合いが良いとは言えない、こんな私にも長らくご縁のある方がたくさんいます。情報の発信としては、発達障害の事ばかり書いているこのblog(時々、他の事も書いてはいますが・・・)得るものはほとんどないと思います。なのに、励ましや、応援、時にはアドバイスをいただいたり、発信する中で何かしらの共感をいただいたり・・・本当にありがたいことです。
色々な方々にも、このblogを通じて発達障害の事を少しでも知っていただければ最高に嬉しい事、と思っています。



古くからの方も新しい方も、
「ファンタジーがいっぱい!!」
拙いblogではありますが、どうぞよろしくお願い致します。




お読みいただきありがとうございました。




*文中リンク
*アスペルガー症候群は、Wikipediaへ飛びます

*こちらのblogの全記事は、あくまでも個人の考えであり思いであります。
なんらかの参考になさる時は、ご自身の判断でお願い致します。
また、自己中心的で片寄った考えで表現されている事があります。
お読みになる上で不愉快に感じられる部分、文章もあるかとは思います。
あらかじめご了承くださいませ・・・。









2008.11.14

harubon


拍手する
posted by はるぼん at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | はじめに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。