PAGE TOP

2015年07月23日

オススメです☆「学校へ行けない僕と9人の先生」作者棚園正一先生の自分史コミック



「学校へ行けない僕と9人の先生」



学校へ行けない僕と9人の先生 (アクションコミックス) -
学校へ行けない僕と9人の先生 (アクションコミックス) -

今日はこのコミックのお話をしたいと思います。

ネットで連載されていた作品でしたが、出会ったのは書店のコミック平積みコーナーでした。
息子と一緒に行った書店。
お目当ての購入する本は決まっています。
それでも本好きの親子、いろいろなコーナーをゆっくりと見て歩きます。

ふと目に入ったこのコミック「学校へ行けない僕と9人の先生」。
表紙も白ベースで、ランドセルを背負った男の子が悲しげな顔をしているだけ…。
ただ、帯にはマンガ好きなら知らぬ人はいないでしょというくらい有名な方の言葉があの慣れ親しんだ自画像と共にありました。

最初に目が入ったのは正直そちらのほう。
息子も大好きで初めて読んだコミックもこの方の代表作。
そう、ドラゴンボールの鳥山明先生のことば。

帯の言葉を引用させていただきます。
長い付き合いになるが、彼の過去を尋ねたことはなかった。
不登校児だとは知っていたが、今回その頃を描いた漫画を読ませてもらい、ちょっと驚いてしまった。思った以上に漫画を描くことが彼を救っていたようだ。
アクションコミックス「学校へ行けない僕と9人の先生」初版の帯より


コミックスですから、シュリンク(立ち読みできないようにかかっているビニール)がかかっています。当然中身は読めません。

くるりと裏を向けて裏表紙を読んでみる。
先ほどの鳥山先生の帯の言葉通り、作者さんご本人が不登校だったもよう。

わたしの中で「読みたい」という衝動が起きると同時に、息子にとってはどうなんだろう?とはたと思案。
わたしが読みたいのだから自分のために買ってしまえばいいのだけど、コミックスなるものたいていのものは親子で共有しているから、親が無理やり読ませたがってるとか思われたら嫌だな〜などと、思考があちこちさまよっているときに、息子がそばに来て一言。

「あ、その本、ちょっと気になる」

おお!息子も気になっていたのか。これで問題解決。

「じゃあ買おう!」

ということになり、目的の他のコミックスと一緒にレジへ。


人との出会いもそうですが、書物やこういった作品との出会いも、何か偶然以上のものを感じるときがあります。今回のこのコミックは、わたしたち親子に大きな良き刺激を与えてくれました。


不登校当事者である息子の感想



*息子本人に了解済みの感想

我が家は涙腺がゆるい家系なのか、グスグスやりながら読んでいました。

このコミックに描かれているお話、特に最初のほうの事件などは、息子が実際に体験したものとかなりかぶっています。
学校が怖くて仕方なくなったときの気持ち。

作者が描いている黒い影などが自分も同じだったこと。

そして何故「みんなと同じように学校で楽しめないのか」と悩んでいたのも一緒と。

すごく気持ちがシンクロした。

と言っていました。

このコミックは、義務教育期間で終っているのですが、ちょうど現在の息子と同じ状態でシンクロしてしまうのもとてもよく理解できます。

好きなこと得意なことまで一緒なのですから。

最後には明るい希望をこのコミックからわけてもらっていたようです。

読んでよかった〜〜〜と言っていました。

普段息子が好んで読んでいるような、漫画ではなかったのですが、息子の中の何かをしっかりと満たしてくれた作品だったようです。

作者さんに感謝です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

この先ネタばれも含みます。続きを読む
拍手する
posted by はるぼん at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不登校に関して・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

発達障害児のからだづくり、自分が楽しめる運動で。




ちびぼん15歳そこそこスポーツできます



もちろん運動に苦手意識は残っています。
が、とりあえずそこそこは何とか楽しめるレベルにスポーツ出来るようになりました。

基本は一人で行うスポーツになってしまいますが、ジムへ行って一人でトレーニングしてきたり、一人でランニングしてきたり、家の中では軽くストレッチや筋トレをやったりしています。


球技は苦手なのと、焦ってしまうので、好きじゃないとの事。
それでも何とかこうとか…。

10年前を思ったらすごい成長です。

小学校入学前などは、保育園児たちの中でのドッジボールでもまったくダメでした。
ボールを取ることが出来ない、投げることが出来ない。
かろうじて拾うことは出来るw

自閉症児にありがちな、グニャグニャ君でしたので、走ったりするのもカッコウが余りよくない。

こんな感じでした。


何故スポーツがなんとか出来るようになったのか




二次障害が回復してきた小学校四年生から、空手とスポーツ家庭教師をはじめたからです。

小学校男子、やはりみんなで遊ぶとなれば運動ものが多いです。
もちろん、ゲーム系の遊びもちびぼんは大好きでしたから、得意になって遊んでいました。

なにより、母親のわたしが心配したのは、運動が苦手なまま成長したら体が弱くなる。このことを身を持って知っていたからです。

ちびぼんが好きなことといえば、絵を描くことと、ゲーム、当時はまだやっていなかったけれどネット、マンガを読むこと、レゴでものづくり。
つまりは全部インドアの遊びで、しかも、集中してやればやるほど、肩こりや頭痛のもとになるようなことばかり。

ラッキーなことに、「ドラゴンボール」にはまっていまして、格闘技に興味を持っていたようなのです。それで、一度見学に行って(あまりにも怖いところだったら、逃げて帰ってこようと思っていたのですが)厳しい中にも優しい雰囲気がたっぷりある道場で、就学前のお子さんから中学生くらいまでのお子さんと年齢に幅が広くて、それも何だかいい雰囲気をかもし出してて、母親のわたしはまあOK印でした。

息子のほうは、軽く参加させてもらって、パニックで動けなくなるんじゃないかと心配していましたが、ちゃんと見よう見まねで参加できたのです。
この、参加できたということがとても嬉しかったのでしょう。家族会議をして、その道場に通うことに決まりました。

*我が家では、幼い頃から物事を決めるときは必ず本人の意思を確認するようにしています。それは今でも続いていて、いろいろ役立っています。

高校生になった現在も大人の部で参加させてもらっています。

ただし、熱心で真面目な参加の仕方をしていないので、毎週きちんと通ったり、黒帯目指してガンガン稽古したり、などということはありません。
ゆったりとマイペースで通っています。

親としては、当初の目的、健康な体作りはクリアしているので、このままマイペースで通ってくれればそれでいいなあと思っています。


マンツーマンでの無理のない指導



そして、同時期にはじめた「スポーツ家庭教師」
マンツーマンで教えてくださるので、怖がることなく自然に運動が出来るようになって行きました。
教えてくださる先生はほかにも発達障害の子を受け持ってらっしゃるとかで、扱いは抜群でした。
きっと勘のよい方だったんだなあと思います。

ボールの扱いも、走り方も、ストレッチの仕方も、筋トレの仕方も、基本を全部教えていただきました。
小学校四年生から中学卒業まで続けました。

なんと言っても、学校にほとんど行っていないので体育などまったくといっていいほど授業を受けていませんし、この二つの習い事がなければ今ごろどうなっていたかと思うと…あまり想像したくないですね。

発達障害の子の例にもれず、息子も運動会が苦手でした。
小学校三年生から、卒業するまで、とうとう見学だけにおわりました。簡単な競技だけは参加したことあったような気もしますが、学校側の配慮で、保健室からの見学。つまりは大きな音も聞かなくて良い、太陽の光でまぶしがる必要もない。といった極楽状態での見学でした。
(息子一人だけじゃなく、ほかにも見学の子もいました)

こういう配慮ってとてもありがたい。
過度の配慮と思う方もきっといらっしゃるとは思いますが、こういう配慮はとても小学生という子どもには必要なものだったのです。この配慮があったおかげで運動会の日に学校にいくことが出来たんです。お友達と一緒にお弁当を食べたり楽しく遊んだりすることが出来たのです。
それだけでも、本人にとってはとてもがんばったことに繋がっているのです。

中学に入ってからは、運動会全部きちんと参加しています。
自然とそうなりました。
在籍している支援級ではなく、親学級での参加。クラス対抗のリレーなどもきちんと出て、それなりのスピードでちゃんと走って、次の走者にきちんとバトンをわたしていました。

スポーツ家庭教師のレッスンで、バトンのわたし方もきちんと習っていましたから。(小学校のときでしたけど)

親は焦らず、子どもが成長していくのを見守るだけ。
その成長に必要なものを準備して、手配して、あるいはお願いして、小学校中学校と義務教育期間を終えることが出来ました。


身体を動かすことは健康の第一歩



発達障害の子は、体が不自然に緊張したり、反対にぐにゃぐにゃだったり、大人になってもそれは続いていて、長時間たっていられなかったり、座っていられなかったり、本当に簡単なことすら出来なくなることは多いと思います。

我が家には、わたしという反面教師がいますので、身体を動かす大切さは痛いほど理解しているつもりです。

わたしの整形外科の主治医(線維筋痛症で通院しています)も、
一に運動、二に運動。痛みが多少取れてきたらどんどん動かす。どんどん筋肉を使う。筋肉は使わなくなったら衰える一方。
もちろん過度な運動じゃなくていいのですけどね、わたしはラジオ体操とヨガもどきのストレッチで毎日軽い運動をしています。

発達障害者にとって、自分にあった運動を見つけるのも、より暮らしやすい生活にするには必要なことかもしれません。

息子には、子どもの内に楽しいスポーツを体験してもらえてよかったと思っています。
これが、サッカーチームだったり、野球のチームだったりしたら、楽しく続けることは出来なかったと思います。

はじめた時期も、二次障害の回復期を待ってはじめたのも正解だったと思います。

体が出来てくると自分に自身もわいてくるんですよね。

息子の自己肯定感回復に、スポーツは大きな力を与えてくれました。


発達障害の子の脳を育てる運動遊び 柳沢運動プログラムを活用して (健康ライブラリー) -
発達障害の子の脳を育てる運動遊び 柳沢運動プログラムを活用して (健康ライブラリー) -


発達障害児者には運動は必要だと思っています。
体が楽になると、発達障害の特性も穏やかになるのは実感しています。
ですが、こどもに運動を強いるのはやっぱり危険だと思います。
親として、子どもにあった運動を、楽しく出来る運動を、外部で探したり、家でできるものはどんどん取り入れてもいいと思います。
とにかく、楽しくが大きなポイントじゃないでしょうか。


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
拍手する
posted by はるぼん at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 発達障害の子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

大きくなったからといって安心していてはいけなかった口腔内のお話



歯磨きの習慣



発達障害児のお母さんでなくても、歯磨きの習慣は早い時期から気になるもの。
乳歯が生えてきたら、そく、毎日歯を磨くという習慣づけをされたことと思います。

自閉症、発達障害児には、感覚過敏やそのほか諸々、細かな特性があって、歯磨きの習慣一つつけるのも大変な思いをされた方も多いのではないでしょうか。

我が家の場合、歯に知覚過敏がなかったことと、赤ちゃんのころから病院にはなれていた(喘息のため)のもあって、ほんとに小さな頃から歯医者に通うのも嫌がりませんでした。

親のわたしは、知覚過敏で歯医者には嫌な思い出しかなかったので、息子に関してものすごーく気を使って、歯磨きの習慣と歯医者が怖いところではなくなるように、あれこれ工夫したものですが、あんまり関係なく本人はいたって飄々として歯医者に通っていました。
自分から歯医者に行きたいなどと言い出すくらいでした。

ASD児としてはこれはかなりラッキーなほうですよね。


発達障害児の歯の健康のためのおすすめサイト(サンスター財団のHPです)
自閉症の子どものためのやさしい歯みがき指導




一度習慣さえつけばもう安心



わたしはそう思っていました。

一度ついた悪習慣を崩すことを問題視している方も多いです。
(誤学習がさも大問題のようにオウムのように繰り返している声が多いですね…)

たしかに一度ついた習慣を変えるのはとても大変。
でもせっかくついたよい習慣ならまったく問題なし。
こういう時くらい、ASD児の特徴の恩恵にあずからせてもらったっていいじゃない。

小学校の低学年も、二次障害でしんどいときも、高学年になっても、中学に入ってからも、歯磨きはそれなりにきちんとしていました。
ただ、過眠症のせいで、寝倒れる場合は、もちろん着替えもせずお風呂にも入らず、当然歯も磨いていない状態で朝を迎えることはたびたびありましたけど。

ところが、ところが、安心していてはいけませんでした!!!!!


高校の歯科検診で…



まずは軽い虫歯が見つかりました。

中学の間、一度も検診で引っかからなかったから、歯医者にしばらく通っていなかったのですよね。

この三年間は大きかった。

思春期、身体も具ぐっと成長しました。
声変わりもして、顔ににきびも出来ました。

いろいろな変化が体中に起こっています。

当然口腔内も変化が起こっていておかしくないのですよ。


わたしの行きつけの歯科医に一緒に行きました。

そしたら、そしたら、そしたら!!!!



なんと、歯周病でした〜〜〜〜


ものすごくショックでした。

顎が外れるかと思うくらい、ガーンとなりました。


まだ15歳なのに、中高年になってからかかりやすいお口の病気にかかってしまいました〜〜><



歯科衛生士さんにしっかりと指導を受けていました




わたしにも、歯磨きをしっかりするようにうながしてください。と指導いただきましたが、息子には、これぞというくらいしっかりと歯周病の知識とその予防法を教えてくださっていました。
ありがたいことです。

これで、母子で歯医者がよいが決定したわけでして、わたしは歯のかみしめと虫歯の治療。
息子は、歯周病と虫歯の治療(かみ締めもしっかりあるようですが、まずは歯周病の治療が優先みたいです)

歯医者ともなかなかご縁が切れません。

成果の上がる口腔ケア (看護ワンテーマBOOK) -
成果の上がる口腔ケア (看護ワンテーマBOOK) -
*いくつになっても歯、お口の中はきちんとしていたいです。


9年前の記事を引っ張り出してきました。
わたし「はるぼん」の子ども時代の歯科治療の話。嫌な嫌な思い出です。
2008年08月27日
歯医者で恐い思いをさせないために☆


最後までお付き合いくださいましてありがとうございます^^
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
拍手する
posted by はるぼん at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちびぼん〜高校生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする