PAGE TOP

2012年05月26日

運動は苦手で嫌いだけれど・・・




今日はちびぼんが卒業した小学校の運動会でした。

運動会

ちびぼんは、3年から6年まで4年間、運動会には保健室から見学、又は1種目程度出場する。と言う参加の仕方をしてきました。

2年生の後半から完全不登校〜6年生、卒業まで、週に1.2回の登校でしたから、よくもまあ運動会出席したものだと、そちらの方が驚きかもしれません。

不思議なんですけどね〜
学校側の支援してくださる方もその他の支援者の方も、「運動会くらいは参加させてあげたい^^」
という、悪気のかけらも無い事を言ってくださるのですよね。
そしてそのままそれを実行してくださる方も・・・

で、ちびぼん律儀ですから約束した事は守って、運動会ちゃんと出席してましたね〜
本当の気持ちはわかりませんが、運動会での楽しみはお弁当だけだと言っておりましたが・・・w

今日はこの善意の押し付けのお話でも、学校行事のお話でもなく、他の事が書きたいのでこのくらいにしておきますが・・・こういう悩みも、つきませんね。とほほ。


**************************


発達障害の子って、運動が苦手な子多いですよね。
ちびぼんも、あまり得意とはいえません。
特にボールを使う事は、苦手中の苦手・・・
に、親のわたしからは見えていました。

不登校でずっと家にこもる日々から外に出る予定を作るためにも・・・と、はじめた「スポーツ家庭教師」
月に2回だけの指導だったのですが、このおかげで、ボールの扱いも、走り方も、泳ぎ方も、何とか苦手から脱却!見た目にも良い感じに体を使うことが出来るようになって来ました。

4年生から習い始めましたから、もう4年になるのですね〜

なんというか、ちゃんと判りやすく根気よく教えてもらえれば、ちゃんとできるようになる。
多数派の子どもたちより、うんと時間はかかりますけど^^
なんといっても、運動が嫌いになる前だったので、よかったんだと思います。

一度嫌いになっちゃうと、なかなか取り戻せないですからね。(一度思い込むとその思いを帰る事は難しい発達障害児)

体を動かすというのは、多くのストレスを抱えやすい発達障害児者にとって、とてもよいことじゃないかと、今更のように思うわけなのです。

私自身、運動が苦手で嫌いで、あまり良い思い出がないのですが、いい年をしたおばちゃんになった頃から、体を動かして汗をかくことがいやでなくなった・・・のかなあ、ひたすら歩くとか、ステッパーを踏むとか、ストレッチをするとか・・・何せめんどくさがりなので、簡単に出来る事にかぎり、運動しようと思う時が出てきたんですよね〜

私の身体的な病気・・・これは体中の筋(だけではないのですが、一番わかりやすい部位として)が痛くなる、線維筋痛症は、ストレスが原因となる場合が多いらしいのですが・・・
自分で自分を観察して思うには、いったん外に出たらもうそこから、顔を作ったり(表情)気を張ったりして、まあ何と言うか筋肉を使いっぱなしなんですよ、筋肉を緩める事をしていない(笑う時にも筋肉突っ張ってますから〜^^あはは)これはもう、筋肉ががちがちに固まってしまうのは火を見るよりも明らか。

それを感じてから、ストレッチを真剣にやるようになったんですよ。ただ、ストレッチをすること自体に体がまだ受付けない時もありまして(単純にいうと痛くてストレッチどころじゃない)毎日きちんとはできなかった。
それが、整形外科の治療を全身にかえてもらったら・・・
少しずつですがきちんとストレッチが出来る日が増えてきまして、そうしたら、痛みのほうもだんだんと薄れていってくれまして・・・
なんだかいい感じなのです^^

ちびぼんにも、ここまでの身体的な病気にならないように、しっかりと体を使って、キチンとした運動をして、体を作っていって・・・
と、将来の為にも思うのです。
場所場所でストレスを受けても、緊張しても、それをほぐせる体だったら・・・それを緩める事を知っていたら・・・
おじさんやおじいちゃんになったとき、助かるんじゃないかなあと。。。
イヤ、若いうちでも^^
肩こりや頭痛に悩まされずにすむかも!

適度な運動が楽しく出来ればそれはとてもいい事ですもんね^^



DVD付き 実はスゴイ! 大人のラジオ体操 (講談社の実用BOOK) [単行本(ソフトカバー)] / 中村 格子 (著); 秋山 エリカ (監修); 講談社 (刊)
DVD付き 実はスゴイ! 大人のラジオ体操 (講談社の実用BOOK) [単行本(ソフトカバー)...

↑この本買ってしまいました〜
ラジオ体操ならできるかな〜なんて思って・・・ところが全部がなかなか出来ない!はじめの3種だけやってます〜><



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ちびぼん、間もなく中間テストです。
それなりに意識はしているようです。
教科も1つだけですからね、どうするのかな・・・?

それではまた〜^^




世の中ざわついていて、色々なものが恐く感じてしまいます。




















拍手する
posted by はるぼん at 23:32 | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

発達障害当事者本人の障害受容、親の子の発達障害に対しての障害受容に思うこと。




NET上でも、現実の場でも、いつもなんだか引っかかることがある。

それは障害受容について・・・

現実の場では、やたら子に対しての障害受容を強いられる事が多く感じられる。
これは、親の会など子がみな発達障害の場合と言う空間だからだと思うけれど、なんだか尋常じゃないくらいしつこく障害受容をしているかしていないか、勝手に判断される事が多い。

私の経験したものでは、学校をはじめいつでもどこでも(これ不思議)この子は発達障害があってといちいち言った方が良いというのが障害受容の目安。
あなたはどこどこで障害の事をカミングアウトしていなかったから、障害受容出来ていないとか・・・

たまたま私がそういう場に出会うことが多いからかもしれないけど・・・

もうかなわんで〜といつもなってしまう。

そんないつでもどこでもカミングアウトなんて絶対しませんよ。
私は自分も含めて発達障害のカミングアウトには慎重派なのだから。

で、そういうときのとっておきの手段が、自分のPDDのカミングアウト、声を大にして発表!
するとね、今まであれだけ執拗に絡んできた人たちが、す〜〜っと消えていくのね、コレ不思議。

「当事者だから、当事者なりの障害受容はしているけれど、それほど障害受容に関して大袈裟にはとらえていません。」

言っているのはカミングアウトを除いてはこれくらいのものなんですけどね。
・・・こういう使い方も、障害を利用してと言われるのかなあ・・・確かにその通りの使い方だなあ・・・

それにしても、何なんだろうなあれは・・・
よくわからないし、わかろうとしていないなあ、私。。。
仲間意識?一緒の立場をとらないとダメなのかなあ?


その他では発達障害と何の縁も無い場所で、アスペルガーがどうのこうのとか出てくることもある。
ちょっとコミュニケーションが下手な子を捕まえては、発達障害を疑ったり、からかったりしている会話に出会った。非常に驚いた。

今の世の中、やたらと発達障害がクローズアップされていて、TVをはじめ書籍なども出すぎ!じゃないかと思うほど。それは、発達障害の啓蒙につながって良いことのように思うのだけど、結果としては逆の効果も出てしまって、ふつうの人々の間でのからかいネタになってしまっているのではないかしら・・・?などと心配してしまう。
結局は偏見と言うものからは逃れられないし、多くの人は面白い話が好きなようだ。(その面白いの種類が問題なのだけど)



NET上でも障害受容のお話は難しいものから、単純な所からの受容まで、幅が広い。

私がまあ理解できるのは根っこが単純なものしかないんだけど、これだけ発達障害関係が広まってくると、あらゆる所からよく言えば注目される、ふつうに言えば視線を送られる。
まあ見つめられているってことですね^^

発達障害。そのうちにこの言葉を使うだけで、色々な目にあうことになったりして・・・などとも考えちゃったり。
匿名とはいえNET上で発達障害をカミングアウトするのは、大きな問題を覚悟しなければならないとか・・・
もう、変な悪いことばかり考えてしまうチキン過ぎる私。

さすがにそんなことにはならないだろうけれど、発信することば一つ一つに注意し、気を使わないといけないのは確かかも・・・

私はあんまり気を使うと何も書けなくなってしまうので、今程度でしかコトバを選ぶ事はできないけど、結構気を使って書いている事だけは確か・・・。

この気を使う。
誰だってNETで発信する事は気を使わねばならないことなのだけど、いざ、発達障害者として発信する事は、もう一つ違った気も使わないといけないのじゃないかとも思うのです。
結局はそれが当事者としての障害受容につながっているような気もするし・・・
よくNET上で言われている、障害をたてにして云々・・・
こういわれないために気を使ってしまうことにもなっているような・・・
護身ですよね。
まあマイノリティな存在として、ある程度は身を守るのは仕方がないんだけど、必要以上に気を使うのはね、しんどいですよね。
NETもリアルの世界とそう差がなくなって来たのかもしれない。
匿名性がある分、現実よりもしんどいかもしれませんね。

障害受容ってなんだろう・・・。

結局、そこに行き着いちゃうわけで、私は自分の事として自分の状態を把握しているように努めているし(二次障害などもありますから特に・・・)息子ちびぼんの状態も、しっかり見守っています。
障害受容って、この程度ではいけないのかなあ・・・
人によって、違うものだと思うし、環境によっても大きな差があると思うし・・・

NET上で上がる問題も、現実の場で起こる問題も、発達障害と言って一まとめにしてはいけないのだろうなぁと思います。

障害当事者として、障害児の母として、障害の受容、このことは一生考えていく事なのかもしれません。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



ちびぼん。調子よく中学校に通っています。
私との親子関係、まあいい感じで母離れしています。
う〜〜ん。
調子よすぎて、いいのかしらん???と思ってしまう、なさけない私〜〜

それではまた^^
拍手する
posted by はるぼん at 19:47 | TrackBack(0) | 発達障害について〜はるぼんの思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

二つの支援級




ちびぼんの通う学校には支援級が二つあります。
現在一つはお休み中、一人の生徒もいません。

ちびぼんの通う支援級は、今年度新しく作られたものです。
何も税金の無駄使いで新しく作ったのではありません。

支援級の二本柱、ちびぼんの通う学校だけじゃなくて、他の学校もどんどんそうなっています。

一つはわりと昔からありました。
支援学校が少ない地なので、地域の学校で学ぶ事が多かったようです。

ちびぼんたちが通う、新しく作った支援級は、知的な面でおくれのない子のための支援級なのです。
いままでは、普通級で我慢して我慢して、過ごしていました。
二次障害になってしまう子も居たでしょう。

ようやく、知的に遅れはないけれど支援が必要な子達のために、支援級が出来るようになったのです。
特別支援教育がスタートして、やっとやっと、中学にまで追いついてきました。
ほんとうによかった^^

あとは・・・
特別に知的に高い子のための「何か」が出来上がれば・・・

特別支援級に在籍する子達・・・
それぞれ、もとめているものがぜんぜん違っています。
一人一人に合わせて、しっかりと教育していく・・・
それには、やっぱり特別支援教室が受け皿となって、機能していないことには、発達障害のそれぞれの子どもたちのための教育が出来ません。
ほんとうに、丁寧に教育して行くためには最低限必要なこと。

子どもたちが学校と言う場で二次障害を作ってしまうのは、親としてもきっと教育者としても辛い事でしょうから・・・
この特別支援教室というものが、柔軟に活動していくことは、二次障害の防止にとても役立つと思うのです。

子どもたちにとっても、自分自身の事をしっかりとみつめ、今とそして未来を考えていく為にも、支援教室を通して学ぶ事はたくさんあると思います。
と言うか、否が応でも考えないと進んでいけないでしょう。
地域の学校という事は、小学校時代同じクラスで学んだ子達と、今現在の自分との違い。と、同じ部分。
自分自身にしっかりと肯定感を持って、先の教育に結び付けていく為にも。



************************************


発達障害のそれぞれ、知的な面で線引きされる事が、どうもスッキリしていなかったのですが、やはり大切な部分なんだと思う様になりました。

これから先どうなっていくかわかりませんが、知的におくれのない発達障害の子ら・・・将来の道はまだしっかりと見えるものはありません。

たぶん一般の人たちと一緒に働く事になるでしょう。

どのような形で働く事になるのか・・・

発達障害だからといって、学校の場と違って、支援は協力的ではないでしょう。
普通の人々だって、就職にこれだけ苦労している今、将来どうなっていくのか・・・考えると暗くなってしまいます。

今、大人の発達障害の人たちが必死で、働くということをしています。
二次障害で働けなくなった人も、二次障害の病気を必死で治そうとしています。

今中学生のちびぼんたちが大人になった頃、どんな社会になっているんだろう・・・・
色々と想像して、考えて、準備して行きたいなあ・・・


しっかりとまとめる事は出来ませんでしたが、特別支援教室(特別支援教育)についてちょっとだけ語ってみました。
将来が恐いという事には変わりはありませんが、半分のん気な私は何とかなるでしょう^^とも思っています。



こころの科学163号(2012年5月号)特別支援教育はいま [ムック] / 岡崎祐士, 青木省三, 田中康雄 (著); 日本評論社 (刊)
こころの科学163号(2012年5月号)特別支援教育はいま [ムック] / 岡崎祐士, 青木省...

久しぶりに購入して読みました。
いろいろな立場の方たちが、特別支援教育について語ってらっしゃいます。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



将来の事・・・本気で頭の痛い問題です。
障害者枠での就労・・・と言う方法もありますが、その枠も全員の発達障害者たちが就労できるほどあるわけがないですからね。。。

まあ今は楽しい中学時代になるように、精一杯親として力になって行きたいな〜と思っています^^

それではまた。













拍手する
posted by はるぼん at 19:16 | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

寝正月ならぬ寝GWでした〜^^




いや〜^^いっぱい寝させていただきました。

GW最中飛び飛びで仕事があったりして、連休と言う感じではなかったのですが、それはそれで、なんといっても「学校がない!」と言うのが楽でねえ〜
気持ちに余裕が出来るんでしょうね、しっかり眠ることが出来るんですよ。夜もお昼寝も。
ほんとに寝すぎだと実感するくらい寝ました!

お休みの最後今日くらいは、家の中の事何かしようかと計画を立てていたのですが・・・
現在ちびぼんがお昼寝中〜〜

最近ちびぼんも、自分の寝たいがままの状態からちゃんと目覚ましをかけて昼寝をすることを覚えまして(やっとかい!)いい感じに時間を使っているような気がします。
中学に入る前後からちびぼん急激に成長したなあと感じます。
男の子って、こういう感じに成長するんですね、このスピードにはビックリします。
何かを心に決めたら、それに向かってぐんぐん伸びていく!と言うイメージ。
我が子ながらすごいです。

とべた褒めしていますが、GWは、母はるぼんとともにぐうたら生活を満喫してましたね〜
実は・・・

私もなのですが、ちびぼんと二人で、マンガ三昧だったのです!

ゆっくりゆっくり、時には大人買いで読み進めていた、ジョジョの奇妙な冒険シリーズ・・・
とうとう現在連載中のジョジョリオンまで追いつきました!
スティールボールランの展開に感動したり・・・
荒木先生の絵のすごさにとろけそうになったり(これ、私^^、ちびぼんはその上手さに引き込まれていたようです)・・・

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 22 (ジャンプコミックス) [コミック] / 荒木 飛呂彦 (著); 集英社 (刊)
STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 22 (ジャンプコミックス) [コミッ...


そして・・・
わが家に9巻まで買って放置してあった「鋼の錬金術師」をちびぼんが読み始めまして・・・
今更ながらしっかりはまってしまいまして・・・
「ハガレンは恐いからいや!」
と言っていたのが嘘のように、どんどん引き込まれたようで、とうとうコミックスも買い揃える事にしました。でも、一度に大人買いしては、集中しすぎて頭が痛くなるため、またまたこれもゆっくりと買い進める事に・・・
ちびぼんにはそう約束させたのですが、私のほうが早く読みたくなってくるのが恐い!

ちびぼん、TV版アニメにもはまってしまった様で・・・
必死にみています。

鋼の錬金術師 (2) (ガンガンコミックス) [コミック] / 荒川 弘 (著); スクウェア・エニックス (刊)
鋼の錬金術師 (2) (ガンガンコミックス) [コミック] / 荒川 弘 (著); スクウェア...

どうやら、劇場版アニメを観に行った時から(お友だちに誘われて、勇気を出して観にいったらしいです)
気になっていたらしく、わが家の本棚の奥底に密かにおいてあった、ミックスが読みたくなったらしくとうとう私に頼んできたのです。
(言うまでにどれだけの時間が必要だったかを考えると・・・自閉圏の子って我慢強いのかなあと思いますねえ)
まあやっと自分の希望をいろいろと言えるようになった、と言う事なんでしょうけど。
これも、一つずつ段階を踏んでいるような気がします。
これからが楽しみです^^

そうそう、エド(鋼の錬金術師の主人公)の絵も書いていましたよ〜
人物をあまり描かないちびぼんでしたが、最近は好きなアニメやマンガの人物、描くようになりましたね〜
やっと人に興味が出てきたか????



***********************


いよいよ明日から学校の始まりです。
しっかり休んだちびぼん、スムーズに生活リズム戻せるかな?
あぁ・・・それは私もだ〜また気を張っていかないとなあ。
でも最低これだけはがんばらないとね!母親失格になってしまう〜〜〜〜
何ていうのかなあ、息子が学校へ行っている間の時間。これに慣れると気も楽になると思うんだな〜
ちびぼんと二人で、チョットずつふんばらないとね!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


ジョジョの奇妙な名言集 part1〜3 が、ほしくなっているちびぼんと私・・・これ一冊あったら親子の会話も倍増だなあ〜(アハハ・・・)


支援級のお話。次回書けるようにしたいと思っています。
それではまた〜^^






拍手する
posted by はるぼん at 16:10 | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。