PAGE TOP

2012年04月28日

部活動は「美術部」に決めた!




ちびぼん、中学生活順調であります。

入学する前から、どの程度の支援が期待できるかわかっていたのも大きいかもしれません。
支援級が出来るかどうか、まだまったく不明な頃から学校見学させていただいたり、担任が決まった時点ですぐに会わせていただいたり。
ちびぼんを安心させてもらえることを色々してもらいましたから。
何よりも母親の私に、キチンとした説明をしっかりと何度もしていただいた。
それは直接面談であったり電話での事もあったけれど、納得、安心できるものだった。

こうやって考えていくと、ちびぼんも私も幸せものだなあと・・・

現在、週に二日くらいお休みしています。
三日間は朝一から最後まで、フルにがんばっています。
(時々、遅刻して3時間目くらいから登校しますが、基本は朝一番から^^)
小学2年生から不登校・・・と考えたら、もうビックリするくらいの上出来の上出来!
支援級の担任の先生も、過去の状態を聞いて驚かれていました。

今のちびぼんには学校のリズムに慣れてもらう。
親級との交流も、今のところ「英語」だけ行っています。
つまり一日一時間だけ、親級へ出張している^^
かなり食いついてがんばっているそうで、そりゃ疲れるの当然!と思ってしまいます。
(それくらい喰らいつかないと、授業についていけないと言うのもありますし、授業慣れをしていないと言うのもとても大きい・・・)

慣れてきたら主要五教科を親級で受けることになるのだけど・・・
それはまだまだ先。中三で五教科受けられる様になっていたら御の字。と考えています。

支援級だから、通常高校に行けない。
これだけは回避したいのですよね。
スクリーニング制の学校でも、夜間でも、専門学校ぽい学校でも、高校の資格が取れるところに行かせてあげたい。
親が敷いて上げられる、敷いてあげなくてはならないレールだと思うのです。
支援を受けたいだけで、支援級に入っていざふたをあけたら、高校の資格が取れない?とビックリさせないためにもね。
ぶった切ってはダメでしょう、このレールだけは。

ここが、軽度発達障害児のまず最初に引っかかる道だと思うのです。
支援は必要だけど、無理して普通級に入れたいと親が思うのは、これなんですよね。

支援級でしっかり支援してもらっても、ちゃんと通常受験できる体制にしてもらえる。
もちろん本人たちの努力も必要ですが、学校としてこのシステムを作ってくださったのは実にありがたいこと。
親が頭を抱え込まなくても済むように、安心して学校に通わせられる。

親級である普通級で疲れたら、支援級に戻ってきて、ゆったり休んでも誰も何もとがめたりはしない。
ちびぼんなど、くっぷしてガーガー寝ているらしいです^^
実にうらやましい!

入学して1ヶ月。
学校のリズムも上手く回りだした感じです。
担任の先生も、今までは重度の子どもたちを担当される事が多かったようですが、やっと慣れて来た〜と言う感じなのでしょう、手の出し具合もその匙加減も、いい感じになってきたような気がします。
(親とのコミュニケーションは本当によくとって下さって、その都度不安を消し去ってくださるのがうれしいです)

さてさて、教護報告したかったのはこの順調な中学生活に思ってもみなかった、「部活動」と言うものが加わったのです!
ほんと、びっくりしましたよ〜
中学に行くだけで精一杯と思っていたのに、部活までやると決めてくるとは。

ちびぼん「美術部」に入部を決めました。

なんと言っても、マンガを描きたい!
絵が上手になりたい!
と言う強い気持ちがあったからかなあ・・・

美術部の部室でデッサン用の石膏像があるのを見たときから心に決めていたらしいのです。

さてさて、無事にデッサンできるでしょうか・・・?

部活動目当てで、学校に通う。っていうのもありますよね^^


恋する石膏像―つめたい石膏像とあつく語ろう [単行本] / 視覚デザイン研究所 (編集); 視覚デザイン研究所 (刊)
恋する石膏像―つめたい石膏像とあつく語ろう [単行本] / 視覚デザイン研究所 (編集); 視...

ついついこういう系の本を選んでしまう私・・・石膏像の人物としての内面のお話・・・

石膏デッサン (みみずくデッサン講座 (1)) [単行本] / 視覚デザイン研究所 (著); 視覚デザイン研究所 (刊)
石膏デッサン (みみずくデッサン講座 (1)) [単行本] / 視覚デザイン研究所 (著); ...

もっと基本的な本からみた方が良いと思うんだけど・・・
まあ本を探してしまうのが私の癖ですね、本よりもまずは描く事でしょうね〜
ふぁいと!ちびぼん!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



自分で言い出したお弁当作りも、ほぼ、自分で全部作っていますし、母がしなくてはいけないのはその下準備だけ〜(おコメとか^^夕食のおかずを工夫するとかね)
これから痛みやすい時期になってくるのでそこだけ気をつけてあげなきゃな〜とおもっています。

今日書いたこと。軽度発達障害児にはとても大切な部分だと思っています。
社会的な自立をうたう前に、彼らが何をしたいのか、何に喜びを感じるのか・・・支援者はもっと考えていただきたいなあと思うのであります。

それではまた〜
拍手する
posted by はるぼん at 20:53 | TrackBack(1) | ちびぼん〜中学1年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

メロンパンの悪夢




自分の事は書かないようにする。
と書いておきながら、今回は自分ネタ。

まあ自分の症状に少し関係あるのだけど、自分で自分のことがおかしくて笑ってしまいたくなるので、もう、自虐ネタとして書いてしまうことにします^^;



じわじわと太り続けている私・・・
一月500g位ずつ太っているかなあ・・・

これ、夜中に過食しているからなのは自覚しているのですが、困ったもので、なかなか止められません。

夜中に手軽に食べられるものを家においておかなければ良いのですが、これまた、近所に48円でメロンパンが売っているのです(他にもアンパンとかクリームパンとか、48円なのですが^^)
値段の安さと、安いわりに美味しい!のにはまってしまいまして、そこに行くと必ず3個買ってしまうのです。そして、ほぼ毎日・・・行ってしまうのです。
ほぼ病気。

日中は我慢できるんですよ、ちゃんとセーブできるんですよ。

それが夜中になると・・・

食べちゃうんですよね〜無意識に!
お布団の中で食べている事がわかった時は、さすがにビックリしました〜
メロンパンのかすが・・・布団の中に!!!!!!!

恥ずかしすぎます。

息子、ちびぼんにその姿を見られたこともあります。
なんと、寝ながら、ちびぼんに頼んだそうなのです、

「メロンパンとって」と・・・

なんだか恐い〜〜〜〜
そして渡されたメロンパンをむしゃむしゃパクパクあっという間に食べたそうで・・・

恥ずかしすぎるの度を越しています!

ちびぼんに「お行儀が悪い」と言う注意が出来なくなってしまいました・・・とほほ。

このメロンパン・・・
やめられない止まらない成分が入っているんじゃないかと思うくらい!


さすがに、ちびぼんも私の行動がおかしいと思ったのか、最近、夜中の食べ物に関しては見張ってくれる様になりました。
私が食べそうなものを、全部自分の近くに置いて寝る。
翌日、すぐに私が手を出したかどうかわかりますからね〜〜

母ちゃん、もうそれ以上太っちゃダメ!

と言う、こわ〜〜い一言もありましたし・・・
何とかなるかなあ。

このメロンパン買うのをやめればいいんでしょうけど・・・
このメロンパンだけじゃなくて、簡単に食べられる菓子パンの類は、買わない!と言う勇気が必要です。

ちびぼんが言うには、ほっとくと菓子パンばかりいっぱい買っているそうで・・・
確かにその通りなんですけど・・・そんなにたくさんと言う自覚がまたないんですよね〜
いいかげんにしなくては!

一度、メロンパンの悪夢でも見ることが出来たなら、やめられそうなんですがね・・・^^;




きょうもメロンパン [単行本] / ヒヨコ舎 (著); アスペクト (刊)
きょうもメロンパン [単行本] / ヒヨコ舎 (著); アスペクト (刊)




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ちびぼん、調子よく中学校に通っています。
心配していた無理のしすぎも大丈夫でした。ちゃんとお休みをはさんで学校に登校しています。
自分できちんと決めてくれるから、親は気がめいる事もなく楽させてもらっています^^

それではまた。



拍手する
posted by はるぼん at 22:19 | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

お弁当はぼくが自分で作る!




入学式から、続けて4日間、学校へ登校することが出来ました。
午前中だけで下校となるくらいゆったりとした、軽い行事や身体測定などなど・・・
すべてスムーズに行動できたとの事。

それから・・・

これは飛び上がるほど驚いたのですが!
なんと実力テストを受けられたそうです。
wwww

小学2年生から、学校でキチンとしたテストなど受けたことなかったのに!
(漢字の小テストは2回受けることが出来たなあ・・・程度!)

これ、塾でプリント類に慣れたおかげと、中学に入るとテストが多いからねえ〜と言う前情報と、私と担任の先生の連絡不十分(試験を受けたことがないというのを伝え忘れていました!)が逆に作用して、先生も何の気負いもなくテスト用紙を配って「じゃあこれやってみよう〜」と言う感じだったのだそうです。

ちびぼん、あってるかどうかわからないけどもくもくとちゃんとテストを受けていたそうです。

この事は本当にビックリで、プリントやテストは、重たい地雷がこびり付いてると母はるぼんは思っていたのですが、どうやら中学と言う意気込みで、その地雷も吹き飛ばしたようで・・・
もう、手放しで大喜び!ちびぼんを抱きしめてよくやった〜〜〜と褒めまくりたい所を、ぐっと押さえて・・・
がんばったね〜
くらいにしておきました。

私ってほめ方が大袈裟すぎるんですよね〜
そういう大袈裟な褒め方恥ずかしいからやめて!
って言われてしまいました・・・(サミシイ・・・)


と、ちびぼんがんばっていたのですが、5日目にダウン。朝起き上がることが出来ませんでした。
自分でも残念がっていましたが、自分でもよくがんばった何て言っていました。

休んだその日は一日不機嫌で、物に当たったり、普段にないような行動とったりするものだからとても心配でしたが、一日休んだら、いつものちびぼんに戻りました。

やっぱり相当なストレスだったのでしょうね。
まあゆっくりと、慣れて行けば良いと私は思っています。
何といっても、5年間不登校だったのですから!急に変化するわけないのですから^^



さてと、ちびぼんの学校は、給食がありません。
別の形で給食に変わるものはあるのですが、どうやらちびぼんのお口に合わなかったようで・・・

自分でお弁当を作って持っていくこと!

になりました。
何も私がサボって・・・と言うわけではなく、ちびぼん自信が自分で作って行きたい!
と言う希望から・・・です。

まあ私も楽チンですから、ありがたいお話で・・・
(もしかしたら準備が大変かもですが、それこそ、縁の下の力持ち!で、母ががんばらないとね)

4日間学校へ行った内、一日だけ午後がありまして、そのときも自分で作っていきました。
私が手を出したのは、玉子焼きの作り方を伝授しただけ。

できるだけシンプルなのを教えてくれと言うので、ちゃんと薄焼き状態で巻いていく玉子焼きを教えてみました。
普段私はフライパンでまいてしまうのですが、ちびぼんのためにちゃんとした玉子焼き機(四角いヤツ〜〜w)を奥から出してきて、それを使ってもらいました。
やっぱりフライパンよりも巻きやすい!(あたりまえか〜)

あとは冷凍食品を上手に利用して、何品か作って、これまた、上手にお弁当箱に詰めていました。
普段私がつめるよりも上手かも〜〜〜
と思っちゃいました。


これからの3年間。
ちびぼん、どんなお弁当を作っていくのだろうか?とても楽しみです。
途中でギブアップするかもしれないけど、それもまたいいですよね〜


学校へ行く楽しみの一つになるかもなあ〜そうなればいいなあと思いました^^

男弁当―働き盛り、育ち盛りも満足! (NHKきょうの料理シリーズ) [ムック] / 小林 まさみ (著); NHK出版 (刊)
男弁当―働き盛り、育ち盛りも満足! (NHKきょうの料理シリーズ) [ムック] / 小林 まさ...




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



そのうち私の分のお弁当も作ってくれるとうれしいなあ〜^^

ではまた〜
拍手する
posted by はるぼん at 18:45 | TrackBack(0) | ちびぼん〜中学1年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

中学生になって「なんだかスッキリした」「家はホッとする」




中学校に入学しました。
入学式も、お友達と一緒にでかけました。

桜の花びらがとても美しかった。

ちびぼんのお友達も、もうすっかり大人の仲間入り・・・背も高いし、声もしっかり変わって、お友達と呼ぶのが似合わない。
ちびぼん本人も、まだあどけない所は残しているものの、背も私より大きくなり、もちろん声も変化してかわいらしいボーイソプラノではなくなってしまいました。

中学生なのです。

入学式も無事に修了し、帰り際、校門の前で写真を撮る列列列〜〜
ちびぼんも仕方なしに写真を撮ってもらいました。
(お友達のお母さんがたありがとうございます^^)
何せ、あまり写真が好きじゃないもので、小学校高学年になってからはほとんど写真がないのです。
男の子って、そういう子が多いみたいですね〜

で、私は写真を撮るのが下手で、カメラを持って歩かない・・・
(腕が痛くなるから〜〜〜www今のカメラは軽いのは承知の上)
手荷物は出来るだけ、軽く軽く〜〜


帰り道はちびぼんはお友達たちとじゃれあって・・・
私はお母さんが他のお喋りの中で・・・

お友達たちのじゃれあいの中に、ちびぼんがいられることの幸せ・・・
やっぱり地元の中学に進学できてよかった。
小学校からのお友達、気心の知れた仲間たち。
クラスは支援級となって、別々ではあるけれど、これからはまた一緒に学ぶ事も多いと思うから・・・

中学生活・・・

はじまりました。

朝もちゃんと早く起きて、仲良しのお友達と待ち合わせをして通っています。

いつまで体力と気力が続くかわからないけれど、とりあえず4月いっぱいはがんばってみるそうです。

私はふってわいた時間を少々もてあまし気味。
今までは朝一で学校にいく事はなかったし、必ず送って行ってたから。

まだまだ、この先どうなって行くのか不安がないと言ったら嘘ですが、出だしは想像以上に上手くいっています。

なんといっても、ちびぼんの言うセリフが・・・

中学校になって「なんだかスッキリした」

学校から家に帰ってくるとこんなに「家ってホッとするんだ」



精神的にバランスが取れてていいコトバ何じゃないかなあと・・・

私も、ちびぼんに負けて入られないですね^^




******************************



少し前の記事で書きましたが、私自身の調子が正直あまり良くない。
だから記事にも自分自身の事は書かないようにしました。
今回もう一つ、自分の調子を守る為にコメント欄をとじさせていただく事にしました。

コメントは大好きで、今まではどんなコメントでも楽しくやり取りできていたのですが、このところあまりにも放置する事が多くなって、申し訳なくて・・・

いつまでかわかりませんが、1年くらいはコメントなしでやっていこうと思っています。

コメントくださっているみなさん本当にゴメンナサイ。
また元気になったら、コメント欄開きますのでお知らせしますね^^

ブログはどうしても続けていきたいので、その為に出来る事は少しずつ整理していこうかと・・・
これも大切な生き方の一つですから。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ちびぼんが作ってくれた新しい生活リズム。ごく自然な朝からのスタート。
私も早く乗れるように、調子を整えたいと思います^^

それではまた〜

私の勝手で急に決めて本当にすみません。
お返事などはかけませんが、拍手ボタンにもコメントを書く箇所があります。
どうしてもの場合、そちらをご利用くださいませ。

拍手する
posted by はるぼん at 21:15 | TrackBack(0) | ちびぼん〜中学1年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

中学入学前に支援級の先生に会ってきました☆




お天気がものすごい崩れ方をしていた日・・・台風のような暴風の中、中学校まで行ってきました!

これから通う中学の教頭先生のアドバイスで、制服を着て出かけました。
ナイスアイデア!
普通の詰襟の制服なのですがやはり慣れないものですから着るのに一つ一つ時間がかかるかかる!
20分はかかったかなあ・・・。

中学校の門をくぐり、職員室へ・・・
支援級の先生が出迎えて下さいました!

お幾つくらいなんだろう・・・?
30代だとは思うんだけど、ちょっと年齢不詳の、やさしそうな男の先生。

ちびぼんの話にもよ〜〜く耳を傾けてくださいました。
なんと言っても、先生自体が赴任が決まって間もない・・・
今までも支援級の担任だったそうですが、高機能の子達の担任は初めてとの事。

ああ、そうなんですよ。
我が地は福祉自体は進んでいるので、重いお子さんの為の機関は手厚いのですが、軽度と言うか自閉圏だったら高機能の子どもたちのための支援は、遅れているのです。
だからこそ、ちびぼんが通う中学の教頭先生は、高機能の子達が満足して支援を受けられる支援級を!を目指してるのですよね。
勉強の出来る子らだったら、調子さえ良ければどんどん交流の普通級で勉強を進めればいい。
受験に必要な単位も取れるように工夫すればいい。
そういうお考え・・・

まあ、ちびぼんは、ゆっくりできればいいので得意な科目だけ交流と言う形になるとは思いますが^^
どうなることやら・・・www
本人、このところ勉強にとても熱心で、バリバリ4年生の算数をやっていますけど^^
時間って取り戻せないですからね。
本人のがんばり次第で、数年などあっという間と私は思っていましたが、ちびぼんはそうは行かなくて、時間をかけてじっくり・・・進んでいます。
この調子で勉強の方法など、取得して行けば、案外化けるかもしれませんが・・・わかりません^^

支援級の教室を案内していただいたり、学年主任の先生にも紹介していただいたり、ちびぼんの趣味の話や普段の状態などお話して、約一時間。
いい雰囲気でお会いできました。

ちびぼんも借りてきた猫のようにおとなしくしていましたが、しっかりと先生観察をしていたようで、帰りがけに、
「あの先生、お人好しっぽいね♪」
何て言ってました。
ここで「そんな失礼な事言うんじゃありません」と言うのがふつうなのかもしれませんが、わが家はOK☆私もそう思った♪などと話がはずみました。
だってね、先生とまずはちゃんとコミュニケーションとれる用になるのが一番大事。
お人好し。
ということばの中には、親近感がいっぱいこもっているからこそ、この言葉を使ったのだし。

ちびぼんもすっかり安心したようで、入学前にいい機会を作ってくださった教頭先生に感謝!
そうなんですよ、こちらから面談をお願いしたのでなく、学校側から言ってきてくださったんです。
うれしいことですよね。
4月など、一番忙しい時期に、本当にありがたい!


さてさて、担任の先生にお会いして色々お話したにもかかわらず、何かが不足しているぞと・・・

そう、サポートブック。

今度の担任の先生にはサポートブックがあいそう。ちゃんと利用してくださりそう。
サポートブックの意味をきちんと把握してらっしゃる先制打と感じたので、ちょっと自分自身の調子もイマイチですが、なんとか作ってみようかなと思っています。
小学校とは違いますから、特徴を端的に伝えるだけで良いような気もしていますし。
フフフ。ちょっとだけお母さんがんばります!


家族が作る自閉症サポートブック [単行本] / 服部 陵子, 宮崎 清美 (著); 明石書店 (刊)
家族が作る自閉症サポートブック [単行本] / 服部 陵子, 宮崎 清美 (著); 明石書店 (刊)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


入学前になんとか更新できました。
うれしいねえ^^

それではまた!


拍手する
posted by はるぼん at 20:38 | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。