PAGE TOP

2012年03月23日

小学校卒業しました〜☆




小学校、卒業しました!

式にも参加しました!

翌日の謝恩会にまで参加できました!

母は疲れました・・・!!!!!!


式に参加するかどうか・・・
三学期がはじまったころから、担任の先生に問われ・・・
(もっと上手な言い回しですけど・・・参加することを前提にした問い方で・・・)

ちびぼん自身は、式典大好きな子なので(終業式も始業式も何故か今まで休んだ事ない、、、はず)卒業式ももちろん出席するつもりらしいし・・・

それならば、
式の練習に出なければならないよと、朝一番に行っている練習に、3回、参加できまして、無事、卒業式本番〜〜〜
その間、母は一人で勝手に、練習に参加できるのかどうか、朝起きられるのかどうか、本番も大丈夫かどうか・・・ものすご〜〜く心配して、自分でストレスの元を作っておりました。

実際は心配する事もなく、練習も予定日にほぼきちんと行け、本番に強いちびぼん、式もスルリと終え、翌日の謝恩会にも、(なんとボーリング大会だったのですが)不慣れな事も、いやがらずに何とかでき、その上、立食パーティ?(単なるバイキング・・・?)も楽しそうにしっかりといただいて、友人たちとの歓談もゲームと言う武器を使って、自然と会話ができたようですし・・・(ありがとう、モンハン!)
母は、そろそろ緊張のネジが緩み始めて、体中が悲鳴を上げだした頃・・・
無事に解散の時間となりまして、ちびぼんとそのお友達と一緒に家路に・・・

家についたらもう完全にダウンで、そのまま寝倒れ〜〜
ちびぼんは、卒業式の前日、眠れなかったのに、何故か普通に元気で・・・やっぱり男の子で、若さもしっかりあるわけで、寝倒れるまでの緊張ではなかったようで・・・翌日の行事後も、家についてからは自分の時間をしっかと楽しんでいました。

まあとにかく無事に終ったので、ホッとしております。

春休みの期間は、次に始まる緊張の嵐にたえられるよう、しっかり充電しておかねば!!!
あああ、中学生になるんだなあ〜〜



**************************************


何故かちびぼんは式典が好きで、卒業式にも自分から参加すると(と言うよりも参加するのが当然とばかりに・・・)練習にも嫌がらずにいけましたが。

式典やら行事の嫌いな自閉圏のお子さんや、不登校のお子さん。

こういう時期は耐えられないほど苦痛が待っているんでしょうね。

それは親御さんも同じで、自分で参加すると言っているちびぼんでさえ、親の私はヘロヘロになってしまいましたし・・・

なんでもそうなのですが、こういった学校行事。
みんなと一緒に参加できなくても、他の方法はあります。
それから参加することを強制するよりは参加しない道を選んだ方が、親も子も楽しいです。

ちなみにちびぼんは・・・

*始業式終業式など式典は参加しました。(自分が好きだから)
*運動会は小3から保健室で見るだけ参加。機嫌の良い年は一つくらい競技に参加していました。
*学芸会は3回目の小5はちょっとしたことで躓いて、参加できなくなりました。(本人は劇は好き)
*造形展はこれはあらかじめ作っておくものなので、全部参加できていました。(手が早いので、一度学校に行けさえすれば完成できちゃうようで^^)
*校外宿泊学習これには、母親付で参加しました。が、前日からまったく寝れない状態が続いていて、一日目の終わりに、倒れ寝してしまい。そのまま帰宅・・・
*修学旅行は1泊だった事もあり、する〜〜っと参加して帰ってきました。母親が黒子になってついていこうかと思っていましたがそれをしなくてもすみました。

まあこんな感じですかね。
その年年にある遠足などはそのときの調子で行ったり行かなかったり・・・でした。

結果として学校に行っている日数の割りに行事に参加した数が多くなっていますが、甘い親の私のこと、一つも無理をさせてはいません。
本人に参加の意思を確認してから、じゃあどういう風に参加できるか、選択肢を考えて(学校ともよく相談をして)最終的に本人に選んでもらう形式・・・
この形だと無理やり参加させられた、という思いもなく、行事に参加することが出来るので、中学にいっても、この形を守って行きたいなあと思っています^^

これも、私自身が不登校で学校行事が大嫌いで(正直、ちびぼんがこれだけ行事に参加したいというのも、私には理解できない所・・・休んでいいなら迷わず不参加!と言いたかった子ども時代の私^^)参加するのが当然と言った、おまけに、参加できないなんて「かわいそう」と言ったよけいなものまでついてくる〜そういった、無言の圧力から逃れる為、当日、お腹が痛くなって休んだ記憶が・・・(もちろん、仮病です)修学旅行も一度も行っていません。でも小学校も中学校も友人いましたよ。現在でも何らかの形でつながっているレベルの友人。


学校の行事って、もっともっと参加しなくてはならないと言う縛りがなくなるといいのになあ・・・
不登校の子にも、その行事を目標にさせたりするの、止めた方が良いと思うのだなあ・・・

これも、行事には「参加させてあげたい」という学校側や親の希望もあるんだろうな・・・





感動をよぶ入学・卒業式辞集 (小学校・中学校例話集) [単行本] / 学校例話研究会 (編集); 学事出版 (刊)
感動をよぶ入学・卒業式辞集 (小学校・中学校例話集) [単行本] / 学校例話研究会 (編集)...

↑そうそう、卒業式は感動しなくちゃいけないんだよねwww(わからないよぅ!!!)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


やっと更新できました。
卒業式・・・自分で甘く見積もっていました。
ここまで疲れ果てるとは・・・

次に迫る、入学式にばてないように対策を練ろうかなあ・・・


調子があまり良くないのであくまでも予定ですが、
不登校についての小学校まとめ・・・と、
自閉圏の中での差・・・についてなど、書いていきたいなあと思っています。

それではまた〜です^^
拍手する
posted by はるぼん at 10:46 | TrackBack(0) | ちびぼん小学校6年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

もうダメだと思ったら、物でも人でも助けてもらおう!

もうしつこいくらい書いていますが、わたし、はるぼん、自分でもビックリするくらい健忘がひどいです。
う〜〜ん。
何て言ったらよいのか・・・単純な計算力とか、ちょっとした判断力とか、そういったものもものすごく低くなっていて、本気で認知症を心配しておりました。
(この事は主治医にテストしていただいて、無事、認知症ではない事がわかりました^^)

一応主婦なので、家の中のあれこれ、家事仕事は山のようにあります。
私が何とかこなせているのは、洗濯と、ごはん。だけ〜〜
最近はその二つも、怪しげになってきて・・・
(洗濯したのを忘れていて放置してカリカリにしてしまうとか・・・炊飯器のスイッチを間違えて押してしまうとか・・・)
もうなさけないやら、自信ゼロになるやら・・・
(それでも、自己肯定感を失わないのがわたしの良いところ!と自分で自分を慰めております><)

一番苦手なのがお掃除と片付け・・・
ADHD系が自分にあるとは一度も診断もされていないし自分でも聞いたことがないのですが、片付けられない女ってまさにこんな感じかなあと...
子どものころからその傾向はあったから(鞄の中グチャグチャとか、机の中がきれいに整った事がないとか・・・)今更なんですけど。
狭い我が家、各部屋にところどころ、ブラックホールが出来てしまいまして・・・
まあ何と言うか、ダークマター的な、開かずの間のミニ版と言うか・・・あまり使わない化粧台の回りが、どんどん物置き場になって、じわじわとそれが広がっていく・・・
そこには得体の知れないもの(実際には洋服とかバッグとか何故かプリントとか紙袋とか・・・)であふれてきて、もう一度触ったら、片付けに時間がかかってしまう〜〜〜と言うのがわかっている空間。。。
そんなブラックな空間がいっぱいできてしまって・・・
そういう空間があるとしっかりとした掃除なんて出来ないし(見て見ぬふりをして、掃除機をかけることくらいはできる)埃はどんどんブラックホールに吸い込まれていくし・・・ついには大事なものまで、ブラックホールに!!!!(リモコンスイッチとかメガネとか・・・実際に紛失してしまいました)

うううう・・・・
これはもうお手上げです。

とうとう福祉のお世話になることを決断し、このたびヘルパーさんの業者さんと実際に部屋を見ていただいて、お話が出来ました。
ここまでが長かった〜〜
自分の事を怪しいなと疑い始めて(ちょうど去年の今ごろ・・・3.11から急激におかしくなったのです。弱いですね・・・)家事補助をしてもらえるように手続きの相談にお役所に行き、ラッキーなことに優しい丁寧な担当さんにあたって、素直にお話が出来。
家に来ていただいて、現状を視察?していただき、数ヶ月待って、手続きがおりました^^
何件か業者さんを紹介していただいたのですが、毎日の予定をこなすだけで、バテバテ状態になって業者さんに連絡もせず・・・せっかく手続きした家事補助・・・放置してしまったのです。

お手上げ状態になって、やっと自分でも動けたというか、電話しただけなのですが(それがなかなか出来なくてねえ)何とか面談の日を決めて、今、に行き着いたのです^^

私が欲している助けは、いっしょに掃除をしたり、食事の用意を手伝ってもらう事ではなく、私の頭の変わりに、片付けや掃除の段取りをとってもらいたい。片付けのスケジュールを組んでもらいたい。少々の部屋の模様替えだったら、それに必要なものをリストアップしてもらいたい。
と言う頭の部分。

この話をそのまま業者さんにお話したら、すんなりわかっていただけました。
気になさっていたのは「こだわりがあるかないか」だけでした。
私自身、こだわりはあるけれどもたいしたことない。
問題はちびぼんで、前もって相談と言うかたちをとっていけば、なんとかなるだろう・・・とお話をしました。

理解していただけたようで、よかったよかった。


もう一つ、自分でもあきれるくらい、時間のすっ飛ばしが多くて、約束事をすぐに失念してしまうのです。これはどんな小さな狭い社会であっても、なかなか許されるものではありません。
人間失格になるのも間近・・・

これには私もさすがに恐怖感を覚えて、何とかせねばと、タイマーや予定表やあれこれあれこれ〜〜〜〜

今までは、あれこれ使うとすぐになくしてしまって探すことになるので、なんでも1冊の手帳にメモをするという形をとっていました。
A5サイズの持ち歩くのにぎりぎりサイズ(わたしにとって)の大きさ。
去年までは何とかこうとかなっていたのですが、
現状の、この次何をしたら良いのか忘れてしまう。
確認したその日の予定を忘れてしまう。
と言うところまでくると・・・
もう、手帳では何の役にも立ちません。

精神科の主治医に教えていただいたのは、ミニホワイトボード(100均によく売っているサイズの)に、二日間の予定を記入して、見えるところに貼っておく。
これは即役立ちました。
息子ちびぼん用と、私用の二つ用意しまして、並べてはってあります。
記入するのは私の役割なのですが、ちびぼんもボードを見て確認する用になりました。

そしてもうひとつと言うかたくさんと言うか・・・

自閉圏のお子さんの為のグッズとして多数のお役立ちグッズを用意されている「おめめどう」さんのグッズを購入しました!
(*NETショップはこちら⇒おめめどう
それもね、
自分でHPを見て判断する事が出来ないから、このブログにもリンクさせていただいている、kingstoneさんに相談して決める事が出来ました!(本当に助かりました。ありがとうございます!)

自己管理のためとちびぼんの時間感覚を自分のものと通常の流れとの差を意識してもらう為に・・・
と言う思いもあり、どどんと、おたすけメモのセット(本当のネーミング忘れました)と巻物カレンダーを二種購入しました。

おすすめしているのかどうだか、おかしな事を書いちゃいますと、自分の頭がと言うか、能力とか気力とかがちゃんとあったとしたら、多分購入まではしなかったと思います。
自作したり、しないまでも普通のメモ用紙やカレンダーを少し工夫するだけで何とかなっちゃうと思うから・・・

今回自分で購入して使ってみて(と言ってもまだ1週間未満ですが)まず一番に思ったのは、とにかく紙に印刷されているだけなのに、その大きさといい印刷具合と言い使いやすい!
(きっと考えに考えられたデザインだからなんでしょうね)

私のようにぼ〜〜っとした頭でも、えんぴつを持って書き込むことが出来る。
その日一日を頭の中で計算したり組み立てたりしなくても、思いついたまま書き込んでいけばいい。
通常のTO DOリストでも、それで良いのですが、印刷されている甲斐ないかでこんなにも書き安さが違うのかとビックリしました。

なんとね。
私、時間や時計が読めない自閉ちゃん用なのかな?時計のメモを最大限に自分用に使い始めました!
今一番苦手な時間の組み立て・・・これを考えるのに、その日12時間分(時計だから〜^^)線を引くだけで、どのくらいの時間で次の用事までこなさなければならないか、一目瞭然!
これは無理だと思ったら、他の時間に回すか、翌日に繰り越すかすればいい。

息子を起こさなければならない(起こしても良い)時間まで、この時計メモで計算するようになりました。
改めて、自分が時間の計算に弱い事が判明しました。数字としてはすぐに計算できるんですが実感が伴わないんですよ・・・はい。

まだ使っていないメモもたくさんありますが、息子とお話メモで、ケンカなんかしちゃったり^^
思った以上に役立っています☆


忙しいお母さんや、お疲れ気味の当事者さんにも、こういった工夫されたグッズって役に立つかもしれません。
小さい子ばかりに使うのはもったいない!と思っちゃうほどです。

巻物カレンダーのミニ版、巻物手帳。
これ、現在持ち歩いて使っています。
予定はすぐにその場で書き込みます。
今まで使用してきたA5サイズの手帳は、予定の確認の為家で再度記入。これは週単位で一月分見ることが出来る、ごくごく普通の手帳。
週としての感覚をここで再確認ですね。(時間、当日まであと何日・・・的な見方は巻物が一番)
後忘れないように細かな事柄をメモしたり・・・
手帳は手帳で役立てています。

大きな巻物カレンダーは、ちびぼんの予定表として使っています。
気になる予定・・・
今だったら卒業式のリハーサルまであと何日かすぐにわかるように、張り出しています。
(巻物なので、過ぎ去った日、そして未来の日も自由自在。巻いてしまえばいいのです)
次は卒業式当日ですね^^

これも見やすくて、こんなにも時間感覚が変だった・・・って、やっと自覚しました。

ほんのちょっとの事で、世の中と通じ合えた気がしちゃってる私ですwwwwww



「おめめどう」HP
詳しい説明や感想などが盛りだくさんです。とにかく使い心地が知りたい方はまずこちら。
「おめめどう」NETショップ
実際に購入する時はこちら。こちらもわかりやすいサイトです。



お子さんのために、色々なグッズを手作りされているお母さんお父さんもいらっしゃいますよね。
それをフリーでNETで配布してくださっていたり、安価で販売されていたり・・・
せっかく生み出された知恵は、何かの形で次の人へと繋いで行きたいですものね。



発達障害のある子とお母さん・先生のための思いっきり支援ツール―ポジティブにいこう! [単行本] / 武蔵 博文, 高畑 庄蔵 (著); エンパワメント研究所 (刊)
発達障害のある子とお母さん・先生のための思いっきり支援ツール―ポジティブにいこう! [単行本]...






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


今回思ったのは、心のそこから素直にヘルプが出来るのって、専門家や支援者・・・
つまり、血の繋がった身内ではなく、他人。

まあ遠くの親戚より近くの他人・・・に似た感じでしょうかね?

と言うよりも、何らかの仕事・・・経済として回る・・・と言うのが肝心なのかもしれません。

ただより恐いものはない・・・と言う事ですね^^
(身内にたのみごとなど恐くて絶対に出来ませんからね〜〜あはは)



他にはちょっとPRみたいになってしまいましたが(元気だったら他に紹介できるところなども探したりするのですが・・・)どうかご勘弁を。
実際に現在使用中で、とってもたすかっているので^^


それにしても、二次障害で気力も体力もなくなると、人間の能力ってどんどん落ちていくんだなあと・・・
自分のことを振り返ってみてつくづく・・・
やっぱり二次障害は恐いです。


ちびぼん、あと何日で卒業!と言うのを意識しだしてから、根性で学校へ行っております。
(あらかじめ決められた曜日のみですが)
なかなかやるなあと、誇らしい目で見ております、母はるぼんです^^

それではまた〜
拍手する
posted by はるぼん at 21:22 | TrackBack(0) | 発達障害について〜これが楽かも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

「ま」るで「ダ」メな「お」母さん。略して「マダオ」




気づいたら桃の節句も終ってました。
ちらし寿司だけでも作ろうと思っていたのに、ぼ〜〜っとしているうちに一日が終っていました。

相変わらず私の中では時間泥棒クンがいて、気づいたら時間がたっていることが、しばしば・・・。
まあこちらの症状に関しては主治医ともじっくりお話をしているので、自分ではあれこれ考えないようにしています。
考え出すと止まらなくなるし、しんどいし、その時はよくても翌日如実に疲れとして現れるから、嫌なのです。

まあこんな感じで、私自身、物を深く考えたりすることか、ちょっと何故だろう?と言うようなことまで、すべて放棄しています。

完全なる、思考力ゼロの女。

それでも日々は何とかこなしていけるもので、息子も私も栄養状態ばっちりな人のような平均的体重になっています。
(私の場合前が細かったので、ものすごく肥って感じるのですが・・・いや、感じるだけじゃなくて肥ってると思う。お腹のあたりの脂肪の固まりを見ると、悲しくなる・・・・・・。)

生きる=食べて眠る。だけじゃないので、このままではいけないことも十分わかっていて、なんとかせねばと、ゆっくりながらも、色々な人の手をかりながらも進んでいます。
(たぶん進んでいると思う〜)



そんな日々を送りつつ・・・

日課である、アニメ「銀魂」の録画を食事をしながら見ていたときの事。
(リンク先はTV東京:あにてれ:銀魂です)
内容が、ちょうど「マダオドックマダオネア」
ほぼ毎日1〜5回は録画を見る(あるいは録画を流しながら他ごとをしている)回数だけはコアな銀魂ファンのわが家。
(これもすべてちびぼんのこだわりと、私の無頓着さから生まれた結果なのですが・・・)

「マダオ」談義になりまして、
ちびぼんと二人、色々な「マダオ」を作って楽しんでいたのです。

そんな中、これ、自爆なんですけど・・・

るでメな母さん☆

とでかい声で考えもなしに発言してしまいまして・・・
ちびぼんには大笑いされるは、自分で自分を笑えるわでしばらく本当に笑いの渦が我が家にまいていた状態に・・・

その後も、エラく気に入った我々二人、事あるごとに
「まるでダメなお母さん^^略してマダオ☆」
と、言いまくり!

まあこのマダオという言葉。
蔑みの言葉ではなくて、なんというか愛のある、ダメじゃん。みたいな感じ?
とわが家では思っているので、笑い話になるのですが^^


銀魂の世界で「マダオ」と言う単語は、長谷川をさす蔑称に止まらず、無職の中年男性を罵倒もしくは、マダオと呼ばれた(もしくは自覚してる)中年男性が自身が自虐的になる際に使うスラング(俗語)になっている。
Wikipedia銀魂の登場人物一覧(脚注6)より引用させていただきました




まあ、笑いがある家と言うのは良いものでありますが、ちびぼんとの会話って、ほとんどがアニメだったりゲームだったり・・・彼が好きな世界のお話ばかりなのです。

まるでダメなお母さん。としましても、もう少し会話の幅を広げたいなあと、そのアニメやゲームやマンガから私の知る限りの知識を総動員して、ちびぼんが興味を持ってくれるかもと、ちょっとだけ横道にそれた話にするのですが、今のところまだまだダメです。

全く別な私の話・・・などは聞いてくれるんですけどね・・・

やっぱり自分の世界は自分の世界でしっかりとキープしておかないと、不安定になるのが怖いのでしょうかね?
そのあたりはやっぱり本人じゃないとわかりません。

お母さんに出来る事は、彼の世界を崩さず引く時は素早く、そして出来れば興味を広げる手伝いがしたい。
って、これも子どもにしてみたら余計なお世話かもしれませんね。
知りたかったら自分で調べたりしますからね。

やっぱり「マダオ」なお母さんだわ私。



銀魂―ぎんたま― 10 (ジャンプ・コミックス) [コミック] / 空知 英秋 (著); 集英社 (刊)
銀魂―ぎんたま― 10 (ジャンプ・コミックス) [コミック] / 空知 英秋 (著); 集英...




あらら、しっかりいい時間。
(これだけ書くのに2時間かかってる???)
時間の管理、もっとしたいなあ・・・



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。

何でこんなに時間かかるんだろうと思いつつ・・・
またこまめに更新出来ればなあ〜と、夢見ております^^

それではまた〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 23:13 | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする