PAGE TOP

2010年04月30日

発達障害の体力づくりは、自分を知って無理をしない。2




ちびぼん、元気に遠足から帰ってきました〜〜〜^^

で、即、寝てしまいました。。。

そろそろ、おじいさん時間(超がつくくらい早寝早起き)の調整・・・ですね。



*********************************



今日は自分の体調の出来事を書きながら、それの克服?した方法と、いまだによく失敗すること。を書いていきたいと思います。

ようするに身体の面だけに注目した・・・のお話です。


前記事「発達障害の体力づくりは、自分を知って無理をしない。」



発達障害者の疲れやすさの内には、やはり基本的な筋肉がない。体力がない。と言うのも原因の一つだと私は思っているのですが・・・いかがでしょう?

私の場合はみごとにそれに当てはまっています。


握力は両手とも10〜15。
(ひどい時はもっとなかったです)

他の部位の筋力は測る機会がないので分かりませんが、自分の経験からして、とりあえず10キロのお米は持てるのでそのくらいの筋力はあるようです。
下半身は、長年の立ち仕事で鍛えられているのか、歩く事に使う筋力はしっかりあるようです。
(山登りや階段などはダメです。ひざが言う事を効かなくなります)

自分で女性として最悪だな〜〜と思うのは、長時間物を持ったままでいられない。
持久力がないんですよね。

だから、ママ友とショッピングなんて、絶対無理。
何であんなに長時間、物を持ったままで平気なんだろう・・・

ちびぼんの赤ちゃん時代は、筋力だけ出なくて関節もやられていましたから、抱っこそのものを私が座ってでないと出来なかったので、ショッピングセンターなどで赤ん坊や幼児を片手で抱いて、レジを済ませているお母さんを見ると、毎度驚いてしまいます!


と言うわけで、私が買い物へ行く時は、おばちゃまたちが良く使っている、ショッピング用のガラガラカートが必須です。
それがある時の買い物は購入するものの重量を考えなくていいから、楽です。

カートがない時は、3キロ以内におさめるように工夫します。

なんといっても私、自転車にも自動車にも乗れませんから・・・
買い物したものは全部自宅まで自分の力で持って帰らなければなりません。途中で放り出したくなっても・・・それこそ、根性で持ち帰らないと・・・

幾度かの反省点を踏まえて、だいぶ手持ちで買い物をする時は、失敗しなくなりました。

買い物で肩が凝って寝込む・・・
発熱までしますからね〜〜〜

あと、掃除もあなどれない。
わが家のキッチンは、ビニール素材の床なんですが、これまた、よごれが気になる。
雑巾で、床をお掃除するのが好きなので、ちょくちょくやってはいるのですが、軽く拭いただけでは床の模様と言うか凹みに入り込んで黒くなっている所までキレイには出来ません。
力技でやると、キレイになるので、それがうれしくてついつい、やっちゃったことがあるのですよ〜〜
(洗剤の力ももちろん借りています)

そしたら・・・
右肩から背中から・・・完全なる筋肉痛で、腕は上がらなくなるわ、涙が出るほど痛いわ、で、またまた微熱は出るわ・・・

同じ失敗を、お風呂掃除でもしています。

何度やってもついつい・・・という気軽な感覚が、あとで大後悔・・・という結果になっちゃうんですよね〜〜
これ、過集中とも違って、何気ない力加減をずっと続けていた・・・だけなんですよ。

まだ、掃除している途中で、あれ?と気づくようになったからまだいいのですが・・・
(手に全く力が入らなくて気がつく・・・)

ほんとに、情けなくて悲しくなります。
(もっと便利グッズを利用すればいいんですよね〜〜)


極端な事言いますと、消しゴムかけで、筋肉痛にもなったりします。
(昔イラストロジックにはまっていたときに、よくなりました・・・^^;;)


もう一つは、普段使いのバッグ。
これも、手で持つタイプではなく肩掛けのものを使用しているのですが、小型のものでないとダメです〜
ついつい(これが多いな〜〜)たくさん入るタイプのバッグだと、色々なものを詰め込む癖があって(整理できない奴なんで)はじめは軽かったのが日を追うごとに重くなる・・・

自分が普段使いしているバッグで、肩こり→頭痛。。。
笑っちゃいますよね〜

で、最近、方に斜め掛けするタイプのかばんを使うようになりまして、これならばいいかも〜〜〜
と今のところ順調です。



ここ2年くらい、朝一番での出勤がないので今の自分がどうなのか???ですが、
朝一番のお仕事・・・シャッターを開ける。っていうのがあるんですよね〜
これまた古いシャッターなので、自動はもちろん付いてないし、これまた重いんですよね〜〜

男の子なんか片手でヒョイっと開けていますが、さすがにパートのオバちゃんたちは、うんこらしょ!と気合を入れてあけています。
私はその上に・・・重量挙げの選手のようなポーズで開けていました。
よく、バイトの子に「はるぼんさん、どういうかっこうしてるんですか〜〜〜」と笑われてしましたが・・・そのポーズで下半身をふんばらないと、腕の力じゃ無理なんですよね〜〜
お陰で、毎日そのシャッター開けをしていた時は、上腕の贅肉が取れましたね〜〜(今はしっかり戻って、ぷよぷよちゃんです^^)


あらら、簡単に自分の事はまとめるつもりだったのですが、長く書きすぎてしまいました。
(こういうところで整理能力ないのがばれますね)




少しまとめます。


1.自閉圏(発達障害)の人の疲れやすさの原因の一つに、筋力のなさがあると思う。

 精神的な緊張感が大きくウェイトをしめていると思うが、筋肉のアンバランス、使い方が下手。何よりも筋力そのものがあまりにも少ない。
そのため、一般の人よりも疲れが出やすく、そんなことで?と言うような身体運動で身体を壊しやすい。


2.筋力のなさを実感し、自分で自分の筋力を把握する事で、色々な工夫が出来る(場合もある)

 自分の筋力を把握する事で、疲れにくい行動の仕方を考える事が出来る。
 色々なお助けアイテムを利用する事も可能。
 同じ姿勢を保つなどの持続力を要する事は、十分注意する。
 断れる事は、勇気を持って断る(それが出来ないんだけど・・・)


3.筋力のなさの他にも、筋肉を緩める方法が分からない。と言う事もあると思う。

 過集中には注意が必要。タイマーなどを活用するといい。(聞こえない事もあると思いますが・・・)
 何でもいいからストレッチを癖のようにやる。
 深呼吸だけでも肩甲骨を意識したり、腹筋の常態を意識したりする事で、その部位を緩めることが出来る。
 

4.基本的な筋力。歩く力を見直そう。

 歩くと言う事は案外馬鹿に出来ない事で、歩けると言うだけで全身の血流もよくなり、身体の調子もある程度安定する。
 気をつけないといけないのは・・・
手ぶらで歩くと言う事。
荷物を持つなら最小限、ポケットにしまえるくらいの重さがいい。



こんな所ですか・・・

あと、お勧めしたいのは。
ラジオ体操とNHKの「みんなの体操」(リンクはNHKサイト内、ラジオ・テレビ体操の放送時間です)

座っても出来るというなまけものの私にもピッタリ?
(と言うか座ってやっても充分な体操量だと感じます)

真面目にやると、ホントに心地よい運動したな〜〜って感じで、いいですよ。
何せ放送時間が10分だから、やりすぎるということも無いし〜〜〜




NHKテレビ・ラジオ体操―いつでも、どこでも、元気に体操! (生活実用シリーズ)

NHKテレビ・ラジオ体操―いつでも、どこでも、元気に体操! (生活実用シリーズ)

  • 作者: NHK出版
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2005/03
  • メディア: 単行本




CD付 図解 本当はすごい「ラジオ体操」健康法

CD付 図解 本当はすごい「ラジオ体操」健康法

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2007/07/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)






・・・・・・・・。

この記事書いていて、自分の実年齢を疑ってしまいました。。。

はるぼんは、決して70代でも60代でも50代でもありません。
まだ一応40代です・・・



ううううう・・・
いいんだも〜〜ん☆

私の体力ピークは7歳だったのさ!




☆参加しているランキングバナーです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


お読みくださいましてありがとうございます。

ちびぼん。。。眠り続けています。
ちょっぴり臭っちゃいです・・・
真夜中のお風呂はいくらなんでも迷惑だから(団地です)朝風呂を用意してあげよう...
拍手する
posted by はるぼん at 19:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 発達障害について〜これが楽かも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

明日は遠足です。




明日はちびぼん、遠足です。

今、彼は熟睡しています!

5年目にしてはじめての事です。

学校行事の前日と言うのは、参加する意思のある時は必ず緊張で、なかなか寝付けない。。。
と言うのが、あたり前になっていて、本人も私もそれを自然にとらえていたのですが、

おじいさん時間がリズムに乗っているからなのか、今日は早い時間からコロっと寝てしまいました。

お風呂にも入らず、そして何よりも明日の用意をせずに寝てしまった!



親としては信じられない変化〜〜〜〜〜


準備物にあれこれ、気をもんで、用意をきちんとしないと気がすまないタイプだったのに!

まあ仕方ないから、一応私が用意して、リュックに詰めるだけの状態にしておきますが・・・

たくましくなったと喜ぶべきなんでしょうね〜〜〜

お弁当のおかずまであれこれ口出しして(リクエストとも言う・・・^^)これとこれは、母ちゃんの仕事ね!ちゃんと準備してよ!
って感じで指示を出されていたのが・・・

今日はお弁当のメニューについて何も言わずに、ぐーすかぴ〜〜〜☆


ううううう〜〜〜〜〜ん。

いつもと違う、ちびぼんに弱冠戸惑う、母親の私。

うれしいはずなのにね、こういうところもちょっと複雑な感情が出てくるから不思議。





ちびぼんが、今週から実行している「おじいさん時間」

少しばかり極端な早寝早起きなんですが、身体にも精神にもいい影響を与えてるのかもしれない。

夜中とも言える時間に起き出して、朝がくるまでは全部自由時間ですから〜

私もうるさいことは何も言わずに、彼の自由のままに放置している。

朝ごはんは自分で作ってくれるし・・・
(目玉焼きですが)

母の睡眠時間というか、いつ眠るのかわからない状態で、寝かさなければならない。眠るのを見届けなければならない。
と言う、縛りから解放されて、彼がおきてからも、(弱冠物音がうるさいですが・・・あ、あと時々ひとり言も〜〜〜^^)私の睡眠は確保できる。


精神衛生上とてもよろしい。

きっとこれは、私だけじゃなくて自分の自由な時間を保てる、ちびぼんにとってもなんだろうな〜〜〜

やっぱり好きなことを好きなだけ、出来る時間。
これって必要なんだな〜〜〜
ってつくづく思いました。


こんなに、長く「おじいさん時間」が続くとは思ってもいなかった。

お休みの日も、この時間で行く!

と自分で宣言してましたからね〜〜

よっぽど、感触がいいんでしょうね〜




遊びに行ったりする時間も、今までよりも早め早めに設定しておいた方がいいですね。

彼が自分で決めたこの生活時間。

しっかり応援してあげないとね。




さてと、


明日の遠足、お弁当は・・・

鮭と梅干のおにぎり。
ピーマンとウィンナーのミニミニ串焼き。
長ネギの玉子焼き(ロール状にする予定なんだけど、上手く丸く巻けるかな?ネギを超みじん切りにするしかないかな?)
鳥のから揚げ。
後は何か冷食を1品と、葉物を少々。
トマトも入れられたら入れる〜

って感じですかね?

300円までのおやつも、今日家に遊びに来ていた親友のT君と一緒に買いに行きましたし(駄菓子屋さんで買ったので、なんだかすごい量です・・・)




さてと、私も眠らないと。

目標11時^^

お米を研いで、少しだけお弁当の下準備して、眠ります〜〜
あとNETも少し・・・しちゃおかな?
私にとって夜の時間が自由になったのも、うれしい〜〜〜♪







☆参加しているランキングバナーです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


お読みくださいましてありがとうございます。
ちびぼん、すごい寝相で寝ています!
幸せそうな寝顔に見ほれながら、なんだかうれしい気持ちでいっぱいになっている、親バカはるぼんでした〜〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校5年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

オブラートに包まない私。




今日はほんのちょっぴり、普段思っていることをオブラートに包まずに書いてみようかな?と言う気分になっています。




さてさて、発達障害、自閉圏と一言にいいましても、それぞれが個々であり、本当に100人いれば100通り・・・

自閉の症状だけでもそうなのに、それに加えて家庭環境なり、持って生まれた身体・・・の状態でも、さらにイロイロ・・・になると思うんですよね。

ごくごく自然に自分の身の回りの人たちを見渡しても、ものすご〜〜〜くイロイロな人たちがいるじゃないですか。

ムチャ美人ちゃんや、ハンサム君。
色グロちゃんや小デブちゃん。

いつもお腹を壊しているお兄ちゃん。
頭痛薬を手放せないお姉さん。

どうしてそんなに足が遅いのと言うくらいゆっくりしかあるかない人。

お金持ちの家に生まれた上に、頭脳明晰、スポーツもバッチリ、その上歌やらなにやら何でもそつなくこなしちゃう上に・・・
運までいい子。
ついでにどうしてか性格までいい子。

どう考えても辛い人生なのに、全然めげずに明るい子。

家が宗教をやっているから何の疑問も持たずにそのまま、自分も宗教をやっている人。

次から次へとハッピーな事ばかりおきている人。

次から次へと不幸な事ばかりおきている人。

キリがないキリがない。。。

人は人自分は自分。




同じ障害を抱えていても、幸せな環境で育った人と、不自然な環境で育った人とでは、やっぱり違うし・・・




何ていうのかな〜〜〜
生まれてくる時に、自分で自分の運命をある程度決めて(選んで)生まれてくるんだ。何ていうのをどっかで読んだか、私の脳内で勝手に作り上げたか忘れてしまったけど、そういうのってあるような気がするのね。

今ある自分を、自分が選んできた。

生まれつきのものと、家庭の環境(はじめからのね)は、仕方ないとして、後からのものはやっぱり自分が絡んできているわけで、自分で選んでいるんだと思うの。

逃げであろうと立ち向かって特攻していくにしてもね。

その結果も自分で選んでいるわけで・・・



だから、何ていうのかな〜〜〜〜

生きているものどうし、もっと他人を生ぬるく接してあげようよ。
と思うんだな〜〜

お互いにね。


リアルの友人なんだけどね。

やたら人の生活に干渉してくる人がいるの。

この前どこどこ行ってたでしょ?
ちょっと前にちびぼん君、自転車で出かけたわよ。
だんなさん、この前車がずっとなかったわよ、帰ってこなかったの?

どれだけ暇なのか知らないけど、いちいち携帯でメールしてこないでほしいよね。

何が知りたいのかよくわかりませ〜〜ん。

だから何なの?何て答えて欲しいの?


人の人生なんだから、あまり干渉したらいけないと思うんだな。

これは、NETの世界であろうとも同じ。




と、書いたのは私の考え方で・・・

またこれ色々な考えがあって当然だし、それはそれでいいとおもう。


学校へ行けないのだって、無理やりに行かせていては、子どもの心が壊れるだけさ。
本人が、どうしたいか?どういう形なら動けるか?

親は育てる、教育を受けさせる義務はあるけれど、子どもの生き方まで干渉する事は出来ない。

子どもが自分で自分のことを考えて、行動できるようになるまで、あたたかく見守る事しか出来ないと思う。



う〜〜〜ん。

こういう考え方も、自閉圏らしい極端な思考だとも思うけれど・・・


私はこういう考えで生きているし、これからもいろんな事を経験したりしていけば考え方や感じ方も変化するだろうし・・・

まだまだ生きて行くつもりだし・・・(100歳目標!)


私は私の人生を大いに楽しんでいます。



何書いてるんだろうね・・・・・・。

まあ、こんな私ですが、よろしくお願い致します〜〜〜〜

ってところです。


☆参加しているランキングバナーです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村



あああ・・・・私って。。。ほんとに馬鹿だな〜〜〜

最期までお付き合いくださってありがとうございます!

こんなあほな母親ですが、ちびぼんは本日もおじいさん時間を遂行しています。
ぐっすり寝込んでいます。幸せそうな寝顔です^^

でもね、明日は銀魂の映画を見に行く予定だったのを忘れて、T君と遊ぶ約束をしてしまったそうです...
母、息子にフラレマシタ〜〜〜〜〜〜(あはは。
タグ:ひとりごと
拍手する
posted by はるぼん at 22:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

不登校の子どもの心と親の問題、学校の問題。




ちびぼんの、おじいさん時間。しっかり遂行中です。

今日も元気に登校しました!
(何故か2時間目から・・・理由は、長く学校にいるとしんどいから・・・)
まあ、良しとしましょう。



今日も早寝。。。ぐっすり寝ています^^




*********************************


先日、「不登校の子どもの権利宣言」をご紹介させていただきましたが、それに刺激を受けたのか、私自身がもう一度不登校について考える事が多くなってきました。


今、ちびぼんが通っている学校。
このどちらかと言うと小規模な学校でも、学年に数人は不登校気味のお子さんがいるとの事。
以前の記事で書いた記憶があるのですが、やはり「いじめの問題」と「不登校」この二つについては校内でしっかりと対策班があって、それぞれが真剣に問題に取り組んでいる、とのことです。
それが、「特別支援教育」の流れにも上手く乗っかって・・・と言う感じの学校なのだと思いますが、もしかしたら、位置担任にだけは任せておかない仕組みがしっかり出来ているのは、小学校として珍しいのかもしれませんね。

最悪の事態の時には、そんなに良い学校だとはこれっぽっちも思いませんでしたが、ちびぼんが少しずつ回復していくのを、いっしょに見つめてくださって、いっしょに考えて、いっしょに歩んでくれている。。。
それが、担任だけじゃなくて、学校全体から感じる・・・

もしかしたら、私とちびぼん。ものすごくラッキーな環境なのかも!

そう感じています。


といいますのは、地域差があるのは現状では仕方がないと思うんですよ。
特別支援級や校の数と人口比が全くあっていなかったり・・・
何ていうのは良くありますよね。
公的な支援の程度も異なります、学校という環境も、やっぱり異なるでしょう。。。

去年の秋頃から、同じ地域の発達障害と不登校の問題を抱える親のためのセミナーに幾度か出席しているんですが、
学校の対応、これがまた面白いくらい違う・・・

やっぱり、学校のカラーってしっかりあるんだ。と知ったわけなのです。

少しでも支援をお願いすると、やっぱりうるさい親扱いされたり・・・

どなたも皆、大変な思いを抱えてらっしゃいました。

思春期を向かえ、不登校になり、そこで自閉圏の診断をはじめて受けた。
このパターンのお子さん、多かったです。

今までとてもいい子で成績も優秀、先生からの評判も良い。
そんな子どもたちがいきなり変化して、家で暴れる学校に行かずに部屋に閉じこもってる・・・

親にしてみたら何がなんだかわからない状態を経て、こういったセミナーに参加するまでに至ったんだと思いますが・・・

その状態になるまで「普通の子」として育てられた子どももそりゃ〜心にひどい傷を負っていると思いますが、親もまたこれひどい。。。
親たちにもフォローが必要なんだ。と感じた瞬間でしたね。

中にはその状態からも通り越して淡々と落ち着いた親御さんもいらっしゃいますが、自分の子どもの暴力を恐れて、逃げ回っている親御さんもいらっしゃいました。(もちろん、それではいけないと葛藤はされているんですが・・・)

出席していてとても辛くなる場でした。

数回に分けて、年が変わって春先まで続いたセミナーだったのですが・・・
それぞれにあまり変化は見られませんでした。
ただ、自分の思うこと子どもの状態を話せる場。
同じ状況で苦しんでいる親同士の場。として、少しでも癒しになっていたんだと思います。

まあ、私の場合・・
立場が、親であると同時に、不登校を経験した発達障害者・・・
その上、親からの虐待も受けてきた身・・・
としては、フラッシュバックのオンパレードで、お薬なしでは出席できませんでした。

でもね・・・
少しだけ、親の気持ちも理解してあげてもいいかな?と言う気分にはなりました。

(自分の親は別格ですが)

不登校や発達障害や、それ以外にもアレルギー疾患がひどかったり、太っていたり、運動が極端に出来なかったり、勉強がひどく遅れていたり、乱暴な子どもだったり、家庭環境が複雑だったり・・・

そんな子どもたちは常に色々なストレスに去らされて、そして親たちはそれを過剰に心配しすぎるか、全く放置状態か・・・

心配しすぎる親たちは自分たちの心も病んでくるし、放置状態の家庭では、子どもの心が安らぐ場も無い・・・

そしていつかは子どもが爆発するか、心が動かなくなってしまう。


学校と言う場・・・

色々な子どもたちを毎日見てきて、子どもたちの少しの変化もきっと気づいていると思うのです。
(そういう現場を目撃したこともあります・・・保健室で)

それから先の対応なんですよね。
親が過剰なくらいがちょうどいいとは言いませんが、どんどん学校に相談に行ったりしても良いと思うのです。
発達障害あるなしに関わらず・・・

子どもの状態に気が付かないよりはよっぽどいい。

親が放置している状態では学校側からは何も出来ないですから・・・
(虐待の痕跡でもあれば別ですが・・・それでもよほど慎重にならざるをえないでしょう)

難しい問題だと思います。

何らかの「ふつう」の状態では学校生活が送れない送るのが苦痛である子どもたち・・・
何もかもみんなと同じでなくても良い。

ちびぼんの通っている小学校ではそのように考えてく下さっています。

もちろん将来的なこと・・・
みんなと同じでなければ、みんなと同じような進路はありえない・・・と言う事も理解した上で。

人には色々な道がある。

という事を小学校の内から、話して聞かせてくださっているのだと感じます。

(教育に熱心な地域ではあるので、勉強面では厳しいのですが、だからこそ・・・かもしれませんね。)


書いていて何を伝えたいのか、自分でもよく分からなくなってしまいましたが・・・

学校の体制もゆっくりではあるけれど変化して来ていること。

必要なのは子どもの支援と共に、親の支援もかかしてはいけないと言う事。

親子で発達障害・・・な家庭は、また別として・・・(これも個人差がありますが)

「ふつう」で育って「ふつう」の親になった人...
この親たちを、孤独にしてはいけないな〜と思います。

子どもが、変わっているから、障害児だから、不登校だから、暴力がひどいから・・・
それだけで、いままで「ふつう」しか見てこれなかった経験してこれなかった親たちが、急転直下・・・その心境は、やっぱりしんどいと思います。

ほんの少しの助け舟で、親の心が安定し・・・
そうすればその子どもも、回復しやすくなる。。。

そう思うんですよね。

長くなりました。
PCのキーボードを打ちながらも、自分が緊張して書いているな・・・と言うのを感じます。
筋肉をほぐして・・・
私も眠る事にします。


☆参加しているランキングバナーです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村


学校も変わりつつあると思いたいですね。

最期までお読みくださいましてありがとうございます。
拍手する
posted by はるぼん at 23:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 不登校に関して・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

おじいさん時間で行こう♪




今日はちびぼんが5年生になって初めての通院日でした。

普段は通院日は、お休みにして出かけるのですが、なんと!
今日は学校へ行って、早退をして、児童診療科のある児相へ・・・

おおお!
なんだかすごいぞ!!


ちびぼん。

冬あたりから、眠れないを通り越して、完全徹夜・・・と言うものを覚えてしまいまして。。。
(覚えたと言うか眠れない時間が長ければ自然とそうなると言うか・・・)

だんだんだんだん眠れない時間が長くなりまして、24時間以上目覚めている!と言う事もしばしば・・・

この状態を、私は・・・

そんなに長い時間起きていられるくらい体力がついてきたんだ!

と、いい方向に考えるようにしました。
(むりやり〜〜〜〜^^)

一つには夜中の時間って言うのはとても静かで、一人時間を過ごすには、楽しい時なんですよね。
そのせいも、完徹の理由になっていると思うのです。

バタバタとうるさい通常の時間では出来ない、考え事や、好きな絵を書いたり、(最近はまたガンプラにはまっています・・・)マンガを書いたり。。。
なんと言うか、一度味わったら至極の時間〜〜〜

眠れない、ちびぼんだからこそ、味わえた貴重な経験。

だと思うのですよ。


でも、このままではいけません。

さすがに、完徹した状態で学校にいったらどうなるか・・・・
一度体験済みです。
(経験すると、わかりますよね)
保健室で倒れこんだまま、給食の時間にも起きられず・・・
6時間までしっかり眠ったそうです。

眠りに学校へ行っちゃいました^^
(それでもよくがんばって行ったと思いますよ〜〜〜気分がハイテンションになっていたから、お調子者の癖が出てそのまま学校へ行っちゃったんですけどね♪)


完全徹夜・・・この状態が増えてきて、さすがに本人もこれではいけないと感じたのか、身体がしんどくなったのか?

毎日の生活リズムがめちゃくちゃでしたから・・・

一日の切れ目がわかんない!

とよく自分で言っていました。
昼夜逆転を通り越していましたからね〜〜〜〜



今日ちびぼんは自分の主治医に・・・

「ぼくはやっぱりお薬がないと眠れません!もう一度前のお薬も下さい」

と、自分で言っていました。

細かな状況は私から先生にお話したのですが・・・
結果的に、以前いただいていた処方に戻すことになりました。


リスパダールとニューレプチルです。

両方とも、極少量の処方です。

これで、またちびぼんが自分で眠れないと感じた日には、自分の意志でお薬が飲めるようになれば良いと思っています。

ハイテンションになりすぎている時は、私が促すとして・・・
(ハイな時は自分で自分の状態がつかめませんから)


お薬の力はお薬の力として役立っていただいて・・・



実ははるぼんとちびぼん。

ある作戦を遂行中なのです。


それは、おじいさん、おばあさん時間で、リズムをつけよう!


今のところ3日目なのですが、いい感じですよ〜

これ、完徹明けの日、何とか長く起きていてもらって、早めに眠りについて・・・
朝の3時に目覚めて、一人時間を楽しむ。。。!

という事をやってみたのです。

時間がたくさんあるような気がして、すごく楽しかったし、やりたいこともいっぱい出来た♪

と、ちびぼんは喜びまして、、、

朝日が昇る前に今日も起きて・・・
たっぷり好きなことに時間を費やして・・・

(私は、さすがに起きたのを確認して眠らせてもらいましたが〜〜^^)

身体も元気、やりたいこともじっくり出来る!
後は早く寝れれさえすればいい!

と言うわけで、今日も8時に眠りに入りました〜〜〜

今日は目いっぱい行動しましたから、疲れも出ていますし、お薬の力なしで眠っています。

さあ、明日の朝は何時に起きられるでしょうか?
とても楽しみなんです〜〜〜〜〜


なんとか、この、早寝早起き、定着してくれるといいな〜〜〜

AS児に、この、おじいちゃん時間って、あっているような気がするんですよね〜〜

自然のリズムで寝起きする。。。

ううう、いいな〜〜〜〜


ちびぼん、早起きできるということに、少し自信がついたみたいで、とってもいい感じなんですよ〜〜〜



そうそう・・・

昨日は、おやつに「カレー」を作っていまして・・・

おやつじゃなくてそのままご飯にしよう!

と提案して、昨日の夕食はちびぼんが作ったカレーライスになりました。
なかなか上手に出来上がっていましたね。

豚のばら肉しかなかったのですが、カリカリになるまできっと炒めたんでしょう、豚肉の臭みもなく、いい味が出ていました。

包丁の使い方は、ビックリするくらい下手ですが・・・
(たまねぎを一枚一枚むいて、切っていました!^^)

それでも、カレールウの箱の裏を見て、ちゃんと仕上げられるのは、すごいこと!

またまた親バカになって、ほめまくってしまいました〜〜〜
(また作って欲しいし♪)



この春は、学校行事が満載・・・

ちびぼんの気持ちはちびぼんにしかわからないですから、彼がどうしたいのか、素直な気持ちが言えるようにしておいてあげたいです。


さて、早いですが、私も眠りにつこうと思います。

ちびぼんの早起きのお陰で、洗濯や掃除など、まあいわば普通の家事?が、午前中に出来ちゃう!

自分時間が持てますからね〜〜〜〜

だいぶハッピーです♪




☆参加しているランキングバナーです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ
にほんブログ村



お読みくださいましてありがとうございます!

早寝早起き・・・
このまま続いてくれたなら〜〜〜
なんて甘い考えでおります...

早寝早起きだと、リズムの建て直しがしやすいんですよね〜〜〜
これが、いいところかな?
拍手する
posted by はるぼん at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちびぼんの通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。