PAGE TOP

2010年01月31日

どうしてルール違反がゆるされるのか?わからない。




誕生日の翌日。
今日は普段よりもう〜〜んと早起きして、子どもの為のイベントに出かけてきました。

よくもまあ、起きられたものだと感心するくらい・・・
昨夜は興奮してまたも3時だったのに・・・

自分の好きなことには、根性出せるんですよね〜〜〜〜


私もね、ちびぼんの為にはたいていの根性出せるんだけど・・・

今日はその根性が続かなかった。。。。


まいったまいった。



ちびぼんの親友T君とT君のお兄ちゃん、ちびぼん。
この三人の男子に囲まれて、寒い朝の道をウキウキ歩いて、バスに乗って、電車に乗って〜〜〜

と、イベント会場までたどり着いたのですが。。。


入場するまでに何と2時間半待ち!

でした。。。

最後部にたどり着くまでに30分以上かかって・・・
もう人ゴミいっぱいでいつ事故がおきてもおかしくないという状態でした。

私の精神力を奪ったのはまずこれでしたね〜〜〜

きちんとスタッフなりの誘導があって、みなルールを守って・・・
その上での2時間半なら、多分こんなに疲れなかったのでしょうが・・・

大人も興奮しているのか何なのかよく分からないけれど、列の最期に並ぶ為に、車道を歩くわ走るわ、子どもと一緒に!(交通量もそれなりにあるんですよ〜〜〜)
はっと見たらベビーカーを押したお母さんまで・・・・・・

みんなでやれば恐くない?とでも思っているのでしょうかね?
よく交通事故がおきなかったものだと、ハラハラしっぱなしでした。

開催者側も、ここまでの混雑を予想していなかったからだと思うのですが、スタッフの数が明らかに不足・・・。

横入りや、順番抜かしなど、親が平気でやっちゃってて・・・・

あああああ・・・・
こんなんだから、いじめも心を病んでしまう子も増えちゃうんだと思いました。
(地域性もあるのかな?最低のマナーだったと思います、情けなくなりました)

ちびぼんも、T君もルールには厳しいタイプだから、ひたすら真面目に歩いていましたが、T君のお兄ちゃんはちょっとズルしたがるタイプで・・・
「いいじゃん、みんなやってるんだから、抜かしていこうよ〜〜〜走ればいいじゃん。」
などと言っていました。

まあ、これだけの数の大人たちがずるい事をしているのを目の当たりにしたら・・・言いたくもなるでしょう。。。

私もそうなんですが、真面目にマナーを守っている親・・・
これまた、どんどん不機嫌になる。。。

自分の子どもに、
順番をしラッと抜かしていった中学生くらいの男子グループかな〜?
「あんな兄ちゃんになったらダメだよ」とか、言ってるし〜〜〜
(直接、その中学生に言えばいいのに・・・と私は思う)


まあ色々並んでいる最中あったのだけど・・・
会場が近づくと、もっともっとルール無視が横行して・・・泣きたくなりましたね〜〜
実に上手に親が先頭に立ってやるんですよ。。。
それもいばった顔をして。。。

かなしいぞ。


入場の流れの中でお土産をもらえるコーナーがいくつかあるのですが・・・

これだけの人ごみで前列の人を押す行為・・・そのあとどうなるのか・・・
大人だったら過去の痛ましいニュースなどで十分知っているだろうに・・・と言うか少しの想像力で十分分かるだろうに・・・

お土産がもらえるというだけで、親が押すんです!
私は潰されそうになりまして・・・

「おさないでくださ〜〜い」

と叫びましたよ。

叫ぶ事くらいしか抵抗できないし、まわりに注意を勧告できないものね。


なんだか、子どもの為の楽しいイベントであるはずなのに・・・
人間の嫌な面を沢山見ちゃって・・・


しんどかった〜〜〜〜〜〜〜



それでも、イベント会場では十分楽しめたようで・・・

子どもたちも満足したようです。

(さすがに会場内で事故がおきるような悲惨な状態にはなっていませんでした。きちんと計算されていてスタッフの数も十分で・・・それでもかなりしんどそうでしたが・・・そういう統制された状況下では、ひどいルール違反はないのですね〜〜^^)


私は疲れ果てて・・・
耳栓して、携帯電話を手に握り締めて・・・
休憩所で小1時間、ゆったりさせてもらいましたが・・・・
(子どもたちは自由行動・・・放置とも言う・・・がはは)


帰りにはちびぼん。
さすがに疲れたのでしょう。
とっても不機嫌。

家に帰ってから反省して、T君に電話して謝っていました。

Tクン兄弟は、これくらいの疲れ平気なんですね〜〜〜
このあとまだどこかへ行きたいと言い出して、私を驚きと恐怖に陥れたのでした〜〜〜^^

さすがに無理。

足が棒〜〜〜〜〜
と言って、
今日はカンベンまた今度ね〜〜〜

と、許しを請うたのでした・・・

すごいな〜〜体力ってやっぱり重要なポジションだ。
どうしてこんなにしんどいのに、まだどこかへ行きたいと思えるのか?
このパワフルさ・・・って、多数派の子どもたち、大人たちにとってはふつうなんだろうね。。。

ちょっとだけうらやましい。


あ〜〜

PCのキーボードをうつのが、うでの筋肉が痛い。。。
ううう・・・
全身筋肉疲労だ・・・
(決して運動したわけでなくただ歩いていただけなのに〜〜〜)

なさけないけど仕方ないね。

今日はちびぼんももうぐっすり眠っていますし・・・
私もさっさと眠る事にします・・・

おやすみなさい〜〜〜〜




☆参加しているブログランキングです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


お読みくださいましてありがとうございます。
だいぶ愚痴っぽい記事でしたね〜〜〜
ごめんなさい!
拍手する
posted by はるぼん at 21:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

今日はちびぼんの誕生日!10歳になりました〜




今日、1月30日はちびぼんの誕生日でした〜

今年の誕生日は、私とちびぼんの二人だけでしたが、とってもいい誕生日でした!

と言っても少しサミシイ思いをさせちゃったかな?

今日は私の仕事の日。
朝からのフルタイム。

ちびぼんは家出お留守番。

ゲーム三昧の楽しい時間を過ごしていたようです。

でも寂しいのか何度か携帯に電話がありました。

ごめんよ〜ちびぼん!


にもかかわらず・・・

ケーキを抱えて帰った私・・・

そのままぶっ倒れて・・・一時間睡眠をとらせてもらいました〜〜

ちびぼんは、いいよ〜^^

といつものように言ってくれましたが、子どもの誕生日くらい元気でいたかった。。。



誕生日の夕食は・・・

何とキムチ鍋!
(自分で書いてても噴出しそうになるのですが・・・ちびぼんのリクエストで・・・)
3日前から、この日のために鍋三昧し、いい味が出るように工夫してきました。

思ったとおり、最高のお味になりました〜〜〜〜♪

私もあっという間に準備ができて楽チンでした☆


鍋をさんざん食べた後に・・・

お楽しみのケーキ!

tanjoubi-10-01-30_001.jpg



ちびぼんひとりで半分食べちゃいました〜〜〜
すごい!

気張って、4人用のケーキを買ってきてよかった〜〜〜〜〜〜☆



今年の誕生日プレゼントは、DSのWi-Fi!

それから・・・

ちょっと古いコミック



サルゲッチュ3公式ガイドブック (ワンダーライフスペシャル)

サルゲッチュ3公式ガイドブック (ワンダーライフスペシャル)

  • 作者: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/08
  • メディア: 単行本





しかも、両方とも、ちびぼん言い出すのが遅くて・・・
当日に間に合わないと言う、おちまであって・・・

まあ、本人も納得の上ですから、いいでしょう。

特にDSに関してはルールをさらに厳しくさせてもらいましたから・・・
親にとってもちょうどいい♪

前々からWi-Fiをやりたがっていたのは知っていたのですが・・・
まだ、無視しておこうと決めていたのですが、
イナズマイレブン2~脅威の侵略者~ ファイア

でどうしても欲しくなっちゃったようで・・・

まあいいか〜〜と。。。


Wiiの方はNETにつなげるのは、まだまだ先にしようと思っていますが・・どうなることやら。。。



それにしても、私の体力・・・
続かないな〜〜〜

明日もお誕生日続きで、子どもの為のイベントに出かけてきます。
またも、男の子三人づれです。

このパターンがわが家は多いな〜〜〜〜〜〜

何とか、休める場所と時間を見つけて・・・とたくらんでいます。



ああ。
10年です。
10歳です。
生まれた日の事をどうしても思い出してしまいます。

両手のひらにポコンと乗るくらいの大きさだったのに〜〜
今じゃあ、私をおんぶしてくれちゃいます。

成長ってすごいな〜〜〜

なんだか泣けてきますね〜〜





☆参加しているブログランキングです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


お読みくださいましてありがとうございます。

明日のために、ちびぼんも私も早めに眠ります。
なんだかウルウルしちゃって・・・
なかなか寝付けないかも〜〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 22:18 | Comment(17) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校4年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

転院の準備、着々と進んでいます。




私、はるぼんの病院転院のことです。

どうやら、すっきりと決まりそうです。

調べていった病院、現主治医のお茶目先生もご存知でした。

「そこの病院が、はるぼんさんにはいいでしょう」

と後押ししてくださいました。

4月からの転院になるのですが・・・
すっきりした思いで、主治医の変更ができそうです。

ぐずぐず悩まず、支援先に情報をすぐにもらってよかった〜〜
心配していたことも、クリアできそうで、よかった〜〜〜


肩の荷がだいぶ下りました。


お茶目先生からは、今の状態をキープすること。
そうやって、パニックになりながらも、やらなきゃいけないことができるのは強みですよ。
と言っていただきました。


先が決まらないと不安・・・

それだけの思いで動けたんですけどね〜
動ける頭と体力があってよかったな〜〜

電話が苦手でなくてよかったな〜〜
(必要なことはメモしてからしかかけられませんが・・・)

保健所の方も、優しくて親切でよかった。

ありがたい。



今年の変化は、何か、私に自信をもたらしてくれるかもしれない。
そんな気もしてきました。



カウンセラーのまる子先生も、いろいろと褒めてくださいました。
単純なんですがこうやって手放しにほめられるのは、心地よいです。

先生方とお別れするのはとても悲しいけど・・・
ひとつの場所の卒業と思って・・・
新しい病院へ、、、、

そんな感じで受け止めています。

まる子先生とは、ちびぼんの話。
それから、家族との揉め事の話。
いろいろまたお話もできました。

それぞれにいいアドバイスをいただけて、スッキリ。

家事だって、食事さえ何とかなっていればだいじょうぶ。
お掃除だって、汚くても死なない。
洗濯だって、着るものがなくなるのは困るけれど、それなりに回っていれば大丈夫。

そう言われるだけで、心が助かります。

最近は毎日がなべ料理で、おなべを置きっぱなしにして、日替わりで味を濃くしていってます〜〜〜

ということをお話したら、笑ってくれました!

日に日にいい出汁が出ておいしいんです〜〜〜

ちびぼんも喜んでいっぱい食べてくれるし、なんだかしあわせ〜〜〜



ここで、笑えるのは市販品のなべの素を、使えないという私のこだわり・・・・
使えば楽なのにね〜〜〜

でも、今の感じで毎日、いろいろな味付けで変化を楽しむ・・・というおなべ。。。
結構いいですよ♪


最後は、ラーメンの出汁として使えるようにしたいな・・・と思っています。

楽しみ楽しみ♪


・・・・

こんな感じで少しは元気になってきた私です。


・・・・

ちびぼんも、
その日のことはその日中作戦!二日目も大成功!!
気分よく眠れ、気分よく起きています。(今日は9時でしたが・・・)
学校に行く準備もだらだらとせず、頭スッキリといった感じでてきぱき動いています。

やりたいことを済ませ、満足して眠る。。。
当たり前な感じですが、意識しないとできないものなんですよね〜
自分にもこの作戦を取り入れてみようか・・・・?
と思ったのですが・・・

あはは。
悲しいことに、私の場合やりたいことが「なっしんぐ」
思いつきもしません。

このブログを更新するくらいかな〜〜〜

放置してある、HPもまとめられたらいいんだけど・・・
なぜかできない。
スケジュールを立てればできるかも・・・

という程度なのですね。

ちょっと寂しいけど、よくばりません。

自分自身が心地よく感じる生き方、それで十分です。



*******************************



さて、お薬のことですが・・・

お茶目先生から、頓服をなるべく少なくするように・・・
努力しない程度に、頭において置いてください。
なんて言われました。

ん〜〜〜〜
むつかしい。
ただ、パニック時にミニオーバードーズにならないようには気をつけないと・・・と思っています。

安定剤、ユーパン(ワイパックス)が、私の生活の中でおきるちょっとした変化に、丁度いいんですよね〜〜
で、ついつい頓服というのを忘れてしまって、定期的に飲んでしまう。

睡眠に関しても、眠剤を強いものにしても、結局は中途覚醒してしまうので同じ。。。
軽いものだけで、どうしてもそのあと眠れないときに使うようにしましょうと・・・

私のラッキーなところは、中途覚醒してもその後眠れなくて苦しむ・・・ということがほとんどないんですよ。
昼寝もそうですが、寝ようと思えば、(思わなくても)30分以内に眠れる・・・・

考えてみたら十分幸せかな?
(朝までぐっすり眠りたいけど・・・・)


新しい先生に代われば、またお薬についても変化があるでしょう。。。
診断も変わるかもしれません。

まあ、どういう流れになろうとも、あせったりしないように・・・
気をつけていこうと思いました。



ほんとに、今年の春は、ちびぼんの進級と私の転院。。。
同じ時期に変化・・・

母子そろって、踏ん張りどころです〜〜〜

ただ、二人とも恐怖感が今現在おきていないので・・・
大丈夫そうな気がします。。。


皆さんも春の変化・・・
恐れずに、下準備をしっかりとして心を落ち着けられるように・・・
ちょっと踏ん張りましょう〜〜〜




☆参加しているブログランキングです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


お読みくださいましてありがとうございます。

少しだけ春の訪れが楽しみになってきました。
こういう気分になれたのは、はじめてかもしれない。
四季の中でとにかく春が一番の苦手だったから・・・・
拍手する
posted by はるぼん at 13:18 | Comment(3) | TrackBack(0) | はるぼんの通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

新学年の準備・・・そろそろ。。。




親として、子どもの状態を見守ることのほかにやれること。

それは、子どもの環境をできるだけいい方向へ開いていくか・・・。

だと思うんです。



ちびぼん、今日はすっきり目覚めて、3時間目から登校しました!
昨夜は空手道場の日。
少し遅めの夕食をとって、空手の師範に教えてもらったという筋トレをやって・・・
ゲームをここまで、と決めたところまでやって眠りました。
(時間ではなく、自分でここをクリアしたら・・・という方法にしました)
たかがゲーム・・・
それでも、たとえばやりたかったところまで出来なかったり、時間だからと無理やり取り上げたり・・・というよりも、自分でここまで。と決めさせて、そこまでやったらおしまい。
この流れよさそうです。

適度の達成感もあり、すっきりして眠れるようです。
朝の目覚めも、(朝一に起きられなくても)自分の力で起きた!
という達成感があったようです。
(いばってましたからね〜〜10時近くなのに・・・^^)

いい感じかもしれません。



今日は学校へちびぼんを送っていった帰りに、養護教諭の先生とお話しすることが出来ました。
保健室にはそこで勉強をしている子どもが二人いました。
みんないろいろあるんですね。

用事があったので養護教諭の先生とお話をしにいったのですが、(ちびぼんのことではなく)まあ、もちろん、ちびぼんの話に膨らみまして・・・
うまい具合に、校長先生と顔合わせをしてくださいました。
(記事にはしていなかったのですが、急に校長が変わったのです。ショックでした〜〜)
新しい校長先生・・・
とても穏やかな方で、いい雰囲気がしました。

学校とお母さんが一緒になってお子さんを育てていきましょう。
お一人で悩まずにどんなことでも相談してください。

そうおっしゃってくださいました。

ちびぼんが通っている学校は、本当にオープン。このムードはとてもいい。

教頭先生も、教務主任の先生も、校長先生も、全生徒の出席状態を把握してらっしゃるとか・・・
当たり前のようでもとても難しいことだと思う。

新しい校長先生、まだ1月たっていないのに、ちびぼんの名前もしっかりとご存知だった。
(それだけお世話になっているというかとですが〜〜〜あはは)

職員室にたまたまいらした、ちびぼんのクラブの先生まで、ちびぼんの状態を心配してくださって・・・
(クラブで少し、固まってしまったことがあるのです。そのときも丁寧に対応してくださった)

とにかくこちらが、声をかけなくても先生方のほうから声をかけてくださる。。。

うれしいな〜〜〜〜

すべての先生が・・・なんてことはもちろんありませんが、ポイントポイントで見守ってくださっている先生がいる。

ちびぼんは幸せものです。


新学年・・・

これは本当に心配な事柄・・・
担任によって大変化がありますからね〜〜

でも今年はあまり不安はありません。

学校側が出来る限りの配慮をしてくださると思うから・・・

それを信じることが出来るから・・・


2年生のときから3年かけて、学校との関係性を築きあげてきました。

卒業するまで、あと2年。

ここの学校に入学してよかった・・・
そんな気持ちで卒業を迎えさせてあげたい。


2年生のときの出来事は、私ももちろんちびぼんも本当に大きな傷となったのだけど・・・
早いうちに大きな壁にぶつかって、よかった。。
そう思います。

高学年になってから・・・
中学になってからだと、また違った方法をとらねば回復は難しいでしょう。
ちびぼんが、とても素直な時期に・・・
現れた壁・・・

母親と一緒になってがんばろうという気持ちになれた。
自分ひとりで抱え込むのをやめてくれた。
(夜一人でトイレに行けない、怖いよ〜〜というのに似た感じだと思います)

さあ、新学年の準備・・・
少しずつ動き始めました。

ちびぼんと同じく発達障害を抱えているお子さんのお母さん、お父さん。

担任を通して、まずは教頭先生に少しでもご挨拶できる機会を、作るといいと思います。

ここ、ポイントなんですが・・・
お話しする時間は出来るだけ短めに・・・

ちなみに今日校長とお話した時間は5分でした。
(お約束をとってのお話でなかったから、当たり前のマナーですが)

アポイントとってのお話でも、30分〜45分をめどにするといいそうです。
1時間越えてはいけない。と心にしっかりと刻んで・・・

この時間が次につながる・・・
そうです。

教育センターのカウンセラーの方にしっかりと釘を刺されたことです。


学校とは戦うんじゃなくて、一緒にスクラムを組んで子どもを見守る・・・
この形がやっぱり理想・・・

私もちびぼんも、とっても運がよかった。
この体制に、なれたのだから・・・。

これも、お世話になったO先生のオープンさがあったからだと思います。

本当に感謝です。



興奮して書いてしまいましたが・・・
そろそろ、次年度の話・・・
していかねば・・・と考えていたところで、チャンスがめぐってきてくれました。

自分の感を信じて進むのも・・・なかなかいいことだと、また再確認。

計画のない突然のこと・・・
自分が一番苦手なことなんですが、スムーズにことが運ぶときは運ぶんですね。。。

こういうときはどこに、誰に感謝すればわからないけれど・・・

天というか神というか・・・
自然というか・・・

ああ、感謝です。ありがとうございます。


ちびぼんを応援してくださっている皆様にも・・・
感謝。。。
ありがとうございます。




☆参加しているブログランキングです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


お読みくださいましてありがとうございます。

2月はもうそこまできていますね。
お母さんお父さん、みんな一緒にがんばりましょう!




拍手する
posted by はるぼん at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不登校に関して・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

「ありがとう」と「ごめんね」




今日はちびぼんのお話を書きます。

自分の息子なんだけど・・・
ちびぼんって、なんなんだろう。。。

繊細であり、他者にとても優しい。。。



昨日の記事で少し書きましたが、今日は学校でミニイベントがありました。
1.2時間目を使って、ちょっとした学祭のような感じのことをしたのです。
自分の教室で、お客さんを待って何らかのゲームでもてなす。
ほかの教室に行って、そこでもてなしてもらう。

小学校としてはなかなか楽しい取り組みです。

ちびぼんの心・・・
まあ実に複雑です。
昨日は、そのイベントの用意や役割分担を決める・・・
というのがあって、それがいやで学校をお休みしました。

ところが、昨日の夜、そのイベントに出たい!

という気持ちを私に言ってくれたのです。

これは早く寝かせて、いい感じで起きられるようにと、普段よりも気を使って、ちび盆にも自分の行きたいという思いを、がんばってみよう!
と告げ・・・
眠らせたのですが・・・

朝一では起きられませんでした。
何とか間に合う時間にと、いつも以上に起こす!ということを目的に布団をはいだりして母親としてできることをがんばったつもりでしたが・・・

涙を流しながら、起きられないよ〜〜と訴える、ちびぼんに・・・

ついつい、無理やり起こす。

ということを断念してしまいました。

それでも、何とかイベントがやっている時間に・・・と、様子を見ながら起こしていったのですが・・・
だめでした。

もう、間に合わないという時間になって・・・

ちびぼんは大泣きを始めました。

もうパニックの涙です。

どうしたらいいのか自分ではわからない。
ぼくは学校に行きたかったのだけど、体が動いてくれない!
おきようとがんばっても頭が寝てしまう。

(昨日は朝目覚めやすいようにと、お薬を1種類だけにしました)

わかんないんだよ〜〜〜〜

と、泣き続けます。。。


ちびぼんの心がやっと見えてきた私。
もっと、早くに気がついてあげたらよかった。

朝一番でないと、行く気にならない自分に悲しくなってしまった。
そして、朝起きられなかった自分に腹が立ってしまった。

そんな自分・・・

悲しくて悲しくて仕方がなかったんでしょう・・・


パニックの大泣きをすると、心身ともに疲れ果ててしまう・・・
これはよくわかっているので、しばらくゆっくり眠らせてあげました。

本人が行く気になったら4時間目でも給食の時間からでも5時間目からでもいけるように・・・


うっすらと目が開いたときに、

「どしたい?給食の時間から学校に行こうか?」

と聞いてみたんです。

そしたら・・・

「O先生に会いたい」

と・・・

これは学校の時間外にという意味です。

「O先生に励ましてもらいたい?」

「うん・・・期待に添えなくて、あやまりたい」


あああ・・・・・

そうか〜〜〜

「じゃあ学校は今日はお休みにして、先生の時間があったら会いに行こうか?」

ということになって、学校にお休みの連絡を入れました。


ちょうど、O先生が職員室にいらして、お話ができました。
先生は今日は出張で、この後の時間(5.6時間目ですね)学校にいないとのこと・・・
だから、ちびぼんが望んだ形は、無理。

お忙しいだろうところ、ちびぼんと電話を変わってくださいました。

ちびぼんは、一生懸命O先生に、体が元気がなくて学校行けなくてごめんなさいと告げ、先生から、気にしないでいいんだよ〜いつでも大丈夫だから、まってるよ〜
と、先生からの励ましをいただいて、

はい、はい。
と返事をしていました。

電話を終えて・・・



ちびぼんね。

「母ちゃん、ありがとう。ごめんね」

って、私に言ってくれたのです。


学校休ませてくれてありがとう。
O先生とお話させてくれてありがとう。

ぼくが学校に行けるようにがんばってくれてありがとう。

そして、学校休んじゃってごめんね。
がんばらしちゃってごめんね。


そんな感じの言葉だったのかな〜〜〜〜


こんな風に、ごめんねとありがとうを言ってもらったら、私の疲れも吹っ飛びます。

いいよ〜だいじょうぶだよ〜

なんて、言ってしまいました。


こんなに自然にごめんねとありがとう・・・
私は自分が子供のころは決して言えなかった。

この言葉の力・・・

ずん。と感じました。



ちびぼん。
人間として、しっかり成長している。
この優しい気持ちを維持していくのはとても難しいけれど・・・

どうか、やさしさをなくさずに成長してほしいな。。。

私は親として、ちびぼんのこの心を守ってあげたい。

そう思いました。


あとは・・・

やっぱり、私と同じ・・・
体調を整える。

これの必要性を強く思いました。

ちびぼんにあった、体調管理。

自分さえうまく行っていないんだけど・・・
でも、もっともっとちゃんとしてあげよう。

まずは睡眠の確保。

これはただ単に時間がきたからおやすみなさいでは、脳がおきてしまって失敗に終わる。

時間までに心を満足させて睡眠に誘う・・・

これがとても大切。

心の中で悩んでいることがあったら、ちゃんと話しやすいようにしてあげる。

それによっては、睡眠の時間を調整して、朝をゆっくりさせたりの工夫をする。


ここまで、親が口を出すのはどうかとも思うけれど・・・

がんばりすぎてしまって、逆効果になっている現状が、本人がつらいと言うからには、お手伝いして行こうと思う。

自分の体と上手に付き合う方法を、一緒に考えてあげよう。


体が言うことをきかなくて、つらい思いをするのはやっぱり苦しい。
いくら子どもとはいえ、ほかの子と自分が違うことを一番に感じる部分だと思うから・・・



私は多分とても甘い親なんだと思う。

ちびぼんができることは何でも自分でやってもらっている。
この次にやってあげられるのは、自己の調整の仕方を教えてあげることだな〜〜

多数派の子どもたちは、そんなこと自分で理解して自分の力で処理していくんだと思うけれど・・・

ちびぼんには支援が必要。

整理する手助けが必要。

私も自分自身の体の管理をもう一度おさらい、見つめなおして、ちびぼんに使えることは使い、ちびぼんだけに有効なことは、その方法を一から考えていく・・・

学んでいかないとね。


疲れてくだくだになっている暇・・・ないな〜〜〜
自分の家庭のこと。
ちびぼんのことだけに、私のエネルギーは使います。

これが私の考え方で、生き方なの。




☆参加しているブログランキングです☆

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


お読みくださいましてありがとうございます。
本当に私自身自分の体調管理をしていかないと・・・

拍手する
posted by はるぼん at 14:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校4年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。