PAGE TOP

2009年09月29日

感情の整理がつかない。




人の命ははかない。

今日職場の仲間が、天に召された事がわかった。

まだ、大学生・・・。

つい先週までいっしょに働いていた・・・

私みたいな、分けのわからない人間の指示でも、きちんとこなしてくれた。

なんてやさしくて素敵な男の子だろうとずっと思っていた。

自分の仕事に自信を持って取り組んでくれていたし、友人にも恵まれて、家族にも恵まれて・・・

発想や思考の面でも自由で、頭に翼が生えている感じのタイプだった。

ちょっと見、不健康そうだけど、心の健康さはいつもあふれていた。



人の命ははかない。


理系男子。
メガネ男子。
本が大好きで、本を愛してて・・・


人に優しい声かけも出来る、人と自然体で付き合うことの出来る、心の清さが見えちゃうくらいの男の子。



何があったんだろう・・・
何が彼の命を奪ったんだろう・・・

推理小説が大好きな子だったけど・・・
自分の死因まで、推理?させることになるなんて・・・


彼の仲間たちは、みんな心の動揺を隠せなくて、今頃みんなで飲んでるかもしれない。。。

ああ、お酒も大好きだったな〜

彼の笑顔が目から離れないよ。



自分の感情云々よりもご家族の気持ちを考えるべきなんでしょうが・・・・

今は自分の感情をどう整理したらいいかのほうが先に出てしまいます。

人の死。

今までの人生で何度も遭遇しているけど、こんなに感情が乱れた事ははじめてかもしれない。。。

若い人の、これからと言う命が失われていくのは、辛い。


やっぱり私は感情が弱すぎです。


彼の死の原因が、どうか救われるものでありますように・・・・


どうか、どうか、残されたご家族にも、仲間たちにも、救いを与えてください。



彼は今、事故と自殺の両方から捜査されています。




失われた命は戻りません。


静かにご冥福を祈ります・・・・。








少しの間、篭るかもしれません。

心が苦しくて現実逃避するために書くかもしれません。

時間がこの感情の整理をつけてくれると思います。

コメント欄・・・少しの間閉じますね。

お返事も少し遅れます。

ごめんなさい。

ああ、私は100歳まで生きますから・・・だいじょうぶです。
ちびぼんと約束していますから。





拍手する
posted by はるぼん at 21:19 | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

子どもの存在を傷つけない〜発達障害児との関わりについてのセミナー




昨日の日曜日、本当にゆったりと眠って、家でくつろげる幸せをかみ締めつつ・・・

ちびぼんが次から次へと部屋中に広げるデュエマカードを横目で見つつも・・・

イライラもせず、ちびぼんの幸せな時間をじゃまをせず過ごす事が出来ました。

(お昼寝から回復した後は・・・ちびぼんと格闘しながらお片付けをしましたけど〜〜〜^^)



さて、
一日たった本日。月曜日・・・
ちびぼんにとっては、魔の月曜日・・・
全体朝礼と書道がある日。
(全体朝礼は音、書道は担当の先生との相性)
いつもの月曜日は、書道の時間2時間目が終ってからの登校をしていたのですが、今日のちびぼんは違います!

分団登校には遅れまして・・・(全体朝礼をサボりたかったらしい)
1時間目が始まる頃に教室に着きました!

実は・・・またまた親の都合なんですが^^
本日発達障害のセミナーを受けてきたのです。


これ、学校からのお誘い。。。

ありがたいことですよ。こうやってお知らせしていただけるなんて!
当然、参加することが一番の目的!
学校との関係をさらに良くする為に、必要なことですから・・・

セミナーを受けることによってその内容を学校側にフィードバックする。
ちびぼんの支援の為にもなるし、他にもいるだろう発達障害の子どもたちのためにもなって、かつ学校側も支援の具体的な方法を、当事者の親からの言葉で知る事が出来る。

学校側との関係性に感謝です!


担任の先生とも本人の前で打ち合わせ済み。

お母さんは勉強会があるから、ちびぼん君はなるだけ早く学校に来ても大丈夫なように、2時間目(書道の時間)は保健室に行ってもいいのよ〜〜

と言う感じ。

担任のO先生のすごいすごい所。相性の悪さを見抜き、無理に授業に出なくても良いように計らってくださっているんです。
まあクラス全員の記憶に残るくらいの、(ちびぼん大泣き)いじめかと思われるくらいのきつい指導を初回に受けたらしいのですよ。
(何を話しても通じない発達障害の事何もわかってない古いタイプの教師なんですよね〜)
クラスのお友達までちびぼんがその先生の授業を受けなくてもいいように、心配してくれるんですよ。なんか、すごい。。。







地元では有名な大学の臨床心理士の先生が講師でした。


子どもとの関わりに重点を置かれたお話でした。

生活上(家庭での)コミュニケーション
何も伝わっていないかのように感じる子どもに、伝達する為には・・・
子どもに伝える為には相互の関係性が大切。
情報の共有。
見通し・・・

常々言われているか書かれている事と、それほど違いないような印象ですが、ポイントは・・・

「言語」

でした。

その言語の中には視覚の支援(これは家族の共通情報としても役立つ・・・などなど)も含まれます。
単純にコトバで発する言語と言うわけではないようです。

以前紹介しました「イメージ脳」(2009年09月05日)
記事中にはしっかりと書けなかったのですが(表現不足で誤解が恐かった・・・)
天才の思考の仕方は、言語ではないもので思考している・・・らしい。

たとえばアインシュタインなどは(実際の脳の状態を調べてみても・・・)言語ではないもので、イメージを作り上げ思考をしていた形跡がはっきりと見られるらしいです。

この事を踏まえて・・・(私は今日の先生のお話を捕らえていったのですが・・・)

*以下(  )内は私の別の視点から見た補足です


(一般的な)人の脳は、言語で思考する・・・
だからこそ、まずはコミュニケーションを相互にとることが必要である。
それが刺激となり、発達の促進にも繋がる。
意欲を促したり、さまざまなスキルを獲得したり・・・

親御さんが一番気になるであろう、社会性の発達も、道徳判断、価値判断ともまずは家庭なり学校なりの関わり・・・
コトバかけなどでの刺激→意欲の引き出し→状態のフィードバック
これを相互に・・・

もちろん安定した環境である事を前提にしていると思いますが・・・

言葉は物を考える力を育てる。それによって、行動の抑制もできるようになる。

(言語外で思考する癖・・・がある発達障害児者も、一定数以上いるような気がするんですよね。その部分が気になってしまいました。先にあげた、アインシュタインのような天才と呼ばれる存在でなくても・・・言語の獲得が難しい耳からの認知が弱い人など・・・
このあたり、どこかで書籍に書いてないかな〜〜〜なんて思うのですが。。。)

自己理解に関してもやはり言語の事を訴えてらっしゃいました。
自分の思いを人に伝える・・・
(これはやはり・・・言語を利用するしかありませんね。
他の方法を使用したとしても、絵カードなり、文字での伝達にしてもね・・・言葉というツールを利用するのは確か・・・)


鏡の存在・・・

これ面白かったな〜

自己理解のために、鏡を見る。
文字通りでも面白いし、鏡としての役割を支援者がする。

と言う事なんですよ。

鏡を見て、自分の行動を思索する。鏡からヒントをもらう。鏡からの刺激で自己の理解が出来る。

(鏡薬は非常にむつかしいですけど・・・下手すると当事者を簡単にコントロールできちゃいますからね)

情緒についても、短い言葉からそれを見つけ、育てる体験。。。
一人では出来ない事の経験、共同で何かをするということ。
などをお話してくださいました。

なるほどな〜〜と思うこともいっぱいでした。




ものすご〜〜〜く、眠くて、缶コーヒー片手に(またカフェイン中毒です〜〜日中の睡魔から逃れられない〜〜)めちゃ汚い字でメモをとりながら、お話に耳を傾けていました。

ちょっとふんばったけど良い時間でした。





帰宅後は、いつものように、洗濯機に洗濯を任せて・・・雨が降っているけど部屋干しで〜〜〜

で、主婦業もゆるりとこなし、
お楽しみのお昼寝タイム〜〜〜〜〜〜〜〜〜♪

ぐっすりお昼寝できました☆




☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございます!
今日はブログ村のポチ率が高くてビックリしております〜〜
ありがとうございます☆

2009年09月27日

感覚の違い・共感やら感情移入やらから思うこと。




昨日は、ちびぼん、午前中は一人時間を堪能して、午後3時くらいから、お友達のT君のお宅にお邪魔して面倒を見てもらっていました。

一人で金魚のお葬式も出来たし、デュエマのカード色々研究したり楽しかったようです。

でも、少し寂しかったようで・・・
今日は甘えっ子でした。

それもまたかわいいな〜〜〜〜
普段の土曜日と2時間くらいしか、変わらないのに、いつもと違う場所に母親が言っていると言うのが不安を呼ぶのでしょうね〜〜



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、今日は脳の違い、感覚の違いについて、少し思うことを・・・



発達障害というと、他者の痛みが分からない。空気が読めない。共感できない。などなどなどなど〜〜〜
いろいろありますね。

何と否定的な!

と思いますが、これらはみな、多数派から見た事柄であり、発達障害者は発達障害者なりに、他者の痛みも分かるし、空気も読めるし、共感も出来る(ここはちょっと、難しい所ですが)。

まあ、別の価値観がある。

と思っていただくほうが良いと思います。

また問題はマイノリティである発達障害者、これまた細分化していまして、やっぱり究極自分視点としてしか、できないのですよね。

このあたりが、他のマイノリティと異なり、誤解や根本的な違いに繋がっているんじゃないかな〜と思う次第であります。

社会性云々になりますと、これまた発達障害者それぞれの工夫や努力で何とかなることもあり、何ともならない事もある。


私自身の生き方と言うか、工夫と言うか・・・
を書かせていただきますと。。。


「他者の気持ち」

正直なかなか分かりません。
分かりやすい事柄、「失恋」「親しい人の死」「挫折」「合格!」「表彰!」「馬券が当たった!」
などは、さすがに分かります。と言うか分かった気になります。

それは小説や映画や漫画や・・・そういった創作物の世界で自分が体験済み、あるいは本当に自分が体験している。からだからです。

悲しい気持ちにもなりますし、どういって慰めたらいいかとか、何をしてあげたらいいかとかはわからないなりに、黙って見つめる事、見守る事もできます。
うれしいことならば、単純に素直に喜べます!(大袈裟なくらいに・・・)

それが・・・

ちょっとややこしい人間関係や出来事になりますと、感情と言うものはすっ飛んで、とたんに分析や推理・・・計算的なものになります。
なんと言うか、シャカシャカコンピューターが考えているような感じ・・・(わが家のPCはシャカシャカ音を立てます・・・いかにも私にあってる〜〜〜すっごい遅い処理能力〜〜)

と、それをやっていると間という存在がなくなって、タイムラグがひどすぎますよあなた。と言う事になっちゃうんですよね・・・
(考える時間があるような場合、仕事とか・・・はそれでいいんですけどね〜)



最近気づいたんですよね〜
共感は出来ないけど感情移入は出来る。
と思っていた、この感情移入・・・
どうひっくり返しても自分視点の感情移入であって、決して相手の立場に立って・・・ではないのです。

共感と言う、多数派ならほとんどの人ができることが出来ないのと同じで、感情移入というものも、多数派の感情移入とは、異なっているんだと気がつきました。


何か身も蓋も無いようなこと書いていますが、正直な所・・・だと思います。

でも私、悲観的になっていませんし、それが全体から見て劣る事とも思いません。

開き直ってもいいんじゃないかと思っているのです。

誤解のないようにかいておきますが障害に甘んじる。障害を盾にとるのではないですよ。

社会的に問題のない場面場合においては、「私はそうは感じない」「私はこう思う」と、自分の意志を発しても構わないんじゃないかと思います。
相手の心を傷つけたらどうしようとか・・・
嫌われたらどうしようとか・・・
心配しすぎると、余計にどつぼにはまると思うからです。
空回りして、余計こんがらがって、騒動になったり・・・

会社員ならば、一番重要視するのはやはり仕事の場。
主婦ならば、子どもの関係と近所づきあい。
何て言ったら良いのかな〜焦点を絞るというか、気を使う場所を自分で決める。と表現したら良いでしょうか・・・?

レベルわけをしてもいい。

一番気を使うべきところ、
ここは少し気をぬいても良いところ、
ダラダラに気を抜いても良いところ。

上手にバランスを取っていけば、きっと自分もまわりも楽になるんじゃないかな〜

年をとって図々しくなっていることもあるかもしれませんが・・・
すべてに気を張り詰めていくのは、体力が続きません。

ホッとできる場所ではホッとする。

まわりに迷惑とか考えない。
思いっきり我を通さぬ限り、まわりにかける迷惑と言うものはそれほどひどいことにはならない・・・はず。
たとえ、人を傷つける言葉を吐いてしまったり、場をしらけさせても、せいぜい人に嫌われるくらいの事で、きちんとその場で謝っておけば、目くじら立てて怒られるような事はない。
大人なんだから・・・
陰で悪口を言われるくらい。(ただ、悪口を言われてもそんなに続かないと思う・・・悪口の面白みがないから・・・ここポイント)

我さえ張らなければ、そんなに気にする事も無いのでは?と思うのです。

多少気を許してもいい場所相手になら・・・ですよ。



これらの事・・・
感覚の違い・・・なのですよね。
やっぱり脳の違い。

脳に違いがあるのは仕方のない事(現状では)なので、工夫するしかないのですよ。
まずは自分が楽になるように・・・
社会において、ルール違反をしないように・・・
人の気持ちを量らねばならぬレベルの高い場面においては、自分のもてるだけのスキルを使って、ふんばる。

しかないでしょう。

気をぬくバランス。これが大切だな〜〜〜〜と思ったわけなのです。


あと、大切だなと思う事は、考えすぎたり感情が込み上げすぎた時に、自分の意見しか見えなくならないように・・・工夫する。
深呼吸をしたり、他の事を考えて気持ちの切り替えをしたり・・・
人によってやり方は色々あると思いますが、自分に合うものを探していきましょう。(私も探し中・・・・お薬もその手段の一つ)


感覚における脳の違い。
発達障害の一番の障害と思う部分は、ここになるんじゃないのかな?

な〜んて思うのですが・・・いかがでしょう。

ただね。
障害という基準ですが、あくまでも大多数の人から見た障害であって、障害者の方が多数派になればそれは障害者ではなくなるんですよ。
今、健常とされる人の方が障害者と呼ばれるわけなのですよ。
まあ、そんな事は起こり得ないでしょうがね〜。




☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございます!
ポイントをごまかしてしまったような文章になってしまいましたね。。。




2009年09月26日

はるぼん西方へ・・・・




昨日の夜・・・

わが家の金魚君「たくやくん」が突然死・・・としか思えないくらい、へ?と言う間にお亡くなりになってしまいました。。。

夜、お葬式をあげてあげようとちびぼんに言ったら、

今日はお通夜だから、このままでいいの。
明日ぼくが一人でお葬式してくるから大丈夫〜〜〜

今日は私が一日中家を空けることになっていたので、ちびぼんは一人でお葬式をあげる選択をしたのです。

内心(ホントに大丈夫か〜〜〜)と疑いつつも、無事、歴代の金魚ちゃんが眠っている桜の木下に、ちゃんとお弔いしてくれたようです。

母ちゃんの分も、お祈りしといたからだいじょうぶだよ〜〜〜って。


一番美形だったたくやくん(オスかメスか不明ですが・・・)
ほんとに突然で驚きましたが、長い間ちびぼんとわが家の仲間として暮らしてくれてありがとう〜




・・・・・・・・・・・


さて、私は、本日西方に向かって旅立っておりました。
アスパラガスの会(上方(近畿)のアスペルガー症候群・高機能自閉症・広汎性発達障害者のための自助会)にドキドキしながらも、出席するためです〜


会のお話には触れず、
今日私が、おおおおおおお〜〜〜〜〜〜と感じたことを、書いてみます。

西方の方々と、我が住まう地の人びととの文化の違いです。
(って、国が違うみたいな表現ですが〜〜〜あっはっは)



その一・・・

私はガーゼのマスクが好きなのですが、最近とんと売り切れ状態が続いているので、仕方なく使い捨てのマスクを家からしていきました。
途中の乗り物(アーバンライナー)のなかで、そのマスクは大活躍!
使い捨てマスクって、折り目がいっぱいあって、びろ〜〜〜んと伸びるじゃないですか、それを利用したら、顔全部を覆える事に気がつき・・・ちょっと恥ずかしかったですが、アイマスク&マスク本来の役目・・・両方使えて、なかなかいい発見でした!
(耳栓を持っていったのは正解でしたね〜〜、団体の方々の声のボリュームはカンベンしてくれでしたから)

西方の地、nanbaにおりたって、ビックリしたのは・・・・

マスクマンがいない!
マスク娘もいない!
マスクちゃんもマスク君もいない!

もう、インフル騒ぎは落ち着いたのかな????

ただ、乗換えで歩いている道で・・・
山のように詰まれた使い捨てマスクのケース入り(普通だと680円くらい)が、1000円で売られていたのを発見!
売っていると言う事は、需要があるはず・・・どこでマスクを使っているんだ????と謎謎?????になってしまいました。

そんなことを考えていたら、道に迷いまして・・・
乗るはずの電車に乗り遅れました・・・(アハハ、余裕を持って計算しておいてよかった〜〜〜

(帰りの際にやっと一人マスクおじさんを見つけました〜〜〜)



その二・・・

BGMが大きい。
人の声も大きい。
と、言うより元気な感じ。

何かが違うぞ〜〜〜と感じたのは、テンションとリズムかもしれません。

まあ、徒歩5〜10分の間ですので(迷ったから30分かかったけど)その場所だけという可能性はたっぷりありますが〜〜〜



その三・・・

女子高生のマナーがいい!
これこそ、たまたまかもしれませんが、電車の中で足を広げて鏡出して、化粧している子・・・いなかったな〜〜〜〜
都心だけを走る電車に乗っていないからかもしれませんが・・・
うるさく喋り捲る子もいなかったな。。。
あ、土曜日だからか?
いや、わが地は土曜日にもわんさといるぞ〜〜〜〜〜

その反面、電車の中で携帯で突然電話をしだしたおじさんがいたのにはビックリ!



たった、一日、ほんの少ししか見ていないから、たまたまなのかもしれませんが・・・・

う〜〜ん。面白かったです!



色んな刺激がいっぱいで、目がグルグルしてしまいました!

若かりし頃、月に2〜3回は西方の地を訪れていたのにね〜〜〜
時間と言う流れもあるんでしょうかね〜?


あと、ウェイトレスさんが、私よりも20歳くらい上かな?と言う喫茶店に入って食事をいただいたんですが、そこでのお客さんと店員さん、マスター?との会話がとても楽しかった!

ああ、これぞ、私がイメージしている西方の地・・・!
って感じでしたよ〜〜

途中、業者の人が食材の配達にいらして、いつもニコニコ現金払いなんですね〜〜〜
わが地では考えられない!

地域による、細かな文化の差・・・ありますわ。


ほんと、常識とかふつうとか、あんまり縛られない方がいいな〜〜と感じました。
その土地その土地にあったものを土地の方から学んでいく・・・
そういう姿勢でいいんじゃないかな?って。。。

仕事もそれを応用。職場職場で、その場にあったルールを教えてもらっていく、学んでいく・・・でいいんじゃないのかな〜?

だから、頑として、これは常識!これはルール!これがマナー!と、とくに人付き合いに関しては、縛られない方がいいように感じます。
一度覚えると頑なに守ってしまう発達障害児者は、なおさら気をつけないと・・・空気を読んで、ルールの違いを学ぶなんて無理。



素のままで、楽しく入られたらいいな〜〜〜〜

西方の地。人が明るくて好きだな〜〜〜

その地その地で、また色々別な難題があるかもしれませんが、元気のパワーをもらえる土地だな〜と感じました。

車も建物の並び方もパワフルでしたけど〜〜〜
(小学校のすぐそばにパチンコ屋があるのはビックリした!)


う〜〜ん。いい経験が出来た。


それにしても、長距離の移動って言うのは身体が時間についていかないですね〜〜
今日は睡魔と闘う・・・と言うか、ついつい缶コーヒーをいっぱい買ってしまったはるぼんなのでした〜〜〜〜〜



あ〜〜〜疲れたけど楽しい一日でした!
M猫さんN人さんSれさんお疲れ様でした。
他も皆様方もお疲れ様でしたそしてありがとうございました〜〜〜〜



☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございます!
拍手する
posted by はるぼん at 22:04 | Comment(9) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

ヤバイ、記憶にない!と思ったら書いているうちに思い出した^^




今日は私のカウンセリング&診察と、ちびぼんのプレイセラピーの日でした。

なんとも二人とも元気いっぱいで出かけたのは良いけれど・・・

このスケジュール少し無謀でしたね。。。


カウンセリングと診察の間に、ちびぼんを公共交通機関に乗せて〜〜と計画を立ててはいたのですが、今日に限って、カウンセリングがいつまでたっても始まらない・・・
かなり遅れてました。。。

これはもう仕方がないと、受付けの事務の方に様子をうかがって、カウンセリング前に、ちびぼんを電車に乗せました!
途中乗換えがあるのでそこのところが心配でしたが・・・

ちびぼん無事、プレイセラピーの場所まで到着しました!

すごいね〜〜どんどんスキルが上がっていく!



・・・・・・・・


ちびぼんの方はいいのですが、問題は私。。。

カウンセリングで何を話したのか全く覚えていないの〜〜〜〜
ちびぼんの事はいっぱい話したと思うのだけど・・・


あ!

思い出した!


WAISの絵画配列についての質問をしたんだ!
何か妙に納得がいく説明をしていただけて、安心したのを覚えている。

私にとっては、パズル感覚・・・だったんじゃないかと、心理士の先生は読んでらっしゃいました。

なるほど〜〜〜〜〜

(詳しくは、これから受けられる方のために書かないでおきますね)


それから、人間観察・・・

この事を話してくださいました。

たとえばファミレスで他のお客さん同士の関係を、その話や服装などから推理できるか?

もう、これ私得意なんです!と言うか大好き!

人間観察〜〜

不快感のある人たちのコトバはシャットアウトするように勤めるか、さっさと店を出ますが・・・

あれ?面白いこと話しているぞ・・・
なんて、組合せには色々と想像の力を発揮して、何パターンか推理。
会話を聞いていくうえで、(変な趣味で素が、聴こえてくるもんは仕方がない)ス〜〜っと絞れてくる。
会計する時の状況を見たら大体分かった感じになる。

って、バカな事やってるんですが・・・

それ、発達障害の人の訓練にとってもいいそうです。

ああ、私のくだらない趣味も、自分にとってはためになってたんだ〜〜〜^^

その話しを心理士の先生に話したら、やっぱりね〜〜〜と言ってました。

その部分が、出来ているのは良いことだそうです。


う〜〜ん。

上手く文章にならないな・・・やっぱり脳みそが・・・ちょっと、眠っているみたい。。。



1ヶ月ぶりに会ったお茶目な主治医・・・あいかわらずでした!

息子さんを迎えに行く時間があるのですよね〜
ささっと、済ませてささっと迎えに行きましょう〜〜〜
(プレイセラピーの事です)

なんとも・・・

一応最低限のお薬の事だけお話して・・・

*勝手に頓服を我慢しすぎたら大変な事になった事

で、頓服をきちんと飲んでいいかの確認。

無事、ちゃんと飲んで良い。飲まずにいられるようになってから減薬は考えましょうと・・・いう事になりました。

お薬が好きじゃない先生なのかな??

と言うわけで、今のところ飲めば安定している・・・

今までどおりの処方でした〜〜



常用で

パキシル10mg2錠
りボトリール錠0.5mg

頓服で

ユーパン0.5(1日3錠まで)
ロキソニン60mg


ユーパンが私にはとっても効果があるのですよね〜〜
とにかく身体が楽になるのがうれしい。
緊張がほぐれる効果があるのですね〜〜〜




☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございます!
拍手する
posted by はるぼん at 20:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | はるぼんの通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。