PAGE TOP

2009年08月31日

とうとう夏休み最終日。今年のちびぼんはどこかが違うぞ!




毎年、夏休みの最後の日まで宿題を持ち越して、なきながらやっていたちびぼん。

今年も最終日まで、しっかり残っているのは同じなんだけど・・・
なんだか、とっても図々しくなっている・・・・

いいの、これはテキトーで・・・

とか、

書道は、授業にも出ていないんだから、書く必要がないの。

とか、

何とか、ドリル系のものだけやり終えて、それで終了のつもりみたい。



過去三年間にはなかったこと。

これもやらないといけない!
あれもやらないといけない!

大体授業に出ていないものだからどれもこれもちんぷんかんぷん。
それでもがんばって、教科書を見たり辞書を引いたりして何とか仕上げ・・・・


今回ちょっと思ったのだけど、感想文を書くときに、こんなことを言ったのです。


「ぼくはね〜自分が本当に思ったことしか書きたくないの。だから、感動したとかの言葉は使いたくないの。」


というわけで、いつも私に求めてくるつなぎの言葉・・・

だから、僕は感動しました。

とか、

このシーンは、とても悲しくなりました。

とか、

定番の感情を入れるところはちびぼんの意志で削除。

基本は、面白かったとか、本の内容から自分で発展空想した世界の話。。。

を書き上げました。

どう見ても感想文の形にはなっていませんが、これはまた大きな進歩!


ぼくね、感想文に感動しなかったとか、この子は嫌いとか、書いちゃ駄目だと思ってた。。。

なんて言っていました。

あはは。

実は私の昔話をしてあげたのです。

私は感想文にもうそは書きたくなかったので、確か6年生の時の感想文、「細川ガラシャ」・・・
だったんですが。
この、キリスト教徒なのに自殺した・・・ということだけがもう許せなくて・・・
(私はキリスト教徒ではありませんが・・・約束を破るなんて許せない!と思ってたのですね〜〜)

で、ガラシャ婦人のことを、徹底的に非難した感想文を書いた覚えがありまして・・・それをちびぼんに話してあげたんですよ。


へ〜〜〜〜って納得してました。

思ったとおりのことを書いていいんだ!


ずいぶんすっきりしたようです。


過去の夏休みの感想文・・・
本当は自分の意にそぐわない言葉もあったのかな〜〜
我慢して書いたのかな〜〜〜と思ってら、ちょっと申し訳なくなりました。

これも母親の押し付けだったのかな???

自分で自分の心の中のことを正直に言えるようになって本当によかった。

こういうことが積み重なってストレスがたまっていくのでしょうね〜〜



それでも、いろいろ好きなことはちゃんと書き上げて、仕上げて、何とか宿題の形にはなっているかな?


提出しないものについてはどうするのか?ちょっと意地悪で聞いてみましたら・・・


だいじょうぶ、ちゃんと先生に言うから。

ごめんなさい。って



だそうです・・・



子どもの成長って・・・ほんと、親が思うようには行かないし、自分で自分のレールを見つけてくるし・・・・

我が家の発達障害児、なかなかやるじゃん!


親の本音を言うと、与えられたものはきちんとこなす。
このことは将来のために必要なこと。
と思っていたのですが・・・

案外大丈夫かもしれないな〜って。

仕事と勉強・・・
いつかはその違いが理解できると思うし、今はこういった例外を自分の中に許すことができるか。。。

このほうが、発達障害の中で厄介な二次障害を起こさないための、ゆるゆるルールなのかもしれないな〜〜〜
なんて思いました。


明日から、またまた一緒に学校へ通う日々が始まります。

早く学校のお友達に会いたいな〜〜

なんて、思っているのは母親の私でございます。。。ぷぷぷ

そういう自分の本音をちびぼんにも話してますと、ちびぼんもなんだかその気になってくるようで・・・

私が買い物の帰りに、○○君にあったよ〜とか、△ちゃんに会ったよ〜〜とかいうと、うらやましがったりもしています。


さてさて、どんな二学期になるのでしょうか????

夏休みの間に担任の先生とは二回も時間をとってくださって、ちびぼんの変化・・・ちびぼんの状態・・・を見てもらいました。

ちびぼんには二学期の目標を決めてもらいました。

授業には15分参加する。

うふふ〜〜

どうなることやら・・・ちょっとハードルが高いのか、どうか・・・
先生にお任せですね〜〜〜

母はるぼんも、毎日が楽しくなってきました!

なによりも、一年で一番大好きな季節・・・秋がすぐそこまでやってきていますもの♪



☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございました。


拍手する
posted by はるぼん at 16:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校4年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

夏休み最期のイベント!好きなことでもやっぱり過敏なのはこたえるね〜




夏休み最期の日曜日!

今日は1月前からの、ちびぼんが取っても楽しみにしていたイベントの日でした!

雑誌でまずそのイベント情報を見つけ・・・
次でネットで確認して・・・
その次に私に頼んで電話で確認させ・・・

ついにイベント当日を迎えました〜〜〜〜



ちびぼんは、自分の好きなこと前日には興奮して、夜の寝つきが最悪になります。
昨夜も・・・2時間しか眠れていません〜〜
(はるぼん同じく・・・・もう少しは寝てるけど〜〜)


それでも元気にリュックサックに準備して、家から約1時間弱の距離、歩いていく事にしました!
(私は他の交通機関を利用したかった・・・)


そのイベントは大型ショッピングセンターのおもちゃ売り場のイベント。
ちびぼんの大好きなキャラクターのイベントでした。

前日に売り場に電話して確認した所問い合わせが殺到との事・・・

「なるだけ早めにいらしたほうが・・・」

と言う、売り場の方からのアドバイスどおり、回転1時間前には無事到着しました!


もうすでに30人くらいは並んでいました〜〜〜

ちびぼんは並びながらドキドキドキドキ。


もう鼻息が荒いです。。。

こんな状態だったら疲れちゃうだろうな〜〜

と思っていたのですが、

さすがに自分の好きなことだけあって、1時間以上並んでいるのも、店内に誘導されてからも何度も何度も並ばなくては、イベントに参加できないのも・・・
全部クリア!

あ〜〜〜〜なんという、すごいこと!

途中で放り出すなんて事はもちろんなく、イライラして地団駄踏んだりもなく、一新に前列を見つめ・・・
あとどのくらいかだけを頼りに〜〜
(見通しのつけ方は、前もって教えておきました^^)

がんばりましたね〜〜〜

さすがに、こういう子どものイベントだけあって、誘導も上手。
お知らせも子どもが飽きる前に、ちゃんと入って、なかなかの手順でした。

それにね、基本はお子様だけで並んでください。

と言うルールだったのです。

これを忠実に守って、ちびぼんひたすらがんばりました!

(その間私はさすがにずっとは見守っていられませんでしたので、気を抜かせていただいて、静かな所へ非難〜〜とかしていました。連絡はなんといっても携帯電話で取り合えますから♪)



DSのゲーム大会にも出場しました!
絶対優勝するぞ!
なんて意気込んでましたが、惜しくも負けちゃいました。
4人中2位。まあまあかな?


カードの交換会もありまして、何度も何度も並びなおして、(並ぶごとに1度しか交換してもらえないシステム)お気に入りもカードも手に入れたようです。

ちびぼんニコニコ!


お昼までしっかりとイベント会場にいました。


しかし、この人ごみの中・・・雑音の多さと、人の熱気と、子どもの叫び声や泣き声や・・・お父さんお母さんの声や・・・

よくがんばったと思います。



これ以上はもう無理〜〜〜と思ったのはもちろん私のほうでしたが・・・
ここはぐっと我慢してちびぼんがもう良いというまで付き合いました。


ははは。

さすがに、ちびぼん12時過ぎには、もう変えると言い出しました。
(よかった〜〜〜♪)


さあ、ここからが大変でした!

交換したカードや、DSのソフト内でアイテムがもらえIDや・・・
それらを整理し終わったあたりから・・・・


目がどよよ〜〜〜ん。

それでも、何を思ったのか帰りも歩いて帰る・・・と言うではありませんか。。。



・・・・・

・・・・・

・・・・・


10分歩かぬうちに、、、


もういやだ〜〜〜〜早く帰りたい〜〜〜


と涙目。


どっかでご飯食べて帰ろう。

と言うと少し元気になって・・・

が、なかなか食べたいお店にぶつからない。。。


(ここで、ワンポイント。多分AS特性だと思うのですが、一度決めた道を、食べ物屋のために変更して歩く・・・などという、技は二人とも持っていません。。。。)


ついに、普段行く、ちょっと小さめのスーパーにそばまで来て・・・

そこの、フードコーナーでラーメンを食べると言い出しました。


やっと一息入れられます。


ついたとたん。


ちびぼん倒れました。

気を失ったのではありません。


09-08-30_003.jpg

後ろの席の3歳くらいの女の子がビックリして見つめていました。。。


寝てしまったのです〜〜〜〜zzzzzzzzzZZZ


それでも番号が呼ばれて、私がラーメンを取って声をかけたら、むくっと起き上がって、ラーメンを食べていました。無言で。。。

いつもこういったフォードコーナーへ来るとかならす自分でお金を持って自分でメニューを決めて注文するのですが、今日は完全に私任せ・・・

こういうのも久々だな〜〜〜

と、ちょっと昔の気分にひたってみたり。。。


ラーメンを食べて一呼吸ついたので、そのまま一気にわが家へ〜〜〜〜


ちびぼん、自分で布団を敷いて、倒れこみました。。。

汗かいているから着替えてよ〜〜

と言う母の声を無視して・・・(それでもなんとかガミガミ言って着替えてもらいましたよ、もちろん!)

爆睡状態〜〜〜〜


母、はるぼんも、回しておいた洗濯物・・・フンフンと匂いをかいで・・・(時間がたつと匂うかも〜〜と言う干す前の癖)選択を干して、同じくダウン〜〜

二人で2時間しっかり爆睡しました。



やっぱりね。

いくら好きといっても・・・

あれだけの音と人の熱気の中に長時間いるのはしんどかったようです。

そうですね〜
多数派の子どもなら、夏の海で思いっきり日を浴びて、泳いで遊んで〜〜〜帰りの車の中で爆睡〜〜〜と言う感じに似ているかな?

それにそもそも寝てないし〜〜〜(あはは
だから、よけい音とかに過敏になるのですよね。。。



夕方から、再活動し始めた母子・・・

ちびぼんは、宿題の仕上げに・・・

はるぼんは、お買い物に・・・
あ、それと選挙に・・・(選挙がついでか???いえいえ私は真面目ですので。まあ、どっちでも良いけど〜〜〜)

(何故、大型ショッピングセンターへ行っているのに、また買い物に出る?というのは・・・不思議かもしれないのでご説明しますと・・・
大型店では欲しい食品を探すのに時間がかかって、疲れるのです。
だから、買い物は、買うものを決めて、その場所に直行できる小ぶりのお店・・・と決めているのです)

ほ〜〜んと、大型店って苦手だ〜〜〜〜〜〜
半日だけでこんなに疲れるとは・・・・・


なんとかちびぼんも、宿題も一息したので、眠れそうです。

今日はぐっすり眠れると思います。

夏休みも明日が最期〜〜〜



☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございました。


拍手する
posted by はるぼん at 22:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校4年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

カウンセリング3回目〜お笑い芸人




忘れないうちに書いておかないと・・・

昨日は、カウンセリング3回目でした。

この3回のうちでカウンセリングの今後の方向性を決めて・・・

と言うお話だったので、気になって気になって、はじめからそこのお話をしてしまいました。

自分としては、過去を振り返りながら、一つ一つ検証していきたい。

と言う望みもあったのですが・・・

心理士の先生からストップがかかりました。


今のはるぼんさんにはそれは重過ぎるから・・・と言う事でした。

忘れてしまった過去を、蘇らせるのは、心がしっかりしていない時でないと・・・
出来るなら、それは過去の事と封印したままで(蘇ってきたらその時に話すことにして)今の現実の問題・・・
これだけでもたくさんあるのでこれを一つ一つ解決して行きましょう!

と言うお話になりました。

2週に1回。45分のカウンセリングスタイル。と決定しました。


はるぼんさんの過去、今までに聞いているお話だけでも、十分に上手に対応している。
たしかに、人間関係を完全に壊してしまっている事もあるけれど、はるぼんさんの心を保つ為には仕方がない事・・・と思いますよ。

はるぼんさんは、お子さんの事にしても、認知のゆがみを大きくしない独特のセンスを持ってらっしゃるから〜

何ていわれて・・・ちょっと木に登りそうになる私・・・

一番ほめていただいたのは、息子の医療関係の事でした。

救急外来や、ホームドクターに対して、発達障害の事を苦手な部分と共に常に話してきたこと。。。

これをほめてくださいました。

私としては、医療機関なんて一番個人情報流れないだろうし、障害に関しての差別意識が出ることはないだろうと思ってだったんですけどね。

通常の子どもがいやだと感じないことが苦手である。

これだけを伝えたかっただけ・・・

前もって知らせていただければ痛いことでも我慢できること・・・

まあ、こういうことだけですよ・・・


学校への対応も、なんかわからないけどほめてくださいました。

そこまで出来れば十分と・・・・

認知のズレから、どうしてもモンスター化する親御さんも多いようで・・・・

なるほどな〜〜と思いました。


パートナーである主人とのコミュニケーションは、基本メールで行っていることも話しました。

主人も少しスペクトラム系の人・・・
一度誤解したものを解きほぐすのは至難の業・・・

そういう関係は、やっぱり文字からの伝達が一番楽で伝わりやすいと、これもほめてくださいました。

この日は褒め殺しみたいな感じ〜〜〜

それでも私は単純なんでしょうね〜〜
ニコニコうれしい気分になります。


一番楽な方法を考えるのが昔から大好きだから・・・
自然とそうなったのですけどね。。。。



再来週から、いよいよ本格的なカウンセリングが始まります。


さて、私の愛するおとぼけドクターですが・・・・

また、なんともいえない愉快な事をいって私の心を慰めてくださいました。

キチン度した診断名は出ないでしょうかね〜〜?

と聞いた私に。。。

最初からPDDとうつと言っているでしょ?

何ていいながら・・・

はるぼんさんはね〜吉本とかに入ると面白い人生だったでしょうね〜〜

なんて、一人で人の人生空想してくれるんですよ!

いや〜楽しい芸人さんになったでしょうね〜〜〜

ですって・・・・


私、お笑いのセンス全くなし。。。
どこが面白いのか分からないタイプなんですけど・・・

だから、芸人になったら面白いボケをやりそうだと言う事かな????


一応今のお薬があっている感じなので・・・

中途覚醒、他身体症状と、疲れやすさは、依然ありますが・・・・

またも、お薬そのまま、続行になりました。


パキシルに関してだけ、少し木になる症状があったので、伝えました。

飲んで、30分くらいで軽い頭痛がおきること。。。

気のせいかもしれない程度なので、2週間しっかりチェックしてみる事にしました。

もしかしたら減薬が始まるかもしれませんね〜〜〜〜


支援を受けながら、ゆっくり生きていけば根が明るいから大丈夫!


と、太鼓判を押されてしまいました。。。


あはは・・・・・



まあ、過去の虐待の事。ACの事はあまり考えるな!と言う事になるのでしょうか???

ま、いいか〜〜



お薬かわらず


常用で

パキシル10mg2錠
りボトリール錠0.5mg

頓服で

ユーパン0.5(1日3錠まで)
ロキソニン60mg

でした。

ああ、ダイエット・・・
全然減りません。
現状維持がやっとこさ。
食べないで億と言うのは倒れてしまうので出来ないから・・・・

まあ、ひたすら毎日体重計に乗る・・・(これも面倒で忘れちゃうんですよね〜〜)

ん。

これ以上体重が増えないように・・・ファイト☆



ちびぼん。宿題の追い込みで〜〜〜
なんだか知らないけど、放り投げてyoutubeずっと見ていました。。。

知らないぞ〜〜〜〜〜〜っと。





☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございました。

夏休みあと二日です〜〜〜〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 22:31 | Comment(3) | TrackBack(0) | はるぼんの通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

夏休みの自由研究はオムライス☆




自由研究はパスする予定でしたが・・・
急遽、クッキングで研究をする事になりました。

事の起こりは、昨日の夜。。。
その日はゴージャスにステーキ!(にんにくおろしソース)プラスもろもろ〜〜だったのですが、
そのお手伝いをしてくれたんですよね〜

そうしたら、食事を取りながら・・・

「ぼくさ〜オムライス作れるかな?」

と来たもので・・・


本日、ちびぼんにオムライスを挑戦してもらう事になりました〜〜

で、ついでにこれを自由研究にしてしまおうと言う事で意見が一致し!

いざ、いざ、キッチンへ〜〜〜〜〜〜〜〜

なんだかワクワクドキドキです♪




ちびぼんのオムライス


材料:2人前
   冷やごはん2人前
   たまねぎ半分(みじん切り)
   ぴーまん1個(みじん切り)
   えりんぎ1個(裂いてからみじん切り)
   ベーコン3枚(細切り)
   卵4個
   バター少々
   サラダオイル少々
   塩コショウ少々
   ケチャップ大匙4杯くらい


09-08-28_002.jpg
がんばってみじん切りにしました!

09-08-28_003.jpg
たまねぎベーコンから炒めて・・・・

09-08-28_004.jpg
冷やごはんを加えて・・・

09-08-28_005.jpg
ケチャップ投入〜〜〜
塩コショウで味を調え・・・
別の器にうつします〜〜


09-08-28_006.jpg
卵は卵黄と卵白を分けて・・・卵白を少しホイップ!卵黄と混ぜて〜〜


09-08-28_007.jpg
バターとサラダオイルを入れたフライパンに、半量流し込み・・・
お箸でくちゅくちゅしたら、生の状態の所へ、ケチャップライスを・・・

09-08-28_009.jpg

は〜〜い、ケチャップをたっぷりかけて、いただきま〜〜す♪




ちびぼん、なかなか料理がんばります。
包丁の使い方はまだまだだけど、フライパンの使い方がとても上手になりました。
お皿に上手に載せるのは、ちょっとむつかしかったので私がやりましたが、後はほとんど自分で出来たかな〜〜〜


お味もなかなか良い感じで、ところどころあるオコゲ・・・がまた愛嬌でした!



やっぱり食べる事って楽しいね〜〜
今日は他にもね、すてきなすてきな美味しいものをいただいて、はるぼん&ちびぼんご機嫌なんです〜〜〜♪

少しくらいのイライラは、美味しいものを食べると吹っ飛ぶ!

ちびぼん自分で作ったオムライスに大満足でした〜〜〜


☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございました。

宿題・・・
まだ仕上げが残っているものが・・・いっぱい。。。。
拍手する
posted by はるぼん at 20:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 華麗なる食卓・シェフちびぼん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

怒りの対処・・・




感情の中で、やっかいなのが、憎しみ。

この感情を整理するのはとてもむつかしいだろうとは思う。


多数派の方々はどう整理しているのだろう・・・?




ちびぼん昨夜は、二年生の時に言われた嫌な事を思い出して、久々に大暴れ!

誠にまいったまいった。。。

二年も前の事を今あったときのように憤る。。。

まあ、これにしっかり付き合って、何がどう怒りに結びついたのか、時間を遡って、整理してみた。

ここで、私が大事だと思う事は・・・



過去の事は過去のことで、もう変えられないということ。

では、これから先の未来、同じ事がおきないようにどう工夫していくか?

これを考える事が、必要である。

同じ嫌な気持ちにならなければ、怒りもおさまる。


時間軸を意識させる事。
これが一番の早道・・・かな〜?

未来に希望を持たせる。
過去の憤りを包み込んであげる。


ちびぼんの場合は、時間はかかるけれどもこれでなんとかなる。



昨日の記事にも繋がるのだけど、怒りの裏側には「恐怖」が存在する場合が多いとも思う。

それがあるとややこしいパニックを起こしやすい。

特に低年齢で、自分を理解できない時は・・・
(まわりも、親も本人の心の中を理解どころか想像するのもむつかしいから、よけいにややこしい・・・)


何も見えなくなる・・・と言うのが正解かな?

つまりは、一旦パニックが始まるとなかなか止められない。止まらない。

タイプ別に分けたりするのはあまり好きではないのだけれど・・・

パニックのエネルギーを他者や物に向かって放出するタイプ。
ようするに、他害に出てしまうタイプ。

固まったり、自傷に出てしまうタイプ。
(こういう子どもはエネルギーが枯渇しているのかもしれない)

どちらも親としてはたまらない・・・いたたまれない。



ちびぼんの過去を探ってみると、基本的には自傷と固まっちゃう。
ことが多かったのだけど・・・

保育園児の時はエネルギーがたっぷりあったので、母親に対しても、きっと保育園の仲間に対しても、他害という形で出ていたのではないかと思う。
(保育園からそのことを指摘された事も注意された事もありませんが・・・)

子ども同士、傷をつけて帰ってくるのはちびぼん、結構多かった。
噛み付きあと、ほほに引っ掻き傷・・・

一度、同じ年の園児に足を引っ掛けられ、転ばされた事があった。
眼の前でそれを見た時は、あきらかに悪意のある転ばし方をしたその保育園児につかみかかりそうになったのを覚えている。
(一応大人なので、ぐっと我慢しましたが・・・あたり前か〜〜^^)

まあ、本人がのちほど・・(約2〜5年かかっていますけど)説明してくれるには、自分よりも強い子が保育園にはいっぱいいた。
痛いから反撃しても、またやられる。。。

とか言っていました。
何とたくましい、のびのびとした保育園だったでしょう〜〜

だけど、この保育園で「されたら痛いこと」を体で覚えたのでは?と思っています。

母親の私に対して、じゃれている時もありましたが、思い通りにならないときなど、力任せに攻撃(本人はそのつもりがなくても〜〜)してくることもありました。
なんと言うか・・・私母親としては、体力なさなさで、しかも「痛み」が大嫌い!

本当は甘えたかっただろう、ちびぼんに・・・
こんこんと説明し続けました。

人体の急所を・・・


眉間



お腹

つまり、体の中心部と特に顔はダメ!
いたずらでも、冗談でも、ぜったいに軽くでも叩いた利したらダメ!

と、発達障害に禁句と言われている「ダメ!」を連発しましたね〜〜


それから先のとがったもの、長いもの。

実際にあった恐い話を交えて・・・
(割り箸が口の中に刺さって、死んじゃった子の話とか・・・コンパスが目の玉に刺さって目が見えなくなっちゃった子の話とか・・・)
真剣に話してあげましたっけ・・・
だから、ダメ!を必ず口にして。


今思うと、パニックのひどくない時期にそれらを懇々と喋っておいて良かったな〜と思っています。

もう一つ、このブログには、あまり登場しませんでしたが、1年生の時の担任の先生H先生が、とてもよかった。

小学校に入って、多数派の子でも発達障害っぽい子でも、みんなグチャグチャの時期。

やっぱり小さなパニックで(通せんぼをされたようで・・・よくあることですよね)ケンカになってしまったのです。
ようするに他害・・・と言われる事をしてしまいました。

運が良かった事に、H先生は常日頃、
けんかのときに絶対にしてはいけないことを、子どもたちに話してくれていたようなのです。

「首から上、つまり頭と顔は、とても大切な所だから、叩いたりしては絶対にしてはいけません!」

と強く強く心に響くくらい言ってくれていたようなのです。

このお陰か、ちびぼんはひどい他害にならずにすみました。
つまり、相手側に謝罪をする怪我にはならなかった・・・と言う事です。

相手も悪かったと言う事でH先生がきちんと仲裁に入ってくださり、「嫌な事は言葉で言えるようにしましょう」
と、両者にお互いに謝るようにしてくださったそうです。

その時に・・・・

H先生から言われた事が、私の心にしっかりと残っています。


「子どもたちの親御さんも、発達障害のお子さんや、少し幼いお子さんたちの事をあたたかく見守ってくださいます。
ですが、自分の子どもに危害が加わる可能性があると分かったとたん、手のひらを返すような事になります。
これだけはお母さん、しっかりとちびぼん君に教えていかなければいけませんよ」


一年生の時は、この厳しいけどあたたかい先生に見守られて、ちびぼんも、自信を持った一年生として、元気にいきいきと学校に通っていました。

まあ、次の年度で、がたがたになって、ちびぼんの心は壊れかけてしまったんですけど・・・

お友だちに痛い事をする。
お友だちに怪我をさせる重要性を、ちびぼんは小さな頃から、なかば脅かされるくらいに聞かされてきたので・・・
(今思うと少し脅かしすぎたような気もしています。診断前から脅かしてましたから・・・)



怒りの放出・・・
これは大人になっても同じ事。
自分の力で自分の意志で押さえていかなければいけないもの・・・

それは力の暴力であれ言葉やNET上で書いたことでも同じだと思います。

もし、放出してしまった場合・・・
大人ならば、キチンとした責任問題が生じます。
下手をすれば、法的に罰せられます。

それをちゃんと理解した上で、放出・・・するべきですね。
(私も、注意しなければ・・・自責の念をこめて)


発達障害と言うのはなかなかとむつかしい障害です。
症状も、一人一人異なってますしこの子に良ければあの子にもあう・・・というマニュアル的なものはありません。

ただただ、丁寧に・・・
親ならば子を見守る事。

それしかないんじゃないかな〜〜。


謝ってすむ問題と謝ってすまない問題がありますからね・・・

それだけは、しっかりと親が把握して行かないと・・・



ところで、今日の「ポケモン」

面白かった〜〜〜〜

何がって言いますと、サトシをはじめ主人公たちの体が小さくなって、ピカチューたちポケモンの方が大きくなっちゃったんですよ〜

ちびぼん。
サトシたち主人公側の目からの気持ちは理解できるようでしたが、ポケモンたちの側から見た気持ちは理解できないようでした。

つまり、いつも大きいポケモンたちのパートナーが、いきなり自分より小さくなってる。。。
不思議ですよね〜〜

これを実演付で説明してあげたら、ものすごく喜んでいました!

そうか〜〜〜って。

・・・・・。

まあ、一つ一つ、色んな角度からの見方を学んだり体験していくしかないのですよね〜〜〜

昆虫から見た世界・・・
なんて、本もありますが、こういうのを見せてあげるのも、発達障害児、良いかもしれませんね。

多角的に物事を見て分析する比較する事が出来れば、怒りの逃がし方も多少は上手になるでしょうから・・・・・


アリからみると (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
桑原 隆一 栗林 慧
福音館書店
売り上げランキング: 101358
(アマゾンへのリンクです)



☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


お読みいただきましてありがとうございました。

ちびぼん。宿題におわれています・・・
スケジュールどおりに一応やっているのですが、それでも不安なようなのですよ〜〜
だったら、早めに宿題を済ますようにスケジュール立てればいいのに〜〜と思ったりもしますね。
冬休みはぜひそうして欲しいものです。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。