PAGE TOP

2009年05月31日

はるぼんは29999ダメージうけた!




迷宮に足を踏み入れたはるぼんは、そこがどんな所かは想像できていなかった。

心の鎧をかすかに纏っただけの無防備な状態であった。

持っている薬草は、ユーパン(ワイパックス)と更に強力なコントミンだけ。。。

迷宮のわけの分からない声を遠のかせる為に、その二つの薬草を飲む。。。

脳内で声たちが遠のいていくのが分かる・・・。



迷宮には大きな罠が待ち受けていた。

大魔王との対決はまぬがれたが、魔王に跪かねばならない状況に陥った。


お前が悪い攻撃・・・
999ダメージ。

仲良くする為には我慢しなければならない攻撃・・・
3000ダメージ。

ちびぼんがお前のせいでかわいそうなことになっている攻撃・・・
10000ダメージ。

あいつもかわいそうだ攻撃・・・
3000ダメージ。

いつの間に、セカンドオピニオンが転院に変換攻撃・・・

1000ダメージ。

電話をかけろ攻撃・・・

12000ダメージ。


はるぼんは29999のダメージをうけた。


未来を予知する能力、想定する能力のお陰と、持ち物の薬のお陰で、爆発はまぬがれたが・・・


心の傷は大きかった。。。


持ち物の薬草はたいそう効いた。



大魔王に跪く事さえ出来た。

セカンドオピニオンが転院に変換されている訳も考えさせずに安心できる場所まで運んでくれた。


大魔王のしもべは、耳が悪かった。
耳に入る言葉は大魔王の言葉しか入らないようだ。

ごめん。ダンナ様・・・
キッチリしっかり話してくれたことが、変な意味に変換されていたよ。
私が無理やりダンナに言わせていた・・・。

ととらえていたよ。


悲しいね。



家に帰ったら、勇者ちびぼんがはるぼんを迎え入れてくれた!

ちびぼんの治癒能力で、はるぼんの心の傷は20000回復した。

ちびぼんは、はるぼんの心をお見通しだ。

「何でもぼくに言うように!」

と、勇者ちびぼんは言った。


はるぼんは残りの傷を眠る事で癒す事にした。。。









今日は無事に、父のお見舞いに行ってきました!
なかなか元気そうでとても安心しました。

父は少し耳が遠いのです。
医者からの説明もあまり聴こえていないようでした。
のち、継母からの説明を受けたようです。

いろいろなことが誤解されて伝わっていましたが・・・
それはそれでとても悲しいことですが、父が元気なので、良しとします。

父は私のことがかなりご立腹の様子で・・・
病人にもかかわらず、きつい言葉の数々を言ってきました。
がんばって耐えましたけど・・・

継母に電話をかけさせられました。

お前が折れろ。

と言う事ですね。

それだけはカンベン・・・とお願いしたのですが、だめでしたね〜

継母の機嫌がよくなれば、父にとってもうれしいことだろうし・・・
私は折れる気なんか少しも無いんだけど、何と言う頑固さだ。と呆れられるばかりで・・・・根負けしました。。。

病人のたのみごとがきけない娘なんて最低ですものね・・・


あ〜つかれた。

父には、今年の秋にはゴルフ(父の趣味)できるといいね〜と言う話と。
エイジシュートをほのめかして・・・(笑

ちびぼんにまた絵を教えてあげてね。と言う話と・・・それだけしてきました。


身内とのお付き合いというものはこういうものなんでしょうかね。。。

あ〜一人ぼっちがいい。って本気で思いました。

ちびぼんがやさしく迎えてくれて、本当によかった。。。




こんな訳で今日も一日眠りについていました。

子どもに慰められている母親って・・・・あはは。


まあ、気負わない人生を目指して生きます。


ちびぼんにもしっかり助けてもらいました!

ありがとう〜〜〜〜♪




<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 読んでいただいていると思うとうれしいものです♪

fc2ブログランキングへ

お読みくださいましてありがとうございました。










拍手する
posted by はるぼん at 22:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

水平思考?ポールとマクレーンのウミガメのスープ。ちびぼんの愛読書




ちびぼんは毎月「月刊コロコロコミック」を愛読しております!

発売日には自分でおこづかいを持って、本屋に走ります。
たとえ大雨が降っていても、全力疾走で買いに行きます。
母が本屋勤務なのに・・・・

こんな風に自分で欲しい本を買いだして早3ヶ月。

コミックスも自分で近所の本屋に買いに行きます。

う〜〜ん。すっかり漫画オタク・・・・・。



本日は、私が購入してきました。
何故かと言うと「新刊」だから・・・

(アマゾンへのリンクです)

必死になって読んでおります。

もう、6巻なんですね〜〜早いものだ。


この他にもちびぼんが、好んで読んでいる本があります。
毎日学校に持って行っています。
(いつ読んでいるんでしょうか???????)

ポール・スローンのウミガメのスープ―水平思考推理ゲーム
ポール スローン デス マクヘール
エクスナレッジ
売り上げランキング: 720
(アマゾンへのリンクです)


男がレストランに入り、メニューから「ウミガメのスープ」を頼んだ。それを一口食べた彼はレストランを飛び出し、自殺してしまった。
なぜだろう?

ポール・スローンのウミガメのスープより引用


こんな感じで短い謎解きがたくさんのっている本。
水平思考推理ゲーム・・・
と副題についています。。。

ちびぼんの頭の中でどんな答えを想像しているのか・・・のぞいて見て見たい!
なかなか一生懸命に読み解いています。

私が読んでみても、なかなか頭を使う推理ゲーム・・・。
会話遊びにもおもしろい。


この本、数年前のベストセラー。
何故今頃この本を購入したかといいますと・・・

DSのゲームソフトのCMを見たからです。

「おおお〜〜〜これは!」

と、ついつい、職業本屋さん。
その気になって、店用に注文したんですよね〜
見ているうちに、
ちびぼんでもいけることに気がつきまして・・・

で、購入。

思惑通り、ちびぼん君しっかりはまってくれました。

DSやゲームに少しでも関係があるとそれだけで興味を示してくれる。
幸いな事にCMのバージョンもいろいろあって、一つの謎解きだけではない。。。


水平思考????
って、いったいなんだか分かりませんが、自分の頭の中にある物差しや常識・・・そういったものから、離れないと、このクイズは解けません。

発達障害児としての頭の固さ・・・
思い込み・・・

クイズだったらこだわりもなく、いろんな考えを取り入れることが出来る。

この本をちびぼんの為に購入したのは大正解だったようです!


小学校4年生くらい〜
大丈夫だと思います。

発達障害のお子さんにぜひ挑戦してもらいたいな!
ちょっと、残酷な所とかあるけど、たんたんと書かれているし、あくまでも考え方、クイズ。。。
ですから、その点さえ押さえておけば大丈夫。

おすすめです!

DSゲームの方でもいいかも〜〜〜


スローンとマクヘールの謎の物語
レベルファイブ (2009-05-21)
売り上げランキング: 5
(アマゾンへのリンクです)



子どもの為の本選び・・・
何歳になっても楽しいわ〜〜

基本は自分で選ばせているけれど、時々はこうやって「えっ?」というものを与えて見るのもいいですよ〜〜

ダメなら十分自分が楽しめますし♪




<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 読んでいただいていると思うとうれしいものです♪

fc2ブログランキングへ

お読みくださいましてありがとうございました。









拍手する
posted by はるぼん at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り〜本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

人を頼る、人を信じる。




このところ、自分の内部がいろいろ変化して、気分の悪い状態でした。

このblogにも、日によって精神状態の悪さを露呈しているような・・・
なんともお恥ずかしい。。。

そんな中で、リアルでもNETを通じても、人の力・・・と言うものを、たくさん感じることが出来ました。
この事は私にとって大きな刺激となりました。

人を頼るという事が、なかなか出来ずにいた私・・・。

今回の事で、ヘルプのだし方を覚えたような気がします。


特にリアル面では・・・

ダンナ様に対して。
主人とはなかなかと意思の疎通が出来ない関係で、ちびぼんを間においてのコミュニケーションが通常となっていました。

今回父の病気で、やはり一番に頼れたのは主人でした。
主人にとっては私がたの親である上に、継母にいたっては子どもともちがつながっていない。。。
そういう関係だからこそ冷静に、対応してくれたのだと思います。

本当に感謝です。

手術に関する主治医からの説明・・・
運良く主人とちびぼんが見舞いに行った時にあって・・・
きちんと参加して質問も正確にしてくれたようです。
不明確だった事柄もきちんと納得できました。


看護士の友人Aさん。
ちびぼんの同級生のお母さんなのですが、数少ない情報からいろいろと教えてくださいました。
大腸がん治療のガイドラインまで見せていただけました。


NET上でも、知識が欲しい!情報が欲しい!と言う私の気持ちを(特性?)を察してくれた方が、サイトの紹介のほかにも知識を下さいました。
そして、たくさんの、応援。。。

皆さんありがとうございます!


手術は来月の初めに決まりました。

父は体力もある頑丈な人なので、手術事態の負担は心配していません。
精神力も強い人なので、大丈夫だと思います。

私が出来る事は、あとは励ますだけ・・・




今回の事で思いました。

精神的にパニック状態になるのはやはり分からない事が多すぎる時だと。
目安がない、信じられる情報がない。
こういったものが過度に心に負担がかかるのです。

誰か一人でも、正確な情報を知っていて、(せめて、ガンの部位くらい)教えてくれたなら・・・と思いました。

でもね、
通常の場合、そんなむつかしい知識よりも、元気かどうかと、お医者様の表情だけで、安心してしまうみたいです。

これもうらやましい・・・。

詳しく聞こうという人が、だれもいなかったのですから・・・不思議。

正確な情報が入ったことで、少し不安は増しましたが、その確率などを考えたら、だいじょうぶという気持ちになってきました。
自分の力や医者の力でもどうしょうも無い部分ですから・・・
(リンパ節への転移があるかどうか・・・これは術後にしか判明しません)

これによって、また、色々と考えて行かねばならないことも増えますが・・・
大丈夫な予感がしています。


今までの私だったら、自分で全部動いて、情報をあさったことと思います。
父や継母の気持ちを無視して突き進めて行ったかもしれません。

今回どうしても継母に会うことが出来ない状態・・・。
これがあって、かえって良かったかな?とも思っています。


人を頼る、人を信じる。

大切な事・・・。

この年になってやっと、少しだけ覚えたかな・・・・・




人を信じるということ
島田 裕巳
晶文社
売り上げランキング: 622912
(アマゾンへのリンクです)




<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 読んでいただいていると思うとうれしいものです♪

fc2ブログランキングへ

お読みくださいましてありがとうございました。



拍手する
posted by はるぼん at 19:01 | Comment(5) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぼん(BlogPet)

はるぼん&ぼんは、集中するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「わんさ」が書きました。
拍手する
posted by はるぼん at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | わんさのしわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

マイペースについて、はるぼんの思ったこと。




広汎性発達障害自助組織「アスパラガスの会」

狸穴猫さん(&ご主人様)、すみれさん奈良人さんらの立ち上げで、自助組織の初ミーティングが、5月の終わりに行われるそうです〜
(各お名前のリンクは、それぞれのblogへのリンクです)

地域的に微妙すぎる地域で、行きたいが行けない。。。。。
突発的行動に出るなら可能!
な場所・・・

本音の部分では行きたいな〜〜〜

と言う感じなので、第1回のミーティングテーマ・・・
「マイペースってどうしていけないの?」

について個人的に勝手に思いを書かせていただきます〜〜〜

注:アスパラガスの会さんには一言も許可を取っていませんので、、、完全個人的に書いているものであります〜



さてさて、実は私、

「マイペースどうしていけないの?」

全然分かっていません。

どうして〜〜???

とお伺いしたいくらい!


「マイルール」と違って「マイペース」って差ほどまわりに迷惑をかけると思えないのですよね。
もうこの時点で失格ですかね・・・・・

特に仕事上において・・・
発達障害者自身がトップだった場合は、これ、部下がしんどいだけだと思いますが・・・
(ですが、たとえば。トップのペースについていける定型発達者、ピッタリトップにあう発達障害者が部下にいたら素敵ですね)
多くの場合雇用されて働くわけで・・・

ルール・目的さえ明確に伝えておけば、発達障害者が「マイペース」で仕事をこなした方が、効率的じゃないかと思うんですよね。
まあ、本人に全く合わない仕事内容では、そのマイペースが弊害になるかもしれませんが、本人が苦手な事を任せる上司って・・・
上司として失格かも・・・。本人が苦手な仕事を与える場合半分できれば御の字でしょう)
なんて思うのです。

発達障害者、良い上司にさえめぐり合えば、バリバリ仕事をこなしてやりがいも出て、自己肯定感も高まり、会社としてもかなりお得!
と思うんですけど・・・世の中甘く見ていますかね。。。

私が仕事に関して思う事は、定型発達者であろうと発達障害者であろうと、苦手な部分、得意な部分は大なり小なりあって、それをいかに上手く生かすかが、上司の務め・・・と思うのです。

器用貧乏といわれる何でもそつなくこなせる人は確かに重宝ですけど、今以上の良い仕事結果にはならないですよね。

いろんな人がいますから、上手に配分、我慢も必要、アメが好きな人にはアメをたくさん。ムチが好きな人にはムチをたくさん。
時には我慢をしてもらい、次には好きな事をしてもらってやりがいを持ってもらう・・・

う〜〜んただの理想ですね。


今の世の中、少し社会と言うか企業自体厳しすぎますよ・・・
若い有能な人間でさえ職にあぶれる時代ですからね・・・

やっぱり、発達障害者。
マイペースを自分でコントロールするすべを学ばねばならないかしらね?


報告・連絡・相談

ほうれんそう

ですね。

この、古くから言われている仕事における原則。
これを、しっかりと行うこと。
これさえしておけば、発達障害者であろうと、マイペース具合がおかしければ、きちんと指導されるはずだし、問題なければそのままGOGOだし・・・・

あはは。。。
これでも甘いですかね。


二次障害を抱えてらっしゃる発達障害者や、過敏な部分を過度に持つ発達障害者・・・ですと、マイペース(仕事)自体社内の協力がないと出来ませんよね。実際問題。




次に・・・

PTAとか、地域とか、子ども会とかの役員の場合・・・
「マイペース」は、しんどいかもしれませんね。
これなら、わかります。
会社と違って地益追求ではなく、「みんなで楽しく、みんなで仲良く」
なんて、曖昧なテーマが裏側にありますものね。

これはもう、発達障害者、マイペースは無きものとして、あきらめたほうがいいです。
と思います。

トップになって役割を割り振るお役になったなら、存分マイペースで・・・良いと思うんですけど。
(裏でブーブー言われても、平気〜〜という強い心があれば・・・)

まわりにひとりモデルを作って、その人のペースを完全模倣・・・
これでいきましょう。


もう一つ。

ママ友や、近所のお付き合い・・・
これは・・・
マイペースどころか、常にニコニコ笑って、おとなしい人と言うイメージを固定させるのが勝ち。

そう思いますね〜〜〜


目的がハッキリしているものであれば「マイペース」は歓迎されるものであり、
人付き合い、コミュニケーション重視の場合、「マイペース」はバッテン。

これでいかがでしょうか?????



社会がね。
凸凹のある発達障害者を、上手に使うことが出来るようになれば・・・
本当に、いい仕事をすると思うんですよね。
そして、発達障害者を上手に使える人には、その能力を給料に反映してあげればいい。
って思うのですよ。(ここポイント)

会社のお荷物とみなされちゃうのは、使う側に、上手く使えたら自分にもメリットがある。。。
と言う仕組みが出来ていないから・・・・

これだけ、普通の人間ばかりを好き勝手に使ってきた会社、社会。。。

そろそろ、凸凹の魅力に気づいてくれればいいんですけどね〜〜〜



なんて思うのが、私、はるぼんの「マイペース」発想でありました〜〜〜


「アスパラガスの会」応援しています!




<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪
↓↓↓ 読んでいただいていると思うとうれしいものです♪

fc2ブログランキングへ

お読みくださいましてありがとうございました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。