PAGE TOP

2009年03月31日

フラッシュバック対処法とお薬備忘録5




昨日の通院記録・・・



@TAT心理検査の結果

A胆石事件についての報告

Bフラッシュバックについて

C山のように降ってくる不安感について


こんな感じでお話をしてきました。


その日はかなりの待ち時間があり、待合室で居眠りZZZZZ〜

しっかり眠っているところに、名まえを呼ばれました。


この所、落ち込みや精神不安が大きかったので、きちんとドクターとお話が出来るように、前日にリハーサル(脳内〜〜笑)しておきました。

忘れてしまわないように、きっちりと話を絞って!


まず、一番話しやすい、事実。
胆石事件☆

右内蔵のあまりの痛みに、勝手に自分で胆石だと信じ込み、内科医でエコー検査を受け、
結果胆石ではなく、精神的なものだったこと。
処方された漢方薬で、なんだか調子がよくなったこと。

を話しました。

処方箋を持っていったので、苦手な薬剤名を言わずにすんで助かりました。


「胆道ジスキネジー」(J-Medical医学辞典より)

胆道ジスキネジーは、胆道、胆嚢に腫瘍、炎症、結石等がないのに、胆石症に似た症状が出るジスキネジー(機能異常)である。

【原因 Cause】
自律神経機能やホルモン分泌の異常が原因と言われる。これにより、胆汁の流れが悪くなるためである。
【症状 Symptoms】
・右上腹部に痛み
・発熱
【治療 Treatment】
規則正しい生活により、ストレス、疲れを避けることが必要である。鎮痛剤等の薬剤を使うこともある。




と言う病名でした!
(内科医で聞いたのに忘れてしまっていました)

胆道ギス何とか・・・と覚えていました(笑!


まあ、ストレスが身体に現れた・・・と言うおなじみのパターンでした!

心療内科の主治医も、うんうんと納得していました。。。



続いて、今年にはいってからきちんとしっかり寝たいだけ(眠れるだけ)寝ています。
ひどい時は14時間寝ています〜
(中途覚醒は相変わらずありますが、すぐに眠れます〜)
脳はしっかり休めている感じなのですが、昔の事の記憶が、蘇りすぎて、苦しいですし、現実の問題と重なり合って、エライ事になってます!

不安で不安で、先の事を考えるのが辛い・・・

現実の問題を処理するのが恐い・・・


などとお話しました。
(途中でタメ口のような自然会話になってしまって、我ながら恥ずかしい・・・)


そんな会話をボツボツとしているうちに・・・

TAT心理検査・・・の事をお話してくださいました。


親からの抑制を大きく感じていますね。


が〜〜ん。。。。



その他も何か言ってくださったのですが・・・
頭が白くなって、聞いていませんでした。
(診察中・・・逃避???)


ぼ〜〜っとしている私を呼び覚ましたのは、ドクターのフラッシュバックと言う言葉。


こういう方法があるんですが一度試してみてください。


フラッシュバックがおきたら・・・
まず一人になれる空間をつくる。
好きな音楽をかけてもいいし、好きな飲み物を飲んでもいい。

そして、30分くらい。
そのフラッシュバックの映像を、ただボ〜〜〜〜っと眺めてください。
映画を見るような感じで・・・

もしできたなら「だいじょうぶだよ、だいじょうぶだよ」と唱えて・・・

30分は長いかもしれませんが、しっかりぼ〜〜っとながめる事、
ちゃんと頓服薬を用意していつでも飲めるようにして・・・

まず、この方法をやってみてください。


と教えていただきました。


昨日の中途覚醒の時に、悪夢からの連鎖で、少々のフラッシュバックはありましたが、
残念ながら、わたしの脳内で、勝手にシャッフルされてしまいました。

こうやって、問題会費をし続けていたんだと思います。

日中に起こったら・・・
家にいるときだったら・・・

ドクターの言うように、ぼ〜〜〜っと見てやろう!

と、思っています。

フラッシュバックを自分の意志でぼ〜〜〜っと見るってどんな感じなんだろう・・・

少しワクワクドキドキ(表現力なさ過ぎで、誤解を招いちゃうかな・・・)の恐さですが、やってみます。



抗鬱剤(パキシル)・・・のみはじめて、もうすぐ半年がたとうとしています。



自分に素直になろうとしている今だからこそ、こういったフラッシュバックが立て続けに襲ってくるのかな?
とも思います。

自分自身で築き上げてきた、重装備の鎧が、そろそろガタがきだした。
と言う感じでしょうか・・・

心も体もピークに達していたのかもしれません。




次回から、診察の回数を増やしていただきました。
二週間に一度。
はじめのスタンスに戻ります。

まだまだ長いお付き合いになりそうです。

私の場合二次障害が根が深そうです・・・



お薬変更なし。

常用
パキシル10mg2錠(吐き気も眠気も出ませんので朝飲みます)
レンドルミン錠0.25mg(睡剤)
頓服
ユーパン0.5mgを一日3錠まで

です。



☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


最近、自分の中のインナーチャイルドの叫びがようやく聴こえるようになりました。

最期までお読みくださいましてありがとうございます!








拍手する
posted by はるぼん at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

最終回に目が釘付け〜(春のアニメ番組改編)




あと一日で4月です!

ちびぼんは4月1日のエイプリルフールをとても楽しみにしています!

いろいろとアイデアを練っているそうで・・・
どんな楽しい大嘘をついてくれるのか、とても楽しみです!

(ちなみに、このエイプリルフール・・・ちびぼんにとってはお父さんの誕生日なんですけどね〜〜そっちのアイデアはねってあるのかしら???)


4月、毎週見ていた番組が、どんどん最終回となる時期。
春からは新番組!

となるわけですね〜

ちびぼんはいろいろとドキドキな様子です。



ちびぼんが見ていた(る)番組


水曜日 ケータイ捜査官7(3月で終了)
木曜日 ポケットモンスターDP
    銀魂
金曜日 ドラえもん
    スティッチ(3月で終了)
土曜日 おはコロシアム
    ケロロ軍曹
    獣の奏者エリン
    BLUE DRAGON (3月で終了)
日曜日 ネットゴーストPIPOPA(3月で終了)
    ゲゲゲの鬼太郎(3月で終了)
    イナズマイレブン
    

こんな感じです。これ、オンタイムで見ているのではなく全部録画。
(ゲゲゲの鬼太郎とイナズマイレブンだけは同タイムなので、ちびぼん悩んでいました〜)
その時点でTVの見れる環境であろうと録画。

ちびぼんのこだわりなんでしょう。
気に入ったものは何度でも見ます。
気に入らなかったものや恐かったものなどは録画しておいて、気持ちが整った時にまとめてみています。
(ケータイ捜査官7が最期の数話、恐くなって見られないようです〜、あとためているのはBLUE DRAGON。いつもまとめて10話くらい一気にみています)


3月で終了が多いですね〜

ちびぼんともいろいろ話し合って4月から録画する番組を決めていきます。

継続番組はそのまま、録画・・・
新番組をどうするか???

私的には鋼の錬金術師が見たいんですけど・・・
これは6年生まで見ないと、ちびぼんが決めていますから〜〜
無理かもしれません。
(とにかく恐いそうです。D-グレイマンや、ナルト、ブリーチも同じ理由で見ません)

決まっているのが、新番組ではありませんが、ゴールデンタイムに進出の「イナズマイレブン」
熱血サッカー漫画がいつの間にか地球を救うヒーロー漫画に!?
ついつい熱くなっちゃうこのアニメ。
ちびぼんと一緒に私も少々コーフン気味に見ています!
水曜日の7時半と言う枠。すごいですね〜〜〜!

そして、ゲゲゲの鬼太郎の後枠に入った、
「ドラゴンボール改」(東映アニメーション公式サイトへ)
これはもう見逃せません!





次々に迎える最終回。
ちびぼんもさすがに9年生きていますから、番組最終回にも慣れてきたようです。
泣きわめいたりパニックはありませ〜〜ん。
ただ、絶対に見逃さない!
お別れをするんだと言うものは確実にあって、(録画ですが・・・)
最終回の文字にとても敏感!
様子を見ているととてもおもしろいです。

そんな最終回の番組がいっぱいある中!

銀魂が最終回もどきのギャグ構成で、ちびぼんすっかりわなにはまってしまいました〜〜〜

「最終回のわけないよね〜」
「ギャグだよね〜」
「だいじょうぶだよね〜〜」

と口に出しながら、銀魂にくぎづけ!

初回で見た時は微動だにしませんでした〜〜〜〜!!!!


まあこんな内容でした。(youtubeへとびます・さすがに埋め込みは控えます。。。)


いや〜ちびぼんの態度もおもしろかったけど、やっぱり銀魂おもしろいですね。
ついつい夢中になってしまいます〜〜
(言葉使いに難色を示しながらも、はまってしまう母親でした〜〜)


☆過去記事
「ケータイ捜査官7と、ぼん君のケータイ」(2008年07月18日)
「ちびぼん、きみは「夜兎族(やとぞく)」か〜〜〜☆」(2009年03月02日)
「アルとシュウのがんばりと冬樹とケロロのがんばり!」(2008年01月22日)
「青春おでんとダブル茶碗おにぎり☆」(2009年03月13日)
「ちびぼんが思うドラゴンボールの不思議。」(2009年02月19日)
「ドラゴンボールはエンドレス☆」(2006年04月21日)



☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


実は本日、私はるぼんの通院日でした。
この所の調子の悪さ・・・いろいろお話できました。
その記事の前に今日は楽しい記事を・・・と、ちびぼんの好きな番組を紹介させていただきました〜

最期までお読みくださいましてありがとうございました!
拍手する
posted by はるぼん at 20:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | お気に入り〜TVアニメ・特撮? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

身内の障害受容・・・障害と言う言葉の重み




今日はちょっとした告白です。


ちびぼんの障害について・・・

身内の受容が出来ずにいます。
少し辛いですが、これも自分がまいた種か・・・と思っています。



わが家は、私、ダンナ様と二人そろって、ドクターから告知を受けています。


ちびぼん、4歳のとき。

すでに5年がたとうとしています。


わが家のダンナ様も、ちびぼんの障害を受容できてはいません。
(彼なりの方法で受容していると思っていますが・・・)

ちびぼんが元気に通っていた、保育園時代・・・一年生時代の姿を目にとどめているようです。
ちびぼんに起こっている、二次的な症状には、あえて目に触れないようにしているように思われます。

たとえば、眠れない睡眠障害について・・・
「何時まででも寝かせない状態にしているのだろう」
抜毛にしても・・・
「抜くのをやめたら、新しいゲームソフトを買ってあげる」

こんな感じです。

だけど、基本的に、私はるぼんの子育てに文句は言ってこないので、それは良しとして、思っています。
(内心はどう感じているかわかりませんが・・・)

それから、ダンナ様のちびぼんに対しての接し方。
これがまた、ちびぼんにあっていてとてもよいのです。

勉強などもゆっくりポイントを抑えた教え方をする。
ちびぼんの好みを良く把握している。
きちんと、前もってちびぼんの気持ちを聞いてくれる。

ほぼ完璧です。

ちびぼんはお父さんが大好きです!

私も、文句なしです。

もう三年生なんだから、何々ができなければダメだ!
学校へ行くのがあたりまえだ!

と言うような、普通の親が言うようなことは、口に出しません。

やさしいと思います。
何よりも人格を認めているんだと思います。


ダンナ様は私にはこう言っています。


「アスペルガーであることは、本当のことだろうけど、自分はちびぼんを『ふつうの子』と思っている」


と・・・

深く考えないようにしています。

現状に満足していますから・・・・

将来の道については、色々と考え方の違いが出てきているので、その都度話し合いは必要でしょうけど。



ちびぼんの子育て・・・

私の仕事の関係で、私方の父に、良く面倒をお願いしました。

父には父の奥さんがいます。

つまり私とは血の繋がっていない、義母にあたります。


その人にちびぼんの赤ん坊の頃はとてもお世話になりました。

多動の激しい3才の頃も、お世話になっています。
さぞ、大変だったろうと思います。


保育園に入園し、この繋がりも数が少なくなりました。
私の仕事が変わったからです。

父からの依頼で(ちびぼんからするとおじいちゃん)週に一度くらいは、面倒を見させてくれ・・・
(急にいなくなると、寂しいから・・・)
とお願いされました。

今まで面倒を見ていてもらった分、余計な手間は申し訳がないと思ったのですが、寂しいという気持ちもよく分かりますし、何よりもちびぼん自身がじいちゃんが大好きだったから。
週に一度、ジジとババの家に行く・・・
と言うのを続けてきました。

その間に障害の告知がありました。

正直なことを言って、ちびぼんは私にとってとても育てやすい子どもでしたから、ピンと来ぬまま・・・
すすんできたのですが、やはり、園や小学校などで、団体についていけてない姿、現実を見て、その障害を受容していきました。
(決して悲観的にはならなかったんですが・・・)

もちろん、発達障害についても学んだり、このblogをはじめたりしてきました。


小学校に入ると、ちびぼんも口が達者になってきました。
他者との交わりを把握して行ったのでしょう。喜ばしい成長でした。
(それ以前は、形容詞が主な会話でした)

それと同時に・・・
毎週行っている、じいちゃん、ばあちゃんの事も、信頼感からでしょうか?
思ったことをそのまま口にしてしまう。
という、自閉圏特有の、空気の読まなさを発揮。
(学校などでは口に出さず黙っていました)

車の中が匂えば・・・
「くさいくさい!くるまくさい!」
(犬猫、たくさん飼っていますので当然なんです)

ばあちゃんは話し好き、ノンストップタイプ・・・
「うるさいうるさい!ばあちゃんだまって!」

ああ〜〜
ちびぼんの味方になってくれる、大切な人を怒らせてしまう・・・

まだ、一年生と言う事もあってか、ばあちゃんもがまんしてくれていました。

が、
ちびぼんの方はがまんできなかったようです。

だんだん、ストレス症状が出てきました。

これはいかんと、

私はじいちゃんとばあちゃんに、障害の告知をしました。
いきなり障害名を告げると混乱するのは分かっていたので、その特性から話したつもりです。

ところが・・・

話半分どころか三分の一くらいにしか聞いてくれていなかったのです。
(そんなものかもしれませんね・・・)

私としてはわかってくれたと思っていたのですが、とても残念でした。

ちびぼんに対しての接し方も変わるわけがありません。

突然の変更は苦手だから、前もって教えてあげて下さいね。

とお願いしたのですが、大人の都合の前には、子どもの事なんかやっぱり二の次になってしまいます。

ちびぼんは、じいちゃんがとても好きなんです。

それは話し方がとてもゆっくりで、やさしいから・・・
絵を教えてもらっているのですが、それも自由にさせてくれているとか・・・

ちびぼんの空想遊びにも、ゆっくりと付き合ってくれる・・・

これはちびぼんにとってはとてもとても大切な存在。
反対にばあちゃんは、自分の世界を勝手にかき回して壊していく存在。

悲しいことにちびぼんの中でそういう図式が出来上がってしまったのです。


これはきちんと障害の事をもっともっと説明しなければと、
このblogの存在も教え、一番分かりやすいと思った、アスペルガー症候群の子どもの特徴の本に、ちびぼん向けにたくさん書き込みをして渡し・・・

自分の口からもしっかりと話すことができ、なんとなく、理解してくれたと感じたのです。

わかった。
前もって知らせるだね。
匂いや音に敏感なんだね。

と言ってくれたから・・・・


ちびぼん、二年生。
不登校生活の始まり・・・・

私はばあちゃんに、学校の事なども相談していました。
ちびぼんの事を見守ってくれる、障害の事を理解してくれる仲間として。

さすがに、二年生時の担任。
(なんと、祖父母の家にまで連絡を入れたりしてくれたんです)
とんちんかんさ、が伝わっていたようで、ばあちゃんも、いっしょに応援してくれました。

が、

ちびぼんが完全不登校になり、抜毛をはじめて顔のイメージが変わりだした頃には・・・

「抜いちゃダメ」
「学校は行かねばならない」

に接し方が変わってきました。

お願いだから学校の事には触れないで!

半ば半狂乱になって私は訴えました。
(かなりひどい言い方をしたかもしれません)

ちびぼんの状態がとても悪くなっている時に、更に追い討ちをかけることはないじゃないかと・・・
完全に自分とちびぼんの事だけしか考えていませんでした。

思えばこの頃から、心の奥底に思っていたんだろうと思います。



三年生何とか何とか不登校から這い上がれて、ゆっくりゆっくりと回復して行ってるちびぼん。

やっぱり、じいちゃんばあちゃんには安心感があるのでしょう。
自分の味方だと言う甘えもあるのでしょう。

とうとう、ばあちゃんが本音をぶちまけてくれました。


「ちびぼんが、くさいとか、ばあちゃんキライだとか言うのは、はるぼん、あなたが言わせているんでしょう!」

と来たのです。

もう、どうしたら良いのかわかりませんでした。

ちびぼんの調子をみて、週に一度を月に一度にしてみたり、1週おきに変えてみたり・・・いろいろ工夫はしていたんですが・・・

爆発したのはばあちゃんの方でした。

そこで、渡した本も、発達障害についての勉強もそんなもの、見たくもない!
とうぜん、このblogや、HPも読むのに耐えられなかったようです。

ちびぼんは障害じゃない!

じいちゃんとばあちゃん、声を合わせて私にそういいました。

一番味方だと思っていた身内から・・・


「あんたの育て方が悪いんだ!」

と言う言葉を聞きました。


どうしたらいいのか・・・
呆然としましたね。


それを、まだ引きずっているのです。。。。


しばらくはちびぼんの行き来はなしにしよう。
お正月にそう結論を出しました。

四年生になるまでは、いかない。


春休みになり、ちびぼんはその約束を覚えていたんです。

昨日、ちびぼんは久しぶりにじいちゃんに会いたいと、でかけていきました。

自分で電話をして、自分で決めていきました。

ちびぼんにとっては予定通り・・・

私はまだまだ、心の準備ができていない。
でも、ちびぼんが行きたいんだからと、行かせる事にしました。


とても楽しかったようです。

ばあちゃんがおとなしかったから、ぼく助かった〜〜〜


何て言っています。


帰りに車で送ってもらったんですが・・・

ばあちゃんは、私と目もあわせません。
もちろん口も聞きません。

お酒が入った、じいちゃんはとてもご陽気でしたが。。。




考えたんです。

これは身内への告知の失敗・・・
と言うだけでなく、私自身の言い方、話し方にやっぱり問題があったんだろうと・・・

真剣に大事な話をしているつもりでも、相手もそう受け取ってくれるとはかぎらない。

女性同士の愚痴・・・としての範疇でしか受け取ってくれていなかった。


一度不愉快な思いをした後では、どれだけ、きちんと話をしても、みんな言い訳に聞こえてしまうんだと言う事。

障害と言う事実さえも、無視できるパワーを人は持っているということ。
(そういえば内科医でも、嫌な事を言われるとあそこの医者はやぶだから・・・などと言った発言よくしているひとなのです)

私が、そこらあたりまで見抜いて、不愉快な思いをさせる前に、ちゃんと話しておけばよかったのかもしれません。


不登校の時に、「はるぼんちゃんも大変だね〜〜」
と言ってくれていたのは、愚痴への返し言葉のようなもので、共感ではなかったんですね。


もっと早くに気がついて線引きをすればよかった。


それよりも、

私自身が、世の中の理どおり・・・
身内を信じずに、言葉だけを信じずに、
社交辞令のような、形を使っていれば・・・・

いつも面倒見てくださってありがとうございます。
育てにくい子なのでご面倒かけっぱなしで本当にすみません。
嫌な言葉を喋っちゃう事もあるかと思いますが、お許し下さい。
私の育て方が到らぬせいで、ほんとうに申し訳ありません。

などと・・・
形だけでも、謝罪していれば・・・

と思ってしまいます。


でも、

でも、

自分が信じた身内には、嘘はつけない。

何とか理解してもらいたい。


そう思ってしまうのです。


今後、どうなっていくのか・・・
時が解決するのか、

ちびぼん自身が成長して解決して行ってくれるかもしれません。

余計こじれてしまうかもしれません。


自分の考え方が、一般常識とは違うんだと言う事に、そろそろ私も実感せねばなりませんね。。。

身内と言えど、違うんだと言う事を・・・・


私の父、じいちゃんも、
「何を障害とか言ってるんだ〜!」
と、私をしかりつけました。

「オマエがそんなんだからいけないんだ!どうして、そんなにトラブルメーカーなんだ!」

とも、言われました。


確かにその通り、私がこんなだからいけないんです。


とても孤独を感じました。


必要な人、信頼できる人には素直にカミングアウト・・・

そう考えてやってきたつもりでしたが、逆になってしまいました。

とてもさみしい事です。


障害と言う言葉も、あまり使わずに話しているつもりでしたが、一度でも障害という言葉を使ってしまえば、この言葉は耳に残ってしまうんですね。

そんなことも感じました。




☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


答えのない内容を書いてしまいました。
暗中模索・・・矛盾の固まり・・・

身内がこのblogを読んでいる気配が2年間ゼロのようなので、書いてしまいました。
万一の事を考えたら、心の中だけにしまっておいたほうが良いのですが・・・
そろそろ限界。
ちょっとだけ、素直でいたい。本当の事を書きたい。と言う自分の心に正直になろうと思いました。


お読みくださいましてありがとうございます。

ちびぼんはニコニコ元気です!ご安心ください。




2009年03月28日

アトピーと抜毛のあと・・・




突然ですが、私はるぼん、ちびぼんを出産前は、そこそこのアトピーで、何かにつれ、ボリボリ掻いてしまうタイプでした。

一番目立っていたのは、乙女の首筋〜〜
襟足の部分です。

つまりですね、襟足の毛の生えていない部分からはじまって・・・
頭皮のほうまで、いつの間にかかゆいかゆいが行ってしまいまして。。。

もう十何年、掻き続けましたわ・・・

ポリポリボリボリ。
ついでに、
ポチポチ、ペリペリ。

うふふ。
抜毛の音と・・・
頭皮を剥く音・・・


ごめんなさ〜〜〜い!
キタナイのキライな方!!!!!

え〜と言うわけで、私の襟足は、すっかりはげ・・・の上黒ずんで、硬い皮膚に変化していまして・・・

髪をアップにするなんて、はずかしすぎ〜〜〜〜

だったんですが。
(それでも、暑さに負けて、髪をまとめてはいましたけど・・・)




ちびぼんの出産後。

体質が変わったんでしょうね〜〜
しつこいアトピーは知らないうちに消えてなくなりました。

今、名残と言えば・・・春先の紫外線にかぶれるくらい。
もちろん、掻くのが大好きですから、内出血するまで掻きますが、昔のようにひどくはなりません。

ちびぼんのお陰でしょうね〜〜〜




ちびぼんが誕生して、はや9年。


最近気づいたんですが!

襟足が元に戻ってるんです!

はげでもない。

皮膚が変食して盛り上がってもいない。

ちゃんと産毛まできちんと生えてる〜〜〜〜〜〜〜


びっくりした!

きっと、数年前から治っていたんでしょうが、気づくの遅すぎ!


自分の後姿など、めったに見ませんから・・・


(と言うか、いかに鏡とかをしっかり見ていないか・・・ばれちゃいましたね)





昨日は記事に夢の話を書いたのですが、

私は夢を夢と認識してみる事ができるタイプなのです。
そして、その夢のコントロールもそこそこできる。

昨日書いた記事は、あまりコントロールをせずに、漂ってみた夢でした。


そして、
今朝、こんな夢を見ました!



何かのイベントか、お芝居のスタッフをしていたお話で・・・

おなかペコペコでようやくお昼!

ななななんと、お弁当がない!!????


弁当がない〜〜〜〜〜???


食べ物もろくに出さないような仕事、やってられるか〜〜〜〜☆



と制作の女子に、殴りかからんかの勢いで、怒鳴っている夢でした!


*イベントやお芝居関係・・・お弁当が振舞われるのが基本でした。
 (楽屋弁当・スタッフ弁当)


これまたスッキリしましたわ!
(実際にはそんなこと恐ろしくて出来ないもん)



やっぱり人間、食べ物をいただかないとね〜〜〜

命に感謝ですよ。


にしても、夢はやっぱりストレス解消なんでしょうかね???



(アマゾンへのリンクです。私はこういった夢分析苦手なんですが・・・)



☆参加しているブログランキングへのバナーです☆

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


明日は日曜日です。
お読みくださいましてありがとうございます。
拍手する
posted by はるぼん at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

きのうみた夢の話・・・




昨日は調子がよかったはず(だからか?)妙な夢を見た。

鮮明さともやもやとが入り混じった変な夢。

私にとっては多少の変な夢ですみますが・・・
(ストーリー性のある夢、そこそこ良く見ます。悪夢と言われる夢もおなじみ・・・なんです〜笑)


こんな夢で、嫌な感じを受けられるとちょっと悲しいので、少しあらかじめ記しておきます。

だいぶ、グロイです。
スプラッターです。
しかも、精神的に追い詰められます。
イタイ箇所もあります。

もしよければお読み下さい〜〜
(文章力の問題で、内容が伝わらないかも・・・とも思います。。。)

あくまでも夢の話なので・・・・よろしくお願いします。


road_1.jpg

オガワナオキのフリー写真素材集からお借りした写真です




09.3.26の夢のはなしはこちら
拍手する
posted by はるぼん at 18:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。