PAGE TOP

2009年01月30日

今日はちびぼんの誕生日☆9歳になりました!




今日はちびぼんの9回目の誕生日でした。
夕食を、おなじみのお友達家族を誘って、お誕生日会!

子どもらはほとんどゲームをやって楽しんでいましたが・・・
無事に、用意した食事も、ケーキも完食して、楽しいお誕生会でした!


ちびぼんはお父さんから、新しいソフト


Wiiであそぶ ピクミン
Wiiであそぶ ピクミン
posted with amazlet at 09.01.30
任天堂 (2008-12-25)
売り上げランキング: 231



をもらって、ニコニコ
(自分でリクエストしてま〜〜す)
私には攻略本(なぜか、古いソニックの本)・・・
こっちは注文中で本日間に合いませんでした。
(本人に了解済み)

お友だちに、おてがみをもらって・・・
こっそりよんでいました。

そのお友だちは、ちびぼんの親友。
二人だけの秘密もたくさんあるようです。


今年の誕生日はよかった〜〜

9歳になると言う、自覚がちびぼんの中にあって・・・


続きを、また書かせてください。

予告の記事、
携帯の着信音・・・
アンケート結果など、またまた伸びてしまいました。
ごめんなさい。
(計画性ゼロですね・・・)



まあ、誕生日と言う事で・・・。

ハッピーバースディ!ちびぼん☆



<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ



実はお誕生日会・・・
不良小学生・・・11時半まで・・・
でした〜〜

明日がお休みですからね、たまには羽を伸ばさないと・・・
って、私は仕事。
ちびぼんは学童だよ〜〜〜

ちびぼん、只今、ピクミンに熱中しています。



今日も読んでくださってありがとうございました〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 23:59 | Comment(8) | TrackBack(0) | ちびぼん君〜小学校3年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

発達障害児は育てやすい???(はるぼん家の場合)



*追記です***************************

少々誤解を招く表現の記事でした。
タイトルに、「はるぼん家の場合」と付け加えさせていただきました。
あくまでもこの記事内容は、わが家に関しての事です。
そして、私はるぼんの主観のみの内容です。
誤解を招く表現をしてしまい申し訳ありませんでした。
記事の最後に、ポイントをまとめさせていただきました。
よろしければご覧になってください。


*********************************


たった一泊のスキー旅行で、引っ張りすぎとは思いますが、、、
今日の記事も、そのときに痛感したことを書かせていただきます。

それは・・・

私には定型発達の子どもの子育てをする自信がない!
というかしてはいけないような気がしました。

ちびぼんと暮らし始めて、まもなく9年になろうとしています。
発達障害を持つ、ちびぼん・・・

すごい正直なことを書きますと・・・


育てにくい!


と感じたことないのです!

そりゃ〜夜は寝ないし・・・
言葉で表現してくれないし・・・
多動の時期は、いつもハラハラの連続でしたし・・・
話し始めたと思いきや、いつどこで誰と、なんて概念がないものですから、謎解きで脳みそフル回転しなければならないし・・・
どうみても変なところで、気に病んでくよくよするし、その理由を本人が自分で発見することは皆無だし・・・

でも、わたしにとってはとっても楽なのです。


以前、ちびぼんのお友達を一週間ほど我が家でお世話したこともありましたが・・・
あれはまだ、一人だったからよかった。
(それから、その子が人と人の距離の置き方を小学三年生にして、取得していたから・・・)
我が家に定型発達児がやってきた☆(2008年10月16日・過去記事)

今回のスキー旅行で、たくさんの子どもたちとコミュニケーションして、いたたたた〜〜〜〜っていうほど、痛感しちゃいました。

定型発達の子どもの気持ちが私にはわからない。

ちびぼんには理屈を言えば通じるのに、彼らには理屈では通じないのです。
ルールを言っても、だれも耳をかそうとしません。

そりゃ〜そうですよね。
スキー旅行という楽しい遊びの場なんですから・・・


ショックだったのは・・・

子ども部屋で、ちびぼんの様子を見に行っているとき。
(他人の空間に入ることが不得意な私は、ノックして「入りますよ〜」と断って入ります)
高学年の子どもたち、さあ、これからゲレンデに行くぞ!集合だ〜
の時間帯に、布団もそのまま・・・
自分の荷物もぐっちゃぐちゃ。。。
にもかかわらず、少しの時間でも、DSを楽しんでいるのです!

私がいくら、DSやめて、いく準備しなきゃ〜

と言っても、返答は「だいじょうぶだから〜」だけ・・・

子どもってこんなもんかな??

と思っていたところに・・・

その高学年のお母さんが登場!

少しだけ厳しい口調で

「何やってんの!」

その一言で・・・ほかの高学年の子まで、すごいスピードでDSをやめて、準備をしだした・・・


ガーン・・・あれだけ、私が言っても微動だしなかったのに・・・



まあショックでした〜〜〜〜

それに、子どもたちの準備の早さにも驚き!

注意したお母さん、とっても優しい雰囲気の人で、怖さなんか感じられないんですよ〜〜

母の力を感じましたし・・・

子どもって、大人の力を見抜いているんだ・・・と。。。
落ち込みました。

あ〜やっぱり私は甘く見られているんだ・・・・

ちびぼんにとっては多少は怖いお母さんだけど、定型発達の子どもにしたら、甘あまのお母さんなんだろうな〜〜〜

まあ、その反面気軽に声をかけてくれるし、内緒ごとも話してくれたりするんだけど・・・
(お母さんに絶対告げ口しないから)

う・・・精神年齢見抜かれている???


よくお母さん方の話を聞いていると、そんなことで怒らんでも?
と思うことがいくつもあるんですよね〜
それよりも食事のマナーを教えたり、したほうがいいと思うんだけど〜と余計なことを考えたり。。。

だけど、定型発達の子どもたちには、それでいいのでしょうね。

理由のない怒り・・・なんて、私には考えられませんし、(それって親の都合じゃんとか思っちゃうんですよね)
でも、定型発達の子ども達はそんな親の行動からも、社会性を学んでいくのかな?(あいまいさ、その場しのぎ・・・ともいうけど)

看護士のお母さんとムチャ美少女の母子も、大喧嘩をしていました。
お母さんの言ってること、すごくきつくて、私には耐えられませんでした。
美少女ちゃん・・・大きな目に涙をぼろぼろこぼしながら・・・(あやまりもせず。お頑固さんなようす)それでもお母さんのそばにいる。
ちびぼんだったら、あっという間に逃げ出して机の下とかにもぐりこんで出てきませんよ・・・

そんな大喧嘩の母子(お母さんも大きな目に涙を浮かべていました)もゲレンデから帰ってきてからは、すっかり通常モードに戻っていて、二人ともとても楽しそう〜〜
ちびぼんと私だったら・・・お互いの記憶に刻み付けてきっと十年たってもあの時は・・・とねちねち言い合うような気がする・・・


発達障害児の子育ては難しい・・・

よくそういう表現を見ますが、私にとっては、自分の子どもがちびぼんでよかった〜〜〜と心からそう思います。

これも人それぞれだと思いますが・・・
なんていうのかな、お互いの感性が似ているんでしょうね。

我が家の場合、その似ているところに危険性を感じてはいるんですけど・・・
ほかのだれよりも一緒にいて疲れない相手が、私にとってはちびぼんです。
ちびぼんにとっては・・・
一人時間を作りたがるので、そこまでではないかもしれませんが・・・


とにかく私が定型発達児を子育てしたら・・・
と想像すると怖くなります。


子どもに完全おんぶしちゃうような母親になりそうで・・・(あはは



*追記です*****************************

この記事のポイントは。

@定型発達の子どもは、子どもの内から空気を読むことを自然に覚えているようだ。
A私、はるぼんは、空気を読んだ状態の反応がわからない。
B定型発達の子どもは、理不尽な事を言われても(例えば親に・・・)平気で対応できるようだ。
CBによって、社会性を育んでいるのかもしれない(憶測)

です。

なかなか整理できなくて、誤解を生む文章となってしまいました。
お詫びいたします。


*******************************




<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ



次回は1月15日と16日に書いた記事。
みなさん、携帯着音どうしてますか?1
みなさん、携帯着音どうしてますか?2

もう10日以上たってしまいました。
そろそろ、まとめてみたいと思います。


最後までお読みくださってありがとうございます。

2009年01月27日

団体行動は、ほんとにしんどい。





この年になって、今さらという感じではあるのですが。
「団体行動」のむつかしさを痛感しちゃったので、ちょこっと書かせていただきます。

成人してからの団体行動と言うと

☆社員旅行
☆子ども関係の団体での旅行

くらいしか思いつかないのですが・・・

自分の過去を振り返ってみて、やっぱりものすごく苦手だったのを思い出してしまいました。(あいたたた・・・

特に社員旅行などは苦痛以外の何ものでもなかったですね。
ただ、運がいい事に「自分のひとり時間」がとれるような社内の雰囲気だったので、ずいぶん助かりました。
(「一人でいたい」が通用する会社だったですね〜宴会は別ですけど・・・)


母親になって、団体で旅行をする・・・と言う機会が増えました。
と言っても、出来るだけ参加せずに済ましてきましたから・・・
学童のイベントだけ・・・なのですが。

夏のキャンプなどは二泊三日もあるので、良く自分が持ったと自分で自分を褒めていたのですが・・・
これ、ちょっと状況が違っていました。

キャンプ時には、役割があったのです。つまりは仕事。
だから、その役割をこなしていれば時間は過ぎる。
人との会話は、指示と確認だけですんでいたのです。

う〜ん。このパターンは体力は疲れるけど、精神はあまり疲れない。

今回のスキー旅行。。。
むっちゃ疲れました。疲労困憊です。

まずタイムスケジュールがない。
(これは困りました、ちびぼんに心構えをさせてあげられない)
ある程度の予定はあるのだけれども、なぜか全員、ある程度で、動けるのですよ〜〜〜
これにはビックリだし、定型発達のすごさを感じました!
(大人も子どもも)

私は一人、休憩所にいたのですが・・・
何時に帰ってくるかわからない不安さ・・・
入れ替わり立ち代り、休憩所にやってくる人たち(お父さんお母さん・・・子どもたちは、全然平気だったけど・・・)との会話。

ぼ〜〜っとした楽しい時間のはずだったのに、少しも自由時間ではありませんでした。

ちびぼんが、休憩したあと、一人で雪遊びがしたくなったのも、「一人時間の確保をしたかった」のではないかと思います。
(ちびぼんはそういうところ結構上手なんです)

お宿についてからも、ず〜〜〜〜っと自分の周りに人がいる。
個室ではないことは当然覚悟の上だったのですが・・・
ほんとに、トイレ以外、一人になれる場所がない!
(ちびぼんはお布団の中を早々に自分の場所として確保したようです。)

私は一人時間がないと、顔面硬直、身体にまとっている鎧が重くて足腰が曲がってしまう・・・

夜はお母さんたち・・・楽しそうに、DVDで、ダイエット体操!
ゲロゲロ〜〜〜
みんなそろって、踊っているのですよ〜〜〜
こりゃあかんと、そうそうに部屋を出ると・・・

今度はお父さん軍団に捕まって、お酒の宴会場〜〜
(こっちの方が楽だったな・・・)
以前ならアルコールで誤魔化して!
と言うパターンだったのですが、最近アルコールを絶って(ひかえて)いるので、酔っ払ってバタンキューで眠るわけにも行かず・・・

そろそろと、宴会部屋を立ち去って・・・
一人場所を捜し求め・・・

すごく寒い場所だったけど、ソファーが合ってくつろげる空間を発見!
しばらくぼ〜〜っとできました!
これがなかったら、もっともっと疲れていたと思う。

昔から不思議に思っていたのだけど・・・
みな、一人の空間や時間がなくても平気なのでしょうか?

ひっきりなしに会話したり・・・
(幸いな事に、さっぱりとした方が多いので、変な悪口とかはないけれど・・・)
それこそ、いっしょにDVDを見ながら踊ったりとか・・・
私にはマネさえ出来ません〜〜〜〜
(自分の家で自分だけでやるのだったらOKですけど)

皆で踊る・・・保育園時代のお遊戯や、小学校の時の体操を思い出して、これまた、しんどかったな〜〜〜
どこが楽しいのかわからない。。。
(ダイエット体操だから、意味がないわけではないけれども・・・)

二日め、ちびぼんは起きられなくて、朝食の席に行きませんでした!(団体行動から考えると信じられませんね〜)
私は夜ほとんど眠れなかったので、おなかがペコペコだったので、ちびぼんの分までペロリと平らげてしまいました!

「かわいそうだからおにぎりにでもして持って行ってあげたら?」

と、他のお母さんに言われましたが、

それとこれとは別。

団体行動の時は、その行動に自分を合わせないと、基本的な食事さえとれない。
こういうことは覚えてもらわないと!
(鬼母????)

食事を終えても布団から出られないちびぼん。
結局そのまま、お宿にいのこり・・・
(これも団体行動ではありえませんよね〜〜〜笑)

でもいいんです。
自分の身体や精神に正直にいられる状態。
これも大切な事。

大人になってからもこれを応用したやり方で、きっと団体行動も取れるのではないかと・・・

私は、ちびぼんのおかげで、自由時間=睡眠時間がしっかり取れて極楽でした〜〜〜(がはは


それでもやっぱり、家に帰るまで、しんどかった。

他人とともに一つ空間にいることの辛さを・・・今更ながらにかみ締めたのでありました。


翌日の月曜日、ちびぼんは学校をお休み。
私も、しっかりお昼寝をしました。

たった一日の団体行動でこんなに疲れてしまうのですね〜〜〜

ちびぼんの方は、精神状態は回復した様子で、見ていてとても安心感があります。
若さって、すごい!嫉妬を感じますね〜〜






<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ




もう一つ、今回のスキーで気づいたことがあります。
それはまた次回。

最期までお読みくださってありがとうございました!

2009年01月26日

ちびぼんなりにがんばりました!楽しみました!〜スキーのご報告




さて、金曜日の夜・・・

明日は「スキー」ちびぼんは、緊張度ゼロのような顔をして、ゲームやコミックに集中してました・・・が!

布団に入ったとたん。



緊張してねむれないよ〜〜〜


ですって・・・
母、はるぼんの観察力もまだまだだね〜〜〜

そこで、スキーに関するアドバイス。。。

(はるぼんは、スキーがまったく出来ませんので人様から聞いたアドバイス&自分の〜〜苦い記憶を良い方向に変換して・・・)

教えてくれる人の事を一生懸命聞いて、まねっ子すること。

疲れたら、ソリで遊んだりもできること。

などなどを話してあげました。


まあ、ちびぼん自身、ドキドキ感とワクワク感・・・
それから、(これがポイント)不安感。

が入り混じっていたようなので、

ソリもあるよ。

の一言は、不安感を拭うのにピッタリでした!


さて、当日朝!

元気良く起きる事もでき。(前日寝付くのが遅かったにもかかわらず・・・)

集合時間にばっちり!


学童のお友達たちと、朝からおおはしゃぎ!

(子どもって、いつも元気だな〜〜〜と、私、ついつい遠い目をしてしまいました)


移動の車の中で熟睡。

現地について、お昼ごはん。

さあ!いざゲレンデへ!!



レンタルウェアーに着替え、スキーとストックを手にして、なかなかカッコイイちびぼん!

初心者どうし集まって、ごちゃごちゃやっていました。

母はるぼんは・・・
ゆっくりぬくぬくとあたたかい所で見学する予定でした。

が、

どんどん、初心者たちが、斜面をカニ歩きで登っていくのに・・・
進むどころか下がっていく、ちびぼんの後を、ふつーのスニーカーで後追い。。。
(のち、足の指がしもやけになったのを発見)

この段階で、もうあきらめるかな???

などと思っていましたが・・・

ちびぼん、なかなかあきらめません!
(エライ!)

必死で上っていきます・・・
顔は引きつっています・・・

スキー歴3年の仲良しのお友達も付き合ってくれて、一緒にカニ歩きを教えてくれます。

母はるぼんはマンツーマンで教えてくれるお父さんを探して〜
ゲレンデを走り回る事に・・・

やっと、見つけて、(理屈好きのお父さん、ちびぼんの障害の事も知っています)
お願いしました〜〜〜
(そういう裏準備をもっと早くからやっておけばよかったとちょっぴり後悔)


ちびぼん、そのお父さんの指示にしたがって、一生懸命やっていたようです。

うふふ。
マンツーマンで教えてくれるお父さんさえ見つかれば、もう安心と、ふつーのかっこうをした私は、屋根のしたにやっとは入れたのでありました。

と言ってもちびぼんの事が気にかかり、屋外からずっと見守る事に・・・

優雅な読書タイムの予定だったのが甘かったですね〜〜〜

転んだ時のときの立ち上がり方とか、何度も何度もやっていました。
(教えてくれたお父さんありがとうございます!)

小一時間くらい付き合ってくれていましたが、さすがに、ちびぼんの相手ばかりはしていられなくなったか・・・
(よくぞがんばってくださったと思いますよ〜〜)

他の子どもたちに、相手をするようにという指示だったのかな?
数人のお兄ちゃんたちとしばらく、がんばっていました。

合計で3時間はがんばったでしょうか・・・

ちびぼん、遠くから私を手で呼んで・・・


きゅうけいする〜〜〜


はいはい、お疲れ様!

ちびぼんと一緒に、仲良しのお友達も休憩に付き合ってくれました!

皆で温かい飲み物を飲んで・・・

遠くでがんばっているお友達の姿を見ながら、しばらくの間くつろぎました。



お友達は、そのあとちびぼんをもう一度誘ってくれましたが、ちびぼんは、もう、スキーをする気ゼロ!


雪遊びをしたいと、一人で、遊びに行ってしまいました〜〜



つかれた〜ちびぼん

09.01.24-sky03.jpg




まあ、私から見て、じゅうぶんがんばりました!

ちびぼんよくやりました〜〜


教えてくれたお父さんには申し訳なかったけど(と言うか、気にしてくださって〜〜〜)

何事も経験ですから〜〜
良い経験させていただけて本当にありがとうございます!

と、しっかりお礼しておきました〜〜


翌日も、案の定スキーはいやだと、おまけに、ゲレンデに行くのも面倒がって・・・

あはは。

ちびぼん母子・・・お宿にしっかりと居残り〜〜

二人で熟睡していました(がはは。


まあ、本当によい経験だったと思います。
二日めも無理して連れて行かなくてよかった。

と言いますのは・・・

なんと、



またスキーに行きたい!



なんて言ってますもん!


ゆっくり、少しずつでも、定型発達の子と自分で自分をくらべるでもなく・・・
マイペースで、出来た!

と言うのがよかったかもしれません。


ちびぼんはがんばりやだな〜〜


と、母はるぼんは思うのでありました。



あ、交通事故にあった、ちびぼん父も・・・
日にち薬で、体の痛みもだいぶ取れてきたようです・・・

(色々とご心配頂いてありがとうございました〜〜〜)



<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ



今回のスキーで、はるぼん母子、色々なことを体験できました。
と言うか、気づくことが出来ました。

団体行動の微妙さ・・・
この当たりの事を次回書いてみたいと思います。

思いっきり疲れましたが・・・
よかったよかった!

最後まで読んでくださってありがとうございます〜〜♪

拍手する
posted by はるぼん at 20:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | ちびぼん君〜小学校3年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

交通事故と明日から初めてのスキー




今日二度目の更新です。
こんな事は珍しい・・・

みなさまにお知らせ方々・・・


実は本日一度目の記事で、ルンルン気分のご報告をした少し後・・・

ちびぼんの父親・・・つまり私のダンナ様が交通事故にあいました!



うちのダンナもパニックになると、トンチンカンになる人で・・・
携帯電話からの情報だけではなんともかんとも。。。

電話で話しているところを見ると本人は無事なようだけど、いったいどんな事故なのかわからず・・・

ダンナから言われたことは


「タクシー呼んで」

だけ・・・

(何故自分で呼ばない???完全にパニックになってますね・・・ダンナ)


まあ、事故られた・・・と言うのは聞きましたが・・・



自営業と言う仕事、自分の身が多少痛かろうとなんだろうと、お仕事優先になってしまうのは、私もよ〜〜〜くわかってはいますけどね。
(同じ状況で仕事に出ましたから・・・・私)



笑えるんですけどね、

わが家の夫婦、お互いに携帯メーカーが違うんですよ。
でもって、とても相性が悪くて(あはは)通話中に切れちゃうことがとても多い。
今日も途中でぶつぶつ切れて・・・

しまいには、不通状態〜〜〜

まあ、言われるままにタクシーを呼んで・・・

連絡を待っていたんですけどね。。。



事故の状態がどうなのか・・・?

ぶつけられたと言うことは、相手に非があるのか???

タクシーに乗っていったということは、車はどうなったのか?????

喋っていたから元気なんだろうけど・・・
怪我とかはどうなんだ?????


と、わけがわからぬ時間を過ごし・・・

頭がグチャグチャでしたわ。。。
(一人パニックで、踊りまで踊ってました〜〜あはは〜〜〜)



結局、相手の完全に信号無視。
(事故自体は10対0らしい・・・)



わが家の車は、天に召され・・・
(さようなら〜〜〜ちびぼんと同じ誕生年だったし〜〜〜
いままでありがとう〜〜〜)

ダンナ自身は、足と首とシートベルトによる肩の痛み・・・
(今のところ)

無事でよかったよかった。


仕事も上手いこと段取りが取れたようで、キャンセルがきいたようで、病院から警察まで一気に全部行ってきたようです。



交通事故は恐いです。。。



それにしても、うちのダンナ・・・

こういう事故二度目なんですよね。

前の時はダンナの車が信号で止まっているところを、車線を間違えて正面衝突してきたおばかさんな車との事故。。。
(考えられないでしょ〜〜???)


これはお払いに行くべきでしょうね〜〜〜〜〜




さてさて、こんなかわいそうなダンナ様をおいて、
明日から、ちびぼんと母はるぼん、学童のイベントでスキーに行ってきます!

私はるぼん、過去に5回くらいスキー場に行ったことがあるのですが・・・
はい。
すべれません。
リフトに乗るのは好きですが・・・
降りられません。

立っているよりも転んだ状態で滑り降りる?(落ちる?)
しか、できません。

はっきり言って、迷惑以外の何ものでもありません。

自転車に乗れないのは、何度かお話したことがありますが、スキーについては初めてかな?

北海道出身、ジーンズで滑っちゃうぞ!
片手で、ビデオカメラ持ちながらもすいすい行っちゃうぞ!

なんて、人にも教えてもらって・・・
見捨てられて・・・
(全身筋肉痛にうなされ・・・)

そこでソリでものって遊んでいなさいと言われ・・・
(まじです)

私にとってスキーは、ただただ恐いもの。恐ろしいもの。
なんですよね〜〜


それが、息子のためとなると・・・
取りあえずはスキー場まではついていく気になるのだから、母は強し!
(絶対にスキーはしません!)


ちびぼんはとてもとても楽しみにしています。
どうやら、彼はスケートもできますし(はるぼんは出来ません)
ある程度のスポーツは大丈夫そう。。。

どうか、楽しいスキーを味わってほしいものです☆

私はあたたかい所で、ゲレンデをじっと見つめています〜〜
(ウソ、多分読書しています)



あ、そうそう。

お気楽掲示板(一応掲示板あるのです・・・笑)に、情報をいただきました!(midoriさんありがとうございます)

人気記事ベスト10にも入っている、「晴れときどきアスペルガー」と言うコミックの紹介。

こちらのコミックが来月コミックス出版されます!
そして、小説としても出版されるとか!

連載以外のエピソードや診断後の流れなど、そのあたりが描いてあるといいな〜なんて思っています。

なかなか楽しみです。

「晴れときどきアスペルガー」小説 今村志穗/著(e-honへのリンクです)
「晴れときどきアスペルガー」KCデラックス コミックス(講談社コミックプラス新刊情報へのリンクです)


☆過去記事☆
講談社BE・LOVE「晴れときどきアスペルガー」(2008年09月11日)




<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ




ふう。

なんだかあわただしい一日になってしまいました。
(身体は全然動かしていないのに、脳みそだけあわただしい・・・と言うのが正確な表現でしょうか・・・・)

記事中にもあるように明日は、スキー場でのんびり???しております。

最期までお付き合いくださってありがとうございます!
またまた、風邪とかインフルエンザとか、流行っているようですね・・・
みなさまお気をつけ下さいませ〜〜〜

それでは、元気だったら日曜日、スキー報告いたします!
拍手する
posted by はるぼん at 21:12 | Comment(6) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。