PAGE TOP

2008年12月30日

今年のお好み大賞(2008年!)




今年もあと1日。

4回目となりました「今年のお好み大賞」
2008年もいっちゃいま〜〜す♪



去年もでしたが今年もハードな1年でした。
それでも新しい出会いがあったり、新しい考えや、自分のことをきちんと見つめようと実行に移したりと、なかなかいい年ではなかったかと思います。

ちびぼんも、冬休みに入って猛烈に元気!
楽しいクリスマスや、なんといっても学校がお休み!と言う開放感からなんでしょうかね〜

睡眠障害をはじめ二次障害も、出ずに落ち着いています。
(なんと言っても12時までに眠ってくれるのが何よりうれしい〜♪)



ちびぼんの心には今年どんな事が起こったのでしょう・・・

新しい学年になって、新しい先生、クラスメイトたち・・・
その中でゆっくりゆっくり、安心感を得ていったと思います。

状態の悪かった時に、成人当事者の方がアドバイスしてくれた一言で、ちびぼんの心がす〜〜〜っと軽くなって、そのまま眠ってしまった出来事が今でも目に焼きついて離れません。



「今年は去年とは違うんだよ」


たったそれだけの言葉なんですよ。

その一言で、ちびぼんの心は救われました。

ほんとうにありがとうございました。


「去年とは違うんだよ」〜フラッシュバックとタイムスリップ(2008年07月16日)



他にも、このblogで、たくさんの方に励ましの言葉をいただきました。

ちびぼんに直接読んであげたものもいっぱいあります。

いつもうれしそうな笑顔で聞いてくれました。


安心感。


これが、生きていく上でとても大切な事と、今年ほど痛感したことはありませんでした。

みなさん、ほんとうにありがとうございました!




さて!



今年のお好み大賞!



ちびぼん大賞はなんと言っても



bomuteresaさん!



いっぱいいっぱい、ちびぼんの心を楽しませてくださいました!

ちびぼんがyoutubeにはまったのも、ゲームをトコトン楽しむようになったのも、それから、いつの間にか語彙がたくさん増えたのも・・・みんなbomuteresaさんのおかげ!

いつの間にか、youtubeの世界からいなくなってしまいましたが、ちびぼんの心の中にはずっと存在しています。
(今日も裏ゼルダをやりながら、ボムテレサさんの話をしていました〜)

ありがとうbomuteresaさん☆(2008年09月22日)






続いて、ちびぼんの映画大賞は!





ポケットモンスター「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」

と、


ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌 スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2009-01-09)
売り上げランキング: 266



ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌



だそうです。

どっちも同じくらいで選べないそうです(笑


夏休みは、ポケモン映画☆「ギラティナと氷空の花束 シェイミ」見てきたよ(2008年08月04日)
夏休みの映画第二段☆「ゲゲゲの鬼太郎、千年呪い歌」見てきたよ(2008年08月10日)




はるぼんの映画大賞はやっぱりこれ。


容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
ポニーキャニオン (2009-03-18)
売り上げランキング: 135



ホント、こんなに泣いた映画は久々でしたよ・・・


容疑者Xの献身



容疑者Xの献身とアスペルガーの苦悩(2008年11月11日)




続いて・・・ちびぼんの大好きゲーム!

一等賞はやっぱりこれだそうです☆


ゼルダの伝説 風のタクト
任天堂 (2002-12-13)
売り上げランキング: 946




ゼルダの伝説 風のタクト


そういえば、このソフトを購入した時の事記事にしていませんでした。
このゲームはゲームキューブ・・・
ちびぼんはハードを持っていません。
でもWiiで出来ることをしっかり知っていますから、ソフトを中古店で発見した時は大喜び!

あんまり喜ぶんで、ついつい購入してあげたのですが・・・
ガーン。
コントローラーに専用のメモリカードも必要だったみたいで・・・
えらい出費になりましたよ。。。(とほほ


今現在、裏ゼルダでゆっくり楽しんでいます。
(もう何度目のプレイなのか・・・私にもわかりません〜〜〜笑)


ぼん君は、ゼルダが大好き!(2008年08月19日)




はるぼん、文庫としては・・・
これしかないかな〜〜


ゆれる (ポプラ文庫)
ゆれる (ポプラ文庫)
posted with amazlet at 08.12.30
西川 美和
ポプラ社
売り上げランキング: 154906



ゆれる

なんとも映像は見ていないのに自分の中でどんどんどんどん映像が出てきてしまって・・・
止まらない状態になりましたね。
のめりこみすぎました。
何せこれを読んでから、オダギリジョーがたまらなく好きになってしまった。。。
役柄的に好きでもなんでもなかったんだけど・・・不思議なもので・・・


ポプラ文庫「ゆれる」について(2008年09月07日)



コミックはこれ。

ちびぼんが思いっきりはまりました!何故今年?と言うのが味噌です。





金色のガッシュ!!


アニメで見ていて、大好きになって・・・
それをコミックでも楽しめるようになった。。。
今年はジャンプ系のコミックにもはまり込んで、マンガづくしの年でしたね。
ああ、そうそう、ゼルダのコミックもはまり中です。
小学5年生だか6年生だかに連載されていたもののコミックス版。
今順番に読んでいます。



漫画本のススメ(2008年09月27日)





あああと少しで大晦日になります。
今年も本当に皆様にお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。



<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ



良いお年をお迎え下さい。

最後までお付き合いくださいまして本当にありがとうございます。

来年もきっと色々な事があると思いますが、はるぼん&ちびぼん母子、元気に明るく楽しくがんばりますね〜♪
拍手する
posted by はるぼん at 23:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめ記事!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

グーたら主婦〜連想日記7




グーたら主婦宣言をしたとたん。
インフルエンザにかかった私・・・

もう年の瀬なのに、本当に何もやっていませ〜〜〜ん!

あれやこれややることがいっぱいなのに、今年はそれを整理する能力がありません。

スケジューリングができないの〜〜〜〜〜(あっはっは〜


まあ、こんな年の暮れもいいさね。と、ちびぼんと二人慰めあって???おります(笑


あしたはこそ、少しは大掃除をしようかと・・・(窓ガラスを拭く程度)と目論んでいます。
(目論むような大事か???)



年の暮れと言えば・・・

来年度のNHKの大河ドラマがとてもとても楽しみな私。
まあ、妻夫木君が主役だから〜というだけじゃなくて、雰囲気がおもしろそう!

まともにみたのは、新撰組の時だから・・・もうだいぶ見てないな。

子どもの頃は毎週楽しみに見るのが習慣になってたんだけど・・・
そのお陰で歴史物の小説読んだりしてね・・・

なつかしいな〜〜



小説と言えば、


最近柄刀一さんの天才龍之介くんシリーズを読み始めているの。
よっくりとした速度で、読んでいるんだけど・・・
(あっという間に読めちゃうからもったいなくてね)
なかなか楽しめる。


幽霊船が消えるまで―天才・龍之介がゆく!
柄刀 一
祥伝社
売り上げランキング: 409528




楽しめると言えば・・・

最近、ちびぼんの独り言がどんどん楽しくなっていく・・・

ひとりつっこみひとりぼけ・・・

一体どこで覚えたのやら。。。




久々の更新だけど・・・今日はどうも頭が回りませんわ。

また、後日・・・


ああ、そうそう。
一つ前に記事・・・特別支援教育とカミングアウトに、参考サイト一つ追加しました。

「地域で生きていくとき ー障害をみんなに伝えるときー」(今切屋.kom)

とても考えさせられました。
まずこどもありき・・・なんだよな〜〜〜




<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ



インフルエンザの症状は治まっていますが、どうも体調が悪いまま・・・
こまったもんです。
でもね、無理をしないと決めていたので少しだけ心は楽ちんです。


今日は頭がぼ〜〜っとしたまま気の向くまま、書いてみました。
お読みくださってありがとうございました。


拍手する
posted by はるぼん at 22:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

特別支援教育と障害名のカミングアウト




今年の秋に「カミングアウトについての考え」(2008年10月06日)の記事を書かせていただきました。

自分ではかなり過激に書いたつもりでしたが、まだまだ優しい表現をしていました。

ただ・・・

自分でも気付いていたのですが、単にカミングアウト反対派とうったえるだけでは、決定的に何かが足りない・・・

そして・・・

やむを得ず、カミングアウトせねばならなかった場合の事をあまりにも無視しすぎてしまった。

この二点がどうしても気になって、ずっと考えていました。


やっと、考えがまとまってきましたので、今日こうしてもう一度「カミングアウト」をテーマに記事を書くことにしました。


まずはこの本を読んだのが始まりです。




この本はQ&A形式になっていて、親からの立場ではなく保育士や普通級の教師、特別支援学級の教師などからの質問事例があり、それに答えていくという形のご本です。
とてもわかりやすかった。
事例のピックアップがとてもいい。
何よりも、悩んでいるのは親だけではないという事実が、実際の言葉としてつづられていると、先生方も色々と考えてくださっているんだな〜と、胸があつくなりました。


そのQ&Aの中の一つに、「カミングアウト」の事例が載っていました。

他害やパニックなどがひどく、どうしても他父母に「何か」を伝えていかねばならない・・・どうしたらよいのか?
というような問いだったと思いいます。

その答えに、私が深く疑問に思っていたことが書かれていました。



父母会などでカミングアウトする場合の実に理想的な形



当人の親はもちろん。
担任。
そして、校長を出席させるべし(が理想)と書かれてありました。

保護者からの問題行動の謝罪。

そして、学校側の対応として、この子どもをきちんと把握し育てていくという前向きな言葉。




想像してみてください。



子どもに怪我をさせられて息巻いているお母さんたちの中・・・

ひたすら頭を下げる本人の親・・・

状況を説明し、監督面での不行きを謝罪し、かつ、本人を育てていくというキッパリとした担任の姿勢・・・

そして、特別支援教育の話を混ぜつつ、校長と言う学校の長からの「特別な支援を持って、子どもを教育していきたい。それが学校の姿勢です。父母の皆さんにはご理解とご協力をお願いしたい」といったような、毅然とした学校側の姿勢を・・・

そんな理想的なカミングアウトができたならば、もう安心です。
ここまで、そろえたら障害名は決して一人歩きしないでしょう。

マジョリティは、なんと言っても権威に弱いですから・・・
(こういう一言が余計なんですよね私・・・)


現状、特別支援教育と言う法律の後ろ盾もしっかりあります。
現に学校はそれを実行しなければならないはずなのです。

ここまで、理想的に発達障害の子どもに協力的な学校は今はまだ少ないでしょう。
現実の問題として、コーディネーターさえいない学校だってたくさんたくさんあるのですから。

でも、教育に関しては意外と早く物事が進んでいくような明るい気持ちになってきました。


これこそ、何か足りないと感じていた部分です。

発達障害児たちを守るのはやはり学校でなくてはならない。
母親や父親だけではダメなのです。
担任だけでも足りない。
通っている学校自体の姿勢が、


発達障害児たちを教育していくんだ!

と言う考えにならない限り、この不足感は補えないのです。





親も知恵をつけましょう。
学校の事をもっともっと知りましょう。
色んな先生の色んなお話をうかがいましょう。
卒業生の話も聞きましょう。

学校にあれしてくれ、これしてくれと要求ばかりではダメなのです。
学校としてどう考えていってくれるのか・・・
大切なのはそこなのです。


だからこそ、
あえて、秋に書いたことをもう一度書きます。


障害の啓蒙の為・・・

と言った理由で、親が他の父母に

「障害名をカミングアウト」するのはやめてほしい!


障害名をカミングアウトするならば、親ではなく、

少なくとも担任の口から・・・他父母に伝えるべき。




他害やパニックで迷惑をかけているのならなおさら・・・
当人の親はひたすら頭を下げるしかない。

カミングアウトとともに学校の姿勢は、担任や、コーディネーターの先生や教頭先生や、校長先生にお任せしましょう。


親が障害名をカミングアウトするのは、どうしても「障害名」を悪い意味で取らざるを得ないと思いませんか?

自分の子どもが噛み付かれたのは、障害のせいなわけね。じゃあ、これから、その障害のある子と同じクラスになったら、近寄るなと言っておかなきゃ。

なんて、健常児の親だったら思いませんか?
パニックさえ起こさなきゃ、大丈夫なんです。と、懸命に訴えても、話を聞いてくれると思いますか?

菓子折り持って謝りに来たって、私だったら怪我の度合いでは絶対に受け取りませんよ。
学校を交えて、きちんとお話をしますし、法的手段に訴えるかもしれません。

親は子どもの為子どもの命を守る為には必死ですからね。


逆啓蒙になってしまう危険性のほうが高いのです。



やっぱり、学校という後ろ盾・・・
特別支援教育と言う後ろ盾は、ありがたい。

大いに、上手に使っていこうではありませんか!


カミングアウトを全面的になさっている方も、遅くはない。
学校と連動しましょう。
学校を味方にしましょう。

学校と戦うのではなく同士として手を結ぶのです。

子どものために、ありったけの知恵を絞って・・・・
コミュニケーションが苦手でも、出来る限りの根性で・・・



この春、小学校に進学する発達障害のお子さんも多いと思います。
初めての父母会で、どう自分の子を説明しようか・・・と悩む方もいらっしゃるかもしれません。

まずは担任とじっくりと話し合ってみてください。
必要な支援の話だけではなくて、6年間通う学校の体制の事、問題行動が心配ならはじめに担任の先生に、対父母に対しての行動も相談しておくと良いかもしれません。


まだ、たった3年生。
しかも、一人しか育てていない私が生意気な事を書いていますが、子どもの事を守る為には、学校を味方につけるのが1番早いと思うのです。

発達障害は黎明期。
これだけは確かな事。
特別支援教育をいかにより良いものにしていくか、今の小学生、今の発達障害児(だけではありませんが・・・)にかかっています。

どうかどうか、まず、子どもの心を1番に考えられる余裕を持っていけたらいいな〜と、思います。
余裕が必要です。なんにせよ・・・


関係過去記事
特別支援教育ってな〜〜んだ!(2007年12月17日)
カミングアウトについての考え(2008年10月06日)
普通級で支援を受けやすくするために・・・(008年11月25日)
普通級で支援を受けやすくするために・・・(はるぼん家の場合)(2008年11月27日)


*障害告知で参考になったblog(この記事のあとで発見!)
「地域で生きていくとき ー障害をみんなに伝えるときー」(今切屋.kom)



<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ




今日も長かった・・・
しかも個人的な思い全開!
今日の記事はねふだんのように気分を悪くされた方がいらしたらと詫びることはしません。
気分悪くなってもいいから、この問題真剣に考えて欲しいと思うからです。(逆の立場で、また学校と言う立場で、と言う意味でです。子どもの立場ならどなたも死ぬほど考えてらっしゃるでしょうから・・・)


ああ、クリスマスプレゼントの話・・・書き損ねてしまった。。。
お気楽掲示板に、ちょっと書いておこうかな?




*09.07.27追記

元、特別支援コーディネーターで、現、小学校教師の方のブログ記事が目見とまりました。
モト 特別支援教育コーディネーター higeの雑記帳

「カミングアウト」についての記事を書かれていらっしゃいます。
教育者としての立場から書かれたもの・・・
私の考えとほぼ同じでした。
よろしければ皆さんもお読み下さい。
「カミングアウト反対!」

カミングアウトをする事の重大性をもっと考えるべきものだと思います。
学校には、丁寧に協力をお願いして行きませんか?

2008年12月24日

ぼくペンギンになっちゃう〜〜〜





みなさま、メリークリスマス☆

良い晩をお過ごしでしょうか?


わが家の今日のメニューは、外食でした〜〜〜

私が、まだまだ、本調子でないのと、ちびぼんと二人だけのクリスマスとなりまして、近所のファミレスでゴージャスに!(ファミレスでか???)

単品メニューをいくつか頼んで、ちびぼんの大好きなオニオングラタンスープと、クリスマスには欠かせないケーキをデザートに!

ところが!ところがですよ・・・!

ちびぼんたら、1品目のパスタで半ギブアップ!
そんな〜〜〜〜このあと続々と来るメニューはどうしたらよかんべ?

よーく話を聞いたら、おやつにおいてある「食べる煮干」をいっぱい食べたとか・・・(それ、いつもの事なので、とうとうインフルエンザに侵されたか?とか思いつつ)もっと突っ込んで話を聞いたら・・・

なんと、そうね〜2人で食べるにも躊躇するくらいの大きさのりんご・・・15センチくらいの直径のおりんごが食卓に置いてありまして・・・・・
なんと、それをまるかじりして食べたとか!

そりゃ〜〜何も食べられなくなるはずだ・・・・

仕方なくテイクアウトできるものはテイクアウトして・・・
できないものは主に私&ちびぼん少々が必死で食べて・・・・
デザートのケーキだけ、仲良くメリークリスマスでいただきました☆

まったく。男の子は、わけわからん。ちゃんと予定をきちんと話してあったのにこれだもん。



ところで・・・

私のインフルエンザ週末を迎えてはおりますが・・・
現在声がでなくて困っています。



ここから、色を変えて、読みづらくしておきます。
ちょっとバッチイお話なので・・・全然平気な方は、反転でもして読んでくださいませ。

はるぼんの鼻水・・・
今朝ものずご〜〜〜〜い色をしていました。
鼻かんで、あんまりすごい色と量だったので、ついつい誰かに見せたくて、(ホンモノの黄色ですね)ちびぼんに
「ちびぼんちょっとちょっと」とよんで見せてやりました

みたとたん。
「なんじゃそりゃ〜〜〜〜〜」と大笑い!
二人でおなかを抱えて笑って・・・・


副鼻腔炎になったときでさえここまでのものは記憶にないくらいのすごさだったんですよ〜〜

昼過ぎになってまた同じような状態に・・・

も一度ちびぼんに見せてやりたくてまた、呼んで・・・

今度は「ふぎゃ〜〜〜〜〜」と言って逃げました!

「今度見せたら、ぼくペンギンになっちゃうからね〜〜〜〜」と捨てゼリフをはかれました!(何故ペンギン????)



夕方、もう一度同じ状態に・・・よせばいいのに、私も好きだからついつい・・・ちびぼん〜〜ん♪
と、呼んでしまいまして。見せてしまいました!

「わ〜〜〜〜もう、ぼくペンギンになる〜〜〜〜」と大騒ぎ!

「大丈夫ペンギンになってもかわいがってあげるから!お魚も丸ごと1匹あげるから・・・(いわしだけど・・・)」

じゃあ、明日になったらぼくペンギンになるからね!

と、結構お怒りモード・・・そりゃそうだよね・・・
母反省。

と言うか人間失格か?????



ああ、聖夜なのにこんな話を書いてしまった・・・・


さてさて、サンタクロースは無事にやってくるかしら?
ちびぼんはきっとドキドキしていると思います。

みなさまのおうちにも素敵なサンタさんがきますように・・・・






<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ



今日も読んでくださってありがとうございます^^。


拍手する
posted by はるぼん at 22:49 | Comment(4) | TrackBack(0) | はるぼんのひとりごと・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

放課後の障害児たち・・・




インフルエンザから立ち直ったはるぼんです☆
もう、熱も頭痛もありません〜〜前より健康になった感じ〜〜♪

じつはですね・・・
ここで、少々発表をば・・・

インフルエンザ初日。熱は微熱も無い程度(35.6くらいだったかな?)
単なるはなたれおばちゃんだった私はですね。
まさかインフルとはつゆ知らず・・・

ちびぼんの学童へヘルプにでてしまったのです〜〜〜〜

指導員さんが二人インフルで倒れ、その他の指導員さんも倒れたり色々やらで・・・とにかく猫の手でも欲しい!と言う要請を受けて、マスクして、暖かいかっこうをしてで向いたのですね〜〜

正直仕事を終えた後だったのできつくはあったのだけど、子どもたちの奇声の中での数時間。耳は痛かったけど結構楽しかった!

一番図々しいのはちびぼんで、私の顔を見るや一人で帰る用意をして、鍵頂戴。ときましたわ。・・・
まあ、致し方ないと、家の鍵を渡しスケジュールを立てるんだよ〜〜〜と口を酸っぱくしていって見送り。(一応正指導員さんに許可を取り・・・)
さて、にわか、指導員のお仕事開始〜〜〜〜〜(自分の子どもがいない方が楽だしね)

この学童保育・・・これまた、これだけ地域によって差のあるものも少ない。
名称から違う、運営方法が違う。
調べれば調べるほど、ビックリするくらいです。


授業終了後(長期休暇中は午前中)から、指導員の保育の下、宿題やおやつを食べたり遊びなどをして、仕事を終えた保護者が帰宅するまでの時間を過ごす。
「放課後児童クラブ」、「学童クラブ」、「児童クラブ」、「○○小クラブ」、「子どもクラブ」、「児童ホーム」、「留守家庭児童会」、「児童育成会」など、さまざまな名称があるが、「学童保育」という名称が最も一般的である。
戦前より共働き家庭や一人親家庭の自主的な保育活動として始まったとされている。戦後の高度経済成長期における女性の社会進出に伴なう共働き家庭の増加と核家族化の進行により、いわゆる「カギっ子」が増加したことから、学校外における児童の教育の受け皿としての需要が高まり、放課後児童健全育成事業(児童福祉法)を行う第二種社会福祉事業(社会福祉法)として法制化された。また、少子化対策として成立した次世代育成支援対策推進法による児童福祉法改正で、子育て支援事業の一つに位置付けられている。
2001年の厚生労働省の調査では、学童保育所設置数は12,020、学童保育所登録児童数は483,919名となっている。(ちなみに同年の小学校設置数は23,808、児童数は7,296,920名である。)また、2003年の全国学童保育連絡協議会の調査では、全国3,209市町村において学童保育所を設置している市町村は2,320ある。
学童保育は歴史がまだ浅く事業基盤が不安定である。運営基準の明確化、財政基盤の安定化、指導員の身分の安定化が今後の課題とされている。また、待機児童問題も起きている。実施している自治体もまだ限られている。

学童保育所には、公設公営、公設民営、民設民営がある。
最も多いのが自治体による公設公営で、学童保育所の約半分がこれに該当する。
約3割が公設民営で、自治体が設置し社会福祉法人や運営委員会等に運営を委託している。
民設民営では、運営委員会・父母会が自治体からの補助金を受けているところや、自治体に学童保育に関するサービスが無かったり所定の条件を満たすことができず公的補助無しで、父母会やその他の任意団体、個人が設置・運営しているところもある。また私立保育園等により設置・運営されているところもある。
なお、運営委員会とは、地域の役職者(学校長、町内会長、児童・児童委員等)、保護者代表、指導員等により構成された組織で、自治体からの支援を受ける条件として設置される。父母会とは保護者自身によって構成された組織の学童保育における一般的な名称である。いずれも、学童保育所の設置や運営を目的とした組織であるが、日常の運営は父母会が行っているところがほとんどと言われている。

Wikipwdiaより引用させていただきました



ちびぼんが通っている学童保育は、この中の民設民営のパターン。
自治体から補助金と言う名目でお金をいただいて、後は父母会費(大体1月が2万弱)で、家賃から光熱費、指導員さんのお給料、備品代などなどまでまかなっています。
公設公営などでは、つきに5千円くらいの地域もあるそうで・・・何たる差・・・と感じてしまいますね。

また学童保育と言うものは指導員の立場と言うか資格もあいまいなのです。
保育士・小学校教諭・幼稚園教諭などの資格保持者と銘打ってあるところが多いようです。
実際の所アルバイト指導員さんなどは、学生さんも多く、そんな資格持っているわけがありません。



さてと、
ちびぼんの学童に話を戻します。

ちびぼんの学童には、自閉症の女の子が一人。男の子(こちらのこは、自閉症ではないのでは?と私には見えます・個人情報なので詳しくは当然伝わりません)子の二人がいわゆる手帳保持者。二人とも高学年です。
学童に堂々とカミングアウトしているのは、ちびぼんと、もう一人小学校一年生の男の子・・・

さて、ここで問題です。
ちびぼんの学童は低学年だけで80人(大間違い40人が正解)います。
他にも発達障害児、いるでしょうか・・・?????

クラスで換算するととてもわかりやすいですよね、クラスに一人か二人の割でいるという発達障害児と、グレーの子どもたち。

案の定ちびぼんの学童にも、びっくりするくらいいます。

ちびぼんと同学年だけでちびぼん以外にあと2人。
一つ下に、校長先生が見学に来ちゃうくらいわんぱくな男の子(まあ、ADHDタイプ)
一年生にはふだんはおとなしいのにパニック起こすといきなり殴るけるをしてくる子ども。
そして、カミングアウト済みの・・・な〜ぜか、一番目立たないタイプの発達障害児君。(目立つのは頭皮の抜毛だけ〜〜5円ハゲがどんどん大きくなってる〜〜〜)

女の子のことはよくわからないのですが、いつも壁のすみにひっそりとしている子や、全員で何かを取り組むときに何をしていいのかわからなくてぼ〜〜〜っとしているこもいます。

あと、一年生に腰骨の異変で長期足に器具をつけていないといけない子もいます。

すごい現場ですよね。

そんな中で一貫した指導方法なのでしょうか・・・?
子ども同士のケンかに、その場にいた指導員が公平な立場で仲裁に入りどちらもすっきりとした状態で、場をおさめる。
と言うやり方があるようです。
そういう光景ちょくちょく見かけるのですが・・・
以前ちびぼんと、高学年の男の子がケンカをしたらしく、バイト指導員さんが必死になって言い分を聞いていました。
方やちびぼんは話さない(話せないタイプの上がんこ)方や、高学年の子は自分は絶対に悪くないその上過去のありとあらゆる事まで話を持ち出して膨らましていく・・・
1時間くらいやっていましたよ。。。
(親は立ち入り禁止。ややこしくなる上に双方スッキリしないから)

定型児同士だったら、どっちが得かすぐわかるだろうにね・・・
その時の指導員さん本当にお疲れ様でした。

でもいいでしょ?そうやって、子どものためにトコトン時間を使えるって。



学童の役員の仕事でちょくちょく昼間の子どもたちの姿を見知っていたからわかることなのですが、子どもたちの自然な協力体制はすばらしいものがあります。
また、ちびぼんの学童は1年生から6年生までの異年齢の子どもたちがひしめきあってる!

女の子は高学年の女の子のマネを、男の子は高学年の男の子のマネを自然と覚えていくようですね。

さて、学童の指導員さん。
特別に発達障害児の勉強はしっかりと学んだことがないと思います。
ただ、市や区の活動がとても活動的で、毎年きちんと分科会で、障害児教育も行っています。

自治体からも軽度発達障害児から補助費の増額がもらえるとの事で、その分しっかりと自分たちながらに勉強しているようです。

ちびぼんが1年生の時入所したて・・・
高学年の自閉ちゃんが喜びパニックで、キャーキャーとまらなくなっているときもそれはそれは上手におさめていました。
これは、自閉症に対する知恵と言うよりも、本人自体に合わせた知恵だったと思いますが・・・

そして、
この事は学校の先生も園の先生方も同じ悩みを持つことなのだと思いますが・・・
「本人の辛さを、親にどうしても説明できない」
「ましてや、障害という言葉は使えない・・・」
「親はあっけらかんとしていて気にもしていない」
と言うパターンが多いそうです。

これは大きな悩みのようです。
怪我と違って目に見えないものですからね・・・
ひとり阻害されていってしまう子・・・
一人で乱暴物の烙印を押されてしまう子・・・
親と学校と学童と連携をとって取り組んで行くのが1番いい方法なのだと思いますが・・・
そんなに簡単にはいかないのですよ。

あと、私は児童の名簿をつける役割をしているのですが、ふと気づいたのですが、そういう、???の子どもは、実に学童への出席率がいい!100%に近い形で通っています。
つまりは学校もでしょうね。
「元気がありあまっていて、暴れる場所が欲しいタイプの子」ならいい
ちびぼんのように「学校は行かねばならないところ」「学童は行かねばならないところ」と思い込んでいる子だったら・・・二次障害が表面化するのは早いと思います。


ちびぼんの指導員さんたちは若いのに、結構細かい所まで目がいっています。
危険のないようにはもちろん。
一人ぼっちでいる子はいないか・・・
うつむいている子はいないか・・・
作業を何していいのかわからない子がいないか・・・
よくやるな〜〜と、思いました。

木曜日にほんの夕方までお手伝いしただけだったのですが、あの全体を見る目。なかなかつちかえるものではありません。

私も定型の元気な子どもたちのパワーに圧倒されながら・・・
自閉の女の子と遊んでいました(笑
だって、一番扱い方がわかるんだもん♪

ほんとにいい経験をさせてもらいました。
また機会があったら借り出してくださるそうです・・・・
(どうせ、週に二回しか仕事してませんし〜〜〜〜)

インフルエンザうつった子増えていないかと確認したら、変化ナシだそうで、ホット一息。。。

良い機会を与えてくださいましてありまとうございました。



障害児がそだつ放課後―学童保育は発達保障と和みの場所
白石 正久
かもがわ出版
売り上げランキング: 342399

(アマゾンへのリンクです。この書籍は学童保育で配布される小冊子に1年間連載されたものをまとめられたものです。とてもいいお話でした。おすすめです。)


参考サイト
放課後の障害児(全障研「放課後保障と地域での生活」の分科会が提供するホームページ)
発達障害児の放課後(A Forward-looking Child Psychiatristー前向きな児童精神科医のBlogー)
*全全国学童保育連合会(全国学童保育連絡協議会のHPですフレーム内リンクに地域別の学童保育連絡先があります)



<参加しているブログランキングへのバナーです>

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ にほんブログ村 本ブログへ

↑↑↑ 応援ありがとうございます♪ 
↓↓↓ 

fc2ブログランキングへ


↓↓↓ 掲示板です。日記帳みたいになっていますが、よければあしあと帳代わりに一声かけていただけるとうれしいです〜
お気楽掲示板へ



実は、ちびぼん、な〜〜〜ぜか、今日、Xマスプレゼントもらっているんですよね・・・お父さんに・・・(誤解してなきゃいいけど・・・)
スマブラ買ってもらいましたよ。
ふだんならスケジュール守ってやるのに今日はだめ。
ひたすらのめりこんでいます。
「だって、父ちゃんがやっていいっていったもん☆」
と言ってます。
あ〜〜〜〜〜〜〜〜
それはね、スケジュールも予定も吹っ飛ばしてやってもいいということじゃないんだよ・・・と教えてももう無駄でした。

それにしてもこのゲームすごくおもしろいわ!
はやるのがわかる〜〜♪


今日も長い記事読んでくださってありがとうございました。
来年度、学童保育へ入れようかどうか悩んでいる方に少しでも参考になればと・・・・
(とにかく色々たくさん調べた方がいいですよ。学校よりははるかに気楽ですし、ただ、地域差がとてもあるので、そのあたりもじゅうぶんにお調べを・・・)