PAGE TOP

2008年05月30日

おとなしい受動型の子どもは、音もなく壊れていく・・・


来週の土曜日は、運動会です。

どうやら・・・・

ぼん君は・・・

運動会が大嫌い!なようです。。。


今年判明したぼん君の心の中・・・・・・


一昨年1年生の時のぼん君。

ルンルン運動会♪2006年06月04日

この頃は、まだ、一生懸命でした!
運動があまり得意ではないのに、かけっこを頑張るとはりきっていました。
運動会の話もいろいろしてくれていたっけ・・・


そして、去年2年生の時のぼん君。

にがいは美味い!運動会だ〜〜〜〜
2007年06月08日


ゴーヤのフライなんか作って喜んでいる場合じゃありませんでした!
この去年の記事にもちゃんと書いてありました。。。
「受動型のネックなところ・・・」と・・・・

かけっこや、リレーの話をしなくなったのは、あきらめたのではなかったのです。




今年運動会の練習がある時間、練習のある日・・・になると、とたんに調子を崩すぼん君。
今週などは毎日が運動会の練習・・・・

一度も練習に参加していません。

どうしても、嫌なんですって。。。。

運動会なんて大嫌いなんですって・・・・

去年もものすごく嫌だったんですって・・・

ずっとずっと我慢してたんですって・・・


この記事には書いてありませんが、去年の担任はこの運動会のぼん君の様子を、こんな風に言ってました。

「どうです?お母さん、ちゃんと普通にやってますよ〜」
「普通に並んで普通に走ってますよ〜〜」

なんてね。

思えば、これが、この先生何か変・・・と気付いたはじめの言葉でした。
どういう指導をしてくださっていたんでしょう・・・・

運動会と言う、ただでさえ自閉症児には負担の多いイベント。。。。

見栄えをとにかく気にする先生でしたから、必死で、ちゃんと並ぶ事、ちゃんと走る事、ちゃんと前を向いて応援する事・・・
を、指導してくれたのかもしれません。。。

受動型のぼん君は、やらねばならぬ事と、必死でやっていたんでしょう。。。。
1年生の時は、個性丸出して、応援すべき所も、後ろを向いていたり・・・
準備運動も、トンチンカンだったり、正直とっても目立っていました。

去年は、そういうちょっと変だぞ、この子・・・と言う、奇妙な動きはありませんでした。
ああ、成長したのかな〜〜なんて思ってもいましたが、、、

違っていたのです。

すべて、自分を押し殺して、我慢に我慢を重ねていたのです。


今年になって、急激に自分のことを話してくれるようになったぼん君。
去年そんな風に我慢してた事、気付いてあげられなかった自分に、ほんとうに悲しくなってしまいました。。。。




受動型のおとなしいタイプの子は・・・
すべてをそのまま受け入れがち・・・

そして、音もなく、壊れていく。。。。。



ぼん君の調子がおかしくなったのはそれから、1月ほどでした。
眠らない。
夜叫び夜暴れが始まり・・・
体重も減り始めました。

その頃から、お友達の言葉に過剰に反応し始めたのでしょうか?
陰湿ないじめ・・・と取れることも増えてきました。

授業は全く聞いていない。
配られたプリントは、ぼん君を通り越して後ろへ回される・・・
あまって、あしあとのついたものをランドセルにグチャグチャに突っ込まれる・・・
だいじょうぶ?
の声かけも無い。。。

ぼん君のする行動はすべて、おかしな子どものやっていること。
ぼん君の言葉には意味不明な事が多い。
だから、ぼん君の言葉は無視しても良い・・・・

自然とそういう流れになっていたようです。。。

仲良しのお友達さえ、助けてくれなくなったようでした・・・・・

(ぼん君の周りには、世話焼きの女の子が常に配置されていましたし・・・)


何だったんでしょうね・・・


抜毛行為が始まったのは、それからすぐの事でした。
体中の毛を抜き、
まゆ毛もなし。
まつ毛もなし。
髪の毛は・・・無事でした(笑


大好きなお絵描きもしなくなりました。
お絵描きしても、まっ黒に塗りつぶす事が多くなりましたし・・・
(今でも、以前よりはましになりましたが、あまり書かなくなりましたね)


自閉症児は、悪い記憶が残りやすい。
トラウマを抱えやすい。
本当に、身に沁みて感じています。

さて、

この後、ぼん君はどうなっていくのでしょうか?

現在、自分の気持ちを表に出す事をし始めました。
それも急速に!
運動会の事もそのお陰で伝える事が出来たのです。

まるで、反抗期のように、何もかも質問攻めです。
何かをやる事には、常に質問・・・

答える方は大変ですが、納得しないとやらない・・・
これは大切な事だと思うのです。

自分が納得してやった事ならば、誰の責任でもない、己が決めた事。

それを理解し始めたのだと思います。


今年の担任の先生は、子どもたちの自主性をとても認めています。
そして、何故なのかをとても丁寧に話してくれます。
子どもたちに理解させてから、行動させています。
これが、ぼん君にも響いているのかもしれません。


自分が分かるまできちんと伝えてくれる。
そこに生まれる安心感・・・・
子ども自身の考えや個性を認めてくれ、その上でいけないことは指摘し、良いことは手放しで褒める。
自然と皆、優しい笑みがこぼれてきます。


その中でぼん君はゆっくりと、過去の嫌な記憶を書き換えています。
自分で考え納得した行動で・・・・

今はとんでもない、わがまま坊主状態です。
(学校早退する遅刻する気に食わない授業はさぼる・・・)
だけど、去年と違って自主的にしているのです。
まずはそこを褒めてあげたい。
次のステップに進む前にね・・・安心感と、肯定感をいっぱいエネルギーにして。


ぼん君の場合、こうやって、表現し始めてくれた(反抗し始めた・・・とも言いますが・・・)だからこそ、彼の心に気付く事が出来ました。

これが、ぼん君よりもずっとずっと大人しい受動型の子どもは・・・
どうなんでしょうね?
ずっとずっと我慢したまま、生きていくのでしょうか?
大人の言う事を聴く聞き分けの良い子・・・
トンチンカンな事をしても、次に指示にはちゃんと従える良い子・・・
人に迷惑をかける行為をしない良い子・・・

的確な指示さえあれば・・・
大人になって、きっと立派な社会人になるでしょう。
その可能性は高いと思います。

ぼん君、が選んだ道は、きっと、険しい道だと思います。
自分で切り開かねばならないのですから・・・・

これは自閉症子育てで、分かれる道だと思います。
どちらが、子ども自身にとって幸せな道なのか・・・


それは、
わかりません・・・・





お気楽掲示板
↑↑ harubonの日記としても機能中〜〜(昨日書き忘れました!)
   一言いただけると、るんるん喜びま〜す↑↑


↓↓ ブログ村に参加してます〜〜
   ポチしてもらえると、harubonうふっふ〜と喜びます↓↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

2008年05月28日

夏の課題図書その1

ちょっと気が早いですが・・・

今年も夏の課題図書について、書いちゃいます。


去年の課題図書は、なかなか素敵な本が揃っていました!

親が読ませたいな〜という本ばかりじゃなくて、子ども自身が進んで手にとってみたい!という本が多かった。

今年はどうかしら?
なかなか、いいですよ。


それでは紹介します〜
(今年は一度にじゃなくて、数回に分けてご紹介♪)




まずは、小学校低学年1、2年生の部


ふしぎなキャンディーやさん (新しいえほん)
みやにし たつや
金の星社
売り上げランキング: 7397



不思議なキャンディでオオカミさんに変身する、かわいいブタくんのお話。
絵がかわいいのです。
男の子も女の子も、楽しめる絵本だと思います〜
(不思議なキャンディと聞いて、メルモちゃんを思い出してしまう・・はるぼんなのでした。)




ぼくがラーメンたべてるとき
長谷川 義史
教育画劇
売り上げランキング: 3215
おすすめ度の平均: 5.0
5 衝撃
5 受け狙いはいっさい無しのビターな絵本



ラーメンを食べている時・・・・
長谷川義史さんの絵本では少し異色かもしれません。
何気ない、ふっとした今、世界のこどもたちは・・・
自然とじんわり伝わってくるのではないでしょうか?



かわいいこねこをもらってください (ポプラちいさなおはなし 12)
なりゆき わかこ
ポプラ社
売り上げランキング: 1880
おすすめ度の平均: 5.0
5 まだこどもです。
5 きゅん、となります
5 かわいらしいお話に、涙、涙・・・・



絵がとにかくかわいい!
女の子が飛びつくこと間違いないと思います〜〜
だけども、テーマは重たいです。
しっかりと考えさせられます。


ちいさなあかちゃん、こんにちは!―未熟児ってなあに
リヒャルト・デ・レーウ マーイケ・シーガル
講談社
売り上げランキング: 8133
おすすめ度の平均: 5.0
5 きょうだい目線で、でも正しい説明



うさこちゃんで、なじみの深い、ブルーナーの絵です。
低学年の4冊目の本。
どうやら今年は命をテーマにしているようですね。
小さく生まれた赤ちゃんの事・・・
ドキドキしながら見守る家族の気持ち・・・
さあ、この絵本、低学年の子どもたちにどう響くのか・・・
自分たちに一番身近な赤ちゃん。
命の不思議を感じてほしいですね。




小学校中学年3、4年生の部


3年2組は牛を飼います (文研ブックランド)
木村 セツ子
文研出版
売り上げランキング: 12327



牛ですよ牛!
何だかすごいお話です。
文章が大好きな子用かしら?
挿絵もかわいらしくていい感じです。



ぼくのだいすきなケニアの村
ケリー・クネイン
ビーエル出版
売り上げランキング: 12511



あらら、こちらも牛さんが表紙です。
でもコミカルな感じですね〜〜
ケニアの小さな村の一日。
どんな感じなのでしょうね?

ケニアといえば・・・
ケニアを熱愛している知り合いがいました。
人生の半分ケニア暮らし・・・
今どうしているのかな?


花になった子どもたち (世界傑作童話シリーズ)
ジャネット・テーラー・ライル
福音館書店
売り上げランキング: 7407
おすすめ度の平均: 4.0
4 だれかが落としてなくしたものが……



ファンタジー絵本です。
主人公は二人の姉妹。
妖精に占いに、古いお家・・・
お話にも絵にも、夢中になりそうな感じがします。



今日からは、あなたの盲導犬 (いのちのえほん 20)
日野 多香子
岩崎書店
売り上げランキング: 12816



写真絵本。
盲導犬の訓練士のお話。
盲導犬を通じて、目の見えない人の世界を伝えます。
犬が大好きな子どもたちには、親しみやすい本だと思います。




今日はここまで・・・

小学校中学年の部・・・

今年はぼん君がどの絵本を選ぶのか、予測がつきません〜〜
他の学年の本を選ぶような気もしています。。。。



今年の夏も、感想文をアップしますね〜





にほんブログ村 本ブログへ
 ↑↑ 参加してます〜〜

 ↓↓ harubonbonの日記帳になってます〜〜
    なにげに発達障害の事で、満載です?
お気楽掲示板











発達障害の子どもたちへ
拍手する
posted by はるぼん at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本屋のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

全校朝会とゲームとお絵描きと

今週も始まりました!
毎日自主参観〜〜〜〜!

週初めのぼん君。。。
いつも調子が悪い。

今日その理由がはっきり分かりました!

「月曜日の朝の全校朝会」
これが、とてもとても辛かったんだそうです。。。

今朝はじめて、自分の思いを伝えてくれました。

最近、ほんとうに上手に話をする事が出来るようになりました。
きちんと、自分の思いを伝える。
この事の大切さ、理解してきたようです。

・・・悩んだのですが・・・

今日は学校に遅刻をする。
という選択をしました。

ゼロか1、〇か×、の選択肢しかなかったぼん君。

これで、早退と遅刻・・・両方とも体験できました。

選択肢は無限にあること・・・少しは理解できたかしら???


と、言っても、全校朝会に出られるように、何とか工夫して、ぼん君にわけの分からない我慢。ではない、理解の上での我慢。
に、変化できればいいと考えております。



さてさて、本日の主題は・・・・

ぼん君、最近しっかりはまっている、DSゲーム


ゼルダの伝説〜夢幻の砂時計(公式サイトへ)


もう、必死で遊んでいますよ〜〜〜


週末の宿題の絵日記も、このゼルダの事、書いてました。
絵と文、両方ともびっしりと!

お友達がそれを見て、「すげ〜〜〜〜」何て言ってくれましたよ♪



hosinolinkka-bi.JPG



この絵は、ぼん君がパソコンの授業で描いた、「星のリンクカービィ」

マウスでスラスラ〜〜と描いてるのを見て、これまた、お友達が、大げさに褒めてくれまして・・・ぼん君、ウキウキ♪


そして、今日、ぼん君のリクエストで、はるぼんが描いた・・・

リンクで〜〜す♪


zeruda080526.jpg





☆harubonbonの掲示板
 お気楽掲示板
 あしあと帳代わりに、利用してくださると嬉しいです〜 
 現在、harubonの日記帳になってます〜



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ

 ↑ 参加してます〜〜(低空飛行中)
拍手する
posted by はるぼん at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ちびぼんの作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

わんさは姿がほしいな(BlogPet)

わんさは姿がほしいな。
はるぼん&ぼんもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「わんさ」が書きました。
拍手する
posted by はるぼん at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | わんさのしわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

自閉症児の困り感って・・・

ここ最近ずっと考えている事。


困っているって一体どんな状態なのでしょうか・・・?

自閉症の面から考えてみました。


自分で困っている状態を把握できる。
自分で困っていることを、ヘルプが出せる。
他者の力を借りて、困っていることを解決できる。
過去、経験から分析して、自分の力で困っていることを解決できる。

なにはともあれ、困っていることに自覚が持てる・・・
これが、大切なんじゃないでしょうか。

自分が辛い状態だという事が感じられる。
辛いんだと、伝える事ができる。
何らかの形で、その辛さを解決(あるいは軽減)できる。

まずは、やっぱり、自分が辛いんだと認識できる・・・
これ、大切。


ぼん君の場合、そうね〜やっと、
自分がつらいんだと言うことを、伝える事が出来るようになった。
というところかしら・・・

自閉関連の本でも「自閉症児の困り感に寄り添う」というタイトルのもの、ありますよね。
(まさかと思いますが、自閉症児の行動で周りが受ける困り感の事ではありません、本人が感じている困り感でのことです〜〜)

だけど、自分が困っていること自体に気付いている自閉症児・・・ってどのくらいいるのでしょうか?

親であっても、自分の子どもが何に困っているのか、理解できません。
小学校3年生になって、やっとやっとやっと、少しずつ、自分の気持ちを人に伝える事を覚えてきたぼん君。
少し前までは、ない頭をフル活動させて、過去から現在までありとあらゆることを想定して、推理して、分析して、何とか対応してきました。
それを思うと、ぼん君自身の成長で、自分のことを話せるようになって、ヒントをそれなりに出してくれるようになったので、随分と楽になりました。
それでも、親の側の勘違いや思い込みで、本人の本当の困り感とは違うことを支援してしまう事も多々あります。

むつかしいです。

たかだか、自閉症児の親、しかも、まだ、8年しか付き合っていません。
そんな私が、こういうことを考えたり発言したりするのはおこがましいのですが・・・・


私はこう思うんです。


自閉症児に「困っている」この状態を理解させるのは至難の業だと・・・

その前に、
自分の気持ちを整理することを覚えさせる・・・

これ、大切じゃないでしょうか?

今、あなたは、
悲しいですか?
楽しいですか?
怒っているのですか?
笑っているのですか?
泣きたいですか?
ワクワクしてますか?
ドキドキしてますか?
イライラしてますか?
いい気持ちですか?
よくない気持ちですか?
ほわわ〜〜んとしてますか?
どよよ〜〜んとしてますか?
ブチブチって感じですか?
クルクルって感じですか?
ボカボカって感じですか?
フワフワって感じですか?

どんな言葉でもいいから、どんな表現でもいいから、まずは現してみる。
この練習。
この日常。

ただでさえ、誤解を生みやすい自閉症児・・・

ぼん君にしたって、笑いながら怒っていますし、
すごくゴキゲンな雰囲気で、自分の嫌な事をごまかしている事も多いです。

時間軸にしたって、ぜんぜん線で結ばれていませんから、今の事なのか、去年の事なのか・・・
他者は理解できません。

自閉症児は一度覚えた事を訂正する事はとても難しいです。
勘違いの支援を行う事で、本人の表現できていない困り感を増やしてしまう事、あるのです。
そう思います。

だからこそ、どんな心境の時も自分の心を素直に表現できる環境。
自分のことをがんばって理解してくれようとしている人がいることの安心感。

これが、大切なのではないかと・・・・


そう思っています。


困っていることに気付いていない。
自分の今の心に気付いていない。
そんな状態の時が、ほんとうに困っていることなんだと思います。



そして、それは・・・・
しあわせに繋がっているのか・・・?

それは、わかりません。


もしかしたら、自分の感情や辛さや困り感に気づかない方が、しあわせなのかもしれません。

定規で引いたような、健常者に対してのスキルを覚えていくだけで、よいのかもしれません。


人間としてのしあわせ感・・・
それって、なんなんでしょうね。。。


人に迷惑をかけずに生きていく事がしあわせでしょうか?
人の役に立つ事だけがしあわせでしょうか?
社会に出て、自立する事がしあわせでしょうか?


自分の心をつかみとり、
どこか、ほんの少数でもいいから自分の事を理解しようとしてくれる他者の中で、それを表現できる。

それ、しあわせなことではないでしょうか?


今、私はそう感じています。









お気楽掲示板
↑↑ harubonの日記状態〜〜 ↑↑


↓↓ ブログ村に参加してます〜〜 ↓↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ




















×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。