PAGE TOP

2008年03月29日

番線・・・本への愛がノタウチマワル☆




本日発売!(まだ、絵がないです〜〜)

暴れん坊本屋さんの「久世番子」さんのコミックス!

番線―本にまつわるエトセトラ (UNPOCO ESSAY COMICS)


一気に読んでしまいましたよ〜〜〜

帯にね、

本への愛が溢れまくり。

と、ありますが!!!

私は、本への愛がノタウチマワル〜〜〜と、つけてみました(笑


いや〜暴れん坊本屋さんも衝撃だったけど・・・
わかるわわかるわ〜
本への気持ち。

眠る前の本・・・ああ、大奥の世界〜〜〜〜

痛いほど感じてしまいました!(あっちゃ〜〜)



番子さんの他のコミック・・・
読んでみようかな・・・

という気になりました。

何故って・・・

オールまるごと久世番子BOOK「本棚からぼた餅」
応募者全員サービス!!
(新書館サイトへ)

昔から、この手のサービスには弱くって・・・
いい機会だから、読んでみようと〜〜〜〜♪と思っております!


うふふ。

番子さんには、書店員として落ち込んだりくじけそうになったり・・・
ハードなクレームに泣きそうになったりしたときに、いっぱい助けてもらったから〜〜

やっぱ、本が好き♪

ってね。

ありがとう〜〜番子さん!!










にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

↑ 参加してます〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 21:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | お気に入り〜コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

脳内カクテル

先日、ゲシュタルト心理学の事を調べてから、少々私の頭は走り出してしまった。
自分の頭であるのに、止められない・・・
なんだか、久々の感覚。。。

子どもの頃に戻ったみたい。


今、私の脳内の半分を占めているのは・・・

BEERカクテル!


きっかけは、成人当事者(自閉症のね)の友人とチャットをしていた時の事。
話の流れは、食事時のパニックについて語っていたんだけども・・・
その友人の過去話

「お父さんのビールに牛乳を入れた!」

この言葉に、熱中してしまったのです。


もう、私の頭の中は、ビールと牛乳が混ざったら、どんな味になるのか・・・・・
それだけに集中!
想像を通り越して、妄想〜〜の旅へ・・・・

もう、気になって仕方がない!


ビールと牛乳、ビールと牛乳・・・・・


やっちまいましたよ。


家ではアルコールは取らないという、つい最近立てた誓いを破って!
(何気に、こんな誓いを立てた私もおばかなんですけどね〜〜)
普段は購入しない、発泡酒ではないビールと、牛乳を買いに、いそいそと出かけ・・・
夕食を作りつつ・・・

こんな事をやっていました〜〜〜


milkbeer03.jpg

milkbeer02.jpg

milkbeer01.jpg


はじめは1:1の割合でチャレンジしたのですが、想像していた味よりも、牛乳の方が勝っていて・・・
(これはこれで、そこそこ美味しいんですが・・・)
ビール2 牛乳1の割合で、二杯目をいただいたら・・・
なんとも、想像(妄想)していた味とピッタリ!
これはいけるじゃん!

からはじまって・・・

次から次へと、ビールと何かを混ぜた味を想像しはじめてしまいまして・・・


止まらないんです〜〜〜〜


カクテルサイトもいっぱい見ちゃいました!

体験した事ある、BEERカクテルも多かったけど、まだ飲んでいない、味わっていないカクテルもたくさんあって!
それがまた、知らないお酒とのカクテルだと、味を想像できない!
くやし〜〜
キーッって感じで・・・


止まらないんです〜〜〜〜


もともと、私は口が卑しいと言うか、味覚に卑しいと言うか・・・
味を確かめずにはいられないところがありまして、
だから、料理も常にチャレンジャー!
とんでもない素材をあわせるのが好きだし、冷蔵庫の中の物を、想像で味わって、勝手に創作料理しちゃうし・・・

味覚に関しての想像力は、けっこういけてる?かも〜と、自分で勝手に思ってたりして・・・
(これって、そこそこ迷惑かも・・・)


暴走気味の私の脳内・・・・

ビールの味が、ふわふわと漂って、飲まなくても味わえる貴重な体験を現在進行中・・・・!



ところで、

カクテルって、素材の違いで味が変わるのはわかりますが、作り手によって、味がかなり違うと言う事、ご存知ですか?
(のん兵衛さんなら、きっと知ってらっしゃると思いますが〜〜笑)

私がそれを体験したのは、20代後半の頃。

本格的なカクテルバー(オシャレな店ではなく、バーテンさんが一人でこつこつやっているような店・・・)に行った時の事です。

地味な店でした。
売り物は、そのマスターの腕だけ・・・
ホンモノの職人さん。

ステア(カクテルスプーンで混ぜる)するだけのカクテルも、シェイカーで作るカクテルも・・・
全部、信じられないくらい美味しい!
使ってるお酒も、ごくごく普通によく見るものだし・・・

何処に違いがあるの〜〜〜????

と、聞いたら・・・
(ウンチクがそのマスターは好きでした・・・ハハハ)

氷をいかに溶かさずに、液体を混ぜ、かつ冷やすか・・・・が、一番の問題だそうです。
そして、比重の違う液体どうしをいかに素早くお互いを溶け込ませるか・・・

なるほど・・・・

氷が溶けてないから、水っぽくならない。
素早くお互いを溶け込ませる・・・

こんな当たり前の事に、気付かなかったのか〜〜〜と、当時の私は、恥ずかしくなった記憶があります。
(ただのアルコール好きだったから〜〜〜笑)

お酒自体の旨みと香りとそれから、色と・・・
それらを合わせて、新たな味と香りとスタイルになって生まれ変わってくる、カクテル!
虜になりました。。。
私の想像力を、満足させてくれる素敵なカクテル!


しばらく、そのお店に通った事は・・・今は昔のお話・・・



カクテルバーなどと言う所には、もちろん現在全く足を運んでいません・・・
さみしいけど、仕方ないね♪
ウソ!行ってやる〜カクテルバーで、たらふく飲んでやる〜〜〜


でも、私の脳内は・・・
ものすごい勢いで、自分だけのカクテルを創造中!

ふふふ。
脳内だけで味わうか・・・実際に作って味わうか・・・
悩むな〜〜〜〜









ブログランキング・にほんブログ村へ

↑ 参加してます〜〜




拍手する
posted by はるぼん at 16:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 華麗なる食卓・シェフちびぼん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

心配したいなぁ(BlogPet)

きのうわんさが、心配したいなぁ。
それでわんさががぶりえるとフライパンへ反応しないです。

*このエントリは、ブログペットの「わんさ」が書きました。
拍手する
posted by はるぼん at 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | わんさのしわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

ゲシュタルトの祈りについて思ったこと

今日は ゲシュタルトの祈りについて・・・少々。


ゲシュタルトとは・・・

ドイツ語 形 形態 状態


ゲシュタルト心理学

人間の精神は部分や要素の集合ではなく、全体性や構造こそ重要視されるべきとした。(Wikipediaより)


ゲシュタルト療法

ゲシュタルト心理学、実存主義思想などを手がかりにはじめられたものである(wikipediaより)



ゲシュタルトの祈り(wikipediaより)

私は私のために生き、あなたはあなたのために生きる。
私はあなたの期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
そしてあなたも、私の期待に応えて行動するためにこの世に在るのではない。
もしも縁があって、私たちが出会えたのならそれは素晴らしいこと。
出会えなくても、それもまた素晴らしいこと。



この詩は、ゲシュタルト療法をはじめたフレデリック・パールズが書いたものです。


この詩を初めて読んだ時。
私はゲシュタルトとは、人の名前で、きっとキリスト教あたりの宗教家の詩なんだろうと、勝手に思い込んでました。
と言うか、何の感銘も受けなかったから、調べるに到らなかったのです。
ただ、多くの人が、この詩に評価を与えているのを、ちょっと不思議くらいに感じていました。
たとえるなら、携帯小説に感動している人を見て、不思議だな〜と思う程度・・・(ちょっとだけ、毒舌)



今日私のほかにもこの詩に疑問を感じている人がいたのを知って、少々調べてみたんです。


おもしろいおもしろい!
何なの、このゲシュタルトって!

夢中になってネットの中に入り込んでしまいました〜〜



図と地が分化し、視野内にいくつかの図が成立すると、図は相互にまとまりをつくり、群化(perceptual grouping)し、体制化(perceptual organization)されて知覚される。
(ゲシュタルト心理学の法則)


ん?個は個なんだけど、個がありえることにおいて全体がある?ってことか?

だめだ〜わからんちんです!

いくら調べてみて、所詮は素人・・・
わからない事だらけ〜、アレ?これって、物理学の用語じゃなかったっけ?って単語が出てきたり・・・(しかもその理論なんか、すっかり忘れてるし〜)
ない頭を絞っても、無理!
ということを思い知って・・・

よ〜し、自分の感性を信じてみようと決めたわけなのです。



私にとって、この「ゲシュタルトの祈りは」
たとえ共依存を克服する事が背景になるとしても・・・
やっぱり、なんとも感じません。

孤独力を養う為?
人はみな孤独だから、他者を求めるんじゃないのかな〜と私は思っているので、その考えも却下。



そして、しっくりきたのがこちら。
パールズの弟子タッブスが書いた・・・


パールズを越えて

私は私のことをする。あなたはあなたのことをする。
もしそれだけならば、お互いの絆も私たち自身も失うことになる。
私がこの世に存在するのは、あなたの期待に応えるためではない。

しかし、私がこの世に存在するのは、 あなたがかけがえのない存在であることを認めるためであり、
そして私もあなたからかけがえのない存在として認めてもらうためである。

お互いの心がふれあった時にはじめて、私たちは本当の自分になれる。
私たちの心のふれあいが失われてしまえば、私たちは自分を完全に見失ってしまう。

私とあなたの出会いは偶然ではない。
積極的に求めるから、あなたと出会い心がふれあう。
心のふれあいは、成り行きまかせではない自分から求めていったところにある。

全ての始まりは私に委ねられていて、そして一人では完結しない。

本当のことは全て、私とあなたとのふれあいの中にあるものだから。



私の動物的勘は、こちらの方を選びました。

孤独の先にあるもの、個と個の先にあるもの・・・
それを無視しては、いけないんじゃないかって・・・・


あ、もちろん、私の読解力がないせいでそう感じるのかもしれませんが。。。


なかなか、考えさせられました!

友人がこんな言葉を書いていました。


私は誰かの為に生き、あなたも誰かのために生きている。


こういう考え方、心から大好きです。




*参考にさせていただいたサイト・blog
 stickies(詩の英文が読めます・・原文はドイツ語だけども・・・)
産業カウンセラー養成講座(5)

サイコロTown
Wikipediaゲシュタルト心理学
Wikipediaゲシュタルト療法


まだまだ、いっぱい探って、感心する位わかりやすいサイトとかあったんだけど・・・
どっかにいってしまいました〜〜〜
こういう時の私・・・ゲシュタルトの崩壊・・・










にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

参加してます〜↑





2008年03月25日

予約品が・・配本されてない???何故なんだ〜〜〜〜

今日は本屋のお仕事について・・・

数ある書店から、わざわざ選んで、注文していただける発売前の予約品・・・・

今じゃ〜ネットで購入した方が、楽ちんかも・・・と個人的には思ってしまうのだけど・・・
注文いただけるのはありがたい。。。



実は・・・

最近、私の勤める書店、予約品が配本されない事が多すぎなのです〜〜〜
半分は、書店側のミスとしても、半分は・・・問屋さんの問題。。。

注文してくださる、お客様にはそんなことは関係ない話で、おしかりを受けるのは当たり前の事!
普通のクレームとは違って、こういう事は、申し訳なさが100%で、泣けてきてしまいます。

予約品の管理、発注は、私の仕事の一部でして・・・
個人的な事情で、勤務時間を短くしていると、こまごまとした事を人任せにしなくてはならなくなって、伝達ミスから来る、発注ミスも多いのような気がします。。。

あと、発注後の確認が完璧ではない。これが問題。



ちょっと、精神的に参ってます。

これ以上書店勤務を続ける自信もなくなってきました。

だって、あまりにも無責任ですから・・・・・


この4月から、息子ぼん君がスムーズに学校へ行けるとは、思えませんし・・・
昔の勤務時間に戻す事は、やっぱり無理。


そろそろ、転職を考えるべきかも・・・・


勤務先の書店、正社員が不在なんです。
全部パートとバイト。
当然それぞれにかかる、精神的負担は少々大きい。

私の立場は、一応店長。
週に4.5日しか勤務してない店長なんて!
雑務全般をこなすのは、無理〜〜〜〜〜
と、かなり弱気・・・

今日ね、
問屋側の配本ミスに噛み付きつつ・・・
ついつい、担当者に愚痴の嵐をしてしまいました〜〜

何やってるんでしょうね・・・私。

まあ、笑いながらの愚痴で、だからお願い助けて〜〜〜という、本音をきちんと喋ってますから、OKとは思いますけどね〜
(かっこつけたってはじまらないもん!)
問屋、担当者に頼るしかないんですよ・・・・
実際。物理的に無理なんで・・・・
(仕事を家に持ち帰って、サービス残業すれば別ですよ、でもそれは絶対にやりたくないし、やってはいけない事だと思ってますから・・・)



はふはふ。

仕事で、凹む事はあまりないんですが・・・
春のせいかな〜〜かなり、弱気、になってます。



ええい!
暴れん坊本屋さんでも読んで、気分を晴らそう!!









にほんブログ村 本ブログ 編集・ライター・書店員へ

↑ 参加してます〜〜
拍手する
posted by はるぼん at 21:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本屋のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。