PAGE TOP

2007年10月25日

時間を旅行してみました。

なんだかね、自分を振り返ってみたくなって・・・

ほんの少し、時間旅行をしてみました。

この十年くらい、私は自分を色々な面でストップさせていました。

必要以上に動かない。
必要以上に考えない。
必要以上に友人を作らない。
必要以上に物を買わない。
必要以上に話さない。
必要以上に自分の存在を出さない。

このブログと今年の初めに作ったHPが、数少ない、自分を出せるものでした。

それでさえ、あまり考えないように、あまり心の中の嫌な所を出さないように、そんなことばかり気を使ったいました。

それについて、後悔はしていません。
多分私に必要な時間だったから・・・と思っています。

そろそろ、
もう少しで良いから、自分を動かしてみようと思いはじめました。

せっかく、考え感じ、そうやって生きる力を持っているのですから。



今日は、ぼん君が障害の診断を受けた時の事に旅行してみます。

思い出せる限りの正直な気持ちで、綴っていきたいと思います。



ぼん君が障害の告知を受けたのは、
入園した保育園で、園長先生のかなりゴーインな勧めで、児童相談所の扉をたたいた時でした。

正直言って、保育園でのぼん君は、自分中心で、自分の世界だけで楽しく生きてきてましたから、集団の指示は全く聞けず、
少しの社会性のかけらもない子どもでした。
よく、平気でいられたもんだ・・・と、今は思いますが、その時は、ある意味、「とてもぼん君らしい」「自由でいいじゃん」「そんなに迷惑かけてる?」
という、気持ちが主にありました。

ただ、集団生活というものは、統制が大切だ・・・ということも理解してましたから、イヤイヤながらも園長の勧めを受け、児童相談所に足を運んだのでした。

心構えとして、考えつく子どもの障害・・・の勉強も、さらりとしていきました。

そこではじめて、知的な遅れがない自閉症の存在を知りました。

読み進めていくと、引っかかる所が沢山ある。
それも、息子ぼん君じゃなくて、自分に・・・

あ、これかも。。。

私は、恨みがましくて、いつも何かに怒っていて、小学校の中学年くらいまで真剣に自分を中心に宇宙は回ってると信じてましたし・・・
自分の思い通りにする術も、子どもの浅はかな知恵である程度獲得してましたし・・・

自分のことを理解してくれない(理解できない)同級生たちをどこかで小ばかにしてましたし・・・
いじめられても、友人が一人もいなくても、全然平気でしたし・・・

14歳までしか生きないと、心に決めてましたし。

うん。
はっきり言って、嫌な子どもでした。

親に無理やり連れて行かれた、児童精神科(かどうか、今となっては確認できませんが・・・)
そこで、何だかわからないけど、急に、どうでもいいや〜
人は人、自分は自分。
人が何かをするには、その人なりの理由がある。
だから、それはそれでいいじゃない。
私に関わって来なければ、関係ない。

と、思うようになりまして・・・
(それでさえ、充分自分勝手でいやなやつですが・・・)
お医者様のカウンセリングのお陰?
(記憶している会話は、カフカの変身の話をしたくらいなんですけどね〜)
お薬もたらふく頂いていたんで、薬のお陰・・・かもしれませんが、

とりあえず、一般的な問題行動はしなくなりました。



息子の事を調べるための情報で、自分の過去を思い出してしまったわけです。

あ、ぼん君も、私と一緒なのかな・・・・

私が苦しんだと同じ事、苦しむのかな・・・


ここが、自分のおかしい所と思うんですが、
それもまた、人生!私は苦しかったけど、楽しいこともいっぱいあったし、辛かったけど、愉快なこともいっぱいあったから・・・
ま、いいか〜〜

と、思ったんです。


ある程度、覚悟を決めて・・・さんとの、発達テスト(田中ビネーでした)を受け。

お医者様の診察。

広汎性発達障害の場合、診断がすぐに下りる事は稀らしいのですが・・・(後、知りました)

ぼん君の診断は、あっという間におりました。

先生が、紙に書いてくださって、

広汎性発達障害・・・
その中に含まれる、アスペルガー症候群ですね。

と・・・

覚悟は出来ていたので、それは平気だったんです。

ですが、その後、先生がおっしゃった。

「これは障害ですから、お母さんの育て方のせいでこうなったのではありませんよ」

この言葉に、妙に頭に血が上って・・・・・

「先生、こうなったのは私のせい、といわれる方が、私はうれしいです!」と、先生に言ってしまいました!

だって・・・こうなったって・・・
この、コトバ尻だけに過剰反応してしまったんですね〜〜〜
先生には申し訳ない事をしちゃいました!

本当は、
「そうなんですか〜私は今まで、私の育て方が悪かったのかと、とても悩んでいました〜〜〜」
と、泣く所だったと思うんで・・・・

それどころか、

「別に、コミュニケーションが下手でも、生きていくのに差ほど支障があるとは思いません」
「団体行動が苦手でも、ある程度我慢できるようになればそれで良いと思っています」
「学校だって、無理にいく必要はないと考えています」
「現に、私だって、そういう所が沢山ありますけど、こうして普通に生きてますから!」

何ていうコトバも、機関銃のように発射してしまいました!


ま、さすがに、お医者様・・・

「お母さんが、そういう苦手な所をちゃんとわかってあげられるという事は、ぼん君にとって、とても強い味方になりますよ、ぼん君が苦手な所をお母さんが上手に道を作ってあげてください」

って・・・・・・お返事くださいました。


・・・・今思うと、恥ずかしくて恥ずかしくて・・・・・



と、3年半前に、旅してみました。


え〜コレが裏側の心の、診断を受けた時の事ですが・・・
別の角度から見た、これまた、私自身の心の声・・・で書いた文章も残っています。
(現象だけを綴ったともいえますが・・・笑)

それが、こちら・・・


bn_1-1.jpg



の、http://harubonbon.web.fc2.com/profile-1.htmこちらに、書いてあります。


今日の時間旅行は、これにておしまい。

時間の流れを前後させて、また、旅をしてみます。

最初に書いたように、自分が動くために・・・
自分の素直な心を、ちょっとだけ表せるようになるために・・・


カフカの変身。また、読もうかな・・・・


変身 (新潮文庫)
変身 (新潮文庫)
posted with amazlet on 07.10.25
カフカ 高橋 義孝
新潮社 (1952/07/30)
売り上げランキング: 14227







*ぼん君の近況・・・
 昨日、参観日でした。
 こくごと体育とさんすうの授業を見てきました。
 さんすうの時間は、バクスイ・・・
 体育の時間は、あまりにも、運動音痴なのを見て、少々ビックリ!
 こくごの時間は、ずっとよそ事やっていました〜〜
 そして、休み時間は・・・
 何故か、踊りまくっていました!
 
 それからね・・・
 こんなこともあったんです。
 私がおトイレに行きたくて、どうしようかな〜っと、思っていたら・・・
 (多分、私がひとり言でつぶやいていたんでしょうね〜〜)
 ぼん君、先生にトイレの事聞きに行ってくれたんです!
 (それも、他のクラスの先生〜〜〜〜爆!)
 自分のヘルプは、人に伝えられないけど、こうやって他の人のヘルプは、ちゃんと伝えられるんだ!って・・・
 思わず、ホロリときちゃいました。。。

 ありがとう、ぼん君♪

 

読んでくださった皆さん、どうもありがとう! 
次回は、楽しいこと書きますね〜〜〜〜

2007年10月22日

きょうは表示したいなぁ(BlogPet)

きょうは表示したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「わんさ」が書きました。
拍手する
posted by はるぼん at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | わんさのしわざ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

ぼん君のお気に入り!・・・ファンタジーっていいね。

うふふ。

ストレス満載のぼん君なのですが、それでもそんな彼を明るく導いてくれるもの、とってもたくさんあります!

そう、久々に「ぼん君のお気に入り〜〜〜」で、いっちゃいます!



まずは、コレです!

デルトラ・クエスト モンスターブック
エミリー ロッダ Emily Rodda Marc McBride 神戸 万知 マーク マクブライド
岩崎書店 (2003/01)
売り上げランキング: 158130



以前の記事でも何度もご紹介してます、「デルトラクエスト」
この、ファンタジーの中へ遊びにいくのが、大好きなようです!

特に、世界観が好きみたい。。。

モンスターのあり様や、デルトラの歴史!なんて所に、とっても興味を示します!

デルトラの世界にきっと、もう一人の自分を住まわせているのかもしれません〜


もう一つ、最近すごくお気に入りなのがコレ!

メイプルストーリー マスターブック 育成編 2006.10バージョン
ネクソンジャパン
コーエー (2006/10/07)
売り上げランキング: 47683



って、オンラインゲームなんですが、プレイしているのではなくて・・・

この秋からアニメ番組として始まったんですよ〜
それを見て、もう、夢中になっちゃって!!

TV東京公式サイト「メイプル・ストーリー」


「ぼくね〜こんな風に、朝の光が入ってくるお家に住んだら、パッて起きれるんだけどな〜〜いいな〜〜〜」

なんて、アニメの主人公が住んでいる「ログハウス」のような・・・自然で素敵なお家・・・の事なんですけどね〜〜

すっかり、あこがれちゃってます!

小さい時から、ちょっと変わった、此処ではない何処か・・・
が好きだったんですが、最近少しずつ形を作ってきたように感じます。
自分のイメージを、なんとなく、コトバや形に表せるようになった。。。とでも言いましょうか。。。

ファンタジーと現実の空間の違いを(その微妙な狭間を・・・)理解してきたような、そんな感じがします。

自分の心を落ち着かせるために、上手に(がんばって)ファンタジーの世界を利用しているような感じもします。

一つは、音楽・・・

前は、自分の好きなときに、好きな音楽を聴きたがったのですが・・・
最近は、こんな聴きかたをしています。

夜、眠るための睡眠剤としての活用です。

以前は親が、眠れないぼん君のために、CDをかけたりもしていましたが、少しでも彼の気分が乗らなければ、完全逆効果で・・・睡眠の妨げになっていたんですけど・・・

自分で、「今から寝るから、これかけて」と言って来るようになりました。

最近、睡眠障害が激しかったから、親としては万々歳!

最近のお気に入りの曲は花風車の森
です。

去年の6月にぼん君のお気に入りの曲・・・で、記事にさせていただいた物です。

睡眠剤として、ほんとうに助かっています。
彼の耳に、心地よく響くんでしょうね〜〜〜

そして、楽しいファンタジーの世界・・・夢の世界に導いてくれる。。。


思えば、赤ちゃんの頃から、音楽にはずいぶんと助けてもらいました。

聴覚過敏で、ちょっとでも気に入らない音を聴くと、パニックになって暴れていた彼を静める役目は、お気に入りの音楽でした。

確か、その頃は「カーペンターズ」の曲を好んでいました。
ボーカルのカレンさんの声が好きだったみたい。。。

あとは、オルゴール音も好きでしたね〜
お友達のサイトのバックに素敵なオルゴール音が流れてて・・・
私がPC開くと、そのサイトへ行くのを待ってるみたいで、お目当てのサイトに辿り着くと、ご機嫌になってましたっけ〜

懐かしいな〜〜〜

発達障害の診断を受けて、まだ気持ちの整理のついていない頃のお話です・・・


ピアノを習い始めたこと、この前お知らせしましたが、
本人、とっても楽しく、恥ずかしがりながらも音楽を楽しんでいます。

自分の心をくつろがせてくれる物・・・
少しずつでも見つけていって、自分の力で、色々なストレスに立ち向かっていってほしいな〜〜
なんて、願っております。



発達障害のお子さん、ファンタジーに入り込んでしまうタイプ、けして少なくありません。
多分、親としてはとても心配な所だと思うんですよ・・・

目に見えないお友達を相手にひとり言をはじめたり、
まるで、本当に見てきたように、空想の世界をそのまんま喋ったり・・・
アニメや漫画の主人公をホンモノの友だちのように思い込んだり・・・

だけど、
そういった、ファンタジーって必要な物だと思うんですね。
定型のお子さんだって、成長過程の中で、そういった空想のお友達を作ることもありますし・・・
まぁ、自閉圏のお子さんは、なかなか抜け出せませんけど・・・ゆっくり時間をかけて、現実とファンタジーの違いを覚えていけばいいんじゃないかな〜って思います。
その子らしい、成長に必要な役割がきっとファンタジーにはあると思うんですよ。

我が家の自閉君もまだまだ7歳・・・
これからの成長を、ゆったりと優しく、見守って行きたいと思っています。。。

最近、みなさんに色々とご心配を書けるような記事ばかり上げて・・・

あたたかいコメントやメール・・・
本当にありがとうございます!

皆さんからもらったあたたかい心、はるぼん親子に光のエネルギーとなって(元気玉みたい〜〜〜)届きました!

これからも、時々悩んでいる状態を書いちゃうかもしれません。
なんだかね、
ネットの上くらい、かっこつけたりせずに自然でいたいな〜〜って、思って・・・
ありのままの、はるぼん親子・・・
ファンタジーがいっぱい!の世界で、続けていきます〜〜☆

皆様に感謝。



拍手する
posted by はるぼん at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り〜ゲーム・web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

発達障害について、吼えちゃうぞ!

ぼん君の近況です。。。

どうもね、
学校へ行けないようで・・・

先週水曜日から、不登校状態です。

熱出したり、ゲロ吐いたり、、、
夜は寝ないし、寝たら夜暴れ、夜叫びするし〜〜
まゆ毛は相変わらず抜いてますし、
昨夜はとうとうまゆ毛をほとんど抜いてしまいました〜〜

もはや、恐い顔通り越して・・・・・

ギャグマンガ・・・!

1000ピース チキンリトル D-1000-268


*何故かチキンリトルに今の顔、似ています。。。↑


な、状態です。

もう、ゆっくりまったりさせてあげるしかないかな〜って・・・思ってます。


心の疲れがたまってるんだな〜って・・・


「ぼくはね〜なまけものだから、いじめられるの・・・」

なんて、言いながら大粒の涙をこぼします。


誰かに「なまけもの」って言われたの?
と聞くと、違うと答えます。
じゃあどうして、なまけものと思うの?
と聞くと、「お当番をよく忘れるから・・・」と答えます。

どこでどう、当番を忘れることが、なまけものに繋がるのか・・・
このあたりが、発達障害・・・なんですよ。

何気ないコトバが、なまけもの=いじめられるにリンクしちゃったんでしょうね〜





学校の国語のプリントにこんな問題が出ていました。


たずねる文

れい 犬がすきです。→犬がすきですか。

の問題で・・・

ぼん君の回答は。

@パンをたくさん食べました。→なんでパンをたくさん食べたのですか。
Aこれから本を読みます。→なんでいまから本を読むんですか。
Bあした川に行きます。→なんで川に行くんですか。
Cきのうテレビを見ました。→なんでテレビを見たんですか。
Dゆめがかなってうれしい。→なんでゆめがかなったんですか。

でした。


見事に、ぼん君が書いた上から、赤ペンで訂正されていました!

この回答が、発達障害なんですよ。。。

この感覚が、発達障害なんですよ。。。

(ま、問題もあまり良い問題とは思えませんけど・・・・)


勉強で褒めてもらう事がないんですよね。
一生懸命考えて書いた答えでさえ、赤ペンぎっしりですから・・・

算数も、思いっきりついていけてないようですし・・・・

他で自信を付けてくれれば、と、思っていますけど、、、
学校では、現在難しいようで。

ため息ばかりが出てしまいます。


ま、しばらくゆっくりすれば、またエネルギーがわいてきて、がんばる力になってくれる!
と信じて・・・
暖かく、見守ってあげます。


なんというか・・・ぼん君は、明るいんです。
泣きながらも、笑うんです。

いじめられる話をしながら、冗談を言うのです。

嫌な事から逃げている・・・のかもしれませんが、そういう形で、我慢を覚えてしまったんだな〜と、、、

それで、いいんだと思うんですが、泣きながら笑う顔・・・
親として、泣けてきますね。。。

守ってあげなきゃと、強く思います。




人間って、色々な人がいます。
みんなそれぞれ生きています。

でも、一人ぼっちではないんです。
時々、扉が開いて、人と人との間に心の行き来が行われる・・・
そんな時、
その間にあるものは、冷たい物ではなくて、暖かい何かがあるといい。

自分を守るために、鎧を纏う事も必要でしょう、
でも、その鎧が、相手を傷つける刃の鎧になってしまう事がある・・・

子どもたちのこれから生きていく未来・・・
自然とその鎧でさえ、相手を傷つける物ではなく、暖かい何かを相手に伝えるようなものになるといいな・・・
そう願います。













2007年10月11日

息子のパンツ☆

え〜〜

今週のぼん君は、火曜日に高熱を出して倒れるように眠り込んで・・・・
翌日の午後には、スッカリ熱は下がったものの、ぼへ〜〜〜〜〜
とした状態で、午後を過ごし・・・

その翌日、元気はつらつにもかかわらず!
学校、さぼりました〜〜〜〜〜

何のこっちゃわからないけど、はじめの意味不明の発熱・・・(40℃まで上がったんですよ〜)
あれは一体なんだ?
結局わからずじまい。

なんとな〜〜く、学校をさぼりたいが為の、無意識の発熱・・・だったような。。。
って、意識的に体温調整できるはずなどありませんが、ストレス性の発熱だったのかな〜?
なんて、思っています。
(ストレス性の発熱・・・って、存在するかどうか全く知りませんが・・・・)


すっかり、「学校へは毎日行く」こだわりから、開放されたようです!
(いいのか悪いのか・・・少々複雑ですが・・・)



さて、本日のタイトル・・・

息子のパンツ

の話題なのですが・・・

実は今、ぼん君がはいているおパンツの柄・・・

「仮面ライダーブレード」なんです!

あ〜〜そろそろ、このおパンツともお別れだな〜と、ヨレッとしたおパンツを洗濯しながら気付いちゃったんですよ。。。

あれ?これって、ブレードじゃん。
って事は・・・
今、電王だから、その前はカブトで、その前が響鬼で、およ〜〜〜4年前のキャラクターじゃない!!!!!

仮面ライダー大辞典

って事は、4年も同じおパンツはかせていたのぉ〜〜〜〜〜〜〜!!!

と・・・・・

冷静に考えてみて、さすがに4年ははいていませんでしたが、

・キャラクターが代替わりする頃、この手のキャラ下着、安売りするんで、それで購入したから〜(-1年)
・私の癖で、大き目のを購入するから・・・(-1年)

にしても、2年近くもはかせていた計算になってしまう〜〜〜〜

ゴメンよ、ぼん君。こんな母親で・・・・


ぼん君の好みは、ボクサーパンツなんですよ。
キャラクターパンツは、ブリーフパンツ・・・
ってこともあって、はく回数が少なかったのかも〜?
(って事はないですね、洗濯のローテーションの関係上・・・)

でも、子育て中のお母さん・・・
子どものおパンツって、何故か服に比べてもちが良いと思いませんか?
上に着るものは、Tシャツであろうとズボンであろうとすぐにボロボロになるのに〜〜〜〜

って、言い訳だ〜〜〜〜〜〜

ゴメンよ、ぼん君。こんな母親で・・・・・

と、何だか、落ち込んでしまったはるぼんなのでした〜〜〜


実は今新しいおパンツに「ポケモン」の柄があるんですよ〜
しかも、ちょっと大きめサイズ・・・
という事は、3年生になってもはくと言う計算。。。

3年生で「ピカチュウ」のおパンツ・・・・
どうでしょう?

子育て中のお母さん・・・大丈夫でしょうか?????
不安だわ〜〜〜

カラフルなボクサーパンツがまだいっぱい用意してあるから・・・体育のある時は、そっちをはいてもらうか・・・

とか考えたり。。。

女の子と違って、男の子はおパンツごときでは、動じませんかね?
不安不安不安・・・・


何で、パンツで悩んでるんだ!私〜〜〜〜〜〜




パンツぱんくろう 2008年カレンダー

エトワール<ハゴロモ> (2007/09/24)


↑パンツといえば・・・↓

パンツの面目ふんどしの沽券
米原 万里
筑摩書房 (2005/06/24)
売り上げランキング: 72622


米原万理さん、お亡くなりになったの去年でしたね。(合掌)





拍手する
posted by はるぼん at 22:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | ちびぼん〜小学校1.2年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。